膝枕♪

PAP_0221.jpg
“ やっぱり枕は大事よね♪ 今日は、かぁしゃんの膝枕 ”
小梅はそれでいいかもしれないけど、母は大変なんですけど・・・。

PAP_0222.jpg
(天の声) さくらさん、お行儀悪すぎです。
(さくら) だって脚が下ろせないんです。((+_+))

こうして写真を撮ると 脱ぎっぱなしのジャージが写るあたりが我が家らしい。
小梅はただいまヒート中。
お散歩のとき以外はオムツ着用です。

赤ちゃん用紙おむつと全く同じで尻尾穴が開いただけのペット用も試しましたが
小梅の場合は嫌がって外そうとするので
オムツカバーにナプキン装着。
ちなみにナプは人間用(笑)。



PAP_0212_20090406104125.jpg
お散歩から帰ったとき、足を洗う準備のためちょっと繋いでおいたのですが
自分で舐めとっていました。

小梅がお散歩に行くと 外で飼われているワンコたちのにぎやかなことにぎやかなこと。
警戒の鳴き声(吠え方)のこともありますが
男の子ワンコだと 悲鳴のような鳴き声の事もあります。
小梅の事を呼んでいるのでしょうね。
男の子ワンコくんにはフェロモン捲きまくりで申し訳ないです。m(__)m

ヒートが完全に終わったら ドッグランデビューできるかな?


応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

この先は 小梅と関係ないお話。
小梅の話だけで充分という方は また明日、来て下さいね♪



ここしばらく歯医者通いをしています。
わたしが高校生の時にできた個人の歯科医院。
つまり開院から約20年が経過。
医師の年齢は、50代だと思うのですが・・・。

わたしが治療中、お年を召した女性が一人でやってきました。
「はじめて来たんだけど、○△×□※~~~。」
と いきなり大きな声で症状説明。

小さな歯科医院ですから 治療室と受付は
扉があるものの会話は筒抜けです。
「ほかのいくつもの病院(もろ歯科医院の名前を挙げ)に行ったけれど
よくならない。挙句の果てに文句まで言われた。」とのこと。

受付の若いお姉さんは 丁寧に応対し、
まずは初診申込書(問診表)の記入を促しました。
途中、歯科助手さんが助っ人にやってきて対応。
問診表の項目を 大きな声でひとつずつ読み上げていきます。

ちょっと一息ついたその女性、
受付のお姉さんに向かって言いました。
「先生は若い?」

受付のお姉さん 「ぇ・・・。」

返事がないことを不審に思った女性、再度ボリュームアップで言いました。

「先生は若いの?年寄り?」

治療室の先生や歯科助手さんにも丸聞こえ。
普通の会話ですら筒抜けなのに、そのおばぁちゃんは大きな大きな声。

受付のお姉さんがなんと返事するのか
治療室の中の人全員で 固唾を呑んで見守って 聞き耳を立てていましたが
お姉さんはスルー。

無視したわけではなく、答えようがなかったのでしょうね。

その女性が たぶん80代。
先生がたぶん50代後半。
受付のお姉さんが20代前半。

80代の人からみた50代って、若いんでしょうか???

こんなときは「ベテランの先生ですよ♪」とでも答えればいいのかなぁ・・・?
この春、入ったばかりと思われる受付のお姉さん
ガンバレ~!


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


わたしが18歳で就職した直後のこと
まだ電話応対もろくにできないほやほやの新入社員でしたが
たまたま電話に出れる人がわたししか居らず わたしが出ました。

(お客さま)「営業の~、えっと~、誰だったかな~?メガネかけた若い人いる?。」
(さくら)  「佐藤ですか?」
(お客さま)「違う。」
(さくら)  「鈴木ですか?」
(お客さま)「違う。」
(さくら)  「田中でしょうか?」
(お客さま)「違う。」

18歳のわたしの感覚では、若い人 = 30代まででしたが
結局は 40代の山本さんのことでした。
お電話のお客さまは 40代か50代の感じ。

“ 若い ” の基準はどこ?


さっきクリックを逃した方用。
一日一回有効です。
よ ( ̄○ ̄) ろ ( ̄◇ ̄) し ( ̄△ ̄) く ( ̄0 ̄) ね ( ̄ー ̄)。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅

コメント

膝枕、まあ可愛くていいんですが、アゴ乗せた後が濡れるのが難点。。。(^^;
寝る時はもちろんですが、リンの場合は強くおねだりする時も乗せて来ます。
特に水飲んだ直後はビチョビチョです☆

”若い”の基準。。
私が思うに、最初会った時の印象じゃないかと。
今の仕事に就いてずいぶん経ちますが、ほとんどのお客さんは最初の呼び方のままです。
「わけぇ〜の」「若造」「にぃちゃん」「ボク」「ぼ〜や」etc・・・
もういくつやと思とんねんっっ!!(^^;

2009/04/06 (Mon) 23:58 | ごおるど #Y584xK5U | URL | 編集

乗られたほうは動けないんですよねぇ(*^。^*)
わざわざこっちに来てくれたの嬉しいけど・・
 歯医者さんの話面白かったッ
高年齢のかたと接する事が多いですけど、
確かに若い基準が合わせにくいですよね。
その中に居ると私は何時までも若いといってもらってます。(#^.^#)

2009/04/07 (Tue) 00:02 | MERARURU #- | URL | 編集
ごおるどさんへ♪

そういえば、小梅は、水飲み直後以外は濡れませんねぇ・・・。
あごが短いからこそ濡れそうなのに。
水を飲んだ後は、ポタポタ落ちてますね(笑)。
あごが短いからと思っていましたがそうでもないんですね。

“ 若い ” って・・・。
でも呼び名は変わりませんよね。
親戚の人(従姉妹の旦那様)、知り合ったときは25歳くらいだったのかな?
今でも「○○にぃちゃん」って呼んでます。
もう孫がいる年齢なのに(笑)。

20歳前半の受付のお姉さんから見たら
50代後半の医師は「父親より年上」だったりするんでしょうね。
おばぁちゃん「年寄り?」ってズバッと聞くものだから・・・
当の医師は、どんな気持ちで聞いていたのでしょうね。(^-^*)

2009/04/07 (Tue) 18:56 | さくら #- | URL | 編集
MERARURUさんへ♪

寄って来てくれるのは嬉しいけど動けない・・・。
動けなくてつらいより 嬉しいの方が勝ってるあたりが親バカ?(笑)。

高齢の方は、耳が遠くなると必然的に喋る声も大きくなりますよね。
ほんと、おばあちゃんワンマン(ガール?)ショーって感じでした。(^-^*)
ちなみにわたしの部署は男性ばかりなので 
時々「夜の蝶」って言われますが「蛾です♪」と切り返しています。
夜中に肉体労働しているおばちゃんって・・・。
でもおじちゃまが多いので挨拶をしっかりして「職場の花」に・・・以下自粛(汗)。

2009/04/07 (Tue) 19:00 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する