Kaiserくんのブログから

見取り図2

昨日、「我が家は8DK」と書きましたが
どんな豪邸かと思われるといけないので 補足。
ま、普段の写真の背景で 豪邸でないことは
充分わかっていただいていることと思いますが 築40年ちょっと。

もとは みかん農家でしたので (さすが愛媛県!って感じでしょ・笑)
住宅部分に並んで大きな倉庫(みかんの貯蔵庫)がありました。
姉とわたしが中学の頃、姉妹の個室を作るべく 一度目の改築。

なので、この図では平面ですが ①②③の部屋は 2階にあり、
もとは倉庫&貯蔵庫でした。
そして10年ほど前に、台所やお風呂・トイレなど 水周りの増改築をして
現在の住まいとなっています。

家が広いので 出戻ってくるときに気兼ねがなくてよかった!
一般的な「1階の上が2階」ではなく 「1階の横に2階」なので
騒音の問題もなく 平和な暮らしです。

図をじっくり見ていただければお分かりのように
玄関を入って ⑦の部屋を通らなければどこにも行けません。
そして増改築の結果1階から2階へ行くには④の部屋を通るので
⑦と④の部屋は 通路部屋・・・。
⑦は テレビゲームの部屋となっています。

赤い丸は 以前にも紹介したように 小梅との運動会ルート。
家の中が回廊になっているので 室内運動会ができます。

田舎なので ご近所とは建物同士が密接していなくて
少々騒いでも大丈夫なはず・・・。
た・・・たぶん。
時にわたしの怒鳴り声が響いているかもしれませんが(汗)。

ということで8DKとはいえ、ひとつは3畳だし
ふたつは通路と化して 個室にはならないので 
ビミョ~な8DKなのでありました。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


と、ここまで下書きし、

さて肝心の小梅ネタはなんにしようかな?
さっき撮った写真だけではイマイチ完成度が低い気がするし・・・
と、小梅ネタは午後に書くことにして 仮保存。

その後、毎日回っているブログ(リンク先)を 上から順に行き、
ひとつめのKaiserくんのところで 思わず涙。
ダラダラとコメントを残してきたので こちらでもその話の続きを書きます。

まずはKaiserくんのブログ Today's Kaiser 
トップは こちら
今日の記事はこちら

Kaiserくんのブログに残したコメントは ↓


考えますよ~。
うちはわたしだけでは絶対にワンコのお世話はできないので、ばぁばが今61歳で、小梅が仮に15年生きたとしてあと13年(こういう仮定はイヤですが)、ばぁばは74歳!わたしは51歳!
小梅がいなくなったら・・・っては考えたくないけど、小梅がいなくなってから次のワンコを飼うことは絶対に無理。(わたしは再婚しない限りフルタイムの今の仕事でしょうし。)
となると、わたしが飼うワンコって 小梅が最後!

もちろん「死んだら次の犬を飼えばいい」なんて軽々しく考えているわけでは無いですが でもやっぱり小梅がいなくなる = ペットはもう飼わないという風になるだろうから・・・。

天寿を全うしてくれたら 気持ちの整理も少しは(あくまでも少しは)つきやすいかもしれないけど
うちはおてんばさんで脱走することもあるので もしも車にはねられたりして 一瞬で命が消えちゃったら・・・と思うと 本当に怖いです。

どんなに年老いて、病気や老衰で ある程度の覚悟が出来ていたとしても ペットが亡くなるというのは想像以上につらいこと。
考えたくなくても考えてしまいますよね。

わたしも「ペットが病気で」という理由で仕事は休めません。退職も無理です。うちにはばぁばがいますから一人ぼっちでということは無いでしょうが 今までに飼っていたワンコで ばぁばとわたしが在宅だったにもかかわらず 一人ぼっちで逝かせてしまった子、 そしてばぁばの目の前で車に跳ねられ亡くなった子 などいろいろです。
長生きして欲しいけど 小梅にそのときが来たら 今度は絶対に腕の中で逝かせてやりたいと思っています。
うぅ。。。泣けてきた~。

力が入りすぎたので 自分のブログにもUPします(汗)。




よそ様に残してきたコメントをここにコピペするわたしって・・・変?
でもね、本当に書いているうちに泣けてきちゃって。

小梅はまだ2歳なので、事故以外で消えることは考えられないけれど
事故はいつ何時起こるかわからないこと。
散歩中に首輪やハーネが抜けて脱走したことも何度か。


家の改築ネタを下書きした日に この話というのも何かの縁?
以前飼っていたスムースチワワのブラッキーは わたしによく懐いていました。
体育座りをしているわたしの膝の上がお気に入りの場所。

ブラッキー1

ブラッキーの最期の時、わたしは嫁いで家を出ていましたが
家の増改築のため 実家に手伝いに帰ってきていました。
大掛かりな増改築だったので 引越しさながらの片付け物。

ブラッキーの調子が悪いのはわかっていましたが
今すぐというふうでもなかったので ばぁばとわたしは、
バタバタと片付けに追われていました。

10時だったかお昼だったか、ちょっと休憩しようよとなって
ブラッキーが寝ている布団を覗くと もう息をしていませんでした。

そのとき、ブラッキーは勝手口の床下部分に 布団をセットして寝ていましたが
ばぁばとわたしは何度も何度も勝手口を出たり入ったりしていました。
増改築がなければ わたしたちがそんなにバタバタすることはないのに
あまりにも忙しそうにしているので 遠慮したのか
ブラッキーは鳴き声ひとつあげず 静かに一人で旅立ちました。

ブラッキー2

でも、家を離れていたわたしが たまたま実家に戻っているときだったのは
わたしがいるときを選んでくれたのかも。

「家にいたのに 最期、そばにいてあげられなかった。」
これは本当に申し訳なくて 悔やんでも悔やみきれません。


後に迎えたパルは スムースチワワで、まだ小さかったので
リードでお外にお散歩なんていうことはせず、ほぼ室内
たまに自宅の庭で日光浴 という暮らしでした。

そのときも ばぁばと自宅前の庭にいましたが
ばぁばの不注意により ばぁばの目の前で車にはねられ即死。
本当に一瞬のことだったらしく、痛みを感じることもなく亡くなったこと
頭蓋骨の陥没骨折以外 皮膚が破れたり 内臓が出たりということなく
本当にきれいなままだったことが せめてもの救いです。


その後 また迎えたスムースチワワのハッピー。
今度は幸せになるようにと「ハッピー」と名づけました。 
が、病気でまたしても短い命でした。

ハッピー

ハッピー1
1991.11 たぶんハッピー

ハッピーの具合が悪く その日も夕方 診察の予定でした。
わたしは 仕事帰りにばぁばとハッピーが来るだろうと 
動物病院の駐車場で待っていましたが いつまで待っても来ず。
当時は携帯なんてなかったので 公衆電話まで移動し自宅に電話すると
「さっき死んだの・・・。」とのこと。

それから急いで帰宅すると まだ身体は温かく 
その後タオルにくるんで顔を出したハッピーをずっとずっと抱いていました。
成犬になったかならないかくらいのスムースチワワ。

体が冷えるのも早いようで・・・
ノミが出てきたときは 言い様のない悲しさに襲われました。
「死」を信じたくなくても 現実は現実。
ノミが這い出てきた瞬間は、今でもはっきり覚えています。

奈々

それより前の 猫のシロ、チンmixの大と奈々は 
しっかり長生きしてくれたことは覚えていますが
どうして亡くなったのか、そのときわたしはどうだったのかは
記憶にないままです。

ハッピーとパルが相次いではやくに命を落としてしまったので
ブラッキーが死んでからずいぶん次のワンコを迎えいれることができませんでした。

過去のつらい思い出を乗り越え 迎えた小梅。
たまたま帰省していた姉の強い後押しがあって 今 ここに小梅がいるわけですが
小梅という存在には 本当に感謝してもしてもしきれないと思います。

  だから小梅、絶対に長生きしてね。
  いつも「命はひとつなんだよ。命は大事にしてね。」と
  うるさいお説教してるけど 小梅は自分が思っている以上に
  家族として重要な位置にいるんだからね。
  やんちゃもワガママも今のままでいいけど
  脱走だけは辞めてください。
  家族の寿命が縮まります。


z11.jpg


z2
ブラッキーが不憫だったことと あなたが消えることを考えると涙が止まらないの。


z3
長生きして欲しいから 体調管理に気をつけなくちゃね。


z4
はいはい。
あなたが幸せじゃなかったら 「幸せ」ということばの存在価値がないわ。
(↑小梅、熟睡中)



こんな内容でよろしければ 応援クリックお願いします。(^^ゞ
↓このバナーをクリックすると画面が切り替わり、
このブログにポイントが加算されます。
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

さて!1号の制服を買いに行ってきます!
まだサイズ合わせの試着だけだけど それでも楽しみ~!

追記:出かける直前にバタバタと書き上げ 更新したつもりが
「下書き」のままでした~。
書いたのは 朝だけど 更新は13:47。あれれ~。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅

コメント

リンがいなくなったら・・・。。

あまり考えたくありませんが、確実にその日は来るんですよね。
まあ、その場合自分が耐えればいいのですが、最近考えるのがその逆です。

もし自分がいなくなったら、リンはどうするんだろう??

クルマを取りに行くわずか5分ですらキャン!キャン!クーン・・・ と泣いてんのに。
散歩中にちょっとでも私の姿が見えないと、大慌てで探し回ってんのに。
仕事でちょっといつもより遅くなると、ずぅ〜っと店の前で待ってんのに。
あまりに可哀想なので、それだけは最低でも回避せねば!と思うこの頃です。。
リンにだけは寂しい思い、特に後でフォロー出来ない寂しさ・悲しさは味わわせたくありません。
結局出来る事は、前にも書きましたがやはり今を精一杯可愛がってやるのが一番ですね。


今年は健康診断に行こう。 クルマの運転も注意しよう。。(^^;

2009/03/22 (Sun) 00:21 | ごおるど #Y584xK5U | URL | 編集
ごおるどさんへ♪

そうですよね。
ちゃんと健康診断を受けて 安全運転で!
うちはわたしがいなくなっても小梅は大丈夫です。
というか、最愛のばぁばですらいなくても大丈夫な小梅です。
要するに「誰か」がいればいいんです(笑)。
器用に人を利用している小梅ですが
リンちゃんは ごおるどさん一筋なんですね♪
ワンコって賢いですものね。
ちゃんと理解しているんですよね♪

2009/03/22 (Sun) 15:13 | さくら #- | URL | 編集

先代のわんこたちとの思い出が、さくらさん一家の優しい気持ちを大きくして、小梅ちゃんにたっぷり愛情を注いであげられるんですね。
「命はひとつなんだよ。命は大事にしてね。」
本当、その通りですね。
みんなひとつずつ、平等に与えられた命、大事にしなきゃいけませんね。
人間も、わんこも。
共感して、記事にしていただいてありがとうございます。
これからも素敵な日々が送れますようにっ!

2009/03/23 (Mon) 00:15 | Vitamin Y #ur6nohjs | URL | 編集
Vitamin Y さんへ♪

先代のわんこ、人間の不注意で不幸な目に遭わせてしまった子もいて
過去の反省をふまえて行動しているつもりですが
小梅は時々首輪やハーネスが抜けるんですよね。
ユルユルでは無いのに。
命はひとつだから 交通事故などということのないよう大事にして欲しいです。

2009/03/24 (Tue) 09:08 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する