お友だち♪

ばぁばお出かけで留守のため 本日夕方の散歩はさくらが担当。

途中、おじさまに連れられた柴犬サイズのワンコ(ミックス?)とすれ違いましたが
人間同士は「こんにちは」と挨拶、
ワンコ同士は 鼻と鼻をくっつけてクンクンしていました。
ワンコ同士の挨拶って鼻と鼻???

その後、いつものルートで国道を通りましたが
先日の脱走劇がトラウマになって とっても怖かったです。

最近は とってもよく歩くようになったのですが
今日はクンクンが忙しくなかなか前に進みません。
夜勤は休みで、時間はたっぷりあるものの
やはり適度には進んで欲しいので リードを引っ張りますが
小梅は四肢を踏ん張ってイヤと意思表示。

ずっと歩道を歩いているのに 
突然、横断歩道から車道へ行こうとしたり
本当に眼が離せず怖いです。
次からは国道を通らないルートにしようかな?


ということで、散歩も後半に差し掛かり
あるお宅の芝生をクンクンしていたところ
猫の鳴き声が聞こえてきました。

声の感じからして仔猫。
どこから聞こえて来るのかな~?
そこにとめられた軽トラックから聞こえてきますが
車の下にはいない様子。

軽トラックには 肥料袋やみかん箱などがいくつか積まれていましたが
まさか肥料袋の中???
いや、いくらなんでもそれは・・・と思いつつ 声の出所を目視で探していると
軽トラックの車体の中から ニャンコが出てきました。

もしあの状態でエンジンがかかって発進したらどうするつもりなんだろ???
たぶん、運転席に人が乗った時点で 気付いて降りるでしょうけど
とってもフシギなところから猫ちゃんが現れました。

080811n1.jpg
小梅を怖がる様子は全くなく、わたしの足元にじゃれついてきました。

080811n2.jpg
そしてわざわざ小梅の前まわって お腹を見せてくれます。
小梅は、お友だち~♪と、とっても嬉しそう というわけでもなく
変なヤツが来た~と、迷惑そうでもなく・・・
フシギな生物だけど、興味はあるという感じ。

犬は苦手ですし、猫ともフレンドリーに接したことがないので
どう対応すればいいのかいまひとつ わかりかねているといったところでしょうか。

080811n3.jpg

わたしと小梅は ほんの少しずつながら自宅のほうへと進みますが
猫ちゃんはしっかりついてきます。

この写真のあと・・・どうなったか。

続きは明日です♪




応援クリックありがとうございます。(^-^*)
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ15位/328誌 )


2号のメガネ、7月のはじめに修理依頼をしていましたが
やっと直りました。(部品交換で4200円)
いったい2号のメガネにいくらかかってるんだぁ~!!!



続きを読む は、可愛そうな猫のお話。
軽トラックのところから猫の鳴き声が聞こえていましたが
声がどこから聞こえて来るのか よくわかりませんでした。

軽トラックの荷台には 封の開いた肥料袋がありましたが
過去のイヤな記憶がよみがえりました。


昔々、わたしが小学生の頃
住民総出での地区の清掃がありました。

うちの地区の一番端っこはずいぶんな山道で、人も車もさほど通りません。
そこを掃除していたら 道端に肥料袋が置いてありました。

このあたりは農家さんも多く、肥料袋はどこででも見かけるものですが
ゴミらしきその袋を開けて覗いた男性、
「うわっ 猫の死骸」と言ったきり言葉を失いました。

どんな悲惨さだったのかは見ていないのでわかりません。
大人か仔猫か、病死だったのか・飼えないから入れたのか
どんな理由にせよ、ゴミとして 山道に放置。

わたしは 現物は見ていません。
でも、その男性の言動は間近で見ていました。

今でも嫌な思い出として残っています。


+++++++++++++++++++++++++


小梅を迎え入れたあとの、ある冬の雨の日の出勤途中
ずぶぬれになって道端で鳴いている仔猫を見ましたが
どうしてあげることもできませんでした。
直接殺したわけではなくても
「見殺しにした」というのは同罪かもしれません。


関連記事
スポンサーサイト



Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅

コメント

リンだったらソッコー飛び付いて行って猫パンチ食らうトコですが、
さすが小梅ちゃんは落ち着いてますね。。
野良猫には困る事も多いのですが、愛嬌があればそれなりに可愛いものですね♪

可哀想な動物を見ても最後まで面倒見る覚悟が無ければ、関わるべきではないと思ってます。
それは”見殺しにした”とは違うのではないでしょうか?
以前にも書きましたが、可哀想であってもある程度は自然の摂理なので仕方ありません。
でも、人間の身勝手で動物を不幸にするのは許せません。
少しでも減って欲しいものです。

2008/08/12 (Tue) 00:17 | ごおるど #Y584xK5U | URL | 編集

小梅ちゃんのように、チャトも、下のニオイをずーーっとかいでたり、急に、横に行こうとしたり。
まだまだリードを緩めての散歩は恐いです。
仔猫ちゃんの話、チャトの散歩コースにも、野良猫がいっぱいいて、仔猫ももちろんいるのですが、自分がちゃんと最後まで世話できないのであれば、やはり不用意に何かしてはいけないと思ってます。
エサだけあげにくる老人とかいますけどね・・・

2008/08/12 (Tue) 14:17 | Nです #- | URL | 編集

ごおるどさんへ♪
 このとき、一度だけ軽い猫パンチを見舞われました。
 でも「攻撃」ではなく「ねぇ早く早く〜。一緒に遊ぼうよ〜♪」だったと思います。
 
 この猫ちゃん、連れて帰って新しい家族にしてあげたかったのですが
 飼い猫でした。
 毛艶といい、この人懐っこさといい、あたりまえですよね。

 以前のずぶぬれ仔猫ちゃん、その後近くで猫の死体があったので
 どうしても頭の中で “ = ” になってしまいます。
 肥料袋の中の猫も、消火栓の下の猫も
 とっても可愛そうです。

2008/08/12 (Tue) 18:24 | さくら #- | URL | 編集

Nさんへ♪
 チャト先生、かさぶたのあと、キレイに直るといいですね。
 夏場は化膿しやすいですが、かさぶたがはがれたとなればもう安心ですね。
 あとは毛が生えるのを待ちましょう♪
 
 野良猫ちゃん、そうなんですよね。
 可哀相と思って一時的に餌をあげたりしてはいけませんよね。
 わたしも餌やりはしてませんけどね。
 最後まで飼う意思がないと下手なことはできませんよね。
 

2008/08/12 (Tue) 18:28 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する