余計なお世話、余計な一言

お友だち宅のペットが今朝虹の橋を渡ったそう。

ペットちゃんの無念さや、お友だちはじめご家族の悲しみを思うと
なかなかかける言葉も見つからない。  

小梅は13歳
まだまだ元気だけれど、いつかは渡る虹の橋。

残されたわたしたちは、ちゃんと見送ってあげることが出来るでしょうか。
そしてちゃんと立ち直ることが出来るのでしょうか。


お友だち家族のこと。
亡骸をどうするかは、ご夫婦で相談して決めたとのこと。
子どもたちへの報告も、ご夫婦で相談して。

「こんなふうにしたんだよ。」と詳しく聞いた内容は、手厚く最期まで愛情込めたものでした。

ちゃんとご夫婦で相談して、愛情込めたお見送りをしたというのに、
「わたしなら」というのとは違っていたので、つい
「そういうのに正解不正解はないけど、わたしなら○○するなー。」と異論を。

あとで考えればそれこそ余計なお世話なのに、思ったことがすぐに出てしまう困りもの。

不適切、不衛生な処理とか、放置とかじゃなく
ペットちゃんにも子どもたちにも、
すごく愛情込めて接しているのに、わたしったらなんと失礼な発言をしてしまったのかしら。

いつかはくる小梅の命が消える日。
考えたくない。
考えたくはないけれど、確実にいつかはやってくる。

小さな身体の犬も、相当存在の大きい「家族」。
家族を亡くして落ち込んでいるときに、否定的なことを言われたら嫌だな。
まさに傷口に塩。

猛省。


sen sen sen sen sen sen sen sen



会社に来られたご高齢のお客様が、大きな商品をお買い上げ。
トラックに積み込んだものの、商品の固定が必要。

こういう時、巧みなロープ使いでサッと縛る男子は素敵。
ちょっと離れた場所にいた若手男子に
「お客様のを縛って!」と早口で頼んだところ『え!お客様を縛るんですか!?』

「お客様を」縛ってどうするの…
「お客様の荷物を」縛るのよ。

「お客様を縛る」という返しは、ギャグだったのか、素だったのか。



今日は大雨のため、ジョグもウォークもなし。
ナンプレしながら寝落ちしていました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Category: さくら日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する