高知龍馬マラソンレポ(?)

昨日はたくさんの応援ありがとうございました。
LINEやコメント、直接の応援などまだお返事が出来ていない方もいますが、全部届いて力になっています。

雨なので沿道の応援は半減すると思いきや、今までと変わらずたくさんの方々に応援をしていただきました。
わたしの大好きな吹奏楽応援もあちこちであって、とても元気付けられました。
わたしや家族は吹奏楽には何の縁もないのですが、
なぜかマラソン中の吹奏楽(楽器)応援が大好きでいつもウルウルしてしまいます。
初フルの高知龍馬マラソン2014で、友だちの娘さんが吹奏楽応援をしてくれたからその繋がりかも。

レースは、35kmまでは充分頑張って走り、その後は歩いたり走ったりでしたが、
5時間30分は切れそう!切る!という目標にして頑張りました。

途中34kmくらいか、右脚の不思議なところ(筋や関節ではなく骨?)が痛くなり
師匠に指示を仰ぐと、「いいから走れ」と。
(かなり略すとそういう意図)

「無理をせずリタイヤしろ」と言ってくれたらドクターストップならぬ、
“ 師匠の指示で ” DNF出来たのになんて思いつつ
仕方ない!走るしかない!と、最後の最後までサボることはなく全力を出し切りました。
(たくさん歩いたけれど)

当初いっていた松竹梅でいえば、「竹」
これは、充分満足な結果です。

走ったあとは、三翠園の温泉後、打ち上げをしてからラン友さんの車で帰宅。
今朝の状態、というか昨夜から太ももの前がバキバキ。
翌日の筋肉痛具合と全力を出し切った具合がどのくらい比例しているのかわかりませんが
久しぶりのバッキバキ!!!
今朝は階段ひとつに両脚をついて降りました。
午前中は休みをとっているのでベッドでゴロゴロ中。

では “ 駆け足で ” 振り返り。


スタート10分前にカッパを脱ぎ処分。
暑いのはかなり苦手なので雨が強くてもポンチョで凌ぐ作戦。
中にポンチョは装着済み。
奈良のミスを繰り返さないように。


スタートロスは5分30秒
前日夕食と当日朝食を共にした高校の友だちがご主人の応援と合わせてわたしの応援もしてくれました。

5kmくらい(もっと手前かも?)で、中が蒸れるのでポンチョを脱ぎ、さてどうするか。
後々の雨や冷えを考えると捨てるのは危険ですが、ポケットには入らないので
折りたたんで、アームポーチのように腕に巻くことに。
雨でサングラスが曇って曇って、ど近眼なのに曇りのストレスでサングラスを外して帽子の上にしたりも。

エイドでは、毎年楽しみな “ ちくきゅう ” を今年もしっかりいただきました。
もちろんトマトも。
相変わらずエイドが充実しているのと、胃の不調が現れず空腹感もなく、
食事&胃腸面は上出来、というか完璧。
やはりわたしレベルでは、前日からとにかくしっかり食べておくことが大事な気がします。

途中、雨が強くなり冷えたのでまたポンチョ装着。
どうせ着ても着なくても全身濡れていますがポンチョがあれば保温には大きく影響するので。
周りの皆さんは袖付きのカッパを着ている人も多く、時々「暑い」と聞こえてきていました。


浦戸大橋上り口の不思議な楽器の方々、今年もいてくださいました!

浦戸大橋てっぺんからの太平洋のキラキラは見ることが出来ず残念。

スタート直後からトイレに行きたいなーと思っていましたが、並んでまで行くのもなあと。
花海道に男女別の常設トイレがあり、女子は外まで並んでいなかったので行くと
誰もおらずすぐに入れるという幸運。
すぐ済ませたのに出たら3、4人並んでいました。
約2分のロス。

初参加の時は浦戸大橋から甲殿交差点までが長かった!
(2014年は仁淀川河口大橋は渡らない、今とは若干違うコース)
仁淀川河口大橋を渡るようになった初めての時は橋を渡ってから折り返しまでが長かった!
もう7年連続7回目なのでコースはしっかりインプットされ、あちこちで「ただいま~」の気分。


甲殿交差点手前にお友だち(?)が応援に来てくれていました。


「(エナジーサプリ)要る?」と差し出されたのでそれはお断りして
「チョコは?」と言われたので「要る~」と受け取っているところ。


途中、一度スマホを取り出し自分を含めたランナーの位置情報を確認しましたが、
じっくり眺めるのは無理なので一瞬だと折り返し部分は東進中か西進中か分からない。(゚∀゚)

スライド区間は対向ランナーを見つめてお友だちを探すのが常ですが、今年は途中で諦めました。
前半はかなり注視したはずなのにほっとんど見つけられず。
でも何人かの方からお声かけをいただきましてありがとうございます。(o^^o)

またしても「○くらさん」宛の声にわたしが反応して、隣の男性とわたしが2人一緒に声の方に手を振るという
なんとも恥ずかしい事態も発生させつつ。
「アサクラさん」?「ミクラさん」?「トクラさん」?
語尾の方がハッキリ聞こえるので、完全にわたしが呼ばれたと思い手を振ってしまいました。


新居の折り返し地点。 
前日夕食を共にした友だち2人が応援に。



今回は時計をほぼ見ないで走っていて、たまに鳴ったときに見るものの、
だからといって調整はせず、感覚だけで走り続けました。
何km地点には何時何分頃という予定時間表も作らず、制限7時間なので関門表も作らず。
7分台前半で走っているというざっくりとした感覚。
35kmを過ぎたあたりで、ふと自分のラップを見てみようと、歩き休憩中に応援naviをチェック。


うわっ!わたしって天才!!!

もちろん完璧なペース管理の賜物なわけはなく、偶然の産物。
それにしても浦戸大橋やエイドがあって上下しそうなものなのに「結果は」偶然とはいえ完璧なペースメイク。
ちょっとにんまり。
※ 言うまでもなく、この後はズルズル落ちます。

34kmあたりか骨(???)が痛くなったものの走り続け
背後から、沿道からの「北海道頑張れ」という声に慄きつつ頑張って頑張った直後、
案の定 北海道のラン友さんに追いつかれ、しばらく並走したもののわたしが一歩前へ。
そしてきっちり抜き返されるというわかりやすいオチ。
やっぱりフルマラソンは「安定」が大事。
春野に入ってからブログ読者さんに声をかけていただき少し背中を追いかけて走ることが出来たりも。

終盤にほんの少し攣るかも?という前兆はありましたが攣ることもなく、
謎の骨の痛みも走れないほどの悪化はせず。
途中で痛み止めを飲もうと思っていましたが、結局飲まず。
(アミノ酸とグルタミン酸はほぼ予定通り摂りました。)

春野の最後の坂では写真用にポンチョを脱ぎ、背中に。
寒さよりも写真重視。(単なるおばかです。)

疲労困憊で歩きを多用しつつですが、無事に元気にゴール!
(疲労困憊で元気とは日本語がオカシイ!)


雨なので、どちらが先でも相手を待たず着替えるという予定でしたが、
20分ほど前にゴールしたラン友さんがトラックの中で待っていてくれました。




ここで阪神タイガースのユニフォームの方からお声かけをいただきました。
「ブログを見て大阪から走りに来た。」とのこと。
もうこの言葉が一番嬉しいです!!!

わたしが高知龍馬マラソンが好きということが読む方に伝わって、
「高知龍馬マラソンを走ってみたい」と思ってもらえるのが最高。(o^^o)


900位だったら、何とか賞がいただけるのだったのに、惜しい!

知事が尾崎さんから変わったというのは打ち上げで知りました。
わざわざココに書くほどのことでもないのですが、
「尾崎知事も若いんだから、中村知事みたいに走ればいいのに~」という会話から。

以上、これがレポかもしれないし、また詳細に書くかもしれないし。
(レースに関しては前者濃厚)


ではデータを。



少しずつ順位も上がっていたし、ほぼ満足な走りが出来ました。
ツッコミどころはあるでしょうけれど、趣味の市民ランナーなのでわたしは満足しています。 

たくさんの応援ありがとうございました!
雨でいろいろ大変だったゴール後のレポは改めて。


ベッドの中でスマホで書いているのでコメントのお返事は改めてパソコンから書きますね。
もうしばらくお待ち下さいませ。

応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

高知龍馬マラソン雨の中大変お疲れ様でした!そんな翌日からお仕事でお騒がせしてます(笑)また明日もザワザワすると思いますがwよろしくお願いします^ ^

2020/02/17 (Mon) 21:32 | ハスキードッグ #- | URL | 編集
ハスキードッグさんへ♪

遅くなりましたが愛媛マラソンお疲れ様でした!
今日は午前中は休みを取っていました。(*^^*)
あらあら明日もバタバタですか?
覚悟しておきますねーーー。
もう気になって眠れないからこんな時間に。(←嘘です。)

2020/02/18 (Tue) 02:24 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する