四万十川ウルトラ60 翌日

14330.jpg
女の子の全力応援が可愛い。(*^^*)



とりあえずタイトルを先につけましたが、どんな記事が仕上がるかは・・・
指のみぞ知る。

まずは、昨日完走したことを伝えたときの皆さんの反応に対していくつか。


昨日はLINEもブログも速報のみで、詳細を書く元気はありませんでした。
「ギリッギリ」 と書いたので、「4分も余裕あるのに?」 という意見もいただきましたが
9時間半、つまり570分もあって残り4分、99.3%を使い切ってのゴール。

最後に激坂、点火済爆発寸前の爆弾持ち。

さらに
残りの距離が正確には分からない。
この精神状態・・・わりと極限に近い。
攣りそう・・・というより、軽く攣った状態で(?)ひたすら脚を動かし続け
完全に攣ると、全く動けなくなる → 数分間は座って一歩も動けない → つまり完走できない。

最後に激坂。
一昨年に車で試走をしたので、なんとなくはわかっていますが、とにかく激坂。
はじめっから絶対に歩くという計算でしたが、30分間余裕を見て作ったはずのペース表は
後半に攣ってからグダグダになり、余裕は全部食いつぶし。

攣った脚で歩くとなると、1kmあたり何分?15分では無理?となると???
計算できない。

そもそも今は何km地点?
明るい間は、はっきりとわかりやすい表示がありますが、
暗くなってからは、ほぼ無意味な存在。
一応表示の両側にライトらしきものはあったりしますが、肝心の数字は全く見えず。
コース左側ばかり凝視していたら右にあったり。

GPS時計は誤差があるので、終盤には「だいたい500~600mのズレ」 と認識していますが
やはり正確な距離が知りたい。
『もう少しよ!』 『あと◎kmよ~。』 という沿道からの温かい声援は嬉しいのですが
これが実に曖昧で、たいてい数百mの誤差がある。

本当の終盤、60kmとか100kmとか走っていて、残り3kmあたりでの500mの誤差はキツイ。
信じないようにしようと思っても、どうしても自分に得な・楽な情報を信じたくなる。
そして落胆する。

(※)あ。
いつも言っていることですが、これは応援の方を責めているのではありません。
応援は本当にありがたいです。本当に。
この先のレポでも、ゴール手前の泣かせる応援に対して “ 泣かさないで ” と書くと思いますが
本気でそう憤慨しているわけではなくて、
すっごく嬉しい けれど、ほんのちょっと 困る。」
という意味なので、「困る」 に重点を置いた書き方をしても、本当の意味での大部分は 「すごく嬉しい」 です。

ランナーにはこの心理は伝わると思うのですが、
ランナーではない方が読んでくださった場合に、わたしが書きたい本当のところが伝わるか少し心配なので
回りくどいようですが念のため。
この先のレポ全てにおいて、「クレームではない」 のでそれを踏まえて読んでいただきますようお願いします。


昨年だったか一昨年だったか、YouTubeで見たゴールシーン。
審判の方がゴールの場所に立ち締切準備をするなか制限時間ギリギリに駆け込んでくるランナー
寸前で倒れ込むランナーのシーンがありました。
走りながらそのシーンが浮かんでは消え浮かんでは消え、わたしもそんな感じになるのか?
それともコース上で花火を見上げることになるのか?

わずか60kmに9時間半も与えられていて、それで完走できないなんて。
(DNFの方うんぬんではなく、過去のわたしの言動に対しての発言です。)
DNFだったらブログになんて書こう?
帰りの車をお通夜にしてしまったらどうしよう?
最終関門を通過したら、全員自力でゴールへ向かうのか?それともまた回収バス?

本当にいろんなことをぐるぐるグルグル考えながら、「攣らないで~!」 と願いながら一歩一歩。
それであと4分あったのは、パッと目、「十分余裕じゃん」 と思うかもしれませんが
相当ギリギリのハラハラでした。

当初から言っていた通り、タイムがどうであれ、完走さえできたらヨシ!
結果オーライなのですが、精神的に疲れました~!
周りの人たちも相当ハラハラしたはず。
現にスタート前には、わたしを応援してくださる方が 『自分が走るときよりドキドキする。』 と言っていました。


スタートした以上、結果は二つに一つ。
ゴールしたか、していないか。
ギリギリだろうが、歩きまくりだろうが、ゴールしてメダルがもらえたのだから、よし!


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


四万十川ウルトラマラソン60kmを初完走。

四万十川ウルトラマラソンに関しては、
2017年 100km 61.4km 関門閉鎖
2018年 100km 56.5km 関門閉鎖
2019年 60km 完走

距離を60kmにしたことでようやく初の完走メダルを手にすることが出来たのですが
何人かの方から 『初のウルトラ完走おめでとう』 とか 『これでようやくウルトラランナーですね。』
というコメントをいただきました。

純粋なマラソン大会の距離が長いバージョンである四万十川ウルトラマラソンのレースと、
マラニック(マラソン+ピクニック)である萩往還は、そもそも趣旨が違いますが
萩往還マラニックの70kmは時間内完走しているのにな…。
マラニックとはいえ、わたしにはかなり厳しい戦いだったけどな…。

おめでとうコメントはすごく嬉しいですが、この部分に関してはちょっと引っ掛かる。
50歳近いおばちゃんが拗ねるのは見苦しいですが、拗ねます。

あ。
以下(※)同文

この章はブログネタ的に読んでくださいませ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


『60km完走できたから、次は100kmだね!』 というコメント(LINE等で)も、たくさんいただきましたが
無~理~っ!!!

過去2年は、一応100km向け対策をしてきたつもりでした。
元々の走力含め、練習量も到底足りてなかったけれど、一応100km向けの。
今回は60km向けの練習しかしていなかったとはいえ、60kmでこのザマ。

これで自信をつけたので来年は100kmに・・・なんていう気持ちはみじんも浮かばず。
走りながら、「100kmを走り切る人って何者なの???」 と、ひたすら尊敬の念。

あ。
以下(※)同文



.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今回、1か所だけ小さな峠はありますが、スタートから42.195kmポイントまでにかかった時間は
6時間超え。

2週間後の下関海響マラソンは大丈夫か?
2年前に4時間41分という好成績を残したので、今年は5時間以内に・・・なんて思っていましたが
今は、ただただ 「6時間以内の完走を目指す」 に変更。

今までウルトラ以外は関門なんて気にしたことがなかったのに、
奈良では関門閉鎖でバスに収容され、下関でも関門時間を要確認!

下関を2週間後に控え、連続での出場がすごいというのもよく言われますが
これは四万十川ウルトラマラソンが高倍率の抽選のため、
当たらない前提で他の日程を組んだため、結果的にこうなりました。

60kmウルトラ(←本人的には充分ガチ)の2週間後のフルマラソン。
どんな結果が待っているのでしょうか?
恐怖しかない。


ということで、以上の4つに対して、くれぐれも(※)のところを強調してお願いします。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


昨夜は0:30頃帰宅。

走っている時から思っていたことは、早く大の字になって寝転がりたい~!でした。
でも、なにはともあれお風呂に入らねば。
時間の都合もあって温泉には入らず、ウエットティッシュで拭いただけで着替えて帰宅。
お風呂を溜めて、バブを入れてのんびり浸かりました。

汗まみれのものの洗濯をして、やっとベッドへ入ったのが2時頃。
実際に寝転がることが出来たのはゴールから6時間後。
夜中に一度目覚めましたがまたすぐに眠りにつき、いつも通りの6時過ぎに目覚め。
今日は午前休を取っているので、普通に起きて朝食を済ませてからまたベッドへ。
ひたすらiPhoneで遊んでは寝落ちを繰り返し、午前中はのんびり身体の休養に努めました。

午後から仕事へ。
皆さんが口々に 『お疲れ様でした。』 とか 『すごいね。』 とか。
遊びに行って褒められるってなんだかくすぐったいのですが。

週始めの朝礼ではフルマラソン以上に出場すると、上司から結果報告が入ります。
今朝の朝礼では、『嬉しいお知らせがあります。さくらさんが~~ 』 と言い出した上司の言葉に
何人かが、わたしが再婚すると早とちりをしたらしく。

笑えな~いっっ。
わたしが完走しても、社員の皆さんからすれば嬉しいお知らせではないと思うけど・・・。
わたしがそれを聞く側だったら 「臨時ボーナスでも出る?」 とか思ってしまいそう。
それで 『◎◎さんがバレーボール大会で勝ちました。』 とかだったら 「ぇ?」 となりそう。


身体の方は、盛大に攣りまくったふくらはぎ(特に右)が痛い。
フルやウルトラの翌日は、太ももや脚全体の筋肉痛になることが多いけれど
今回は一番痛いのは右ふくらはぎ。
他には、左のふくらはぎも痛いし、太ももの前面も。
それと途中でアクシデントのあった右小指に水ぶくれが出来ていて痛い。

でも、まぁどれも故障ではなくて、「そりゃあ60kmも走ったんだから痛いところがあって当たり前」 レベル。
今回のふくらはぎの攣りは、過去最高レベルで本当に悶絶。
コース上で座り込んでしばらく動けませんでした。

暗い時間で、歩道もない場所。
普通にみんなが走るコース上ですごく邪魔だったと思いますが、どうすることもできず。
その痛みが今も尾を引いているようです。

1021注目記事
ジョギングカテゴリー注目記事 上位独占。

そもそもジョギングのカテゴリーでウルトラマラソンネタというのも変な感じですが
たくさんの応援ありがとうございます。(*^^*)

ということで、レポ的なものは別の記事で。
今日明日のうちに仕上げて、あとは下関海響マラソンに向けて休養&練習をしたいと思います。
レポを書きはじめると一つの記事に何時間もかかるので、
23日からは残業も入るだろうし、ブログの時間を控えめにしないと、いま風邪でも引いたら大変!

それが可能かどうかはわかりませんが・・・努力します。


あ~!
ひとつ大事なことを先に。

昨年の四万十川ウルトラマラソンで、わたしがあまりにも遅かったせいで
前後に人がほとんどおらず、わたしの前の方がコースロスト。
その時の記事は こちら

fc2blog_20181024212217b19.jpg
右へ行くのが正しいコースですが、前の方は間違って左へ。
普通に走っていればそのまま右なのですが、初参加で疲れて思考能力が低下すると左へ行く可能性も。

この時、この次の場所にいたスタッフさんにお願いをしました。
「さっきのところで、左に間違えた人がいたから、来年はコーンで封をしてほしい。」 と。

各所に一人で立っているスタッフさん。
そのスタッフさんが、そのことを忘れずに本部に意見を上げてくださるか (表現が失礼かしら?)
本部の方が、その意見を取り入れて改善してくださるか。

そして今年。
このポイントにスタッフさんがいらっしゃいました。

関門で引っ掛かるような遅いわたしの意見をしっかり取り入れてくださってありがとうございます。
あのポイントの次の場所にいたスタッフさんにお願いをして、そのあとブログに書いて
(本部の方々はエゴサーチしているのかな?)
そして今年はしっかり改善されているなんて感激。

このあとランネットのレポを読んでみよう。
今回はエイドの食べ物も充実、何もかも素敵な大会運営でした。

運営の方々、スタッフさんボランティアさん、応援の方々
すべての皆様に、ありがとうございました!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
なる全開バナー。(^^ゞ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ウルトラ終盤で残り距離を短くコールされて「う~ん(>_<)」の件、
すっ~~~~~~~~ごくよく解ります(笑)
今回も92kmだったかな?キロ表示越えてすぐ、あと8kmや~
と思ってたら、「あと7kmですよ~ガンバレ~」(@_@;)
応援の方は少しでも力をと思い切捨ててコールしてくれてると
思うけど、最後にきて切り捨ては逆にキツイなあ(笑)
ランナーあるあるだと思います!(^^)!

にしても(?)完走はやっぱり素晴らしい(^_^)v
ゆっくり休んだ後、また走りたくなったら100kmもいいかもね(^_^)/~
お疲れ様でした、よい休息をお取りください(^_^)v

2019/10/22 (Tue) 12:10 | TH2 #- | URL | 編集
TH2さんへ♪

共感してくださってありがとうございます!!!
ランナーあるあるですよね。
気持ちは嬉しい。応援は嬉しい。嬉しいが大部分を占めているのですが
「もうちょっと正確に言ってもらえたらなお嬉しい!」

100km・・・
昨日の記事にあんなふうに書いて、今朝の夢で100kmマラソンに出ていました。
しかも70kmくらいのレースに出てとりあえずゴールし、ゴール後のオプションみたいな感じで走っている夢でした。
やはり気持ちの中で100km未消化なのかなぁ。
でも60kmであの状態では100kmなんてとんでもないです。

日本国内でいちばんやさしい100kmばどこだろう?(ぇ)
とりあえずまずは心と体の回復に努めます。
本当にハラハラしまくりで心も疲れました。
きっと応援していた人の方がもっと疲れたと思いますが。(^^ゞ

応援ありがとうございました!

2019/10/22 (Tue) 14:48 | さくら #- | URL | 編集
遅くなりましたが完走、おめでとうございます。

さくらさんへ
またまた、お久しぶりです。60キロは、フルしか走った事のない私に未知の世界。フルでも20キロしか練習してないので当面は、ウルトラは憧れでとどめときます。わたしも、2週間でフル二つに来週から突入します。練習は、来年よりほんの少し多目ですが、とうなることか?ただ、昨年悩まされた足の痛みが今年は、無いのが幸いです。

2019/10/23 (Wed) 10:39 | ひろ #- | URL | 編集
ひろさんへ♪

ありがとうございます!
70kmの萩往還を完走していても、60kmの四万十はきつかったです。
年々走力が落ちているのをひしひしと実感しています。

ひろさんは二週間隔でフルなのですね!
疲れがうまく取れたら、意外と2つ目のほうが楽だっだりして・・・と
ウルトラ3週間後のフルを走ったわたしは思うのですが
今回は2週間・・・お互い吉と出るか凶と出るか、吉だといいですね。

痛みがなく走れるって素敵。(*^^*)

2019/10/25 (Fri) 01:57 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する