たまには母業

1号が10歳、2号が8歳の時にお離婚をして実家へ戻りました。
わたしの両親に子育てを手伝ってもらいながら、
とはいえ、わたしが父親役で、ばぁばが母親役という感じ。
というか、「お母さんが2人いる」 感じ。

わたしは夜勤で仕事に行っていたため、夕飯の世話や高校時代のお弁当
“ 夜に持ち帰って、明日の朝までにいる ” という、部活生あるあるの洗濯物や送迎など、ばぁばが大活躍してくれました。

それは今でも継続中なのですが。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日は2号の手術でした。

昨年の6月に左手首を骨折。
ちなみに2号は左利き。

プレートを入れる手術をして10日くらい(だったかな?)入院したのですが
今日は、そのプレートを取り除く手術。

てっきり入院と思ったら、なんと 「日帰り手術」 とのことで。

そんな簡単なことなら、付き添いはばぁばだけでいいかな?と思っていたところ
病院から 「出来れば親に来ていてほしい」 と言われたとのこと。
(2号から伝え聞いたことなので、ニュアンスはどうかわかりませんが。)

ということで、わたしは半休をとって午後から病院へ。
術前のため、食事や水分をとっていい時間が決められているので、
2号は、ばぁばと早めに食事を済ませてから、わたしとは病院で集合。

実際の手術が90分、手術室に入ってから出てくるまでを2時間という予定でしたが
途中で予想外の出来事があり、2時間後にわたしが呼ばれ、
その時点でまだ手術途中の担当医から状況説明等。

日帰りで出来るくらいの簡単な手術と思っていましたが、意外とそうではなかったようで。
命にかかわるような大手術とか、一昔前の「開いてみてダメならそのまま閉じます」 というような
ドラマのような手術とは全く別物のつもりだったのに・・・。
あ、もちろん命にかかわるようなことではありませんが。

手術前後の説明と、手術途中の説明は、いろいろ別格。
後者は初体験でした。

わたしが担当医から説明を聞いているその間も、2号は傷口全開で待っているわけで・・・。
いろいろ生々しすぎて、書くのは控えますが、テレビドラマのようでした。

約3時間後、手術室から歩いて出てきた2号は
麻酔が効いていることもあって、意外と元気そうで一安心。
前回の骨折時の術後もあまり痛まなかったようなので、今回も痛みがひどくならなければいいけど。

その後も血圧や検温等の事後処置と、薬の準備等を待ち
会計は後日ということで、病院滞在4時間強。
ただただ4時間 座って待っただけですが、しんどかった~。

通常は手術といえば大抵入院患者さんですから
家族は病棟で待つことになり、手術室の棟まで行かないのですが、
今回は日帰り手術のため、手術室の前の椅子で待つようにとのこと。
携帯使用可の場所ですが、特にすることもなく行き来する職員さんたちを眺めるのみ。
いろんな制服があって、この制服はどんな職業の方なのだろう?と考えたり。

長かった~。

でも、とりあえず無事に終了。
今夜から明日にかけて、激しく痛むことがなく、傷さえ癒えたら完治なので、あとは日にち薬。

大きな病院では 「整形外科」 と一口にいってもいろんな専門があり、診察日が決まっていますが
たまたま2号が受診の時に、ちょうど専門の医師がいる時間帯で
いい医師に巡り合えて不幸中の幸いでした。
※ 今回の時間延長の原因は2号の身体のことなので、病院側のミスとかではないです。

ということで、明日の2号の診察は、ばぁばにお願い。
わたしはいま、本来なら平和なはずの月半ばですが、仕事が猛烈に忙しい!
明日は残業予定。

土曜日は、別の用事で半休。
日曜日は、少しは走りますがたっぷりお昼寝予定。

今日は相当疲れたのに全く眠くならない不思議。
まだ神経が高ぶっているのかな?


あ、そうそう。
病院を後にして、腕にしっかり麻酔が効いた2号とばぁばと3人で夕飯を済ませて帰りました。

家族の中で唯一左利きの2号なので、いつも座る場所を考える必要があり
席に着く前に一瞬考える癖がついているのですが、
今日は、 「2号は今日は右利きだから」 と口に出て、笑ってしまいました。

手術後、喉が渇いたという2号に自販機でペットボトル飲料を買い 「はい」 と手渡し。
『開けてくれないと飲めない』 との声に、あぁそうか・・・。
利き手が残っていれば、膝で挟んで開けることも可能かもですが、残された手は利き手ではない右手。

文字を書くのはもちろん、ペットボトルを膝で挟んで片手で開けるとか、歯磨きとか、
利き手ではない手だと、いろいろ難しいのだろうなぁ。

しばらくは不自由が続きますが、どれも笑い話のレベルでよかった。


ということで、癒し画像を求めて過去画像0718での検索です。

3-13-b_convert_20080315071803.jpg
20080315071803.jpg 2008年3月15日

100117_0718~01
100117_0718~01

100216_0718~01
100216_0718~01

100718ランキング
2010/07/18

100718_0947~01
2010/07/18

101122_0718~01
101122_0718~01

110711_0751~03
2011/07/18

120506_1729~01
2012/05/07 18:49:49

0250 0905
2017050718243506c.jpg



プランクは、昨夜は日付が変わってからしました。
今日は休養日。(*^^*)

応援ありがとうございます。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト



Category: さくら日記

コメント

お大事に

笑い話のレベル、でよかったですけれども痛いと思う~
それにどんな手術でも待っている間は心配でぐったりですよね。
早く治りますように。
じじいも足首を骨折してプレートいれた後、手術で外しましたが
プレートが入っている間は、プレートに物が当たると痛いし
外してもその個所の決行が悪くて冷えてるし、なぜかずっと痛いし。
大病院だと手術後のケアがないので、可動域がなるべく左右と同じようになるよう動かしたり、筋肉の癒着がないようマッサージしたりしたほうがいいですよー。
お大事にしてください。
ちなみに私、右手にヒビ入ったとき、左手で包丁持てるようになりました~~

2019/07/19 (Fri) 11:01 | macoto #3fIBvpkA | URL | 編集
手術

さくらさん二人のお子さんを育てていくのは大変ですけど頑張ってください。私の孫も高校1年の時に鉄棒運動で手首を折り3本のプレートが入り10カ月試合に出ることが出来ませんでした。すぐリハビリを行い昨年はインターハイ、全日本、福井国体まで。5つの大学からスカウトが来て自分で行きたい大学を決めました。高校、大学と特待生で行けたので学費0です。8月は全日本に出るので山口県まで応援に行く予定です。

2019/07/19 (Fri) 15:54 | k.takao #bncAx0zQ | URL | 編集
macotoさんへ♪

お返事が遅くなりました!

2号、なぜか痛みを感じにくい体質のようで。
痛いけれど必死で我慢しているというよりは、あまり痛くないようです。
骨折時に麻酔なしで曲げられたのは相当痛かったみたいですが。
(もちろん治療の一環で)

プレートを入れていた間の痛みも2号からは聞いていないのですが、
鈍感なのか、ただもともと2号との会話がないからなのか・・・。
(笑うトコです。)
左利きさんの左手首のプレート、どうだったのでしょうね。
うちは総合病院で、傷口のケアくらいでリハビリはない感じ・・・
入れた手術後はあったのですが、取り出した手術後はないのかな?
アドバイスありがとうございます。(*^^*)

macotoさんは左手で包丁????
怖すぎます。
わたしは物を数える時とか左手を使いますが、文字や歯磨きはどうしても無理ですね。
ました包丁なんて怖すぎて絶対無理~!
昔々の妊娠中に右手をグラスで切った時は3針縫いましたが、炊事はどうやっていたんだろう?
思い出せませんが、きっと「食事(料理)は、お惣菜で済ます」だった気がします。
それか表面を縫っただけだったから早々に包丁が持てていたのかも。

ちなみに2号、ボルトが1本とり切れず、体内に残ったままです。
仕事の現場出張の都合で入れてから取り出すまでに時間を置きすぎたかな・・・。
飛行機に乗るとき、保安検査で鳴るんでしょうか?(笑)

2019/07/21 (Sun) 08:08 | さくら #- | URL | 編集
k.takaoさんへ♪

お返事が遅くなりましてごめんなさい。
k.takaoさんのお孫さん、すごいですね!
器械体操ですか?
うちの子たちも2人とも器械体操を習っていました。
といっても小学生の時で、2号は「楽しく基礎を学ぶコース」
1号は「選手育成コースの初歩」までで、離婚引越で器械体操教室には通えなくなり
テニスに転向しました。
テニスも趣味の域を出ないままで、大きな大会とは無縁でしたが。


特待生で進学して怪我で練習が出来ない時は相当な無念だったのでしょうね。
でもその思いがあるから、今が頑張れているのかも。
わたしも交通事故で走れなくなった時、「走れる」ということがどれだけスゴイことか
やっと気づいた気がします。

お孫さんの大会応援、楽しみですね。
山口旅行も楽しまれてくださいね。

2019/07/21 (Sun) 08:13 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する