家族

本日二度目の更新です。
つい先ほど 小梅ネタで更新しましたが
この話はそちらの文頭に入れてありました。

でも あまりにも話の比重が違うため 別記事にしました。
ここでは 小梅は出てきませんが よろしければ読んで下さいね。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・



さきほど ブログ巡りをしていたら
久しぶりにお伺いしたワンコブログで 訃報を知りました。

もちろん ワンコも家族ですからね。
やはり 飼い主さんには いろんな想いがあるわけで。
ご自分を責めたりもしているわけで。

何度か書いてきましたが
小梅は我が家で6匹目のペット(家族)です。

初代 猫のシロは どうしてお空へいっちゃったんだろう???
わたしが小学生低学年の頃だったと思いますが 記憶にありません。

そのあと チンmixの大と奈々。
夫婦として共に暮らし 何度か新しい命が芽生え 
わたしは一度出産に立ち会いました。

自分の胎盤を母犬が食べるなんてことは知らなかったので
わたしは 「生まれたての我が子」を食べたのかと 真っ青になった記憶があります。
babyは みなそれぞれ新しい飼い主さんに引き取られ 我が家には残りませんでした。

そして大が 虹の橋を渡り
その後 スムースチワワのブラッキーが来ました。

そして奈々も虹の橋を渡りましたが
大・奈々とも どうしてお空へ行ったのか 最期はどうだったのか
全く記憶にありません。

そのあと スムースチワワの ハッピーとパルを迎え入れましたが
どちらかは病気で どちらかは交通事故で 
今となってはどちらが先に来た子だったのか
どっちがどっちだったのかすらわからなくなるほど短命でした。

たしかパルが先に来た子。
姉が「パイ」という名前にしようと提案したのを
わたしが「パル」に訂正(?)した記憶があります。

「パル」って「ペンパル」とかの友だちという意味があるそうですね。
わたしは会社の人との飲み会で出ていて 
飲み会先のうるさい公衆電話で そのやりとりをしました。

次の子が ハッピー。
今度こそ幸せになれるように と命名。

パルとハッピー 二人とも短い命だったけど
今の小梅と同じように 充分幸せだったと思います。

ということで アルバムを引っ張り出してきて 写真をさがしてみました。
1991年11月2日 平成3年 これは たしか・・・ハッピー。

01_20080518111058.jpg

02_20080518111107.jpg

03_20080518111117.jpg

04.jpg
(どうでもいいけどさくら二十歳。若っっ。そのまま載せとこ・笑。)


小梅は しっかり天寿を全うして欲しいものです。
シロ、大、奈々、ハッピー、パル 直接接点のなかった家族も 
お空では この家で育った家族として仲良くやってくれてるんだろうな。
シロがボスおじぃちゃんで 大と奈々が とうさん・かぁさんで 
ハッピーとパルが やんちゃパピー姉妹で。(二人は異父姉妹だったかな?)

ブラッキーの最期は 何度か書いてきたとおりで今回は省略しますが
近くに居たのに 抱いて逝かせてあげられなかったのは 今でも後悔しています。

応援ありがとうございます。(^-^*)
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ12位/283誌 )

↓↓↓ 本日二度の更新をしています。 小梅記事も読んで下さいね。 ↓↓↓
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 犬との生活 | Genre: ペット
Category: 小梅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する