四万十100DNFレポ【4】諸々

マラソンは遊びと公言していますが、わりと贅沢な遊びなのかも。
今回の四万十川ウルトラマラソンの支出は55,000円くらい。

エントリー 18,000円
その他、ホテル・高速ガソリン代・食事代・お土産代など。

2泊3日、土曜日は移動して受付して寝るだけで、日曜日は走るだけ、
月曜日に買い物に行き、あちこち観光しながら(沈下橋やカヌー館等、無料のところばかり)帰宅。
日曜日は体調を崩し、夕食を食べることが出来ませんでしたが
月曜日は豪華に焼肉。(*^^*)

事前に買ったものは、今回はほとんどなし。
ウエアもシューズも既存のものでしたし、アミノバイタルもずっと前からの繰り越しがありましたし。
(消費期限はあえて見ていない。)

マラソン大会に出るというと
『わたしはお金をもらっても嫌!よくお金を払ってまで走る気になるねぇ。』
という意見をよくいただきますが、得られるものは大きいのですよ。

クサいようですが、お金で買えないものがたくさん得られます。
これ、ホントの話。

完走できたら最高ですが、四万十川ウルトラマラソンについては2回ともDNF。
それでも得られたものは大きい。
走りながらも、帰宅してからも感動してウルウルすることも。

走ってなかったら絶対に知り合うはずのなかった人たちとたくさん知り合って
全くの見ず知らずの人がメダルをかけて帰宅の途についているのを見て
ものすごく素直な気持ちで心からの気持ちで 「おめでとうございます♪」 と言えたり
なんというのか…気持ちいいというかすがすがしいというか。

もちろん走り切れなかったことで悔しい気持ちもありますし
情けないとか、応援いただいたのに申し訳ないという気持ちもありますが
一言でいって、得られるものは多い。


“ ウルトラなんて絶対無理! ” と思う方はそれはそれでいいと思うのです。
でも、“ 出来るかな?出来そうかな?無理かも? ” と思っている方がおられましたら
是非経験してほしいと思います。

もちろん簡単なことではないですし、
健康のためのジョギングどころか、身体を壊すウルトラになりかねないので
そのあたりの兼ね合いはご自身の判断ということになりますが。(責任転嫁)

四万十川ウルトラマラソンの場合は60kmと100kmがあります。
どちらにするかというのは、わたしの場合は
萩往還で70kmを走れたから、次はその上を目指そうと思っての100エントリー。
そして2回とも70kmにすら届かずDNFという結果に。
(耳タコですが、ウルトラにおいて 「走る」と「歩く」は同じ意味です。)

悔しいなぁ。
この悔しさをバネに次は何に立ち向かうか。
今のところ、ウルトラに関しては未定です。

○○が△△で、□□が◎◎で・・・みたいないくつもの条件がうまくまとまれば
来年のウルトラはコレに挑戦しようかなぁ・・・というなんとなくのイメージはありますが
まだまだ考え中。

まずエントリー可能か(抽選?先着?)、そして移動手段は?、他の大会との兼ね合いは?
またまた耳タコですが、こういう悩みは贅沢な悩み。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


181028.jpg
2日連続の三日月とcafe (旧 華夢)
昨日のランチ後にシャッフルプリントを作ったので、今日は 「見て見て~!」 と強引にお見せしました。
見たくなくても見せるという。(*'ω'*)
昨日のお友だちにも見て欲しかったなぁ。

四万十川ウルトラを終え、食事に関しては特に気にせず食べたいものを食べていますが
(とはいえ、うどんやパスタ、お好み焼きなど “ 粉もん ” が続いています。)
体重は変わらず。

四万十出発前が49.0kgでしたが、昨日だか一昨日だか 49.0kgでした。
体脂肪率も21%のまま。

5:30スタート、14:11 56.5km関門にて収容
つまり、56.5kmを8時間41分かけて移動したことになります。
※ちなみに42.195kmポイントはぴったり6時間後でした。

そろそろ走らねばと思いつつ、ちょっと体調がすぐれないので様子見かな。
今月はまだ150kmも走っていない。
せめて月間150kmくらいは走っておかないと・・・。
でも風邪に向かうのか、元気になるのかの境目あたりなので養生したいと思います。

しっかり栄養を摂らねばとおもいつつ、粉もん生活はまだまだ続きます。
ホント、小麦粉が大好きなので。
パンも好きだし、うどんもラーメンもパスタも焼きそばも好き。
唯一好きではない めん類は日本そば。
でも、日本そばは小麦粉ではないし。
お米も好きですが、小麦粉が大好きです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今回、四万十川ウルトラマラソンを走るにあたって、新たなお知り合いが出来ました。
初ウルトラだというその女性、月曜日は仕事だったそう。

そして筋肉痛がひどいので、いつも車通勤のところを自転車通勤にしたそう。
そして周りから 「おかしいんじゃないの?」 と散々ツッコミを受けたそうなのですが
わたしには十分理解できるけどなぁ。

初フルとか、初ウルトラで尋常ではない筋肉痛の時は
立ち上がるとか、歩きはじめるとかのごくごくごく普通の動作に対し
頭と身体が連動しなくなります。
というか、普段なら無意識に出来るはずのことが、ひとつひとつ脳からの指令が必要というか。

座っている状態から立ち上がろうとしたら、
えっと・・・まずはテーブルに手をついて、手で身体を支えてから右足を踏み出して
右足に体重を移してから左足を・・・・と、一つ一つ考えながら。

実際は運転だけなら足首から先だけを動かせばいいかと思いますが
太ももから脚全体を動かそうと思ったら、脳からの指令で意志で動かすより
太ももを手で持ち上げた方が速いとすら思えるほど。

「尋常ではない筋肉痛の時、車の運転は危険だから自転車にしよう。」 という感覚は
一般の方には通じないそうです。

わたしは、もう慣れたので、近場なら運転はします。
萩往還後の三津浜港から自宅とかくらいなら。
でも初フルや初ウルトラの後はとてもとても怖くて自分で運転は出来ず、
公共の交通機関+乗り場まではばぁば送迎でした。
初めてのことは、その後にどうなるか想像がつきませんから。

今回の四万十は、師匠と運転を交代しながら。
といっても帰りの7~8割は師匠が運転してくれました。

四万十川ウルトラマラソンは抽選なので 「一緒に行こう!」 と約束しても
お互いに抽選に受かってそれが実現するかどうかが分からない。
ゴールタイムもあまりにも違いすぎると待たせるのも申し訳ない。

いつか四万十のゴールテープを切りたいので、いろいろ考えたいと思います。
(わたしの時間では「ゴールテープを切る」のは無理かな?「メダルが欲しいので」と書くべきかな?)


師匠の完走証とメダル。
60と100ではリボンの色が違うのですね。
ずっしりと重みのあるメダルなんだろうなぁ・・・。


そろそろ走ったレポ・・・夜に書けたら書きます。
今夜に書かなかったら・・・次の週末まで書かないかも?
まさかのお蔵入りもあり得るかも?


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【追記っ!!!】

先日、コースがわからなくなった話をしましたが、じっくり探したらその場所が見つかりました。

fc2blog_201810281910158e1.jpg

fc2blog_201810281903393c3.jpg

fc2blog_20181024212217b19.jpg
改めてグーグルアースで見ると、ここで間違えるかなぁ・・・とも思える場所ですが
先行のランナーさんもかなり疲れていたと思われ。
その方を責めるつもりは まっっっったくないのですが、先の人が間違えると後続も不安になるもので。

ここでの数分のロスタイムはその後のレースには何の影響もありませんでした。
ちゃんちゃん。




レースを走っても2位のままだ・・・。
「はやくレポを書け~!」のポチをお願いします。(*^^*)

にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

さくらさん

お疲れさまでした。

僕も福井で収容されたので気持ちはわかるような気がします。
いつか四万十に挑戦したいです。

2018/10/28 (Sun) 19:52 | れんごろべる #- | URL | 編集
れんごろべるさんへ♪

今回は筋肉痛のなさに驚いています。
仮にも!(苦笑)、峠を含む56kmを走ったというのに、この身体の楽さは何?
もっと筋肉痛で苦しむほど走ればよかったのか???
何だかなぁな感じです。

収容・・・
萩往還ではチップやナンバーカードを回収されてからのゴール到着で
記録上はDNFですが、自分の脚でゴールまで帰りました。
それが四万十では二回ともバスで裏口から。
華々しいゴールとは違う裏口からひっそりと帰還。
なんだかなぁ。
どれもこれも自分のせいなのです。

四万十、とっても素敵な大会です。
街中が応援してくれます。
応援も決して多くはないけれど、すごく心がこもっています。

誰でも彼でも無責任に勧めることはできないけれど、
「出たいな」と思っている方にはぜひぜひ出てほしいと思っています。

四万十ウルトラ、せっかく知り合いがたくさんいても折返しがないから会えないのが寂しい・・・。
(橋の折り返しはありますが、ごくごく直近の人にしか会えないので)

2018/10/28 (Sun) 20:59 | さくら #- | URL | 編集
鍵コメKさんへ♪

初コメントありがとうございます!!!
豪雨被害は大丈夫でしたか?

初フルに挑戦されるのですね!
それが高知龍馬マラソンとは!
コメントのお名前は本名でしょうか?
わたしと同じ名前ですね。(*^^*)
わたしも初フルが高知でした。
愛媛マラソンを走ったことがないのですが、高知龍馬マラソンは本当に温かくて素敵な大会です。
エイドも充実していて楽しいですよ!
海岸線の単調なところや最後の峠などキツイところもありますが
たくさんの応援に助けられます。(*^^*)

過去の大量のレポを読むのは大変ですが大会ごとにまとめているので
是非少しずつ読んでくださいね。
でも分からないことがありましたら何でも聞いてくださいね。
これからもよろしくお願いします。

すっかりお返事が遅くなってしまって申し訳ないです。


2018/11/03 (Sat) 21:28 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する