四万十100DNFレポ【1】トラブル

四万十川ウルトラマラソン、
余韻冷めやらぬような、もうずいぶん前のことの出来事のような。

レポは土日にゆっくり書こうと思います。 ← 書き終えたらレポになっていました。
タイトルはいつも最後につけています。

10月の四万十川ウルトラマラソン(100kmと60km)と、
3月(4月)の四万十川桜マラソン(フル)があるのですが、とってもよく似ています。

どちらも素敵な大会。
沈下橋がコースにあって、沿道の応援が温かくて。

来年3月の四万十川桜マラソンの募集が10月20日(土)から開始。
10月20日は四万十川ウルトラマラソン前夜でバタバタ。
ですが、寝る前にサクッとエントリーしておきました。
四万十ウルトラ前泊のホテルで四万十桜のエントリーをするだなんてオツでしょ。
フリーWi-Fiでのカード払いだったけど・・・。

fc2blog_2018102421095641d.jpg

3月30日(土)は休みの番かな?出番かな?
今日、業務の都合により一緒には休めないという人に 「3月30日は休む」 と申告しておきました。

いろんな人にお会いするたびに 「次はどこで会える?」 と確認する癖がついてしまいましたが
四万十川桜マラソンでお会い出来るみなさん、よろしくお願いします。(*^^*)

今回の四万十川ウルトラマラソンで、また高知のお友だちが増えました。
そして師匠としばらく併走した方も、このブログにたどり着いてきてくださり
人と人との縁ってスゴイ。
(師匠と並走した方へ・・・師匠からコメントが届いております。それとわたしと同時期に在籍していたかも!)


四万十川桜マラソンを走った後、四万十川ウルトラマラソンのTシャツに着替えました。
あぁ・・・ややこしすぎる。

来年の四万十川桜マラソンは、今年の四万十川ウルトラマラソンのTシャツで走ろうかな。
あぁ・・・ややこしすぎる。
自分でもややこしいのだから、マラソンに無関係な人が読むと何を言っているのか分からなくなりそうですね。
というか、そういう方は文章を細かく読んでいないのかな?
あ、もちろん斜め読み・・・というかさらさらとスクロールしてもいい内容ばかりです。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


では四万十川ウルトラのことを。

昨年、初めて四万十川ウルトラマラソンに出場。
61.4kmカヌー館の関門で収容されたのですが、まばらながらもどうにか前後に人はいて
コースロストの心配は全く感じませんでした。
エイドの食べ物も充実していて、お腹が空いたということもなかったように思います。

それが、今年は昨年よりずっと遅かった分、違いが色々。
まず前後に人が居なさすぎ。
エイドの食べ物がない。
途中からはトイレがガラガラで待ち時間なし。
全スタッフさんボランティアさんが 「わたし個人」 の応援をしてくれる。(*^^*)

萩往還は自分で地図を見ながら走るマラニック。
C70kmではコースロストはなかなかないと思いますが、ABにはよく聞く話。
まさか四万十川ウルトラでコースロストの危機があるとは!

※ ここに書いていることは 「クレーム」 ではありません。
このことはその場できちんとスタッフさんに伝えて、改善依頼はしています。
こんなこともあったんだよ、という記録です。

fc2blog_20181024214805d5c.jpg
間違えそうな場所はこんな風になっています。
スタッフさんがいて、コースではないほうにコーンで仕切りがあってさらに地面には矢印が。
ここはスタッフさんこそいませんが、こうしてあれば間違いはない。

fc2blog_20181024212217b19.jpg
基本的に分岐のあるところでは目印があるはずなのに、ここには何もありませんでした。

ただ前の人についていけばいいだけ。
先頭のランナーじゃないんだから、今まですべてのレースでそうしてきました。

この場所では、わたしは右へ行くつもりでしたが、でもよく見るとランナーさんが左に進んでいる。
昨年の記憶なんて鮮明ではありませんが、右な気がする。
前の方を呼び戻さねば。でも、まさかの左?
「コースはそっちですか~???」 と大声で数回呼びかけるも声が届かず。

わたしが少し前に追い越した人は、会話をしたときに昨年60kmの部を走ったと聞いていました。
つまりこのコースの経験者。
しばらく立ち止まって待ち、その方に相談するも、その方も自信がない様子。
2人で悩みながらさらに後続のランナーを待ち、そろそろ沈下橋だから右のはず・・・と右へ。
間違って左に行ってしまった方も異変に気付き戻って来られ、ホッ。

四万十川ウルトラマラソンを走られた方で、コースロストがあっただなんて言うと信じられないと思いますが
実話です。
わたしレベルだとこういう危険性があります。

そしてこの地点を右に進んだすぐ先に、昨年いったトイレがあり 「こっちで合ってた!」 と一安心。
そのすぐ先にいたスタッフさんに、このことを説明し、来年からの改善を依頼しておきました。

今、グーグルマップで探そうにもどこだかさっぱりわからず。
どうしても気になるという方のために(いるのか?)ヒントを書いておきます。(*^^*)


11:30 42.195km地点
11:45 ライダーズイン寸前 (手前からライダーズインの写真を撮影し、その後トイレ使用)
12:16 問題の場所
ほんの少し先の右手に昨年行った常設トイレあり(手前が広い駐車場)
12:52 50km

iPhoneの写真撮影時刻から分かることはこのくらいなのですが、
また時間のある時に突き止めてみたいと思います。


後でゆっくり検証するためには、振り返った写真や数歩下がって撮った写真があればいいのでしょうが
この時はまだ真面目にカヌー館を目指していて、わりと焦っていました。
わたしの先行ランナーさんは左へ行き、わたしは右と思う。
次の方は分からないけど右かな?という、その次の方は右だと思うと。

100mでも余分に移動するのは嫌ですが、3人も巻き込んで間違うわけにはいかずハラハラ。
予想外の出来事でした。

【10/28 追記】
fc2blog_201810281910158e1.jpg

fc2blog_201810281903393c3.jpg
場所が分かりました。

来年以降、初出場される方へ・・・
普通にまっすぐ進めば問題はないはずなので、心配することはないと思います。(*^^*)
来年はコーンで封をしてほしいとお願いもしております。

※先行ランナーさんを責めているのではありません。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


fc2blog_201810242212216e4.jpg
10:33 スタートから5時間が経過。35kmあたり。
朝は寒くて寒くてスタート前には火にあたって暖をとっていたほど。

100kmのうちの35kmというとちょうど1/3ですが、峠を越えて疲労度はそれなり。
「幻覚」 なんていうと大袈裟すぎますが、このガードレールについている黄色い反射板が
全部スタッフさんに見えました。

この写真の角度だと、ポツンポツンと間隔は広く空いているように見えますが
位置次第でずらずら並んでいるように見えることも。
その、ずらずら並んでいるように見える位置ではありましたが
「エイドでもないのにどうしてこんなにたくさんのスタッフさんがいるの?何かあったの???」 と。

“ 一瞬 ” そう見えたわけではなくて、“ こんなところにスタッフさんがいるわけないのになぜ? ” と
考えるというか、疑問を持つ時間があるくらいひたすら大勢のスタッフさんに見え続けていました。

なぜなのだろう???
不思議。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日はレポは書かないつもりだったのに、結局レポになりました。
ヘンなの。

明日は何を書こうかな?
その答えは指だけが知っている・・・。



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村
オールスポーツ25日公開!
で、パスワードは何?









関連記事
スポンサーサイト



コメント

さくらサン

お疲れサマです。
高知の新しい友達にしていただき、アリガトーございます。
体調戻りましたか?
さくらサンが100キロ完走できた時には、いったいどんなに沢山のドラマが生まれるんだろぅ?
と楽しみに拝見させてもらってます。

先日のコメント、届いてました?

2018/10/25 (Thu) 20:43 | リク #AorB0cBc | URL | 編集
リクさんへ♪

先日のコメント、確かに届いております。
「鍵コメさんへ」とお返事もしていますので読んでくださいね。(*^^*)

昨年の四万十は、すぐ後に下関海響マラソン2017に行ったのでレポは短め。
萩往還はレポ、た~っぷり。
今回の四万十はどこまで続くのやら。
奈良に行くまでには終わらせますが。

でも100km完走していないので劇的なゴールシーンはないんですよね。
100km完走したら・・・・レポはどうなるのやら。
楽しみやら恐ろしいやら。

それにしても100kmって尋常な距離ではないですね。
また痛感しました。
分不相応なチャレンジだったということですね。
「出来そうだからやってみる」というつもりでしたが
ちょっと違っていたのかも。
自分の力を過信しすぎましたかね。

奈良、高知龍馬、四万十川桜と走りながら来年のことはゆっくり考えます。
な~んて、今の時点では心は決まっているのですが
この先どう心変わりするのやら。

2018/10/25 (Thu) 22:49 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する