また さくら日記

8月23日の日記

午前中は暇で暇で、お昼に 「今日は暇なんですよ。」 と言ったところ
『じゃあこれを手伝って。』 と託された簡単な作業が。
「いいですよ~♫」 と請け負った瞬間から、本職の事務員が一気に忙しくなるという。

「仕事あるある」 なのでしょうね。
暇なときは恐ろしく暇。(だいたい月半ば)
忙しい時はものすっっっっごく忙しい。
どの業界でもどの仕事でもそうなのでしょうが、もっと平均化されたらいいのにな。

仕事量にムラが出るのは当たり前なので
暇なときは早退していいとか、昼休みを3時間とってもいいとか。(*^^*)
せめて20分お昼寝していいとか。

と、くだらない話はさておき。

確かそろそろ航空券予約が出来たような・・・と、サイトをのぞいてみたら、まだでした。
12月9日の奈良マラソン。
どうやって行こうかな?
あ、ANAの飛行機はほぼ確定。
特典航空券がいいか、早割がいいか。(ほぼ後者)

月曜日の帰りは、高速バスの夜行便にすれば、また1号に会って一緒に夕飯を食べてから帰れますが、
さすがにフルマラソン翌日の夜行バスは無理…。
火曜日の朝に松山について、そのまま仕事というのも無理。
というか仕事で遅くなることが多い1号が、12月に残業無しで帰れるかは当日まで不明。

月曜日も新大阪駅は使うので、とってもとっても残念ですが
1号は残業だろうし、土曜に会えるし・・・ということで、月曜日は会わずに帰ります。

ちなみに。
ANAの早割だと、伊丹-松山 所要時間50分  1万円くらい 
伊予鉄高速バスだと、新大阪23:20発 - 松山インター5:56着 所要時間6時間ほど 片道6,900円


奈良マラソンは初めて。
4時間45分以内を目標に、可能であれば4時間40分以内、体調等によっては5時間以内(厳守)
それなりにガチで走りますが、一時的にサブ4.5を目指したようなガチガチの走りではないので
脚が攣らない程度の精一杯の走りで奈良マラソンを楽しみたいと思います。

ファンランというほどゆるく走るつもりはないですが
沿道の声援に応えたり、もちろんエイドはしっかり堪能してどのくらいのタイムが出るか
ウルトラ後の影響がいい意味で残っているか?
楽しみ楽しみ。
四万十は不安でしかないので、奈良マラソンを楽しみにしていよう。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


マラソン大会といえば、たくさんのボランティアさんに支えられています。
愛媛マラソンのボランティアなら場所的に可能ですが
いつも直後に自分の高知龍馬マラソンがあるのでボランティアは自粛。

寒い中で立ちっぱなしで体に負担がかかるのも怖いし、風邪をひいても怖いし。
自分は散々お世話になっておきながらボランティアはしないというわがままっぷり。

そんな中、興味深い大会が。
大会のHPは・・・こちら
ボランティア募集記事は・・・こちら

【ラブトライアスロン スタッフ募集詳細】
大会開催日時:2018年9月29日(土)30(日)
大会開催場所:兵庫県淡路市 国営明石海峡公園

松山から無料送迎バスがあなら是非ボランティアしたい。
(もちろんそんなバスはあるわけないです。)

トライアスロンは未知の世界ですが、身近な人がしていますし
自分が競技をしたいとは思いませんが、応援やボランティアという意味では興味がある。

自費で交通費を捻出して自分で運転してというのは無理なので
気持ちの中で、選手の皆さんボランティアの皆さんを応援しておきます。

どのマラソン大会でも、本当にボランティアさんに助けられています。
もちろん応援の方々にも。
エイドでは可能な限りお礼を言うようにはしているのですが、なかなか全員には言えないことも。
でも本当に感謝しています!ありがとうございます!


画像がないのはつまらないので 過去画像0824で検索

080824g3.jpg
2008/08/24

MA320322_20090824215418.jpg
2009/08/24

100824_1156~01
2010/08/24  姉からのお土産。ANA機内販売。いまお弁当バッグになっています。

100824_0935~01
2010/08/24 サンマルクカフェ お気に入りだったのになぁ。

120107_0824~01
120107_0824

伊丹
2012/08/24 
こうして過去画像で遊んでいると必ずブログ記事に関連した画像が出てくる不思議。
この写真は伊丹空港のトイレ。

fc2blog_2017082401122762c.jpg
2017/08/24

一枚だけ 8:24のものがありましたが、それ以外は8月24日の過去画像でした。



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



Category: さくら日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する