さくら日記 ~漢字を伝える~

【7月4日午前】

電話で、「弥」 という漢字の説明を受ける時
相手からサッと説明が受けられず、
かといって、こちらも 「〇〇ですよね?」 とも言えず。

苦し紛れにわたしから出た言葉は
「マナヤくんとかユウヤくんのヤ?」

渡辺美奈代さんの息子さんが 「愛弥」 と書いて 「マナヤ」 と読みますが
なぜかわたしはその名前が記憶に残っていて。
でも、相手に、わたしが脳内で思い描いている 「マナヤくん」 がその 愛弥くんと伝わるはずもなく。
ユウヤくんにいたっては 「ゆう也・ゆう哉・ゆう弥」 などいろいろあるわけで。

以上、相手は分かっていて、わたしは分からなかったパターン。


【7月4日午後】

今度は、わたしは分かっていて、相手は曖昧な記憶だったパターン。

第三者の名前 「イサオ」 さん、漢字は 「勲」
相手 『うごくに点々ですよね?』
わたし 「はい、うごくにちからにてんてんです。」


オチが分かってくださった皆さん、ありがとうございます。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


日常生活で、発音が分かりづらいことがよくあります。

Aさん 「しちや」
Bさん 「え?」 聞き返す
Aさん 「しちや」
Bさん 「え?」 再度聞き返す
Aさん 「し~ち~や」
Bさん 「え?しちや?ひちや?」
Aさん 「だから し・ち・や」

こういう会話はちょっと、いえ かなりストレス。
どちらかが、「さしすせそのシ」 とか言えばわかりやすいのに。

自分がAの立場だったとしたら?Bの立場だったとしたら?
相手がすごく目上の方だったら?


つい先日、仕事で上司から電話で言われた言葉 「リヒトラブ」
全く聞いたことのない名前で 「え?イヒト?」 と。
それが何を表しているのかさえ分からず。
社名?商品名?

事務員ですが、「リヒトラブ」 さんのこと、数日前まで知りませんでした。


漢字の説明とか、こういう紛らわしいやり取りのとき、
相手の知識に応じて、サッと説明できたらなぁ。

わたしの名前、本籍はちょっと難しい(?)漢字で、通常は一般的な漢字を使っています。
例えば「高」 という漢字だと、「なべぶたに口」 が一般的ですが、「ハシゴだか」 といわれる漢字も。

公的書類はもちろん本籍の漢字ですが、日常ではそちらは使っていないので
稀に 「本人確認」 と言われた時に、漢字が違うと言われることも。
時代とともに色々変化しているので、昔はOKでも今はNGだったり意外と不便。

本籍の漢字を口頭で説明して相手が書くと、不思議な漢字で郵便物が送られてくることも。
相手に伝わるように説明するのは難しい。


わたしの本当の名前(漢字)を知っているリアル友の皆さん、
年賀状等、どちらの漢字でも まっっっったく気にしていないので、どちらでも大丈夫です。

ちなみにとある機関では、ずっと前に登録した漢字と本人確認の漢字が違うため
別人扱いと言われ処理が出来なかったり、
とある銀行では 「その漢字はコンピューターの中に無いので一般的な方でいいですか?」 と言われたり。

稀にその漢字だけがブランクで表示され、
本来は 「高山 〇子」 (仮名)という4文字の名前が、「  山 〇子」 になっていたり。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


自分や我が子の漢字を説明する機会は多いと思いますが
1号の名前を聞かれたら、ヘンとツクリを説明してから、超有名芸能人の「〇〇さんと同じ」 と付け加えます。
その有名芸能人のことはみなさんご存知でしょうが、漢字まで知っているかと聞かれたら・・・謎。

2号は音読みで、読みは一般的ですが、漢字の説明がややこしい。
訓読みで説明しても、サッと漢字が浮かぶ人は少ないと思われ。

こんなサイトを見つけました。
漢字を伝える時の言葉辞典
さっそく2号の漢字を入力。
答えは・・・・ビミョ~。


最後に 「過去を振り返ろう写真館」 笑
0704で検索

20070404143503.jpg
2007年4月 このぬいぐるみ、現役です。
時々洗濯をしているとはいえ、10年以上あるのか・・・。すごっ
ちにみに、ここに写っている人、わたしのパーカーを着ていますが姉だと思う・・・。たぶん。


20070406190048.jpg
2007.4 瀬戸大橋
今年5月の来島海峡大橋も申し込みをしたのに落選でした。


090703_20090704185432.jpg
2009.7.4 1号 中3かな?熟睡中

110701_0655~01
2011.7.1 13:07:04

2018年7月4日
20:30~23:00までベッドでお昼寝をしたので更新が遅くなりました。
今日は走らず。
明日は…朝に走れたら少し。仕事後はヨガです。


にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



Category: さくら日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する