萩往還Cレポ【15】70km完踏

本日二度目の更新です。
今日の走った記事は こちら
では、萩往還レポいよいよゴール編。

萩往還前日 (05/03)
行ってきます (05/04)
完踏しました (05/04)
萩往還C完踏から一夜明け (05/05)
山口より帰宅 (05/06)
萩往還C完踏、筋肉痛祭り (05/06)
萩往還、怖いくらいの偶然。奇跡? (05/06)
SL (05/07)
萩往還 シャッフルプリントを作りました (05/08)
萩往還Cレポ【1】ウエアや装備 (05/09)
萩往還Cレポ【2】仲間 (05/10)
萩往還Cレポ【3】涙 (05/12)
萩往還Cレポ【4】当日朝 (05/13)
萩往還Cレポ【5】スタート~佐々並 (05/13)
萩往還Cレポ【6】佐々並~明木 (05/14)
萩往還Cレポ【7】食。そして体重の変化 (05/15)
萩往還Cレポ【8】明木~陶芸の村 (05/16)
萩往還Cレポ【9】陶芸の村折返し (05/17)
萩往還Cレポ【10】陶芸の村~明木 (05/19)
萩往還Cレポ【11】奇跡の場所、一升谷 (05/20)
萩往還Cレポ【12】会計 (05/21)
萩往還Cレポ【13】一升谷~坂堂峠 (05/25)
萩往還Cレポ【14】坂堂峠~ゴール手前

*~*~*~*~*~*~*~*~*


fc2blog_20180527001802cbc.jpg
タケタテカケタ・タケさんのブログ、のぶろぐ さんよりいただいた写真。

fc2blog_20180526235137951.jpg
師匠が撮ってくれた写真。

fc2blog_2018051210090310c.jpg
お仲間さんが撮ってくれた写真。

そして両側びっしりの大歓迎の中を進んで香山公園内へ。
わたしたちが最後の予定でしたので、ゴールは5人全員でという話をしていました。

この萩往還は、シンプルに計測マットがあって、その先に写真撮影用のゴールテープがあります。
普通は、ゴールゲートがゴールで、そこに計測マットがありますが、萩往還は分離型。
これ、すごく考えられていていいアイデアだなぁと。
トライアスロンとか出たことないのですが、こんな感じなのかな???

とにかく。
ゴールマットを踏んだ後、そのままの勢いではあるのですが写真用ゴールへ。
オールスポーツではすごくいい笑顔の写真がたくさん。
いろんな時間のゴールシーンを見ていると、全く見ず知らずの人の写真でもウルウル。

スタート前にそのゴール時の説明があり、【家族や仲間と一緒にゴールしてもいい】 ことが伝えられていました。
「ぜひ5人で」 と言い合っていましたが、わたしたちが最後ではなかったことと、
かなりの混雑だったので4人でゴールするのは取り止めになり、わたしたちだけで。

たまたま偶然ですが、わたしたちの前はガラガラで、後ろはびっしり。
もしかして角を曲がってからゆっくり走りすぎて渋滞を作ってしまいましたか???
角を曲がってからはほぼ追い越しが出来ないので、角を曲がった時点で並びが決まってしまいますが
いろんなレポを書いても、もう来年の参考になることはない。
はぁ・・・寂しいです。

とにかく。
ものすごい大声援・大歓迎の中を香山公園敷地内へ入り、ゴールの計測マットを踏み
『(写真撮影は)2人一緒でいいの~!?』 というスタッフさんの声に大きく頷いて、写真用ゴールへ。
先月の四万十川桜ではしっかりサングラスを外す余裕があって、
この萩往還でも、ゴールはサングラスを外そうと思っていたのにすっかり忘れてそのままゴール。

ゴールしたらその場に座り込みたい気分だけれど、さすがにそれは迷惑だから
座っていいところまでは歩いて行かなくちゃ…と思っていましたが
いざゴールしたらそこまで極限ということもなく。
もちろんもう少し走れるという余力は全くありませんが。

fc2blog_20180506125405201.jpg
まずはメダルをかけてもらって、完踏証発行へ。



18時までに帰ればCは折返し確認のみでメダルと記録証がもらえます。
(ABはパンチのチェック有)
ABC共に18時を過ぎると、ウェーブスタートなのでその確認があるそう。

よかった~~~。
完踏できて本当によかった。
自分が嬉しいのはもちろんもちろんですが、師匠を巻き込んでのDNFが免れてホッ。
師匠は、5年連続5回目にして初めてのCメダル&完踏証。

過去4年間、B1回とA3回、伝説に残る暴風雨の時ですら完踏したというのに
最後の萩往還で、しかもCで、まさかの完踏できなかったなんていうことになったら・・・
2人で一緒に元気にゴール出来てなにより。

そのあとはとりあえず座れるところを探して、ちょうどいい段差があったので、わたしは腰を下ろし、
とっくにゴールしてサッパリ着替えも済ませているお2人と、
たった今ゴールしたばかりの師匠は、最後のお仲間さんの出迎えに。

少し前に脚を怪我して、DNSかDNFかと心配だったお仲間さん。
怪我さえなければもっともっと速いゴールでしたが、怪我が大きく影響。
陶芸の村で追いついて、それっきりわたしたちが先行していましたが、さほど間をあけずゴールとのこと。

最後の人に合わせて 「5人でゴール」 ぜひぜひぜひしたかったのですが、
ゴール付近は逆走することも出来ず、写真スポット手前で4人が先に待っていてみんなでゴールは
わたしが動けないということもあって中止。
たった今ゴールしたばかりで、どう頑張っても無理でした。ごめんなさい。

ゴールして、メダルをもらって完踏証をもらって、やっと腰を下ろしたので
まずは家族に無事に完踏した報告をと、iPhoneは・・・と思ったら、
あ゛゛゛゛師匠が持ったまま。
その師匠は、わたしのiPhoneを持ったままお仲間さんのお迎えに行ってしまった。

仕方ないからポケ~っと待とうと思ったら、師匠がiPhoneを届けに戻ってきました。
そして、師匠はお仲間さんのゴールを見逃すという・・・。
重ね重ね申し訳ない。

ここでTHさんに再会。
無事に完踏の報告が出来ました。
四万十川ウルトラでもTHさんゴール後、わたしバス収容帰着後に会場でお会いして
人がたくさんいるごちゃごちゃした場所でも必ずお会いする不思議。

fc2blog_20180505094059444.jpg
18:04 
悲願の 「メダルと完踏証を持った全員写真」
左お2人、速すぎ…。
いったい何時間待ったのかしら?

fc2blog_20170510062552993.jpg
ちなみにこちらは昨年のゴール直後のもの。
4人はすっきり着替えているのにわたしだけ走った直後。
今年は、この場所はまだランナーの走路になっていたのと工事のフェンスがあってここでは写真撮影できず。
昨年は、4人のゴールから時間がたっていたとはいえ、誰もメダルを首から提げていないのはわたしへの配慮と思われ。

とにもかくにも、今年は全員完踏した~!!!

昨年はあまりにもわたしだけが遅かったのと、荷物置き場も撤収の都合があったのか
わたしの荷物はお仲間さんが回収してくれていました。
今年はゴール後に、みんなで回収に。
わいわいと楽しく会話しながらの移動。ホント楽しい。

まずは中間地点行きのドロップバッグ回収。
えぇ、わたしたちは預けていないので回収もありませんから待ち時間に写真撮影。笑

fc2blog_20180527235908a6a.jpg
もちろんメダルは提げたまま。

それから洞春寺へ。
朝 置いて行った荷物を回収に。

fc2blog_20180528000221ff7.jpg
ジャージを履いてウインドブレーカーを着るだけなので、更衣室へは行かず外で着替え。

fc2blog_20180510003251977.jpg
18:25
そして再度記念撮影。
今度は全員が愛媛マラソンキャップ。


さて。
ココからどうやってホテルまで帰りましょうか。
疲れているしタクシーが王道な気はしますが、タクシー乗り場はちょっと遠い。
しかもこの時間だと絶対にかなりの行列のはず。

ということで、バスで帰ることに。
70km走って、ゴール後は一歩も歩きたくない!と思っていたはずなのに
とりあえず座って休んだら 「バス停まで歩いてもいい。」 と思えるってスゴイ。

ウルトラを走りながらの休憩の取り方はそれぞれで、どれが正解というのはないと思うのですが
わたしは休まず走り続けるタイプ。
まだ経験が浅いので、それが正解かどうかは正直わかりませんが、休むのが怖いから。
師匠は、一度しっかり休んでシューズを脱ぐのもいいとは言いますが。

12時間近く動き続けて、わたしが “ 休んだ ” といえるのは、陶芸の村での5分ほどかな。
ゴール後、お仲間さんを待つわずかな間に座って休んだだけでずいぶん復活。
そこで、走れと言われたら絶っ対に嫌ですが。

fc2blog_20180528001310901.jpg
18:37
のんびり10分足らず歩いてバス乗り場。
みんながバスの時間をチェックしてくれているのでわたしは座って休憩。(ぉぃ
そして乗るバスが決まったようで、バスが来るまで座って休憩。
みんなで動くと、みんなが決めてくれるので助かります。

賑やかだった香山公園一帯から少ししか離れていないのに、静かなバス乗り場。
わたしたちのほかに2名くらいいらっしゃいましたが、
やはりウルトラを走った後に路線バスというのは選択肢としては珍しいのかな?

朝のタクシーが1台、1500円ほど。
帰りのバスは1人、220円。安っ。

18:49のバスに乗り、ホテルの部屋に着いたのが19:00過ぎ。
それから、もちろん屋上露天風呂へ。
すぐに温泉に行けるよう、自宅から 「4日のお風呂セット」 はまとめて来ています。
それを持って温泉へ行き、服を脱ごうとウインドブレーカーのファスナーを降ろしたら
メダルをかけたままでした。(;・∀・)

お仲間女子さん 『メダルのデザインは去年と同じだったね。』
わたし 「・・・。」

わずかな間があってから
「わたし去年は もらってないから、去年のデザインを知らないの。(*^^*)」

『ごめ~んっっ』

こうして一年経ってもいろいろ気を使わせてしまうので、
なんとしてでも完踏したかった。
本当に完踏できてよかった。(*^^*)

fc2blog_201805050553443c9.jpg
20:30にロビー集合で打ち上げへ。
ホテルに帰り付いてから90分後にロビー集合というのは前々から決まっていて。笑
昨年と同じお店の同じ席でカンパ~イ。
今日は運転しないけど、やっぱりアルコールは要らない。

22:30まで約2時間、楽しく食事。
昨年はいろいろ気を使わせてしまったけれど、今年は気兼ねなく食事を楽しむことが出来ました。

が。
脚がダル重。どうしようもなく脚がダルイ、重い。
ネジを回して身体から外して仮置きしたいくらい。

脚を組まなくなってからずいぶん経ちますが、足首だけ絡めてみたり、
硬い椅子の上に正座をしてみたり、どうやってもダルイ!重い!
いくら自分が頑張った証拠とはいえ、どうしようもなくダル重。
わりとツラかったです。

翌日以降の筋肉痛は、愛おしいというか、笑えるというか、
「わたし頑張ったわ~。」 と余韻に浸れますが
この打ち上げ時の脚のだるさは本当にツラかった。

23:00 就寝。
2:40 に起床、12時間走り続けた長い一日が終わりました。
わたしの人生の中で相当記憶に残る1日。


あと、前日と翌日の旅行記を書きます。
わたしの萩往還レポ、まだまだ終わりませんのでもうしばらくお付き合いくださいませ。


応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
バナー作りました。(*^^*)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

完踏おめでとうございます

ヴィクトリーロード、あの歓迎はすごいですよね。
うちの人はあまりいろんな大会へ行かないのでわからないですけれど
サロマと萩のゴールの祝福はすばらしいです。
応援している人を見ても泣ける私です。
改めておめでとうございます!

のぶろぐさんのブログリンクが張ってあったの行ってみました^^
涙のゴールにまた泣く私w
陶芸の村の写真
カツラを脱いだ落ち武者が座っていて涙止まりました。

2018/05/29 (Tue) 12:20 | macoto #3fIBvpkA | URL | 編集

確かに四万十のごちゃごちゃした中でも会える不思議(笑)
改めて萩往還70K完踏おめでとうございます。昨年のリベンジ見事です!
今度は四万十のリベンジですね。期待してます(^^)

2018/05/29 (Tue) 17:12 | TH #- | URL | 編集
macotoさんへ♪

完踏できてよかったです。
ありがとうございます。(*^^*)

わたしが実際に知っているウルトラは萩往還と四万十だけなのですが
四万十はDNFでバスでゴール地点へ戻り、
実際のゴールゲートとは離れた場所でバス降車だったので
ゴールシーンとそのと前の感じはよくわからないですが
萩往還は本当にすごい出迎えでした。

もしも来年があったなら・・・
自分のゴール後、一休みして、わたしより後からゴールする方のお出迎えに行ってみたかったです。
なんて、ひとりでCを走ったら無事に完踏できるのかすら危ういですが。
何をどういっても来年はないのですよね。寂しいです。

今年は師匠の手を借りまくってどうにか完踏できました。
本当によかったです。
改めてありがとうございます。
それにしてもBもそうですが、A様はスゴイですね。
スゴイの一言では語りきれませんが、すごいです。

のぶろぐさんブログ、一話でまとめられていてわかりやすくてすごいと思いました。
お会いした記憶もあって、自分が写っていてうれしかったです。
カツラを脱いだ落ち武者さん、macotoさんのコメントで気づきました。

https://www.youtube.com/watch?v=9xKATGuWkc8
こちら、1:17:21に落ち武者さんが一瞬写っています。
その数秒後にわたしたち。(*^^*)
師匠が後ろからフォローしているのがはっきり写っていて笑えました。

2018/05/31 (Thu) 02:03 | さくら #- | URL | 編集
THさんへ♪

そうなんですよね。
四万十のゴールは雨のせいもあって相当ごちゃごちゃでしたよね。
あのときのわたしは訳あって怒っていたので(笑)
お会いできて和んでよかったです。
萩往還はリベンジできたので、四万十もリベンジできるよう頑張りますね!
その前に汗見川もリベンジです。
昨年は発熱でDNSでしたから、出走だけはしなくては。
タイムは2時間半以内くらいで。(*^^*)

2018/05/31 (Thu) 02:05 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する