峠走 20km? EPSONは短い?

カテゴリーを 「練習会」 にしようかと思いましたが、二人だったので 「日々のこと」 で。

今日はお誘いを頂いたので走ってきました。
わたしのことをリアルに知っている方・・・個人的にお誘い大歓迎です。(*^^*)

今日のコースはわたしのマイコースか、その方のマイコースか。
わたしが激務続きで運転したくないというわがままな理由でわたしのマイコースに決定。
ただし、往復10kmではつまらないので、前後にプラスして 「20km走 or 2時間走」

171203-0.jpg
トイレとか、自販機で水を買う時は時計を止めて、写真を撮るくらいは時計は止めず。
信号は・・・往復で1か所ずつしかないのですが、止めたはず。

わたしの時計で19.22km
トイレで少し離れたのと写真を撮るので前後に離れた以外、ずっと真横にいたのに
一緒に走った方のスマホアプリは20.0km

つまり、一緒に走った方のスマホアプリが20kmになるまで走ったので、わたしは中途半端な距離。
あと780m走ってもよかったのですが、昨日も5km走ったし、ま いいっか~と。
もう一歩も走りたくないとか、ものすごくしんどかったというわけではないのですが。

9時集合。
水分補給にみかんを食べ、ヨガで習った股関節の動きなどをしてからスタート。
我が家にいただき物のミカンがあったので、お裾分けをしたのですが 「みかんある?」 と聞いてから。

「みかんある?(要る?)」 と聞いたとき 『要らない!みかんは充分ある。』 という返事も多々。
なので愛媛県人にみかんをさしあげる時は、事前に聞いてからが鉄則。
これ、愛媛あるあるですよね。(^^ゞ

171203-3.jpg

湯砥里館のすぐ下の駐車場集合。
ここに集まると、温泉が近くて歩いて行けるのはいいのですが、ランの帰りがキツイ。
スタート後、国道に出るまでいきなりの急下り。つまり帰りは上り。

IMG_2911_201712031921572c1.jpg
真ん中に見えるのが湯砥里館(温泉)

171203-4.jpg

fc2blog_201712031814380de.jpg
8kmほど進んで、道が分かれるので ①ロイヤルゴルフ場 ②広田へ行く道トンネル ③広田へ行く道旧道 の三択。
わたしはどれでもいいのですが、③希望とのことで③へ。
車はまず通りませんし、一時期工事をしていた方以外は人にも会わない旧道。
今日は落ち葉を集めている方がいて、人の気配がしたことにびっくり。
わたしが一番苦手なのは 「不気味なこと」、昼間でもこういうコースは独りでは絶対に無理です。

IMG_2912.jpg
空が近い!
天気がよくて暑いくらいでしたが、ここまでくると手がかじかんでいました。
森松からわが家で2℃違うのですが、我が家からここでも2~3℃は違うはず。
きっと森松とココでは5℃くらい違っていたのではないかな。

fc2blog_20171203181339d9d.jpg
ここから先は歩道が無いので少し危険ですが、通行量はそう多くないので、怖いというほどではなく。
ココは縦一列で。

IMG_2916.jpg
先ほど走ってきた道が見えます。

帰りは下りなのでしっかり走って。
結果の数字だけ見るとLSDという感じですが、実際に走った感想はゼェハァまではいかないけれど
しっかり普通に練習で、決してLSDではなかったかと。

というか先日来、人と走ると必ずわたしの時計のほうが距離が短いのですが。
今日のわたしのEPSONのデータは、19.22kmで2:21'05 7'20/km
一緒に走った方のアプリのデータは、20.00kmで時間は同じと解釈して計算すると、7'03/km
kmあたり 17秒も違ったら相当違いますが・・・。
先日の坊っちゃんぐるぐるもずっと真横にいた人とかなり違う数値だったし。
スマホアプリとEPSON、どっちが正しいのかな???

先日の坊っちゃんぐるぐると今日の走りから、EPSONの数値と見比べると
高知龍馬でサブ4.5を狙うのなんてとんでもない感じ。
自分のキツさと時計の数値が釣り合っていない?

ガーミンの方と一緒に走っても必ずズレはありますから、あまり気にしないでいいっか・・・
とも思いつつ、やっぱりレースの時間設定には正確なタイム(実力の把握)は必要ですし。
というか、師匠練習帳でタイム設定がされているので必要なのですが。

EPSONを左手、長らく充電していないSOLEUSを右手、ポケットにスマホアプリで走ってみようかしら。
(書いているだけで実際にはしないけど)

171203-2.jpg
小さな腕時計でこれだけの軌跡が残るのはスゴイ。

171203-1.jpg
EPSONの今日のデータ。
あれだけの坂を走って、上昇・下降は累計560mほど。

【累計】なので距離が延びればそれだけ増えるのは当たり前ですが、
過去のデータと比べると・・・ よくわからない。( ;∀;)

下関海響マラソン 上昇 649m 下降 642m
高知龍馬マラソン 上昇 540m 下降 502m 
おかやまマラソン 上昇 533m 下降 530m
四万十川ウルトラ61.4kmまで  上昇 2132m 下降 2100m
役場~ロイヤルゴルフ場往復30km  上昇 1023m 下降 1049m
パルティフジ~高縄山往復30km  上昇 1304m 下降 1306m
※ すべてわたしのEPSONの記録

難しく考えるのはやめて・・・というか、止めよう。
考えてもよくわからないし。

とりあえず、浦戸大橋にしろ、萩往還にしろ、四万十川ウルトラ100にしろ、
坂練は大事ということで。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


こういうのは全く素人ですが、時々ネットで話題になる 『見せ方の問題』
171203-4.jpg
↑今日

S_6047371402063-2.jpg
↑萩往還250km

hIMG_0006.jpg
↑萩往還70km (赤く囲ってあるのはスルーで)

下関海響マラソン2017高低
↑ 下関海響マラソン

萩往還は250kmと70kmで、縦軸は同じですが、横軸が全然違う。
萩往還は縦軸が600mまでありますが、下関は60mと、なんと1/10

これは意図的にこう見せたいとかいうものではないのですが
パッと見たら萩往還と下関の後半は同じくらいの坂かな?と誤解しそう。(ぇ?わたしだけ?)

萩往還は、250の 215~250の35kmと、70の.35~70の35kmが全く同じコース。
同じコースですら、グラフ次第でこんなにも見え方(捉え方)が違うのだから
わたしが公式HPの高低図から坂具合を想像できなくても無理はない。

どんなに事前に高低図を見ていても、初めてのコースはワクワクドキドキ。
四万十川ウルトラ100の坂、おもいっきり 「山」 でした。
下関海響マラソンのアップダウン、軽く見ていたら大変な思いをしました。

高知龍馬マラソン。5年連続5回目。もうどこがとんな坂かは熟知。
目指すは 「高知龍馬で」 サブ4.5 
スタートまであと76日


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


師匠練習帳 週末に20km(土日に分けても可)、達成!
平日もしっかりメニューが組まれているので、仕事やプライベート予定とも相談しつつ頑張ろう。

ちなみに本当の練習帳はしっかりメニューが決められているそうですが
わたしのために作られた 「師匠練習帳 (萩往還メンバーの承認を経て決定)」 は
週単位で決められていて、強度は同じまま×4周、
「この日はこんな練習」 というのではなく、「1週間でこのくらい」 と、振り幅は広め。

今週の社内ランは相方さんがそうとうな激務のため期待薄。
わたしも激務ですが独りで頑張らねば。

12/10(日)、17(日)、23(土)、24(日) 空いております。
走るお友だちの 『走ろうよ。』 のお誘い、走らないお友だちの 『お茶しよう。』 のお誘い、お待ちしております。



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村
しっかり汗をかいて走って、そのあと温泉に入って、その後の体重測定 49.8くらいだったかな?
脱水状態でそれということは、最近少し太ったのかも。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する