下関海響マラソン2017よかったこと20、その2

【1】~【16】はTwitterでつぶやいたそのままで、【17】~【20】は書き足したものですが
下関海響マラソン2017でのよかったこと【20】

【1】~【6】の詳細記事は こちら
ということで今日は【7】~【10】 まで。

【1】 ブロック閉鎖が厳密
【2】 スタートロスが少ない (SABのあとのC先頭で2分台)
【3】 給水がたくさん
【4】 わたしは使わないけれどコース上にトイレがたくさん
【5】 途中でかぶり水あり
【6】 途中二か所で手渡し冷やしタオルあり
【7】 記録証発行待ち時間なし
【8】 トップランナーと2回スライドするのでトップランナーの走りが間近で見える
【9】 そのトップランナーをこちら側全員で拍手で応援した一体感最高
【10】 最後尾ランナーまで見え、お互い頑張ろ!という気になれる
【11】 スライドなので反対車線のエイドの準備や片付けの様子がよく見え心底感謝できる
【12】 最後尾ランナーのあと収容バスがいて、ごみ収集車が。走りながら裏側が見えるのはいいことだと思う。 
【13】 参加賞Tシャツがオシャレ
【14】 ゴール後にもらえるのがバスタオルでしかも可愛い。しかもリタイヤした人もまったく同じものらしい。
【15】 前日受付がなく事前送付
【16】 エントリーは先着順で抽選待ちストレスが無い
【17】 駅から近い、というかすぐ目の前
【18】 ゴール後、応援者とすぐに会える
【19】 第10回記念大会ということで、F-2が来てくれた(こちら
【20】 関門橋・ゆめタワー・出島と、自分の行く先がはっきりと見えてわかりやすい。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【7】 記録証発行待ち時間なし

過去の大会では、たいてい記録証発行に待ち時間がありました。
※大阪マラソンは記録証発行自体がないので待ち時間もない。

第1回おかやまマラソンは、かなり待ちました。
第2回目となる、おかやまマラソン2016では幾分は解消されたようでしたが、やっぱり待ち時間はアリ。
わたしが5時間足らずというビンゴに多い時間なせいもあるでしょうが
高知龍馬マラソンでも毎回、列に長く並んでいます。

その時間に携帯があれば、完走報告をしたり、届いた応援メールを読んだりできますが
基本的に携帯は持って走らないので、おかやまでは後ろの人と話したりしながら時間潰し。

ですが、今回の下関海響マラソン2017では待ち時間なし。
記録証発行のところに行ったら、今発行中の人がいるだけで、すぐ次がわたしの番でした。

でもこれって・・・ブースがすごくたくさんあったというわけではないので
もしかしてこの時間はたまたま空いていたとか???
4時間58分でゴールしていたらもっと並んだとか???

こういう話をしていると、サブ3やサブ3.5人の人から 『僕の時間は空いてたよ。』 とあっさり言われるのですが
そりゃそうでしょうよ~。(拗)

とにかく、わたしが4時間41分台でゴールして、柵を挟んで師匠としばらく話をして、給水もして
それからやっと記録証発行へ行きましたが、待ち時間はなく
下関海響マラソンは1万人規模なのですが、あちこちとってもスムーズでした。

fc2blog_20171113233159109.jpg
クリアファイルに入れてくれる大会が多くなり嬉しいです。
記録証だけだとクシャクシャになってしまうので。

fc2blog_2017111323322251c.jpg
地味~に 「完走おめでとう!」 と書いてある。
フルマラソンは大アクシデントが無い限り完走できるとは思っていますが、
それでも完走できたことへの喜び、ましてこのタイムは充実感・満足感でいっぱい。

高低図を甘く見ていましたし、
「記録より記憶に残る」 だなんていうキャッチフレーズは、当日まで全くに気もしていませんでしたが
それでも結果には十分満足。

サブ4.5を狙っていたら、はじめから激走 → 撃沈 → 必死で5時間切り という流れだったと思いますが
今回は楽しく走り切るという目標をしっかり達成しました。
(歩きはアリという前提で。)

あら、記録証発行からずいぶん話が逸れました。
逸れついでに。

それにしても久しぶりの完走証とメダル。
本当にホッとしました。

5月 萩往還70km ゴールはしたものの時間外のためDNF扱い。
7月 汗見川 突然の発熱によりDNS
10月 四万十川ウルトラ100km 61.4km関門閉鎖

ずいぶん久しぶりの完走証とメダル。
ふともらした 「やっとメダルがもらえた~♬」 という言葉、
師匠いわく、かなり実感がこもっていたそうです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【8】 トップランナーと2回スライドするのでトップランナーの走りが間近で見える
【9】 そのトップランナーをこちら側全員で拍手で応援した一体感最高

大阪マラソンでも、審判車・中継車・先導白バイ(順番不明) 、そしてトップランナーが見えましたが
かなり離れていました。
高知龍馬マラソンでは、わたしがスライド部分に差し掛かるころにはトップランナーは北上中。
とくしまや四万十川桜のワンウェイコースではトップランナーのことを見る機会は一度もなく。

下関海響マラソンでは間近で2回スライドするので見ごたえがあります。
こちら側のランナーも皆 一生懸命走ってはいますが、対向してくるランナーを応援。

下関高低図
特に2回目のスライドは、わたしが約20km地点のトンネルに入った直後。 (トップは39kmくらい?)
トンネル内は一般の応援の方はおらず、とにかく音の反響がすごい。
その結果、「前から順にだんだん大きくなる拍手の音と、足音だけがトンネル内に響き渡る」 という
まさに鳥肌モノの状況。

沿道の応援がたくさんあるところなら、また違った状況だったのかもしれませんが
トンネル内は完全にランナーのみ。
こちら側は4:45くらいのランナー、対向してくるのは優勝争いのランナー。

こちら側のほぼ全員が前から順に拍手でトップのランナーを応援した一体感は
とにかく、すごかったです。
全くの偶然とはいえ、トンネルの中でこのシーンを迎えられたのはよかった。

高知龍馬マラソンの短いトンネルでも、
応援の声が一切なく、ひたすら足音だけが響く空間。
ウルウルしそうなほど感動したのをはっきり覚えていますが
トンネルを通るコースの方はぜひその音を聞いてほしいです。

愛媛マラソンは・・・トンネルの中にも応援の方がいるのかな?
それはそれで賑やかで楽しそう♫


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【10】 最後尾ランナーまで見え、お互い頑張ろ!という気になれる

トップのランナーも見えますが、最後尾のランナーも見えます。
ご高齢の方が一生懸命走っていたり、皆さん諦めず頑張っていて。

1回目のスライドは、国道9号線
2回目のスライドは、国道191号だったと思います。
『関門閉鎖まであと2分!』 という声が聞こえてきて、だんだん少なくなって
6時間ペースメーカーの方たちがいて、その後にもまだまだ続くランナーがいて。

限界まで頑張っているランナーを見ると、わたしも頑張ろ!と思えます。


ということで今日は 【10】 まで。
続きは後日。



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する