四万十川ウルトラマラソン参加賞Tシャツ


強烈な緑はともかく、残念ながらバックプリントが無い・・・。

せめてバックプリントがあれば、下関で着るという選択肢があったのですが。
マラソン大会に出ると、参加賞Tシャツ(フィニッシャーTシャツ)で走っている方も多く
抜いたり抜かれたりしながらウエアの文字を読んで暇つぶし(?)をしています。

以前、四万十川桜マラソンのTシャツを着て久万高原マラソンに出たら
「ウルトラに出たの?」 と聞かれたことがありますが、たしかに 「四万十」 という文字だけ見れば
四万十川ウルトラのほうが有名ですしね。


この緑の四万十川ウルトラTシャツを着てマラソン大会に出たら、話しかけられることはあるでしょうか?
仮想会話。

相手さん 『どっちに出たの?』
わたし 「100です。」
相手さん 『どのくらいのタイムで?』
わたし 「61キロで関門閉鎖でした。」
相手さん 『・・・。(ヤバイ、話しかけるんじゃなかった!)』

この【相手さんが後味悪くなる会話】 は、何度となく経験しています。

相手さん 『ご主人は~~?』
わたし 「離婚してるから主人いないんです。」
相手さん 『・・・。ごめん。(ヤバイ、話しかけるんじゃなかった!)』

まさにこのパターンだ。 ← 笑うトコ
でも、今回の四万十川ウルトラマラソン参加賞のこのTシャツは背中にプリントが無いので
マラソン大会に着ていっても四万十川ウルトラだと気付いて話しかけられることはないでしょう。
つまり、あの間の悪い気まずい会話は成立しそうにない。

ちなみに、離婚していることは自慢できることではありませんが
別に恥とも思っていないので (もしかして思うトコ?)
上のような会話で相手に謝られる方が気まずいです。

わたしの目の前で当時小学生低学年の2号に 『お父さんは?』 と聞いた方たちの気まずそうな顔、
何とも微妙で、そのシーンは今でもはっきり覚えています。
2号は 「おらん(いない)。りこん。」 とあっけらかんと答えていましたが、子どもなりに心の傷はあったのかな?
(離婚そのものの心の傷ではなく、そう聞かれたことに対するもの)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


2_2017102823040507f.jpg

フィニッシャーTシャツ、欲しかった~!!!
完走したら絶対に申し込みをするつもりでしたが、さすがに事前申し込みをする勇気はありませんでした。
事前に申し込みをしていても、完走できなければ自動でキャンセルされるだけのことですが
それはちょっと心の傷が・・・。

このTシャツ、かっこいぃぃぃ~!!!
デザインや色も素敵ですが、やはりFINISHERの文字が輝いています。

いつかこれを手にすることが出来るのか?

今日もLINEではウルトラネタが。
サロマの話が出たので、初めて場所を調べてみました。
【西の四万十、東のサロマ】 という言葉は何度となく聞いていますが、
サロマは北海道ということしか知らない。

そして、地図を調べてびっくり。
松山からだと、どんな感じの移動???
飛行機は大好きで乗り継ぎも好きですが、それにしても・・・となりそうな移動。

サロマを走るとしたら、今までのように月曜日は休んで火曜日に出社ではなく
火曜日も休んで北海道観光をしたい・・・なんて。(*^^*)

四国、松山。
萩往還の山口市に行くのもわりと不便で、下関海響マラソン2017に出るのもまあまあ不便。
ウルトラともなればなおさら移動が不便。
それでも出たい魅力が。

次のウルトラは来年5月の萩往還C70kmというのは確定済。
その次のウルトラはさてどこか?
再来年は、水都大阪もアリかな?なんて考えています。
こういう悩みは楽しいっ。


今日は四万十川ウルトラ関連の写真を一気にUPしようと思いましたが
腰痛のため、長時間座っているのは避けます。
といいつつ、かれこれ何時間座っているやら。


ちなみにこちらの記事は本日二度目の更新で
ひとつめはこちら ・・・ 恐怖の腰痛 → あんま



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する