四国のてっぺん酸欠マラソン結果

お仲間さんに誘われて、7人で行ってきました。
四国のてっぺん酸欠マラソン。


お仲間さんが過去に走ったときのデーター。
この事前情報はそうとう助かりました。

それにしても すごい坂。
うっ。


乗り合わせて寒風山~瓶ヶ森林道側から行ったので、コース下見が出来ました。
これは中心あたりの小さい凸のほう。
見えている道路がコース。

レポは改めて書きますが、とりあえず写真を一枚だけ。


10kmと合わせて500人弱のこじんまりした大会。
スタッフさんや中学生ボランティアさんの対応は、すごく気持ちよかったです。


21位というところだけ見ると、まあまあに見えるかもしれませんが分母は23?25?
(エントリー28名何人かはDNSのはず)

この大会の制限時間は2時間40分
それをこの時間でゴールとは!!!

ここに至るまでの死闘(?)は、パソコンで書くと超大作になりそうなので、
今日はあえてiPhoneから。


ハーフマラソンではなくて21.0kmとのこと。
つまり10.5kmで折り返しますが、前半1時間26分。

汗見川のような折り返しならともかく、酸欠マラソンは坂、坂、坂。
でも帰りの方が楽なはず。

それにしても前半1時間26分、単純に倍で2時間52分…
制限時間は2時間40分
どう頑張っても無理だ…。

6人のお仲間さんと、知り合い3人、ブログ読者さんお2人、全員とすれ違いましたが
その時点で、わたしを含めた皆さん共通の意見として、『時間内完走は無理』


(*☻-☻*) (*☻-☻*) (*☻-☻*) (*☻-☻*) (*☻-☻*)


5月 萩往還は制限時間を過ぎての帰還でDNF扱い。
7月 汗見川は前日に突然の発熱でDNS、そして
9月 酸欠マラソンまでタイムオーバーだったらものすごく嫌な流れが出来る。
その流れのまま四万十川100kmを迎えてしまう。

なんとしても阻止せねば。




後半は、時計を心拍計にして 160を超えたら休むようにし、
サボりではなく積極的に歩きを取り入れ。



あの坂、坂、坂コースで前半1時間26分
単純に倍にしたら2時間52分
制限は2時間40分

それを間に合わせたなんて、
わたし、頑張った!
自画自賛。

最後の下りが4.5kmほど。
そこに行くまでは「絶対無理!」と思っていましたが
いざ下りになると意外と走れたので、もしや?

たとえ制限時間を過ぎたとしても極力早く帰りたい。
下りの練習をする為に、ゴルフ場へ行く坂まで何回も行った。
今日レベルでへこたれていたら四万十川100kmなんて走れない!

そして頑張った結果、制限時間内に帰還♫


(o^^o) (o^^o) (o^^o) (o^^o) (o^^o)


練習に付き合ってもらった時、下りを利用してストライドを伸ばすようアドバイスを受けました。
よそ様のブログで、下りにブレーキをかけるから疲れるという記事を読みました。
たくさんの方々から、いろんなアドバイスをいただきました。


お仲間さん、どこで待っててくれるかな?
3時間かかると思われてるだろうから、ゴール付近には居ないかな?と思っていましたが、
ゴールで並んで待っていてくれました。
(改めて大感謝)

そしてアドバイスや応援を下さった方々、
ウルトラのように声を掛け合い共走した初対面の見ず知らずのランナーさんたち、
たくさんのスタッフさんボランティアさん、
運転して下さった方々、
皆さんのおかげで背中を押され、無事にゴールできました。

ありがとうございます!!!
移動も、お喋りも、レースも含め、すっごくすっごく楽しい1日でした。
(o^^o)


ということで、これはレポではなくてかいつまんで書いただけなので詳細は後日。


応援ありがとうございます。(*☻-☻*)

にほんブログ村

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

無事完走おめでとうございます。
走れぬ日々の自分にとっては羨ましい限りです。

来月のウルトラマラソンも応援しております。

2017/09/03 (Sun) 20:59 | たがやいち #- | URL | 編集
お疲れ様でした。

噂には聞いていましたが
凄い坂ですね。
坂嫌いの私には一生無理です(>︿<。)
完走、本当におめでとうございます。

2017/09/04 (Mon) 21:17 | りか #- | URL | 編集
たがやいちさんへ♪

応援ありがとうございます。
天気によって相当左右される大会らしいのですが、今年は最高でした。
ハイレベルな難コースの大会ですが、運営の方々もとっても気持ちよくて
やっぱり高知が好きです。
あ、でも来年は愛媛マラソン!!!

ところで。
わたしは練習は好きではないのですが、2か月走れなかったので
走れるってすごく幸せというか有難いというか
確実に考え方が変わりました。
(取り組み方が変わったかというとまた別問題ですが)

復活の日を見据えて焦らず頑張ってくださいね。
「高知龍馬マラソンでお会いしましょう」とは言えないですが
この先また何回も会うことはあるでしょうから、
次は元気にお会いしましょう。

2017/09/05 (Tue) 01:42 | さくら #- | URL | 編集
りかさんへ♪

坂・・・、人によって感覚が違うと思いますし
わたし個人ですら、久万の坂は嫌いだけど、酸欠の坂は嫌いではないと
なんだか不思議な感じです。

あの難コースで制限が2時間40分とは
かなりのハイレベルな大会だったと、エントリーした後に気付きました。
ハーフは3時間が基準と思い込んでいたので。

完走、言葉でいうのは簡単ですが、数十秒の違いで
完走賞がもらえたり、DNF扱いになったりするんですよね。
(酸欠がどういう扱いなのかは分かりませんが)

時間内に完走できてよかったです。
応援ありがとうございました。(*^^*)

酸欠はあまり勧められるものでもないと思うので、
来年は汗見川でお会いしましょう!

2017/09/05 (Tue) 01:46 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する