真夏の早朝練習会 22km

昨日は残業して8時過ぎに帰宅。
夕飯を食べて、21時過ぎにゴロンとベッドに横になったが最後、目覚めたのが23:30。
あ゛゛ブログ・・・と思いましたが、ネタもないことだし再度眠りに。

今日は5時から練習会。
2時ころ目覚めてまた寝て、3時台にも目覚めてまた寝て、4時起床。


ということで練習会に参加してきました。
来る予定の方が来られなくなったり、ドタ参かもと言っていた方は結局来れずで
男性4人女性2人の合計6人
朝5時集合はハードルが高かったかしら?

000528.jpg
05:28
最初に池の方をみんなで走って、端まで行ってわたし脱落。
コースは熟知しているので迷子になる心配はなく、他の方には先に行ってもらいました。

000530.jpg
今日はダメダメな日。
それでも日によっては 3km走ればスッと体が軽くなることもあって期待していましたが
どれだけ走ってもダメダメな日。
でも別々に走っているとはいえ、お仲間さんが一緒なので、
かなりゆるゆるながら頑張って走りました。

000549.jpg
5:49

000617.jpg
6:17 この時間ならまだ涼しかったのに・・・

000755.jpg
7:55 さすがに暑くなってきた~!

個々のペースでといっても、ペースが合う人や引っ張ってもらう等で一緒に走ったり、また離れたり。
度々すれ違うのも恥ずかしいかもですが、たま~に擦れ違うくらいでちょうどよかったです。

000859.jpg
8:55 続々と、(といっても総勢6人ですが) 帰還

わたしは8:20頃から、しっかりガッツリ休憩、そのあと最後にもうひと踏ん張り3人で走りに行って22km
差し入れの冷えたトマトを頂きつつ、ラン談義 第一弾。

1時間ほど日陰でお喋りして、温泉へ移動。
汗を流して、軽食コーナーで食事をしてラン談義 第二弾。
次はどこへ走りに行くか?いろんな大会の情報交換などなど。

土曜日の11時、和室は貸切状態で、の~んびりして
12時、汗見川での再会を楽しみにバイバイしました。

fc2blog_20170722133843339.jpg
通谷池を一周は出来ないので、走れる部分を全て走って、ニンジニアスタジアムへも。
一周6km弱になりますので、お仲間さんとはいつも擦れ違うわけではないけれど、
一緒に走っているという意識はありますし、一緒に走ったり外れたりも出来ますし
それぞれの走力に見合った有意義な練習会でした。

fc2blog_201707221337364b4.jpg
開始から終了まで3時間40分ほどですが、時計が動いていた時間は3時間26分
時計が動いていてもわたしが動いていない時間多数。
時計での計測結果は 9'08/kmというありえない数字ですが、
走った部分だけを真面目に計測したら・・・7分後半~8分台だと思われます。


今回、熱中症対策のために午前5時集合で木陰の多いコースにしましたが大正解。
10時に温泉に行くとき、そして12時に温泉から帰るとき・・・
とても外を走れる環境ではありませんでした。

公園で1時間喋って、温泉で食事しながら1時間喋っても12時解散。
1日を有効に使えるわ~。
といっても、午後からは皆さんお昼寝かな。お昼寝組は数人だけかな?


今日の練習会。
わたしたちの中に体調不良者はなく無事に終えましたが、いろんなアクシデントがありました。
中でも大変だったのが、すぐそばに救急車が来たこと。

通谷池やニンジニアスタジアムはウォーキングの方もたくさんいらしていて
たくさんの方々と挨拶をかわしながら走っていたのですが、その中のお1人にアクシデント発生。
そこにはその方のグループと、うちのグループの人しかおらず。
すぐさまその方のお仲間さんによりに救急車が呼ばれ、運ばれるまでのシーンを見ていたのですが
救急隊の方がお仲間さんに 『この方(患者さん)のことを分かる方が一緒に乗ってください』 と。
どうなったからこうなったと経過を説明できる人としても必要とのこと。
そして残ったお仲間さんに対して 『ご自宅に連絡できますか?』 と。

そのシーンを目の当たりにして
「わたしたち、みんなご自宅の住所や家族の連絡先なんて知らないよね?」 と。
何度となく会ってご一緒していますが、知っているのは
①本名と、②ものすごく大まかなお住まいと、③ご本人の携帯番号と、④車くらい。
本当にいざとなったら、駐車場の車のナンバープレートから所有者を探し出してもらうとか?

当然、配偶者の携帯番号なんて知るはずもなく。
携帯にロックがかかっていなかったら、履歴を探せば配偶者か子どもさんあたりが見つかるかもしれませんが
そもそも携帯をどうしているのかすら知らず。

わたしは写真を撮るためポケットに入れて。
ある方は、スマホアプリで記録するからポケットにと、そしてある方は××しておこうと言ってたな。
でもあとの3人がどうしていたのかは知らず。

『ご家族に連絡を!』 と言われても・・・・無理だ。
本人が会話出来ないほどの緊急事態なら、その人の荷物の中から財布か携帯を探し出す?
でも携帯が見つかってもロック解除出来ないし。

マラソン大会なら、事務局に緊急時の家族の連絡先を提出していたり
ナンバーカードそのものの裏に記入する欄があったりしますが、今日のような練習会だと???

危険性ばかりを考えていたら怖くて何もできなくなりますが
目の前でそういうアクシデントが起きると、そうそう呑気にもしていられないのかもと。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


萩往還ではクマ注意の看板がありました。
四国では熊は見ないのでびっくり。

今日の公園は、「イノシシに注意」 という表示が。
飼い犬と一緒にいる時にイノシシに遭遇したらかなり危険らしく
その時はリードを外して犬とは別々に逃げるようにと。
小梅を連れて散歩をしたこともあるコースなのですが、いざとなったら小梅を離せと?
えぇぇぇ、出来るかな?

つい先日、今回のグループとは全く別の、ランから派生した山登りグループ(50人ほど)のLINEで、
ポイズンリムーバーが話題になっていました。

他人事ではないなと思いながらグループLINEのやり取りを見ていましたが
ブログ友さんのブログでもそんな話題がありました。
走りながらでもいろんな危険があるもので。

今日はたまたまお仲間さんと一緒の練習会でしたが、基本はぼっち。
ロングの時以外は携帯も持たず。
外で倒れたりしたら・・・通りすがりの誰かが救急車は読んでくれたとしても
「で、この人はどこの誰?」 となるわけで。


わたしは、ばぁばには 「走ってくる」 としか言いません。
距離はロングの時には 「帰るのは遅くなるけど心配しなくていいよ。」 と。
コースはその日の気分でコロコロ変えるので全く伝えず。
なので、もしもわたしがいつまでたっても帰宅しなかったとしても、ばぁばには探しようがない。

携帯を持たずに走りに出ていて、わたしがアクシデントに巻き込まれたとしても
自宅に連絡する術もない。
ばぁばの携帯番号は記憶していない。


皆さんはどう対応されていますか?
素敵なアイデアはぜひ真似させてください。
救急車で運ばれた方が無事に回復していますように。



応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

今日はお疲れ様でした。

おじさんが倒れていたのには、正直びっくりしました。
対処できない自分に腹立たしい気持ちでした。
緊急時のスキル、改めて必要だと感じました。
救急車が必ず呼べるとは限らないですよね。
応急処置、学ばなくては……

2017/07/22 (Sat) 20:43 | Kirichan #- | URL | 編集
No title

今日はお疲れ様でした。
早朝に22キロ、いい練習が出来ましたね。
思わぬアクシデントに遭遇して、ビックリですね。
さくらさんのblogを読んで私も色々考えさせられました。
また近いうちにご一緒したいです。その時はよろしく。

2017/07/23 (Sun) 00:25 | spica #- | URL | 編集
お疲れ様でした

ありがとうございました。一気に100㎞入りしてしまった。汗見川もあるし自分にしては夏場の走り込み、充分過ぎるほど(^^)v
午後は気だるい体で仕事に呼び出されて充実した一日でした。またお願いします。

2017/07/23 (Sun) 11:28 | しょう #ulYx6Mu6 | URL | 編集
kirichanさんへ♪

ニンスタにいる時に救急車が近づいているのは分かっていましたが
まさかああいうことだったとは。
久谷の出張所は毎日通勤で目の前を通っていてよく眺めている救急車だと思うと・・・
(普段は車庫に入ってシャッターが閉まっていますが。)
Hさんが遠巻きに見ていたので、おもわず「うちの人!?」と聞きました。
救急車が来たら、あとはプロに引き継ぐしかないですが、
それまでにできること・・・素人なりに対処したいものです。
いろいろ考えさせられるシーンでしたね。

最後になりましたが、今回も企画やエイド準備等ありがとうございました!
次回も楽しみにしています。

2017/07/24 (Mon) 00:44 | さくら #- | URL | 編集
spicaさんへ♪

独りだったら「今日はダメな日」と早々に切り上げていたでしょうが
みんなが一緒だったので頑張りました。
度々エイド休憩しつつですが。

アクシデント、びっくりでした。
ちょうど別のグループLINEで蜂や蛇の対処にポイズンリムーバの話が出ていたところで
そうはいってもそれを携帯しては走らないし・・・と。
万が一の時にどう対処するかは難しいですね。

またご一緒出来るのを楽しみにしています。

2017/07/24 (Mon) 00:46 | さくら #- | URL | 編集
しょうさんへ♪


参加していただきありがとうございました。
午後からお仕事だったのですね!
それはそれはお疲れ様でした。

それにしてもしょうさんが来てくださってよかったです。
ブログで募集してゼロだったら寂しすぎます。
二度目の募集記事によほど名指しで「隣町のSさん」と書こうかと思っていたのですが
名乗りを上げてくださってよかったです。

急きょspicaさんが来られなくなったのと、初参加予定の方が風邪で中止になったのですが
22日はほとんどの方が揃っていたので、今後もあのメンバーで継続予定です。
てっぺんマラソンは残念でしたね。
この先、いろんなエントリー情報がLINEで流れると思うので今後はエントリー忘れはなくなりそうですね!
またご一緒出来るのを楽しみにしています。
大好きなトマト、冷えていてすっごく美味しかったです。
ありがとうございました。
では次は汗見川でお会いしましょう!

2017/07/24 (Mon) 00:57 | さくら #- | URL | 編集
No title

楽しそうな練習会ですね
近くにこんな素敵な練習場所があるのはほんとに羨ましいです

救急車事件。大変でしたね
自分が一人の時にそんな場面に遭遇したら
何ができるだろう・・・と考えさせられました
運ばれた方、もう元気になっているといいですね

自分自身も特に夏の暑い時期は無理しすぎて
具合が悪くなって誰かに迷惑がかからないように
くれぐれも気を付けなければいけないなと思いました


2017/07/24 (Mon) 13:36 | みおた #- | URL | 編集
みおたさんへ♪

練習会、走るのは特に楽しいわけではないですが(ぇ?)
それでも引っ張ってもらうと一人では無理なペースで走れたりもしますし
誰かの目があるとサボれないので頑張れます。(ぉぃ)

救急車騒動で全員集まって、その後一度全員で休憩して
走り終えて雑談一時間、温泉で食事しつつ雑談一時間
得られるものは多いです。

救急車騒動の時 「わたしたち、誰も自宅の電話番号とか知らないよね?」と言ったら
横にいた恒例の男性(運ばれた方のお仲間さん)にすごく驚かれました。
「走る」ということそしてこのブログを読んでくださっているということだけでつながった人たち、
人のご縁って不思議ですね。(*^^*)

救急車で運ばれた方、その後どうなったのでしょう。
本文では書きませんでしたが、蜂に刺されたアナフィラキシーショックとのことでした。
かなり深刻だったようで、無駄に怖がらせてもいけませんが
二度目が危ないそうなので、みおたさんも気を付けてくださいね。

2017/07/25 (Tue) 23:47 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する