トレッキング2 岩黒山・筒上山

岩黒山・筒上山へ行こう! 参考になるサイトは こちら
帰宅後に調べてこのサイトがわかったのですが、こちらのみかんの国からお山へ行こう!というサイトは
初心者に向けてすごく分かりやすい説明があります。

今回も、前回同様いつもの丸投げでの参加でしたが
リーダーさんが初心者のわたしにも分かるようにいろいろ事前案内・下調べ・準備をしてくださって
しかも山の上でのお湯や、温かいおやつまで用意してくださってとってもとっても助かりました。

ということで、今日の日記はトレッキング~♬

0618-5.png
前回の剣山の反省を生かし、今回はトレッキングシューズを購入。
今朝初めてタグを外して足を入れるというおバカっぷり。(店舗購入なので試し履きは済)
ソックスはラン用の5本指で厚手のもの。

7時過ぎに自宅近くに迎えに来てもらって、9時前土小屋駐車場のところから登山開始。
車がすごくたくさん止まっていましたが、石黒山・筒上山ルートではほとんど人に会わなかったので
大方の人が石鎚山に行っていると思われ。

駐車場に着いたらすごく寒かったので、半袖のTシャツの上に裏地付ウインドブレーカー。

fc2blog_20170618205653ef9.jpg
これは帰りに撮ったものですが、早い段階でこの案内があります。
わたしたちは石黒山へ。

0618-4.png
しばらく歩くと暑くなり、半袖一枚に。
そして約一時間で石黒山到着。
これから行くという筒上山が意外と遠く見えてちょっと不安も。

fc2blog_20170618205220071.jpg
こんなところも進みつつ、分岐点まで10人全員で。
分岐点からは鎖コースと鎖のないコースに分かれて。

「どっち?」 と迷いつつも立ち止まって木に括りつけられたピンクのリボンを目印にして先へ。
胸まで笹があったり、道なき道だったりでしたが、駐車場を出てから3時間後、
筒上山頂上の社が見えた~!

fc2blog_2017061820533041c.jpg

fc2blog_2017061820553187a.jpg
雲が近い!

fc2blog_2017061820543861b.jpg

ほんの数分後には鎖から上がってきた人たちとも合流し昼食。
ここまでは本当に険しいコースだったのに、頂上は広くてゆっくり食べることが出来ました。
もちろん屋根などはありませんが、暑くもなく寒くもなく
時折ウインドブレーカーを背中にかけたり、やっぱり取ったりという程度。

前回ジーンズでダメ出しがあったので、今回は薄手のAdidas。
ペットボトルは写真では首からですが、基本的には斜めにして肩から提げておきました。
手袋は金曜日にコ◎モス・土曜日にレ◎ィ薬局に買いに行ったものの、どちらも売ってなくて
前職で使っていた指先を切り取ったもの。
岩黒山から筒上山の間では、転倒防止のために木を掴んだりもするので手袋必須。

fc2blog_201706182051437ad.jpg
前の人の足元を見ながら、遅れないようについていきます。
今回は大幅な遅れはなく、ほぼついていくことが出来たのはトレッキングシューズのお陰かな?

足元ばかりを見ていたら、頭上の枝に頭をぶつけたり
前が止まっていることに気付かず、前の人にぶつかって突き飛ばしそうになったり
結果は笑えるものばかりですが、ランとは違って命に係わる団体行動なので
人に迷惑をかけないように注意しながら。
遅れたから待ってもらうとかはともかく、人に怪我をさせたりしたら大変!
景色を見たくても、進行中は足元を見ていなければ危険。

木の根に引っ掛かったり、滑りそうになったりのワーキャーはありましたが
リーダーさんや慣れた方の適切な誘導もあって全員無事に下山。

今回も剣山に続いて、とっても楽しいトレッキングでした。
これでまたひとつ不整地に慣れた・・・いや、経験を積んだ。(*^^*)


このブログを読んで 「このコースを行ってみよう!」 と思う方がいらっしゃるかどうかはわかりませんが
個人的には超初心者向けではないと思いますので、
経験者の方と行くかしっかり下調べをして検討してくださいませ。

わたしはしっかりしたリーダーさんのもと団体で行き、無事に下山。
道中、人とほとんど擦れ違わず、案内も決して多くはなく、
木に結び付けられたピンクのリボンを目印にするもののなかなか見つけられず
トイレは皆無、携帯が圏外のところも多々、しっかりした人についていくなら大丈夫ですが
初心者の方には 「ぜひお勧め!」 と気軽に言える山ではなかったと思います。

経験者さんとか山慣れした方と一緒だったら、探検気分が味わえて楽しい山でした。
それもこれもいいお天気に恵まれたからというのは大きいでしょうが。(*^^*)
(雨具・エマージェンシーシート・予備の食料等用意して登りました。ライトは持たず。)


0618-2.png
お弁当タイムも時計は止めず。

0618-3.png

0618-1.png
7:10 過ぎに迎えに来てもらって、
9:00 土小屋駐車場から登山開始
12:00 筒上山山頂到着 お昼ご飯
13:10頃 下山開始 
15:00 土小屋駐車場到着

16:00頃 古岩屋荘 温泉着
17:00 久万高原 道の駅
17:30 帰宅

今日の費用・・・会費(交通費)1000円、温泉400円、お賽銭、お弁当・おやつ


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今朝、休みなのに早起きしたわたしに驚いて、ばぁばから聞かれました。
『どうして山に目覚めたの?』

その答えは、剣山の時にも書きましたが、萩往還不整地攻略のためとウルトラのため。
5時間走り続けろと言われたら、独りでは絶対に無理ですが
5時間動き続けろと言われたら、こういう場合なら可能。

もちろんトレッキング中にもところどころ立ち止まって休憩はしていますし、
お昼はしっかり腰を据えて休んではいますが、
普段は事務員として座りっぱなしの日常なので、時々はこうして 「長時間動き続ける」 ことも必要かと。

そして、ジョグとは違う筋肉も使うし、不整地下りの練習にもなるし、リーズナブルだし、 
それでいて、みんなで楽しく森林浴だなんて一石二鳥どころか・・・何鳥?


今日は 「さくら」 は封印して本名でのわたし。(*^^*)
とってもとっても楽しい一日でした。
風邪も治ったことですし、明日からの仕事とジョグも、頑張ります。


応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村
バナーは剣山





関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

トレッキング、お疲れ様でした。
標高1859mなんて、もう想像できない世界です。
ラン友さんの中にも山登りしている人いますが、私は今のところパス。
さくらさんのblog読んでると、山登りも楽しいかも?って思うのですが、基本的に山より海が好きな私。
いつか気が変わって山登りしたくなった時には、アドバイスお願いしますね。

2017/06/18 (Sun) 23:41 | spica #- | URL | 編集
spicaさんへ♪

ラン仲間さんから派生した山登り仲間なので
いろんな意味で話があってとても楽しい時間です。
萩往還を走ってなけれぱ・・・というか来年も挑戦するつもりが無ければ
きっと山登りはしていなかったと思います。
萩往還対策!という意味合いが強いかな。
あと、「長時間動く」練習になりますし。
まずはランシューで行ける程度の山から始めてみるのも楽しいかもです!

2017/06/21 (Wed) 07:39 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する