萩往還旅行記【2】前日

山口100萩往還マラニック大会 C70km

5月4日夜更新 萩往還Cとりあえず完踏(ただし時間外) 
5月5日朝更新 萩往還から一夜明け ~湯田温泉~ 
5月5日夜更新 大人の修学旅行~萩往還~ 

萩往還C まだレポではない
萩往還Cレポ【1】当日スタートまで
萩往還Cレポ【2】スタート~陶芸の村
萩往還Cレポ【3】陶芸の村折返し
萩往還Cレポ【4】陶芸の村~明木
萩往還Cレポ【5】費用
萩往還Cレポ【6】明木~64.2km
萩往還Cレポ【7】ゴール
萩往還Cレポ【8】ゴール後
萩往還Cレポ【9】おまけ
萩往還旅行記【1】翌日


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


旅レポ【1】が翌日編で、【2】が前日編というのもかなり変な話ですが・・・
5月3日 当日更新のブログをコピペしつつ、あれこれ追加してレポにします。(*^^*)


4:30起床
1号とばぁばに見送られ三津浜港へ。

0156.jpg
就職して大阪に住んでおり、2日に帰省した1号。
一緒にいられたのは一晩だけでした。
わたしが5/3~5/5は居ないよとずいぶん前から言っていたにもかかわらず、1号の帰省は5/2~5/5の昼
わたしが松山に戻ってきたときは1号は大阪へ帰った後というすれ違い。

でも、早起きして1号が三津浜まで送ってくれました。
ばぁばは道案内と、その後の1号の都合でお供。

家族が快く送り出してくれるというのはすごく気持ちがいいもので。
70kmの道のり、頑張れるっ。

三津浜港でC組女性さんと合流し、5日にまた三津浜港に戻ってくるまでずっと一緒。
昨年、突然誘ったにもかかわらずOKしてくださって一緒に旅ができて本当に楽しかったです。

まさにフェリーに乗ろうとするとき、A様師匠より無事に走っていると連絡あり。
前夜2日の18:00にスタートした師匠、すごすぎます。

fc2blog_20170503141503ef6.jpg
6:20GW特別ダイヤ 三津浜港から柳井港まで2時間半の旅
船内では、通路を挟んだ隣りの席の方が萩往還ランナーでした。
当日移動のBランナーか、前泊のCランナーか。
話しかけようかと思いましたが、イヤホンで音楽を聴いているようだったので自粛。
ずっと後で気づいたのですが、間接的に知っている方だったので話しかけてみたらよかったです。

0161.jpg
8:50 船の柳井港について、JRの柳井港駅へ移動。
9:16発のJRに乗り換えます。

0162.jpg
ピンクのバッグは10年前に、ばぁばに買ってもらったもの。
リュックかキャリーケースか迷ってリュックに。
とはいえ、ほとんどの荷物は先に送ったので中身はスカスカ。
1号2号が自然の家へ行くときに使ったリュック。
こんな形でまた使うことになろうとは。
「旅行といえば飛行機でキャリーケース」 だったはずなのに、ワイルドになったわ。(違っ

0166.jpg

0167.jpg
柳井~新山口は黄色の電車
新山口~湯田温泉は赤色の電車
まずは新山口での乗換まで85分の長旅。
防府でたくさんの人が降りていきました。

fc2blog_20170503163045474.jpg
新山口駅へ到着。
また乗り換えて湯田温泉まで行くので、トイレに行っておこう・・・と見ると行列。
一度は並んだものの、列が長くてそのままだとSLが見られない!
トイレは諦め列を離れて、わたしだけSLを見に行きました。
SLは1番線、湯田温泉行きは2番線。


電車の中では向かいの席のBランナー男性と話が弾み。
何県から来たのか、BかCかなどいろいろ話をして楽しかったです。
この電車はランナー率高し。

あちこちから萩往還の話が聞こえてきますが、おじさまたちが敬語なのを聞くと
元々の知り合いではなくて、たまたま電車が同じだったというだけのよう。
ライバルではなくて、みんな仲間というウルトラ、素敵です。(*^^*)

0181.jpg

0199.jpg

fc2blog_2017050316321533a.jpg
11:19 湯田温泉駅着。
ガンガンに晴れ。


徒歩で移動しホテルまで。
前泊していたB組さんと合流し、荷物を預けて移動。
B組さんは説明会を聞いて、いよいよスタートするため。
C組は受付をして、説明会参加のため。

fc2blog_201705031647064d5.jpg
教育会館まで3人でタクシー移動(1110円)
席を確保してから受付へ。

来年初参加の方へ。
まず瑠璃光寺までバスやタクシーで行って、受付をしてから教育会館まで歩くのもアリです。

fc2blog_201705031754540ae.jpg
事前送付の案内を見ただけではイマイチ要領が掴めていませんでしたが
前日に受付済みのB組さんに案内してもらえてすごく助かりました。
B組さんは夕方から寝ずに140km走るというのに、散々ウロウロさせてしまいました。

fc2blog_201705031755408c3.jpg
この表示を見ていた観光客の方が
『人間がそんなことできるの!?』 と。本当に 『にんげんが』 と表現。

それをやろうとしているひとが今ココに。
そしてそれをやっている人がもう何百人も走っています。
わたしたちは当事者だから感覚がマヒしているのでしょうが、やはり “普通の人” からすれば
140kmとか250km走るだなんて、正気の沙汰ではないという感じなのでしょうね。
フルマラソンランナーにですら 「70km走りに行く」 というとかなり驚かれますから、140や250ともなると。

fc2blog_20170503205640fe1.jpg

fc2blog_201705031756590bc.jpg

fc2blog_201705032055564f8.jpg
↑ この写真好き。(*^^*)

C組は翌4日の早朝スタート。
わたしが最後にゴールするのは確実で観光なんて絶対できないから、今日のうちに観光したい!と
瑠璃光寺にお参りしたり、香山公園内を散策。

【心静かに8つの珠を回して落とすと、煩悩が取り除かれる】 という大念珠にチャレンジしたり
(3人とも成功しました♬) 仏足石にお賽銭をあげたり、
おかやまマラソンのメダルが萩焼といって驚かせたり (正解は備前焼)

B組さん、このあと走るのに大丈夫?・・・と口ではいいつつ、しっかり付き合ってもらいました。

0208_20170601230013ebe.jpg
ゴールの場所。
この写真を撮ってもらいながら、4日18時までには笑顔で大観衆の中をゴールする!と思っていました。

0217.jpg
受付時に渡されるうどん券
利用時間はかなり幅広いのですが、わたしは4日に食べるのは無理なので3日のうちに消費。
券の写真を撮ってないのが残念ですが、すごく大きな立派なうどん券で、うどんはハーフ。
うどん券は小さくていいから、うどんを大きめ・・・というか一人前がよかったなぁ。

うどんは駐車場のテントの下でいただきましたが
うどんを作ってくださる方からも 『頑張ってください!』 と。
その一言一言に、じ~ん。

ところで。わたしたちは散策中ですし、改めて夕飯を食べますが
B組さんはこの後説明会を聞いて18:00スタート。
お昼ご飯にハーフうどんでは足りないということで、隣のレストランへ。

0218.jpg
B組さんは食事、C組女子はアップルパイセット。

0219 1325

あ。
自分のブログを読み返していたら↓のように書いてある。

受付をして散策をして、うどん券で おうどんを食べて、また散策をして
瑠璃光寺にお参りをしてから徒歩移動で説明会へ。


自分の撮った写真は順番に並べたのですが、この記事と順番が違うかも。
ま、そんなこと誰も気にしないでしょうからいいっか。


*~*~*~*~*~*~*~*~*


瑠璃光寺から説明会の会場である教育会館までは少し歩きます。
タクシーやバスに乗るほどでもなく。
まわりは受付や説明会に行き交うランナーがたくさん。

完璧走る格好の方から、Cの方までいろいろ。
名札やピカピカ、羨ましい!!!
ABの夜間走行の方のみに与えられる名札とピカピカ、本当にかっこいいです。
チェックシートを首から提げているのもかっこいいなぁ。
と、ないものねだり。
(チェックシートは説明会で受取なのでこの時点では無し)

Cにもせめて名札が欲しいです。
名札は反射材を兼ねていますが、ランナー同士の交流を目的に作られたとか。
だったらCにも名札が欲しい!!!

0293.jpg
あまりにも名札とピカピカにこだわっていたからか、レース後にA様からいただきました。


*~*~*~*~*~*~*~*~*

 
説明会は満席で、立ち見の人まで。
会長さんのお話で和やかに進行され、感動で鳥肌がたつシーンが何度か。
競争ではなく、共走というのがよくわかります。

説明会ですが、Bは必ず参加、Cの人はよければ参加してね。という感じ。
初めてCを走る場合は聞いておいた方がいいです。

会長さんの言葉で印象に残ったのは
『リタイヤは決して恥ずかしいことではない。
スタートするだけですごいことなのだから。』

事前情報によると厳しいことを言われるというのもありましたが、
いたって当たり前のことばかりでした。
信号を守るとか、ごみのポイ捨てをしないとか。


16:00 説明会終了、B組さんとはここでお別れ。
B組さんは約2時間後の18:00スタート。
スタートを見送りたい気持ちはありましたが、21時就寝なので早くホテルに戻って準備をせねば。

路線バスでホテルに戻り荷ほどきと準備。
あとから到着のC組男子さんも合流し、18:00から3人で夕飯へ。

0224.jpg
18:24 ガストで夕飯 チキン竜田

19:45 展望露天風呂。


船や電車に長く乗っていたので、寝る前でも身体が揺れた感じでしたが
予定通り21時就寝。
楽しい楽しい1日目終了です。

そしてレポはこちらへ続く。↓
萩往還Cレポ【1】当日スタートまで ※ すでに公開済みの記事です。



おまけ。

今回は旅の荷物(走るものもすべて)は、事前にホテルに送っておきました。
5月1日発送、2日着。
ネットで調べて2日に届いていることは確認済みでしたが、
3日に行った時にフロントで 「黄色のバッグは届いていますか?」 と再確認。
それから受付などを済ませ、さあチェックインと思ったら 『黄色のバッグはお部屋に入れています。』 と。
まぁ!なんとサービスのいい。

そして部屋に入って荷物を開封しようとして・・・・インシュロックで封が。
もちろん自分でしたので分かってはいて、ハサミを当日荷物で持って行こうかと思ったのですが
どうせフロントで荷物を受け取るからその場で切ればいいやと。
ラン遠征では必ず持って行くハサミは、そのインシュロックで封がされたバッグの中に。

結果 … 重いバッグを提げてフロントまで降りていきました。
ハサミを借りに行くと、軽いけれど返しに行かなくちゃならない。
バッグを持って降りたら、重いけれど1回で済む。

充分予想が出来ていたハプニング、ここまでハマると笑うしかありませんでした。


ということで、萩往還旅レポは時系列が逆になりましたがこれにて終了。
あとは準備物編を書いて終了です。
準備物編は・・・まぁそのうちに。

たくさんの応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する