萩往還旅行記【1】翌日

山口100萩往還マラニック大会 C70km

5月4日夜更新 萩往還Cとりあえず完踏(ただし時間外) 
5月5日朝更新 萩往還から一夜明け ~湯田温泉~ 
5月5日夜更新 大人の修学旅行~萩往還~ 

萩往還C まだレポではない
萩往還Cレポ【1】当日スタートまで
萩往還Cレポ【2】スタート~陶芸の村
萩往還Cレポ【3】陶芸の村折返し
萩往還Cレポ【4】陶芸の村~明木
萩往還Cレポ【5】費用
萩往還Cレポ【6】明木~64.2km
萩往還Cレポ【7】ゴール
萩往還Cレポ【8】ゴール後
萩往還Cレポ【9】おまけ


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


やっと旅レポ。
とはいえ・・・5月5日夜に更新した 大人の修学旅行~萩往還~ でかなり報告したので
重複画像もありつつ、SL画像を追加しながら。

5月4日に山口100萩往還マラニック大会、5人それぞれのコースを完踏。
わたしは何度も書いたように時間外でのゴールとなり、記録上はDNF(途中棄権)扱いですが。

そして翌朝。
6:00から大浴場に入れるとのことで、6:00過ぎに屋上露天風呂へ行ったところ、C組女子さんが。
さすがに翌朝なので、起きられないかもしれないと約束はしていなかったのに、息ぴったり。

心地よい疲れで露天風呂に出たり入ったりしながらお喋り1時間ほど。
久々にお風呂に浸かりすぎて指先がシワシワになっていました。

9:00 ロビー集合でガストへ移動し朝食。
わたしたちはホテルでランチをすることにしていたので、朝はホテルは避けてガストへ。
なぜかご飯(白米)が食べたかったのでわたしは豚汁定食。
の~んびり食べながらまた楽しいお喋り。

10:00過ぎにホテルに帰り、チェックアウトの荷造り。
11:00 チェックアウト。
チェックアウトは10時のところが多いですが11時だとのんびりですごく助かります。(*^^*)

そのまま5人全員ホテルに荷物を預けて足湯巡りへ。
なかには歩くのすらツライという人もいますが、有無を言わさず的に団体行動で。

fc2blog_20170505215247670.jpg
一か所目 ホテル裏の足湯
GW中ですし、観光客がいっぱいだと譲り合ってすぐに出なくちゃいけないかな?と思っていましたが
どこも多くの人はおらずのんびりできました。

fc2blog_201705291918317ac.jpg

fc2blog_201705291920381a9.jpg
二か所目、観光案内所の前。

fc2blog_201705052153344a4.jpg
この写真大好き。(*^^*)

距離が距離なので脚が痛い人はいるものの、こうしてみんな怪我や故障なく無事に完踏出来て
のんびり足湯に浸かれるとは・・・本当に楽しい時間でした。

5人で一緒に参加したとはいえ、5人で一緒に過ごせたのはわずかな時間。
4日のゴール後から5日のお昼まで。
でもいつもLINEでつながっていたし、今も、そしてこれからもずっと仲良しでいられる仲間。
萩往還、心折れず(折れたけど立ち直って)ゴールできたのは4人が待っていてくれたから。
そしてお迎えに来てくれたから。


午前の部は足湯2か所で切り上げてホテルへ。
お昼に出発する二人をホテルで見送って残った3人でランチへ。

fc2blog_20170505215734106.jpg

0305.jpg
ローストビーフもおかわり自由。
3枚食べたかったけれど、デザートに目移りして2枚に。

ちなみに体重ですが、走る前は52kg台あったはずですが、走った直後の温泉で計ったら49kgほど。
この時は単に身体の水分が抜けているだけだろうと思いましたが、
あれから3週間以上経った今も50kg以下をキープ。
このまま49kg台を維持し続けられるといいのですが。

萩往還後の一週間ほどは食べたいものを食べたいように食べて体力回復に努めました。
(その方法があっているのかどうかは別として。)

ホテルランチでは2時間近く食べながら楽しいお喋り。
どんなに喋ってもネタは尽きません。

レストランから一度ロビーへ移動し・・・

fc2blog_201705291959023e4.jpg
疲労の激しいA様師匠、寝てしまいました…。
さすがに48時間250km完踏した疲労は一晩寝たくらいでは回復しないようで。

※人それぞれらしいですが、48時間のうちに眠るのはほんの数時間だけとのこと。
 レポの本文で書き忘れていましたが、道中では行き倒れのように寝ているA様が時折いらっしゃいます。

ということで、午後の部の足湯巡りはA様はお留守番で女子2人で。
更に別の2か所の足湯巡りをして、15:30 ホテルへ。
預けていた荷物を受け取ってお礼を言ってさようなら。
また来年も来ますから。(*^^*)

0295.jpg

0315.jpg

それから路線バスで山口駅へ移動。
湯田温泉駅からでもいいのですが、せっかくなので少し逆に移動して、山口駅へ。
目的はSLに乗るため。

山口でSLが見えるのは知っていましたが、実態はよく分からず。
まさかそれに乗る機会があるなんて思ってもいなかったのですが、
グーグルマップで松山からの行き方を調べていたら
「JR山口線 SLやまぐち号 快速津和野行」 と。
へぇ~ そういう電車なのか~くらいに思っていましたが、よくよく調べたらそれってSLじゃん!!!

たまたま松山から船に乗って、JRに乗って、新山口で乗り換えで・・・
その時間にぴったりだったというだけで、フツーにSLの案内がされるものなのですね。びっくり。

ということで、じっくり調べて師匠とも相談したところ
5/3 女子2人の行きの時ではなく、5/5の3人での帰りにSLに乗ろう!ということになり、この日。

さほど大きくない山口駅の構内売店で ういろう購入。ホッ。
それから早めにホームへ。
3人とも荷物が多かったのでエレベーターを利用。

fc2blog_2017053000315536c.jpg
SLの出発は17:09ですが、16:49にはもうホームへ。
二人のシャツが何気に似てる。(°▽°)

0321.jpg
通常の電車代 240円に、指定席 520円を追加で払えばSLに乗れます。
観光としての追加費用はナシ。

山口駅では3分?(忘れてしまいました)停車するとのアナウンス。
だったら、自分たちは5両目なので、そこへ荷物を置いて、先頭車両へ写真を撮りに行こう!と。

fc2blog_20170529210333129.jpg
SL来た~♬♬♬
「鉄」 ではないですが、新幹線を見るのは好き。
SLは、見たり乗ったりできるなんて全く思ってもいなかったのでちょっと興奮!
わたしの背後のフェンス際にはSLが入ってくるところを撮ろうという人たちが数人。

みんなの荷物は5両目の位置へ置いて、先頭までホームを移動。

fc2blog_2017052921102274a.jpg
他のお客様とも順番に・・・とはいえ、ここで乗る方はそう多くはないのですが・・・写真を撮っていたら
いきなり発車の笛が ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ。

うぉぉぉぉ
先頭部分にいて、荷物はすべて5両目のところに置いてあるというのに発車の笛っ?
人だけなら、どこからでも乗り込めばいいですが、荷物が!!!
ということで、師匠が速く走れないのでC組女子2人が猛ダッシュ。
荷物のところまで行き、荷物を持ってどうにかこうにか客車に乗り込むことが出来ましたが
ガラガラのホームで、「のりまぁ~すっ!!!」 と手を挙げながら叫んで走る姿は異様だったかも。

そして無事に荷物をもって乗り込んで、師匠も走って乗り込んで・・・
しばらくしてから、というか十分すぎる余裕があってから発車。

あの笛は何だったんだ・・・。
わたしたちが荷物を置いたまま呑気に先頭で写真撮影をしていたから警告?
あの笛は 『もう出るぞ!』 ではなくて、「そろそろ出るから乗ってね~♬」 的なもの?
この旅一番のヒヤヒヤシーンでした。 (いや二番かも)

fc2blog_20170529212201af1.jpg
70km走った翌日に、SL(蒸気機関車+客車5両)の長さを全速力で猛ダッシュ。
走れた自分にびっくりだけれど、さすがにハァハァ。

ホームでは師匠が半袖でわたしが羽織っていて、社内では師匠が羽織っていてわたしが半袖。
写真をじっくり見ていたらいろんなことに気付いて面白~い。

座席は全席指定で、4人のボックス席でしたが先客の女性がお一人。
4人でぎゅうぎゅうに座りました。
乗ってしまえばSLだからといって、そう特別珍しいこともないのですが、
窓から外を見ていると、SLに向かって手を振ってくれる人がたくさん。

沿線にたくさんの方がSLを見に来ていて、立派なカメラを向ける人や親子連れなど。
車内からたくさん手を振っておきました。
そして、時々汽笛の音が聞こえると 「SLに乗ってる~♬」 と実感。

週末や祝日のみの運行でしかも一日数便。
たまたま運良く時間の都合よく乗れてよかったです。

さすがに走った翌日に動き回る観光はしんどいし、
でもせっかく山口にいるのにカフェでお茶というのもイマイチだしと
どう過ごすか迷っていましたが、足湯巡りとSL乗車でとっても楽しい観光が出来ました。
身体に優しく、しかもお金をかけず。(*^^*)

0351 1735
17:30 新山口駅着
写真は、17:35 乗ってきたSLが方向転換(?)のため客車を切り離して移動中。

わたしたちの乗るフェリーを基準に計画を立てたらSLにぴったりだったので乗りましたが
その代り、夕食の時間が無くなってしまい、新山口駅でパンを購入。
新山口駅の正面のほうへまわりましたら、萩往還マラニックの幟が立っていました。
ちょっとジ~ン。
でも、その内容に興味を持ってくださったり気付いてくださったりするのは参加者くらいなのかな?

師匠の新幹線の出発のほうが少し遅いのですが、さすがにこの階段の上り下りがキツイと
師匠とは連絡通路でのお別れとなりました。
次なる再会は・・・どこかな?
 
0354 1827
この電車で柳井まで。
岩国行各停 16駅 86分
お友だちと一緒で、ひたすら楽しくお喋りしながら、時に離れ離れになったメンバーとLINEしながらの旅。
独りだったら寝てしまいそうでもあり、寝過ごすのが怖くて寝られないようでもあり。
一緒に行ってくれたお友だちがいて、いろんな意味で大感謝です。

19:55 柳井港駅着
20:30発のフェリーに乗るべく、電車の駅から港へ移動。

眼鏡の度がもともと合っていないうえに、極度の疲労からか疲れ目なのか
レース後は目の焦点が合いづらく、柳井港の表示を必死で見ていたら・・・派手に転倒。
つまづいたというレベルではなく、思いっきりすっ転んで地面に伏せ。

一番に思ったことは、「恥ずかしい」 と 「ジャージが破れてたらどうしよう!?」
独りだったら本当に恥ずかしいですが、幸いお友だちが一緒だったので 「きゃ~恥ずかし~!!!」 で終了。
ジャージは少し摩擦でやられていますが、破れてはおらずホッ。
皮膚は・・・摩擦の擦り傷がその後かさぶたになり、今も痕が残っています。
レースを無事に終えたのに、帰り道で転ぶなんて。
疲れて集中力に欠けていたのと、やはり反射神経が鈍っていたのかな?

それにしてもその程度の怪我でよかったです。
歩道と車道を分けるところに躓いたので、転びようが悪かったら病院送りだったかも。
笑えない…。

帰りの船は満席。
スポーツ大会帰りの子どもさんや、レジャー客、岩国フレンドシップ帰りの人などぎゅうぎゅう。

23:00 松山の三津浜港着
楽しい楽しい3日間が終わってしまいました。

ばぁばが迎えに来てくれて、わたしの夕飯はすけろく。
大好きなちゃんぽんを食べましたが、いつもと味が違っていました。
これはわたしの味覚がおかしかったようで。

140kmや250kmの人たちは脚とか筋肉だけでなくいろんな身体の異変を感じていたようですが
わたしが感じたのは、眼が見えづらかったことと、いつものちゃんぽんの味が違っていたこと。

なにはともあれ、日付が変わってからでしたが無事帰宅。
ということで、5月5日の旅行記でした。
あと、順番が前後しますが、5月3日の旅行記も書く予定です。


(今日の記事の) 最後に。
ブログを書くためにLINEを読み返していたら、存在を忘れていた画像が!
fc2blog_201705292159473c5.jpg
ピースが崩れかけて目線は少しそれていますが、こんなきれいな写真が。(*^^*)

fc2blog_20170504231348937.jpg
この写真をバナーにしましたが、上の写真はほぼ同時に別の方が撮ってくれていたもの。

仲間内で最後に帰るとこういう特典付き。
オールスポーツさんは撤収した後でしたが、お仲間さんにゴールシーンを撮ってもらいました。
改めて皆さんありがとうございました。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今日は風邪の初期な感じで走らず。
明日は歯医者さんなので走れず。 (朝走れ!というのはナシで。)

土曜日は5kmTTなので・・・水曜10km、金曜も走ればいいのかな?
今のところ走っても走っても7分/kmで、なんなんだか・・・という状態。
目指すガチレースはしばらくないので、もう少し 「疲労回復期」 という位置づけで甘やかしたいと思います。


このところたいしたことは書いていないと思うのですが、ランキング上昇中。
昨日今日はfc2マイページで見たユニークアクセスで500以上あるのですがなぜ?
(ブログ自体に貼ってあるバナーの数字と全く違うのはなぜ?)
そしてプチ自慢ですが、今月は全都道府県の方から訪問いただきました。
これが達成されると嬉しいです。
来ていただいてありがとうございます。(*^^*)


応援していただけると図に乗ります。(#^^#)
でもポチッとお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する