剣山と次郎笈 その2

今日、また会社のエラ~イ方とゆっくりお話しする機会があり
またまた萩往還の話になったので、来年も出ることを言うと
『来年は会社を挙げて応援するから!』 と。

『70kmに挑戦するなんてすごい!』 と何度も言われたので、
「140kmとか250kmとか走る人もいますから、70kmなんてひよっこです。」 と言っておきました。

自分が相当すごいことをしたという感覚はないのですが、
周りから見たら70kmを走るというのは相当すごいことなのでしょうか。

確かに13時間動き続けるというのはスゴイと思われるようなことかもしれませんが
好きでやっていることだし、あまりにも褒められると、なんだか違和感も。
でも応援してくださるのは嬉しいので、そこはありがたいです。(*^^*)

ということで、萩往還の旅レポを書きたいのですが、先に直近の剣山を終わらせます。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


5月21日(日) 剣山・次郎笈へ行ってきました。(当日のレポは こちら

その時のEPSONのデーターと写真を追加。
ところで。
参加者のLINEグループにみんなが撮った写真を集めてアルバムが作られたのですが
IMG_0498-.jpg
わたしはこの画像などをUPしました。

何時間かかって、どのくらいの距離でしたよ~という意味で。
純粋に、みんなで共有できたらいいなと思って。

後でふと思ったのですが、これって時計自慢しているように見えたりするのかな???と。
参加者の大半はランナー。
胸を張っていえるほどの立派な高級時計ではないですが・・・なんだかなぁ。失敗した?

ちなみにウォークモード。
左下のスイッチでいろいろ切り替えられますが、ランとは微妙に違っていたような気のせいのような???
いまだに使いこなせていません。

ということで、剣山レポの続きというのかなんというのか。(*^^*)

fc2blog_20170524211208f27.jpg
剣山山頂から次郎笈へ行く途中。
恐ろしく下りが苦手で、いくつかに分散したグループから少しずつ遅れていますが、
背後にはわたしに付き添ってくださる男性が。
大晦日ジョグで一緒だったり、何度かお見かけしていますがゆっくり話したことはない方。
でも、なんとなくの雰囲気で最後尾には男性がついて見守りをしてくださっています。

それにしても。
萩往還で初めて感じましたが、今まで自分は下りが下手だとは全く気づきませんでした。
未舗装の下りを克服しなければ、来年の萩往還完踏は見えてこない!

fc2blog_20170524211131958.jpg
剣山から次郎笈へ行って、また剣山へ戻る復路。
『後悔するよ。』 といわれたBルートの後半。
全行程の中でここが一番歩きやすかった気も。
左奥に見えるのが剣山。

fc2blog_201705242111115c1.jpg
どこからどこを撮ったのかな?
黄色のシャツの方の横にいるのがわたし。

a1_2017052421382554b.jpg
剣山の山頂で 「(こっちに降りたら)高知」 という表示があって、ここは徳島なのに、高知へ行けるの???
と思っていましたが、高知との県境も割と近かったのですね。
歩いて行ける距離かどうかは別として。

a3_201705242138284b7.jpg
剣山から次郎笈へ往復のルートは、前回も書きましたが、Aから行ってBから戻りました。
※AとかBというのはこのブログでわかりやすく区別しているだけで、現地の案内表示ではないです。

Aルートの上りがすごく急で足場も悪く、キツかったので、
これは萩往還の二の舞で、下りに相当苦労するパターンだと思っていましたが
私たちグループのほとんどの方はBを選択。これが大正解でした。

人がほぼいなくて歩きやすいし、急斜面は少ないし、歩行距離が増えたとしても絶対こっちがいい!!!
山は上り優先なので、下りの人は早めに退避して道を空ける必要があるのですが
Bルートだと人がほっとんどいないので、そういう気遣いをしなくていい。

ランナー集団だからなのかもしれませんが、そうはいっても次郎笈まで行こうという人なら
歩くのが苦になる人はいないはず。
もしもここを読んで剣山&次郎笈に行こうという方がおられましたら、A→Bと回るのがお勧めです。
※ とはいっても自己責任でお願いします。

0522-.jpg
ふざけて一瞬だけ走ったと書きましたが・・・

a2_201705242138262a9.jpg
走ったところはちゃんと読み取られていて笑える。
次郎笈のA→Bを除いては、基本的には往復で同じコースですが一部分だけ違うところも。
あえてコースを変えて、そして予期せぬ頂上二度目まして。(*^^*)

遭難したわけではないし、怪我をしたわけではないし、正規の登山道からは外れず。
道中いろんなアクシデントがありましたが、全部笑えるものばかりで楽しかったです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


【標高】 の話
剣山は2000m足らずの 「登山」
上の方ではお菓子の袋がパンパンで、休憩時にはあちこちで 『袋が膨らんでる~!』 の声が。

高縄山は1000mほど。
萩往還の一番標高が高いところが547m
我が家から山へ向いてトンネルの先の相当上まで行ったら300m

萩往還対策で坂道山道を選んで走るようになってから 「山」 や 「坂」 という感覚がおかしくなっています。

とりあえず今回の剣山はとっても楽しかったですし、萩往還対策になったと思うので
次回のお山登りも参加することにしました。
いよいよランシューではやばくなってきたか?
トレッキングシューズなるものが必要なのか?
わたしは何を目指しているのか?
のんびり考えている暇はなさそうなので、今週末にでも考えます。

リュックや帽子やウエアはランと兼用でいいけれど、シューズは・・・。
健脚揃いの中であまりにも遅いと迷惑をかけてしまうし。
普通に頑張って遅いのなら、温かい目で見てもらえますが
ランシューで遅いのは・・・『ちゃんとしたシューズを買えば?』 という話しですし。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


楽しかったたくさんの写真、現像しようかなぁ。
でもPCで見た方がよほど大きくきれいに見えるし。

萩往還はまたアルバムを作ろうかと考えています。
やりたいことはたくさんあるのに時間がない~っ。
とりあえずその日のうちには寝るようにします。

明日は走る木曜日ですが、雨かな?上がるかな?
では!


にほんブログ村

にほんブログ村
このブログ内に、トレッキングカテゴリー作りました。
さすがにブログ村のカテゴリー変更はしませんが。(*^^*)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する