まつの桃源郷マラソンレポ 一話完結

4月2日(日) 今日、まつの桃源郷マラソン大会 ハーフ
4月8日(土) 塩ヶ森&白猪ノ滝 練習会

なので、4/3(月)~4/7(金) は少し休んでもいい?と名古屋の師匠に聞いてみたところ
『練習会のために休む必要はないよ。』

あ、そうですか。そうですね。
優しい言葉を期待したわたしがバカでした。

今日、別のレースを走ったブログ友さん、すごい記録。
いいなぁ。
みなさん着々とタイムを伸ばして(縮めてというべき?)いるというのに、わたしは平行線どころか下降。

でも今日のレースで収穫もあったので、「わたしはわたし」 ということで
これからも頑張りたいと思います。
帰宅したら、山口100萩往還マラニック大会の案内が届いていました。
いよいよだ~!!!

今日は萩往還の練習と思って走りましたが、3月の坂練がしっかり効果を表して
坂も一歩も歩かず走りきれたので満足満足。
タイム自体は決して自慢できるものではありませんが、
後半しっかり上げられたし、歩かず走り切ったし、このところの絶不調なりに頑張れたのでヨシ!

月間150kmに大満足したり、ハーフに2時間20分もかかってすら満足と言いきれたり
聞く人が聞いたら呆れるかもしれませんが、今のわたしなりには十分な結果でした。


では超長文になりそうなレースレポ。

a
6:00 お迎え。
7:35 松野町役場 指定駐車場へ到着。

「起きたら連絡するので、連絡がなければ寝過ごしていると思ってください。」と前夜のうちに連絡。
“ 迎えに来てくれた時にはまだ熟睡中だった ” という前科者ですから。
金曜日にガソリンを満タンにしておきましたが、びっくりするほど減ってない。
満タンの時点でFより上まであるとはいえ、高速を走ると燃費がいい。
ちなみに、自宅から101km 全部わたしの運転で。

ところで、ガソリン給油口の向きが、◀ と ▶ で示されているのはご存知ですか?
マイカーならみなさん分かっているでしょうが、レンタカーや滅多に乗らない社用車の時など便利。
テレビで知って、眼から鱗な情報だったのでここで共有。(複数回目)

閑話休題。
それでなくても長くなる予感なのに。

車で朝ごはんを食べた後、会場へ。

b_20170402200949f39.jpg
朝6時の我が家は3℃。
会場へ着いても寒い~。
長袖のウエア+アディダスのジャージ+アディダスの裏地付厚手のウインドブレーカー。
それでも寒くて寒くて手を袖の中に収納。
ちなみに今日はナイキは封印で、行き帰りのシューズやジャージやウエアはミズノ。

ちなみに後ろに写っているのは計測スタッフのspicaさん。
3回くらいお話させていただきましたが、お世話になりました。(*^^*)

陣地・・・といっても二人ぼっちですが、体育館ではなく屋外の陽の当たる場所で。
この時までは晴れていたので。

陣地で朝ごはん追加。
そして自宅から着てきたウエアにナンバーカードを付けるのに・・・苦戦。
結局、下はヒコまるで上は安全ピンという変則技。

10:30スタートなので、10:15頃にトイレに行ってから整列。
トイレの列は短かったのですが、さて整列・・・が、意外と遠い!

c
スタート整列へ行く途中。その①
あまりの寒さに上から参加賞Tシャツも着ようか散々迷いましたが、
もともと着ているのがピンクで、参加賞Tシャツもピンクで、迷った末に着ず。
震えました。

d.jpg
スタート整列へ行く途中。その②
どうせ最後尾からスタートするつもりだったのでのんびり移動していたら
「スタート位置まで数分かかりますから、早目に移動してください。」 とのアナウンス。
慌てて時間を確認するわたし。

あ
スタート整列へ行く途中。その③
いざ戦いへ。 (嘘です。気負うものはないので、お気楽に。)
ホント寒くて、両手はしっかり握って。

車道はランナーで埋め尽くされていて、歩道を通って最後尾まで。
汗見川ではずいぶん場違いなところからスタートしてしまう結果になったので
今回はしっかり最後尾から。

e.jpg
仮装の方たちのところへ整列。
10kmに並んでいる人たちがすぐ真後ろに。

画像の左の方は第53回愛媛マラソンの参加賞Tシャツ
画像の右の方は第54回愛媛マラソンの参加賞キャップ
画像中心の方は第55回愛媛マラソンの参加賞グローブ
制限2時間30分なので、ガチランナー率が高めな印象。

3分くらい前にGPS時計をセット。
でもGPS取得失敗2回。
そして10:30スタート。うぇぇぇぇ。

結局スタート時点でGPSは取れず。
動きだしたら取れないよ~!!!とかなり焦りましたが、
スタート直後はノロノロで走れないのでどうにかスタートラインを越えて200mくらい
号砲から2分以上経ってからやっと取得。
はぁ。焦りました。

10kmや3kmのスタートごとに花火が上がっているのが聞こえたので、
ハーフの時も花火が上がったはずなのですが、全く耳に入っておらず。
GPSの取得に大焦りでした。

05_20170402203852375.jpg
1km弱を元同師匠(元同じ会社の)と一緒に走ってそれからバイバイ。
途中2回折返しがあるのでわたしたちくらいのタイム差なら2回会えるかな?
1回は輪になっているところがあるのでどうかな???ということは事前に聞いていて。

登ったり下りたり登ったり下りたり。
本当に小刻みなアップダウンで飽きることがなく。
そして雨が降ったり止んだり、時に晴れたり、また降ったり。
コロコロ変わる天気に翻弄されつつ、頑張って走りました。

なんたってほぼ最後尾からの出発なので、抜かれることは皆無。
後ろに人がいないんですもの。

たくさんの応援の中を進んで、5km過ぎで踏切通過。
マラソン大会で踏切は初体験。
電車は止めていないので、踏切に掛かったら待つしかないそうですが。

そのあと、土手に出るなんでもない道で、おもいっきりつまづいて転倒寸前。
ヒヤッとしました・・・どころではなく、本当に一時は転倒して流血を覚悟。
まだ5kmだったのでどうにかこうにか持ち直しましたが、その後しばらくは怖くてスピードを出せず。

f.jpg
一度目の折り返し (のはず。もしかしたら二度目?)
画像にはこちらへ向かってくる人しか映っていませんが、元同師匠と擦れ違い。

わたしはいつも片手がグーで片手がパー。
ま、だからどうしたということもないんですが、無意識。

それにしても相変わらずあごが上がりすぎ~。
途中雨足が強くなったところでは、ひたすら俯いて真下を見て
眼鏡が濡れないよう帽子のつばで顔を隠して走ったところもありましたが
そういう場合を除いては常にあごが上がりすぎ。(´・ω・`)

g.jpg
こちらが二度目の折り返し・・・のはず。
さっき走ったばかりなのに覚えていない・・・。

h_201704022031257ee.jpg
トリミングなし。
師匠も走っているので、こんな写真も。(*^^*)

い
順番は訳が分かりません。(´・ω・`)

お天気は雨が降ったり止んだり目まぐるしく変化。
コースは常に坂で平地がなく、上ったり下りたり大忙し。

沿道の応援はところどころではありますが、みなさん温かい♬
時折雨が降る寒い中、本当に心からの応援に励まされました。

12km手前と14km手前の河川敷で花のないお花見中のおじちゃま方
『ピンクのおねぇちゃん頑張れ!』 の声援ありがとうございます!!!
大きく手を振っておきました。

今日は比較的元気だったので (だったらもっと速く走れと言われそう・汗)
沿道の方の応援には出来る限り応えました。
頭を下げる、手を振る、「ありがとうございます。」 を言うなど。

踏切傍のデイケア(?)のおじいちゃま、突然窓から視線を感じ驚きましたが手を振りました。
帰りは絶対に声掛けしよう!と、そのつもりで窓を見たら、窓際にいらっしゃらず。残念。

今回、知っている方がレースに出るかどうかの事前情報は全くなし。
名簿を見ていて、おひとり知人を発見!
スライド区間はいつもランナーの顔を見ながら知っている人はいないかな~と探すのですが
今回のミッションは 元同師匠と、地元アスリートクラブの方の2人だけ。

でもお二人の方に 「さくらさん!」 と声をかけていただきました。
お1人はSSさんですよね。お顔で知っている方だ!というのは分かりました!
コース上では何度かお会いしているのに、いまだお話したことのない方。

もうお1人はYDさんかしら??? 追記訂正 しょうさん でした。
ハイタッチ、2回とも届きませんでしたね。残念!
なんだか正体があやふやなままで申し訳ないです。

それから会場近くの最後の坂で声をかけてくださった方は、このお2人とは違う方かな???
お顔などは全く分かりませんでしたが、声はしっかり届きました♬
ありがとうございます!!!

最後の最後までアップダウンは厳しくて、ちょこまかちょこまか。
でも一度も歩かず速度も出来る限り緩めず走り抜きました!


5km過ぎで転びそうになり慎重になったこともありますが、10kmほどは全く走れず。
こんな状態では萩往還が走れない・・・と思考が下向きになりましたが
10kmを過ぎたあたりでフッと体が軽くなり。

わたしは一定のペースで走り続けているつもりなのに、上り坂ごとに人を追い越し追い越し。
平地でも一人ずつまた一人ずつ追い越し。
一番の目標としている 「撃沈せず安定して走り続ける」 というのは達成しました。

う
会場に戻ってきました!

え
時間内に戻ってこれて満面の笑み。

お
spicaさんに ただいま!の声掛けをしてゴール。

か
アクエリアスを1本いただいて、記録証発行へ。
この時、何か用紙を一緒に受け取りましたが、全く気にも留めておらず。
帰宅後に落ち着いて見てみると事前抽選の結果でした。
どちらにしろ当たっていませんでしたが、全く見てなかった~。
(師匠がしっかり二人分チェックしてくれていました。)

i.jpg
平凡な記録ですがしっかり走れたのでヨシ。( ;∀;)

01_201704022115293c8.jpg
スタート後、2分以上経過してからやっと起動したのでEPSONの距離は短め。
下りではブレーキがいるほどの坂も多かったから、6'39/kmならヨシ。

このところあまりの不調に本気で2時間30分以内に帰れないかもと思っていて
ゴール地点の係員さんに聞いたところ、ゴールは通過させてもらえるけれど完走証はもらえないとのこと。

グループLINEに報告すると、師匠から 『せめて記録証はもらっておいで。』 と。
ハイ、ワカリマシタ、ガンバリマス ということで走りましたが、時間内にゴールできてよかった~。
このハーフを2時間半で走れなかったら、萩往還の完走危うし!と思っていましたが
とりあえずハーフ2時間半はクリアできました。 (我ながらレベル低っ)

03_20170402211532c72.jpg
相変わらずよくわからないグラフ。
とりあえずUP。

02_201704022115319e8.jpg
EPSONでは分かりづらいけれど小刻みなアップダウン。
わたしは今回は記録狙いではなかったこともありますが、嫌いなコースではないです。(むしろ好き)

坂がキツイという不評を散々聞いていたので覚悟が出来ていたからかな?
3月の集中坂練で鍛えられたからかな?

 04_20170402211534c92.jpg


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


k.jpg
閉会式&抽選会のため体育館へ移動、引換券でおにぎりと豚汁。
豚汁が具沢山であつあつで美味しかった!!!

町長と同じ誕生日の方には記念品が贈られていました。
某月某日、その誕生日には聞き覚えがある。
たしかブログ友さん・・・と思ってiPhoneで確認したら、走らないお友だちの誕生日でした。
走るお友だちだったら、来年は出たら記念品がもらえる(かも)よ!と言ってあげようと思ったのですが。

3kmや10kmなどいろんなコースがあって、表彰式がわりと長めでしたが
のんびりおにぎりを食べながら、LINEのやりとりをしながら、師匠とお喋りしながら待って、それから抽選会。
ですが、とにかく寒い。
芯から冷えるとはこのこと。

体育座りで聞いていますが、だんだんお尻が痛くなり。
そして疲労から眠気に襲われ、体育座りのままウトウト。
抽選会は結局何も当たらず、会場を後に。
(ほとんどの景品が事前抽選に回っているようです。)


朝、役場から会場へ徒歩移動の時、足湯があるのを見つけていました。
朝も時間に余裕はあったので、「入る?」 と言い合いましたが結局入らず。
帰りは激混みだろうな・・・でも少しでも足湯に入りたいなと思っていましたら、意外にも空いていて。

l_20170402212834a2c.jpg
(この一枚は朝に撮影)

m_20170402212835265.jpg
水から出ている部分が真っ赤に日焼けしたように見えると指摘を受けましたが、陰になっているだけです。(*^^*)
それより、人物の影をよく見たら、恋人同士が頭を寄せ合っているように見えるのはわたしだけかしら???
誰かとそんな風にしたいという希望的観測でそう見えるだけ??? ← 笑うトコ

これ、師匠がトイレに行っている間に撮ったので、左隣は無人。少し離れた右隣には女性が。
陰のひとつは人物(わたし)の影に見えますが、もう一つは何の影???

とにかく足湯がものすっっっごく気持ちよくて。
入った瞬間は少し熱いと思いましたが、しばらく入っているとぬるいかな?という感じ。
5分くらいは居たかな?10分? 全く混むこともなくガラ空きだったのでのんびり。
手も顔も洗っていませんが、足湯に入ったら相当スッキリしました。
そして芯から冷えていた身体もほんわか。

お隣のぽっぽ温泉は半額割引券が入っていたのですが、さすがに激混みだろうと。
師匠が確認に行くと、『これから混む』 とのことでパス。

n.jpg
当然のように助手席に乗り込んで着いたのはこちら。
宝泉坊の湯

のんびり温泉に入って、顔も身体も洗って、大きな浴槽で手足を伸ばしてスッキリ。
その後、100円の足マッサージに2人で悶絶。(10分100円)
足首から先だけを機械に入れるのですが、
時々内臓をくすぐられているというか、ねじっているような感じが。
足裏刺激で内臓がムズムズするとは不思議~。

そして内子から高速に上がって帰宅。
帰りは110kmくらいあったかな。
行きもよく喋りましたが、帰りはずっと助手席だったので喋り通し。
走って、温泉入って、喋り倒して元気に帰宅。


タイムそのものは全くパッとしない数字ですが、走った内容は自分としては満足なので
大満足な一日でした。

大会関係者の皆さん、応援してくださったみなさん、ありがとうございました。(*^^*)



明日は休養日で明後日は走ります。
明後日あたり、月末締めで忙しそうなんですが・・・そういう調整も大事!
「走れ~!」 のポチお願いします。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

帰宅したら山口100萩往還マラニック大会の案内が届いていました。(*^^*)
今日は開封のみ。
明日、ゆっくり目を通します。(*^^*)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした

寒かったですね。お疲れさまでした。
ブログは毎回拝見してるので、こちらは顔見知りのつもりで折り返しの所ですり寄って行ってしまいました(笑)
背高ノッポのサングラス、自転車ウエアで走ってました(初の龍馬走りました)"しょう"(ゼッケン5775)です。ゴール後話をしようと思ってましたが、思いの外寒くてぽっぽ温泉に早めに移動した為、又もや自己紹介できずでした。また時間がとれたら走行会に混ぜてもらいに行きますのでよろしくです。

2017/04/03 (Mon) 18:27 | しょう #ulYx6Mu6 | URL | 編集
No title

さくらさん、桃源郷マラソンお疲れ様でした。
あっ!写真に私が小さく写ってる~~~
ちょうど、マットの感度チェックしていた時ですね。
ここだけの話ですが。。。
トルソー(ゼッケンに付けるチップ)は足に付けるチップより感度がいいんです。
マットの1~2m手前から反応するので、タイムがコンマ何秒か短くなるんですよ。
昨日のまつののマット感度も良好でした。
仕事のため、あまり長くお話できませんでしたが、会えて良かったです。
次は萩往還ですね、初ウルトラ頑張ってください!

2017/04/03 (Mon) 21:00 | spica #- | URL | 編集
鍵コメさんへ♪

やはりそうでしたね!わたしの欠陥記憶力でもちゃんと覚えていました!
鍵コメさんは自己ベストおめでとうございます!!!
どこでどう擦れ違ったらどのくらい速いのかよくわかりませんが
わたしたち二人の距離がかなり空いていたことだけは確かなことで。
こちらこそ見つけていただいてありがとうございました。(*^^*)

わたしは今年の秋レースは迷走中です。
とりあえず師匠に丸投げで。

練習、いいですね~!!!
来ていただけるならいつでも!(呼ぶ気満々)
鍵コメさんのところまで行くのは遠すぎます…。

早速ですが8日のお山練はどうですか?
って、雨予報なんですよね。
鍵コメさんは改めて坂練しなくてもウチと同じで周りは坂ばかりなのかしら。
一緒に走れる日を・・・の前に、ちゃんと会話できる日を楽しみにしています。(*^^*)


2017/04/03 (Mon) 22:49 | さくら #- | URL | 編集
しょうさんへ♪

自転車のウエアだったので、高知の時の!と思いましたが、やはりそうだったのですね!
隣って、そっちの隣とは思いもしませんでした。
お互い平地を探すのに苦労しますよね。笑

わたしたちはゴール後すぐに閉会式だったので豚汁をもらって体育館へ移動。
寒い寒いと震えながら体育館で豚汁を食べながら表彰式を見ていました。
ぽっぽ温泉は混んでましたか???

わたし、人の顔を覚えるのが苦手で、着替えたらもうわからなくなってしまうのですが
そもそもしょうさんのことは始めからお顔は分かっていないんですよね。(^^ゞ
高知で見たのも背中だったし。
今度ゆっくりお会いできるのを楽しみにしています。
坂は慣れているかと思いますが、8日の坂練もぜひ。(*^^*)

2017/04/03 (Mon) 22:57 | さくら #- | URL | 編集
spicaさんへ♪

spicaさん計測スタッフのお仕事お疲れ様でした。
そしてお世話になりました。

お話したいことがいろいろあったのですが、お仕事の邪魔をしてはいけないと思って控えました。
スタッフとしてじっと立っているのも大変ですよね。
無事に時間内に帰れてよかったです。

次はどこでお会いできるかな?
再会を楽しみにしています。(*^^*)

2017/04/03 (Mon) 23:07 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する