レースブルー?鉛の身体



師匠から出された指令は、ビルドアップ。
6'25 → 6'13 → 5'55 各5㎞の合計15㎞

結果は時計の通り。

鉛の身体の日でした。
これ、走り出すまで全くわからず、自分でもどう対応すればいいのやら。
久万高原マラソンでは走っても走っても前に進まずハーフマラソンで2時間55分という記録を出しましたが、
高知龍馬マラソンが、こんな日に当たったらどうなってしまうのでしょうか?

女性特有のバイオリズムが原因というわけでもなさそうで、皆目見当がつきません。

こんな日だったらペーサーは必要ないのですが師匠もわたしと同じDブロック。
今さら師匠に、「ガチでどうぞ」というわけにもいかず。

とりあえず元同さんと一緒だったのでどうにか10㎞は走りましたが、1人だったら3㎞で止めていたと思います。
明日リベンジしようかなぁ…。

愛媛マラソンを1週間後に控えた元同さん、
今日の変なジョギングに付き合わせてしまい大丈夫だったかしら。
午後はお互い予定があるので、走り終えたらさっさとバイバイ。

う~ん。暗雲もくもくです。
鉛の身体はいらないので、鉛さんさようなら。


いただきました。(°▽°)
これホントにかぶるんですか???

午後は歯医者さんとゼビオ。
ポンチョ買いにいってきます。



応援ありがとうございます。(o^^o)

にほんブログ村









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する