予定外コース18km

仕事はそれなりに終え、19時前から走りたいモード。
社内ランの相方さんは、まだまだ仕事が山盛りのようで。

そろそろ走ろうかと言い始めたころ お客様にサンプル(封筒サイズ)を送るとのことで、
じゃあ今日はいつもとコースを変えて某運送業者さんまで走って行こう!と。
「近すぎませんか?」 と距離を測ると2kmちょっと。
さすがに往復5kmでは走った気にならないので、追加でどこに行きますか???と。

そして、やっぱり運送便は止めにして、郵便で送ることに。
ということで行先は、松山中央郵便局に決定!

郵便局までの距離は、わたし 「5~6km」 ラン相方さん 『7~8km』
「じゃあ6.5kmまでならわたしの勝ちですよ!」 って・・・ここで勝負して何の意味がある?
グーグルマップによると、片道8km

ということで、本日の行先は松山中央郵便局♬

1228-1.jpg
サンプルの郵便物を手に持ち(← もちろん相方さんが)、会社を出て、11号線経由。
車では時々走りますが、まさか自分が走って通ることになろうとは。
大きな交差点では、車の道と歩行者の道が違うところも多々。
意外なところ地下道があったり、へぇ~。

信号は時計を一時停止。
歩行者がいて減速したり、道路の凸凹があったり、いつものコースよりは走りづらいものの
体調というか、脚の具合や呼吸の感じではすごく快調!

なんたってこういうコースなので、ラップにばらつきはありますが
順調に走っているときは6'00/kmあたり。
わたしより速い人と一緒に走っているので、引っ張ってもらっているとはいえ。
街へ向いていくとゆるい下りなので、それでかな?と思いましたが、帰りも好調。

帰りは、違う道にしましょう♬ というわたしの提案を快く受け入れてくれた相方さん。
はなみずきに行くと遠回りですが走りやすいので、はなみずき通りへ。
そのあたりから赤信号を心待ちにし 『脚に来た。疲れた。』 を繰り返す相方さん。
昨日ジムのトレッドミルでしっかり走って昨日の疲れがあるそうで。
せっかくわたしが気持ちよく走っているのに~!ということで、わたしはスピードを落とすことなく。

高速道路の側道を走るときは、車が通らない側を。
わたしが前を走っている時(2人で走るようになってから初めてかな)、
わたしが道に迷って・・・というか勘違いをして変なところへ迷い込み、狭い狭いところを歩いて通過。
その時のラップは 7分を越えてしまいましたが、それ以外はとにかく快調!

走り慣れない道路で、夜道で暗くて(ヘッドライト装着)、このところ激務で睡眠時間も短めだというのに
この快調っぷりは何???
25日の強風土手ランの効果???

1228-2.jpg
16km以上も走るのに、スタートが 20:15 とは。

時間が遅すぎたのか、さすがに年末だからなのか、
走っているランナーさんはかなり少なかったです。

今日の開始時気温は2度。
仕事の時に着ていた半袖ヒートテックと綿の長袖シャツ、その上にウインドブレーカー。
下はジャージに履き替えて、ネックウォーマー+厚手の手袋も。

走り出すと温まるので、ネックウォーマーは余分でしたが
外しても邪魔なだけなのでつけっぱなしで。

しっかり汗をかきましたが、給水はせず。
1000円札一枚だけポケットに忍ばせていましたが、出番は無し。

飲み屋街の二番町を通り、大街道を横断し、銀天街のほんの一部、
こんなコースをジャージにヘッドライトで疾走する日が来るなんて・・・。

走り慣れない道、信号多い、地下道2回、しかも夜道、一度は迷子になり
この悪条件で、18km走った結果は 6'06/km

すごい~~~!!! (自画自賛)


保留伝票がみるみる減っていき、心も軽くなると走りまで軽くなるのか???

明日は午前中は仕事、午後から大掃除で仕事納めです。
明日も頑張りますっ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


キーレスエントリーの怪

わたしの車はキーレスエントリーです。
走るときは、車の鍵をポケットに。

今日、いつものように車で着替えて、走りだそうとしたら車の鍵がない。
その時点で車が動いているのだから、車内にあるはず。

① 普段のバッグ
② お弁当を入れる小型トート
③ ラン用着替え(ロード用)
④ ラン用着替え(ジム用)

その4つの袋をくまなく探しても鍵が見当たらず。
車は暗い社員駐車場から、明るい会社構内へ移動させていましたのでもうロックしないままに出発。
会社構内なら、窃盗被害に遭うこともないでしょうし。

ラン終了後、改めて車の鍵 大捜索再開。
「鍵がないっっ」
『どうしても見つからないなら、自宅まで送ろうか?』
「車は動くのだから鍵はどこかにあるんですけど。」

バッグを一つずつ社外に出しても警告音ならず。
つまり鍵は今も車の中に。
不思議だ~。




応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する