ジム初体験

昨日はブログ更新出来ず。
帰宅が遅く、諸々でぐったり疲れて寝てしまいました。

20時すぎまで残業。
土曜日納期の大きな仕事は、とりあえず無事に出荷を終えました。
あとは大量の伝票と格闘が待っていますが、まずは出荷出来たのでホッ。

一緒に走る人(表現が面倒なので今日から相方さんと呼びます。)は、
なんだかとってものらりくらり。
まさかまたサボるつもりでは!?
「今日は走りますよ!一週間に一度も走らないなんて許されませんよ!」
『走るけど長くは無理…』
もぅ!!

わたしは外のいつものコースを走りたいのですが、
相方さんは どうしても億劫なようで 『ジム行かん?』 (ジムに行こうよ。の意味)

わたしは寒さ対策ばっちりの準備をしているし、雨ではないのだから外でいいじゃん!!
と思いましたが、強く言うと 『じゃあ止めよ?』 となりそうなので、しぶしぶジム承諾。

でも、わたしはジムに行く準備がない。
シャツはミズノの汗を熱にかえる(?)とかいうウィンタースポーツ用厚手の防寒ウェアだし
下は裏地付き、しっかり長いの。
バスタオルなんて持ってないし、なによりブラがないない!

レース中にしていないのは何度も書いていますが、普段もしていません。
重ね着時期は要らない。
それが突然ジムなんて。

ジムとわかっていたらブラと半袖シャツ、下は七分丈のエアパンでバスタオルとトリートメント用意したのに。

で。
まずは着替え終わるまでに右往左往。
着替え中の方にロッカーの使い方を聞いて、
外靴を脱ぐのはすぐ分かりますが、上靴はどこで履いて、どこは素足なのかウロウロ。

やっとのことでトレーニングの場所へたどり着き、まずはトレッドミル。
薄着の人が多い中、汗ダラダラで頑張りました。
速度は、8.0と9.0で合計6km

それから相方さんがスタジオレッスンに行くというので、物は試しとついて行くことに。
途中離脱OKというのを確認してから。
キックボクシングのようなトレーニング。

全く初めての世界で、身体が全くついていかず。
耳で聞いて、脳が反応して、身体に指令を送って身体が反応した頃には皆さんは次のステップへ。
えへっ。

もちろん端っこの隅っこを陣取りましたが、わたしの後ろには60代と思われる女性も。
そうか、思い思いのスタイルでやればいいのね。
インストラクターさんの完全な真似をしようと思わなくてもいいのね。
(もちろんできるわけもないけれど)

早い段階でわたしには無理だと悟ったので、出来る範囲で頑張りました。
テンポが激しくズレているのは気にしない。
腕と脚でそれぞれの動きがありますが、どちらかだけになっても気にしない。
蹴りの高さが全く違っていても気にしない。

45分コースと60分コースがあるらしく、わたしたちが行ったのは60分コース。
初体験でいきなり60分っ!?と思いましたが、楽々こなせました。
だって本気でやってないから。本気でやりたくてもついていけないから。

そうはいっても翌日筋肉痛になるかな?と思いましたが、なんともなく。
今日もピンピン元気です。
いかにトレーニングになっていないかということだな。(泣)
本気でやれば相当しんどいはずなのに。

後半に、個々にマットを敷いて腹筋メニューがあり、一応頑張ろうと試みたのですが無理でした。
身体が動かない。
ということで、しばしの休憩タイムに。笑

60分、いろんなことに気付いた初レッスン、それなりに楽しかったです。
そのあと、走るのはもういいという相方さんに 「わたしはせめて10kmは走りたいからあと4km走る。」

トレッドミル再び。
でもスタジオレッスン(というのかな?)が響いて、疲れたので2kmで終了。
走った距離という点では、トレミで8kmだけですが、すごく汗をかいたし、
たまにはこういうのでもいいか。

で~も~
こういうのに慣れてしまうと、寒い夜に外に走りに行くのが億劫になる。
こんな贅沢はしちゃだめだわ・・・

早速HPを調べてみましたら、平日夜だけのコースだと意外と安い。
でも21時~。
今なら残業が多いので、それでも大丈夫ですが、さすがに年中こういう状態ではないので
というか11月半ば~12月いっぱいだけ特別忙しい(さらに今年は慣れておらず手際が悪い)だけなので
18時に仕事を終えて、帰りにジム・・・となると、やはりお高い会費が。

お風呂も入れると考えれば、悩めるところではありますが
とりあえずは地道にそこら辺の道を走ろうっと。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


それにしてもわたしは格闘技には全く興味がなく、というかあまり好きではなく。
ボクシングなんて全く未知の世界だし、空手?ムエタイ? なんなのそれ???

そして 「アッパー」 「エルボー」 とか言われてもさっぱりわからず。
これは格闘技うんぬんの問題なのか、それも語学力の問題なのかわかりませんが
そういえば、アッパーとは、飛行機の747型機(通称ジャンボ)の二階席のことを 「アッパー」 というわ。
「エルボー」 は肘。 「フック」 は???


またあのトレーニングをすることはあるかしら。
相方さんは本当はロードよりジム派なので、また行くことがあればぜひもう一度参加して
再チャレンジしてみたいと思います。

そのあとお風呂に入って、大きなお風呂は気持ちいい。
お湯自体は単なる水道水だとしても、大きなお風呂で手足を伸ばしてゆっくり浸かると温泉効果ありあり。
水道水でも気分は温泉なので、脳は「温泉気持ちいい~」

女子の方がお風呂が長いイメージがありますし、髪を乾かす時間も必要なので
はやめにお風呂から上がって、フロントへ。
相方さんは、まだでした。

今回はわたしが初潜入だったので、車は別だったものの終始一緒にいましたが、
次回からは一人でも大丈夫。
一緒に走る日がロードではなくジムになったら、仕事が先に終わるわたしが先に行っていて
トレーニングが終わったら解散して好きなだけお風呂に入って帰るというのもアリだな。
と、なんだかんだいってまたジムに行く気満々なのがバレバレ?


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ということで、いつもブログを書きながらいろいろと検索していますが
本日の検索お題は・・・ 
相棒と相方の違い (わたしが参考にしたのはこちら
肘を英語で 
ボクシング アッパー フック (こちら

一緒に走っている今の会社の人の呼び名が一定しておらず、書きづらかったので
分かりやすく決めよう!と思いましたが、「相棒」か「相方」か。
相方というと、恋人的ニュアンスかとおもっていましたが、

【片方が欠けたら籠が担げない】 のが 「相棒」 で
【それぞれが一応独立している】 のが 「相方」 とのことなので、相方を採用。

ということで、明日は相方さんに誘われたランイベント。
誘われたのでテキトーにOKしたら (というか、拒否しなければOKの合図とみなされる) 一緒にエントリー。
先ほど調べたら・・・片道30kmある。遠っっ!!!

走る前に頑張って運転しなくては。
お城より北のほうって、行き慣れないから怖い。
道に迷う心配はないものの、車線が変わったりするのが慣れないとドキドキ。

今日は午前中に美容院。
これから久々の女子会~! 2人ですが。
またランネタに花を咲かせてきます。



にほんブログ村

にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する