リハビリ卒業

今日は診察&リハビリでした。
そして診察の結果、今日で卒業。
担当の理学療法士さんと、4月にデビューホヤホヤだった新人理学療法士さんに
しっかり挨拶をしておきました。

本当に “ 命の ” というには大げさかもしれませんが、“ 恩人 ”

3月31日に事故に遭い、いくつかの病院を周り廻って4月26日に総合病院を受診。
午前の検査と診察が長引いて、リハビリ室にたどり着いたのは12時を少し回ったころでした。

理学療法士さんも患者さんもおらず、ガラガラの広い広いリハビリ室で、歩くのもままならない脚で
初対面の理学療法士さんに 「11月におかやまマラソンを走ります!」 と宣言。
すると理学療法士さんも 『治す自信があります!!!』 と宣言してくれました。
(4月26日の記事はこちら ・ 4月27日の記事はこちら です。)

あの日からちょうど4か月。
事故から5か月。

わたしの「治す」という意志と、理学療法士さんの熱意が合わさってこその結果だと思いますが
ほんとうにここまで治ってよかった。
心の底から あの病院・あの理学療法士さんのおかげだと思います。

今日のリハビリ中、この4ヶ月の思い出話もしつつ、お礼を言ったのですが
悲しいのは(?)、「また来ますね♪」 と言えないこと。
理学療法士さんは 『また何かあれば来てくださいね。』 と言ってくださいましたが
いえいえ二度と行くものですか。もう事故に遭ったり、走って故障なんてしたくないもの!!!
走っていて膝を痛めたというのはともかく、また事故に遭って救急車で運ばれるのは勘弁。


最初の事故直後の救急病院から、今回お世話になった総合病院にたどり着くまでが
ものすごく大変で、大事な初期に適切な治療を受けられなかったせいで
治療が長引いて予後が悪くなってしまいましたが、
全てのことを結果的に考えたら、これでよかったのかも。

車にはねられたことは決して「よいこと」ではありませんが、
転職なども含め全てがそういう運命というか、見えないレールが敷かれていたのかも。

前回、『次が最後なのでウルウルしますかね~?』と理学療法士さんから言われましたが
今日はウルウルすることもなく、元気にサヨウナラ。
心の中では感謝と感激の涙で号泣でしたが。


会計書類に理学療法士さんのサインをして返してもらうのですが、
いままでは毎回 「次回予約表」 がセットになっていました。
当初の毎日通院の頃も、必ず 「次回予約表」 が。

そして今日は 『次回予約表はありませんっ。』


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ブログを読んでくださる方には通じていると思いますが、
わたしはリハビリに通うのが楽しみでした。

事故のあと、この総合病院に行きはじめるまでは、家の中の移動すら不自由で
自室は2階、台所もトイレもお風呂も1階で、本当に苦労していて
さらにリハビリ以外ひここもりで、その時に通っていた病院に不信感を抱きまくり。

「長くて暗いトンネルの中」 どころか、行先も見当たらない月明かりすらない砂漠に放り出された感じ。
打撲は痛いし、膝は痛いし、精神的には凹むし、散々な日々でしたが
総合病院に行きはじめてからは、曲げる角度が深くなったり、歩きやすくなったり、
日に日に目に見えて回復し、いろんなリハビリがあって新鮮で。

周りにも事故やスポーツの怪我から回復を目指している人、
病気からの回復を目指している人、パズルや輪投げを頑張るお年寄りなど
とにかくリハビリ室にいるみんなが、理学・作業・言語療法士さんと共に【頑張っている】人たち。
稀に、頑張りたくないと駄々をこねる方もいましたが、それもまた違う意味で新鮮で。

明るく広いリハビリルームで、それぞれが頑張っていて。
もちろんわたしも頑張って。

4月~5月のリハビリは本当に大変でした。
固まってしまって曲がらない膝を、少しずつ少しずつ曲げていき、今では正座が出来るように。
(今も1日に1回は正座をしています。これだけはするように言われています。)

GWからずっと半袖で通いましたが、それでも毎回汗をかくほどのリハビリ。
今みたいに激しい筋トレとか、エアロバイクではなく、
ベッドの上で膝の曲げ伸ばしだけで、痛みに耐えることで、びっしょり汗をかいていて。

少し良くなってエアロバイクをするようになってからは、他の患者さんと交流が広がり
脚はリハビリをしながら、口はお喋りということも多々。
入院患者さんは外界との接触が少ないので、よく話しかけられて、それから話が盛り上がったり、
エレベーターや外来の場で会った時にまたお話したり。
入院と外来の違いはあれど、「戦友」。

その楽しみも今日で終わり。
喜ぶべきことですが、本音は ちょっと寂しいです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


ということで、保険屋さんから電話が入っていたので、病院終了後に電話。
今日で終了したので、これから示談に入るとのことですが
何度か書いているように、わたしの場合は横断歩道を渡っている時に車にはねられるという
100%相手の過失なので、相手の保険屋さんとわたし個人の話だそうで。

9月末に病院から保険屋さんに診断書が届くので、示談書が出来るのが10月半ばとのこと。
揉める気はありませんが、こちらはまだまだ時間がかかりそうです。

ついでに。
事故で欠勤・休職の期間の休業補償ですが、
「手取り額」 が補償されると完全に勘違いしていましたが、「総支給額」 でした。
そういえば4月5月の保険年金は、天引きする元の給料がないため、
わたしが持ち出しで払っているのだから、そういうことか。
幸い、過去に大きな事故に遭ったことがなく、知らないことがたくさん。

なにはともあれ、事故に遭った事もリハビリも大変でしたが、
いま、こうして走れるようになってよかったです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


午後から出勤。
今日は木曜日で社内の人と走る日でしたが、その結果は明日のブログで。

上司が別人になっていました!



大阪では経験がありますが、走っていて踏切で止められるという、こちらで初体験!
やっと8月の走行距離が100kmを越えました。
月間150kmは無理っぽいですが、走れるところまで走ります。

応援ありがとうございます。(*^^*)

にほんブログ村

にほんブログ村
20代後半の先輩と年齢差を感じる毎日ですが、今日は 「閻魔帳」 が通じませんでした。(*_*)



関連記事
スポンサーサイト
Category: さくら日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する