エイプリルフールですが真実です。

昨夜の出勤時、横断歩道を歩いて渡っていて、車にはねられました。

全く無防備な状態で軽自動車に。
横断歩道ですよ???
こちら生身の人間ですよ???

いくら軽自動車とはいえ、戦って勝てるはずもなくあっさり敗北。
事故の過失割合は10:0なのに、痛い思いをしているのはわたしだけ。

さしていた傘はバキバキで使用不能で、かけていたメガネは飛ばされていましたが、
事故の直後は意外と大丈夫で、普通に歩けていました。
※ 歩きスマホはしていません。

警察を【わたしが】呼んで、双方の連絡先交換などしているうちに脚が痛み始め
『救急車を呼ぶ?』という警察官の話をお断りし、駆けつけてくれた会社の人の車で救急病院へ。

幸い骨は異常ないもの、時間と共に痛みは増す一方で、全く普通に歩ける状態ではなく。
右から跳ねられて左に飛んだので、右膝が痛くて痛くて、左側はあちこち打撲。
とにかく右膝が痛くて、今日改めて今後通う近くの整形外科に行ってきました。


今朝の左ひじ

救急病院の若い医師いわく
『これだけ肘を打っているということは、頭は打ってなさそうですね。若いから防御出来たのですね。』 と。
“ 若いから ” という言葉に一番反応してしまいました。 45歳ですが。


この身体で歩き回る肉体労働ができるはずもなく、今日からとりあえず5日は仕事を休みます。
今日はあちらこちらの電話対応に追われていましたが、やっと午後からゆっくり寝ることができました。

体中のあちらこちらが痛いので、寝返りもできずなかなかきつい状態ですが、
車と生身の人間の事故の割には軽い方だと言われ
このくらいで済んでよかったと思うしかなさそうです。

横断歩道を徒歩で渡っていて跳ねられるという信じられない事故ですが、
これがすべて【エイプリルフールだよ!】だったらどれだけありがたいか。
悲しいかな全て真実です。

会社では安全教育担当で無事故無労災の教育担当者なのに自らが事故に遭ってしまいました。
勤務中の通勤災害(第三者行為)なのと、10:0の被害者なので特にわたしが責められる事は無いのですが
それでも痛い思いをしているのはわたしですし、会社にも多大な迷惑をかけてしまい、凹んでいます。

まともに歩けない状態で、この先いつになったら走れるようになるのかは皆目見当がつかず。
仕事ができるようになっても、ちゃんとフルマラソンを走れるようになるのかは現時点では全く想像がつかないのですが、
時間が経てば治るとのことなのでゆっくり待ちたいと思います。

次のレースは5月3日の朝霧湖ハーフですが、さすがに厳しいかな。
昨夜の救急病院でも今日のかかりつけ整形外科でも、さすがにジョギングに関しては聞けず。

まずは普通に歩けるように、そして歩き回る仕事ができるように回復を目指します。
時間が経てば治るとのことなのでゆっくり治したいと思います。
しばらくは全く走れませんが、ジョギングカテゴリーに居座り続けて毎日更新は続けます。

昨夜、事故の後どうしてもしておかなければならない月末処理があったので仕事に戻ったのですが
(もちろん座って出来る仕事のみ)
皆さんから 『大丈夫?』 と聞かれました。
その返事は一体どうすればいいのでしょうね?

車にはねられてこの程度で済んだと思えば充分大丈夫な範囲なのかもしれませんが、
わたしにとっては全く大丈夫ではないわけで。

「命は大丈夫!!!」 「口(喋るの)も大丈夫!」 と笑顔で返事。

先方さんの誠意の無さに失望したり
全く無防備な状態で跳ねられるという恐怖を思い出したり
(車は無傷なので、急ブレーキをかけたものの止まりきれなかった減速中のようで
実際は飛んだわけではなさそうですが)
しばらく仕事を休んで回復に努めたいと思います。

布団の中からiPhoneで、主に音声入力での更新でした。
上半身は強打した左肘以外ほぼ大丈夫なのですが、下半身があちこち痛くて
しばらくは布団の中でiPhoneがお友達になりそうです。


応援ありがとうございます。(*^_^*)

にほんブログ村

にほんブログ村

会社にて。
『さくらさん、脚 どうしたの?』
「 車に跳ねられました。」
『は?』

皆さん目を丸くして驚いて固まるのが同じすぎて笑えます。
「そこの横断歩道で。」 と会社の目の前の横断歩道を指さすとさらに驚かれますが。

関連記事
スポンサーサイト
Category: さくら日記

コメント

えーっ!!
大変でしたね。
骨に異常がなかったのが不幸中の幸いか…。
いや、はねられたんだから、幸いじゃないですね。
すみません。
一日も早い回復を祈ってます。
無理なさらないでくださいね。
お大事に。

2016/04/01 (Fri) 19:08 | おっとー #- | URL | 編集
No title

大変な目に遭われたようですね。
事故後だいぶ経ってから症状が出るかもしれません。
出来るだけお大事になさって下さい。
一日も早い回復をお祈り申し上げます。

2016/04/01 (Fri) 20:15 | たがやいち #- | URL | 編集

えっ!? 不幸中の幸いというか。。。
いやいや間違いなく不幸なんですが、ブログアップ出来る元気があることが良かった~いやいや事故良いはずは無いんですが何というか。
無理せずじっくり治して下さい><

2016/04/01 (Fri) 21:04 | いふっち #- | URL | 編集
こんばんは

災難でしたね。
相手方の対応も残念で
(100%相手の過失なのにどういうこと!?)
本当にお気の毒です。
事故を思い出すと恐怖感がフラッシュバックするでしょうし
あちこちがとても痛いと思います。
仕事も気がかりだろうけど無理をしないでゆっくりしてくださいね。

事故を知った時、瞬時に理解できず何度も読み返しました。びっくりしたけれど、さくらさんはもっとびっくりですよね。

命があって本当によかった、心からそう思います。おだいじに。

2016/04/01 (Fri) 22:39 | canteen #- | URL | 編集
No title

本当に災難でしたね。
ひと眠りしたら痛む場所が増えたのではないですか?
頭とか痛くないですか?

仕事はお休みできるとのことなので
無理せずゆっくり安静にして早く良くなって下さいね


2016/04/01 (Fri) 23:55 | みおた #- | URL | 編集
皆さまへ♪

まとめてのお返事で失礼します。
鍵を含めコメントくださった皆様、心配していただきありがとうございます。

わたし自身、車を運転していての事故はごく軽いものばかりですが3回経験していますが、
(そのうち2回は警察すら呼ばず、その場で終結)
双方怪我をしたことはなくて。

1号も2号も交通事故に遭ったことはありますが2号が一度だけ救急車で運ばれただけで
それ以外の大きな事故は経験がなく。

「歩行中に横断歩道で跳ねられる。」という信じられない事故…
いまだにどこか他人事というか、自分の身に起きたこととして捉えられない感じもあります。

右膝がすごく痛くて、まずは普通に歩けるようになって仕事復帰しなくては!と思いますが
やはり、フルマラソンを走れるように元に戻るのかという不安も。
「日常生活に支障のない程度まで回復」したとしてもわずかでも後遺症が残ったら
フルマラソンを走れなくなりますものね。
でも骨折もなく入院もしていないのだからやはり不幸中の幸いなのかな。

5月3日の朝霧湖は走れるのかなぁ・・・。
もちろん無理して強行出場はしませんが、師匠が行くからわたしは応援にだけでも行こうかなと。
な~んてあと一ヶ月ありますから、バッチリ完治してバリバリ走ってるかも。

日々の練習で走るのは嫌いと公言していますが、
走れないとなると、走りたいなぁと思います。
わがまますぎますね、わたし。

相手の方への不満、相当積もり積もっていますがいつかどこかにこっそり書きます。
10 : 0の過失割合でわたしが怪我しているのにその態度???と、ありえないです。

とりあえずじっとしていれば痛くないので、のんびり治します。
コメントありがとうございました。(*^^*)

 

2016/04/02 (Sat) 17:03 | さくら #- | URL | 編集
No title

おはようございますm(__)m

大変でしたね。以前の勤務先の自転車の先生(クロスバイクで、しまなみ街道走行)も 家のそばの横断歩道を散歩中に渡ってたら 近所の軽トラに はねられて 重体(新聞にも載りました)

半年くらい掛って 復帰されましたが以前は、出荷係だったので
トラックに乗ったりされてたんですが、運転はしばらく控えられてました。
もちろん自転車も 前より乗る回数が減ったと。
事故前は 太り気味でしたが、復帰後は 痩せた感じでした。
事故の事を 根掘り葉掘り 年上の方に聞けませんので。処理はどうなったか?です。

私も原付で走行してたら 左折車に巻き込まれて、右手親指や関節が
打撲(骨折せずで良かったんですが)、リハビリ通院してましたが
やっぱり 対応が悪かったです。

たまらんなって 相手の留守電に「忙しいの判るけど 保険会社にまかせっきりでも
構わんけど 一言くらい その後どうですか?くらい有ってもエエんじゃないん」と
入れました。

そうしたら 数日後に連絡有りましたが。

お大事にされて下さいね。

2016/04/03 (Sun) 08:03 | みたらし団子 #PVNQBMzQ | URL | 編集
みたらし団子さんへ♪

どんなに忙しくても、当日の夜なり翌朝なりに電話一本入れるのが
人としての当たり前じゃないんですかね。
人それぞれ常識は違うんですね。

わたしの相手も、電話一本ありませんでした。

保険会社さんに「いまだに電話一本ありません」と翌日の昼前に伝えたら
『今から電話させます』って。
電話しろと言われて渋々かけてきた見舞いの電話なんて不愉快なだけでした。

2016/04/04 (Mon) 12:54 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する