またさくら日記

天気が崩れるせいとはいえ、異常な暖かさが不気味。

昨夜の仕事は暑くて暑くて大変でした。
でも、若い方の後輩くんと協力して仕事自体はうまくいったと思われ。

やっぱり人間は 「鏡」
昨夜から今朝の仕事は、若い後輩くんとペアでしたが
遅番のわたしのほうが負担が大きくなる(仕事量が多い)と思っていました。
なので、昨日のうちに後輩くんから協力を申し出てくれていて。

そしてふたを開けてみると、後輩くんのほうが仕事が多くなっていて。
早番の後輩くんと遅番のわたしで一応の仕事の振り分けはありますが
両方を協力し合って、うまくまとめられたと。

こうして終わると、どんなに仕事が大変でも身体の疲れだけで済むわけで。

仕事の人間関係で疲れることはかなりありますが
息子と同じ年の後輩くんに助けられることも多々。

10年後・・・
後輩くん30歳あたり、わたし55歳、立場が逆転しているかなあ。

20年後・・・
後輩くん40歳あたり、わたし65歳、立場が逆転し後輩くんはどんな役職になっているかな。
わたしは65歳までは確実に働いていると思いますが、いったい何歳まで働けばいいのやら。

というか、もしかしてここに「会社があるのか?」 という心配、必要???
怖っ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


夜勤を終えてam10時に就寝。
16時まではぐっすり眠るつもりが14時すぎに目が覚めたので起きて食事。

ポテトサラダを作っていたので、フランスパンの中身をくりぬいてポテトサラダを詰め
「ポテサラフランスパン」
ポテトサラダを作った時は必ず翌日はこれ。

びわ湖毎日マラソンの38kmあたりからテレビを見ながら、
手に汗握りながら美味しくいただきました。

わたしは料理が大嫌いで、つまり作ってもあまりおいしくなくて
最近は1号2号も家で食べないことが多いし、父はいないし
もう母とわたしだけだったらお茶漬けでもお漬物でもいいし・・・ということが多いのですが
1号が家を出るまであと少しなので、せめて1日1品くらいは何か作ろうと思っています。
そして1号は相変わらず家におらず、家で食事をせず。
もぉっ。

結婚していたときは、仕事も今ほど忙しくなく (短時間のパート勤務でした) 
一応それなりに料理はしていましたが、もともとが好きではないので
子どもたちに 「おふくろの味」 は伝えられていません。
あと半月ほど、食事作りどうしよう???

そして1号の新生活(の食生活)には、いったい何が必要なのか???
料理はしないと宣言している1号
とりあえずフライパンと包丁・まな板だけは買いましたが、調味料は?

料理をしないと宣言している男の子の独り暮らし。
「砂糖・塩・コショウ・マヨネーズ」 があればいいっか?
まさか料理酒やみりんまでは要らないでしょうし。味噌も要らない。
もしもわたしが独り暮らしだったら・・・いくら料理が嫌いでも料理酒と味噌くらいは要るかなぁ。


°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


職場で会えば話す違う部署の女性。
息子さんが1号と同い年で、自宅から大学に通っているということで意気投合しました。

職場で仕事の合間や休憩中に少し話すだけの関係なので詳しい背景は知らないのですが
母子家庭なのかなという感じで。

たまに会えば息子の話ばかりなのですが
何か月も前に、うちが就職で家を出ることをいうと、その方は 「うちは6年制だからまだ学生」 と。

1号が家を出るので寂しいことをいうと、その方は 『わかる~!!!わたしなら仕事を辞めてついて行く~!!!』 と。
あ・・・わたし、ついて行くなんて言ったら怒られるな。

昨夜も会ったのですが、わたしの顔を見るなり 『もう行ったの???』 と。
それ、3月30日くらいに言われたら、泣きます。
4月半ばまでは職場では息子のことに触れないで~。

1号のことに関して、『溺愛しすぎてイタイ』 という意見あり、『わかる!』 という意見あり
そして 『改めて親の気持ちを考える』 というコメントあり。

もうしばらく1号ネタが続きますがよろしければお付き合いくださいませ。
付き合ってられるか~!という方は、がっつりスクロールなり、翌日出直すなり・・・お願いします。
呆れかえって読んでられないわ・・・という方は、ここまでたどり着いていないですね。

3.19-1.jpg
2007年撮影

MA320406_20111019080452.jpg
2011年撮影

120814_0958~01
2012年撮影
1号とはいい感じの兄と妹です。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


走っていないので走ったネタがないのですが・・・
フルマラソン まとめのまとめ記事 は随時書き足していますので、よろしければ。(*^^*)



明日は10kmくらい走ろうかな。
明日か、明後日のどちらかは走ります。

応援ありがとうございます。(*^^*)


にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Category: さくら日記

コメント

こんにちは

長男が大学進学を期に家を出た時、私はそんなに淋しく思いませんでした。息子の所に遊びに行ける♪とむしろ嬉しかったほどで。
今も帰省は滅多にしないしメールや電話も余程の事(大抵お金求む、です)がない限りしてこないので、生存確認の為、たまに連絡を私の方からするくらい。その返信も「ok」とか「うん」とか数日後にしてきたりする親不孝者です^_^;
いつか「おかん、俺、結婚するわ」と突然言ってきそうです。
息子さんが結婚するとなるとこれまたさくらさんにとって大きなショックでしょうか。

2016/03/06 (Sun) 22:13 | canteen #- | URL | 編集
canteenさんへ♪

わたしと息子の間でいつも言うことは「母子家庭の母親と長男は仲良し」です。
1号の友だちも母子家庭の子が多くいますが、決まって母親と仲がいいです。

親からすると、夫がいないので息子が話し相手(時に相談相手)になるし
やはり何歳であれ、長男ってしっかり者だし
母子家庭だと子どもながらに「母さんを僕が支えなくちゃ守らなくちゃ」という意識が働くようで
親子でありながら、どこか対等というか、親が子を頼るというか・・・
もちろんすべての家庭が当てはまるわけではないでしょうが
「母子家庭の母親と長男の関係は特殊」・・・特殊と言ってしまうと大袈裟かな。

結婚は・・・
1号は結婚しないのではないかと。(1号が読んだら怒るかな。)
でも、結婚するなら祝福します。
いつも言っているのは「奨学金の借金があることを理解してくれる相手であること
そして、料理上手な人がいいよ!」 と。

ネット上では『結婚相手の親が肉体労働とか工場作業員だなんて信じられない、親がそんな仕事だったら別れる。』
なんていう文章も目にしますが、そう思う人とは結婚してほしくないですね。というか、別れられるでしょうが。

えっと…結婚してからの帰省は息子だけでいいよって言ったら怒られるかな。
わたし、義実家への帰省、苦手だったので、盆暮れの帰省はそれぞれの実家へ別れて帰ったのでいいのでは?
これ、コメント欄に書くことではないかぁ。

とにかく・・・奥様になる人は料理上手な人だったら安心です。
それとわたしは絶対に同居したくないです。
口は出すけど金は出さない最悪の姑になるのは確実なので、見えないところで離れて暮らします。
な~んて本当はスープは冷めてもいいけど、日帰りで行き来できるところがいいですね。
大阪は・・・ちょっと遠い。

 



2016/03/07 (Mon) 17:06 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する