お雛祭り

【会社で。その1】

別の部署の人同士の会話 『子どもが38度の熱が出てて~』
おもわず息を止めました。
本当に呼吸を停止。

だからってどうなるものでもないでしょうけど。
子どもさんがインフルだったとして、その人にもうつっていたとしたら?

【会社で。その2】

別の部署の人がとあるミスをしました。
うちの部署、大迷惑。
 
その部署の現場責任者が 『ご迷惑をおかけしました。』 と謝罪してくれたので
「ホント迷惑ですよ~。」 と言っておきました。
嫌味なヤツ。 ←ワタシ
日頃からよく話す人で、同じ役職ですし、ホントっっ大迷惑だったので。

その後、実際の作業者の方が謝罪に来てくれました。
こういうパターンは珍しいのですが、こんな時はどう対応すればいいんでしょうね?
「いいですよ~。」 なんて言えるミスではないし、まさかわたしから注意とか指導するわけにいかないし。

少し離れた場所で頭を下げられたので、わたしも頭を下げておきました。
笑顔で 「いいですよ~。」 とか 「大丈夫ですよ~。」 なんていうのは無理。

わたしの人間が出来ていないということもありますが、
しかたないミスと、防げるミス絶対に防がねばならないミスがありますし。

【会社で。その3】

社内の自販機は社員証で支払いができます。
つまり給与天引き。

今朝、紙パックのジュースを買ったら、取り出し口に2個。
「ん?」

温かいのを買ったのですが、2個とも同じ温度のような、違うような???
自販機の故障で2個出てきたのかな?ラッキー♪と思いましたが
やはり2個目を無料でいただくわけにいかず、かといって1個でいいからと もう1個を放置しておくわけにいかず。

2個目の支払いどうしよう???
社員証で支払うのってどうすればいいんだろう???
しばらく考えて、やっと現金でもいいということに気づきロッカーに財布を取りに。
90円のジュースで、ちょうどがなかったので100円を貼り付けておきました。

あとでお釣りが10円戻ってくるのかな?
それとも自販機の故障だから100円全部返してくれたりして???

も・・・もしかして 前の人が購入したものの、取り出し忘れたものだったりして?
そんなことってあるのかしら?


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


今夜は仕事がお休みです。

師匠に走り方を聞いたところ、『SSD(笑)でいいから、とにかく走ること。』 
SSDというのは、わたしの造語でLSDならぬ、しょーと、すろー、でぃすたんす。

LSDが 「ゆっくりしたペースで、長時間、長距離を走るトレーニング」 なら
SSDは 「ゆっくり短めに走る・・・つまり走らないよりはマシなトレーニング」 かしら。

今日はSSDで、明日は10km 
が・・・がんばります。


※ このブログは走ることの初心者の方に多く読んでいただいているようですが
SSDということばはマラソン界・ジョギング界では通じないと思いますので使わないようお願いします。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


IMG_6716.jpg
1913年 昭和48年 わたし2歳

今日はお雛様。

わたしは次女だったため、家にあった5段飾りはずっと子供心に 「姉のもの」 だと思っていました。
「自分のお雛様」 が無かったことがずっと心残りで、
「わたしのお雛様が欲しい」 と言い続けていたら、大人になってから買ってもらえました。
うちの地方は月遅れでお雛祭りをするので、そろそろお雛様を出そうかな。

130224-2.jpg

BDvQkZhCYAAgA-c.jpg
こちら2枚は2013年に撮影。

m3.2-3.jpg
2007年 生後4か月の小梅。 可愛すぎ。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


おまけ
IMG_6717.jpg
1973年 昭和48年春 自宅
かろうじて写真はカラーですが、このテレビ・・・・・・・・・
このテレビのことはわたしの記憶には残っていないのですが、時代を物語っていますね。

そういえば、電話は2つあって、有線と公社と別れていました。
これって全国共通のこと???


さ。
とりあえず寝て、午後から走らねば。

「走れ~!」 と応援ぽち、お願いします。(*^^)

にほんブログ村

にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
Category: さくら日記

コメント

No title

小さい頃の写真は、思い出がいっぱいですね。

新居浜のフリーペーパーで、遊園地、行楽地(唐子浜、ニチイ新居浜店屋上、近鉄センター)の写真を
募集してたので、自宅から持ってきてたアルバムを 見てたら 白黒の写真(産まれた頃のです) 目頭が
熱くなって・・・。

明日は、母の病院に 洗濯物を届けて来ます。

2016/03/06 (Sun) 00:46 | みたらし団子 #PVNQBMzQ | URL | 編集
みたらし団子さんへ♪

母が丁寧にアルバムを整理してくれていたので嬉しいです。
「娘は嫁に行ってしまうから」と自宅用、姉用、わたし用、と3冊のアルバムを作っていて
わたしは出戻ってしまったというオチですが。(笑うトコですよ)

わたしも生後間もなくの写真は白黒でした。
わりとすぐにカラーになってましたけど。
裕福な暮らしではなかったはずですが、カメラは昔から母の趣味だったようです。
(高価なカメラというわけではなく、写真撮影が)

お母さま入院されているのですね。
温かくなってきましたし、一緒にお散歩もいいですね。
はやくよくなりますように。
  

2016/03/07 (Mon) 16:49 | さくら #- | URL | 編集
No title

こんばんはm(__)m 
赤木春江さん主演の映画「ペコロス 母に会いに行く」、認知症の母親と息子さんの映画です。

その映画と同じで、父が亡くなってから 被害妄想や物忘れが頻繁になり
グループホームに 入所してからも 時々 妄想を施設の職員さんに話したりしてました。

昨年の1月11日に 朝、顔を洗ってた時に 倒れて、施設より連絡が有り(普通、緊急事態は、救急車を
呼ぶべきだと思うのですが、夜勤の職員が、対応書類を読んでなかった為) 倒れてから私が施設に行った
時も 呂律が回ってない状態で、病院に連れて行き 「高血圧性脳内出血」の診断。

右側麻痺と言語障害の症状でした。

施設長が「今回は、職員の勉強不足でした。すみません」

そんな施設を 探して申し込んだ私がいけないと 凹んでました。

今は、リハビリ療養の病院に 入院してます。
いまも 父が来てたとか 言う時も有ります。

私が、出来る事は、洗濯物を 持って帰って洗って 届けるくらいしか
出来てません。

2016/03/13 (Sun) 20:54 | みたらし団子 #PVNQBMzQ | URL | 編集
みたらし団子さんへ♪

それは大変でしたね。
というか、現在進行形ですよね。
施設に問題があったとしても、ご自分を責める気持ち、わかります。

2号は介護の仕事をしています。
命にかかわる仕事なので責任は相当なものだと思います。
謝って済むことと済まないことってありますね。難しいです。

みたらし団子さんがお母さまにしていること、お母さまは嬉しいでしょうね。
うちの父は人工呼吸器をつけていたこともあり病院レンタルの病衣で
洗濯物もほとんどありませんでした。
母からすればそれすら寂しかったのかな~と。
せめてパジャマの洗濯したかったのかな~とふと思いました。
人工呼吸器をつけていたので会話もできず、後半は意識もあったりなかったりの父でしたが
母は一生懸命看病をしていました。
(実際のお世話はすべて病院でかなり手厚くしてくれていましたが。) 

もしも母がそうなったとき、わたしはそんな風に出来るだろうか?
最期を迎えたとき「できるだけのことはした!」と言い切れるほどの
お世話や看病が出来るだろうか・・・全く自信がないです。

みたらし団子さん、ご自身の仕事や生活もありますから"出来る範囲"で
いいのではないでしょうか。
お母さまも「自分を犠牲にしてまで尽くしてほしい」とは考えていないと思いますょ。

なんだかエラソーなお返事になってしまいました。m(__)m



2016/03/14 (Mon) 11:46 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する