汗見川清流マラソン【4】長文レポ

お待たせしました。レポです。(*^^*)

駐車場2
本山汗見川清流マラソンFacebookにあった画像。
大会数日前、早明浦ダムが放流されていて、500台収容の駐車場予定地がこの状態。

6km、10km、ハーフ合わせて 1163人がエントリーしていて、会場の隣の駐車場が・・・。
一時は台風直撃かと思われましたが、幸い台風は逸れてくれ。
でも、その前の台風での土砂崩れの有無や、この駐車場の使用可否等、本当に開催されるのか不安で不安で。

金曜日のお昼に発表ということで、電話番号の案内がありましたのでかけてみると
「 予定通り開催。駐車場が混むので乗り合わせて早目に。」 という自動案内が。

その案内だけではこの駐車場が使えるのかどうかわからず、
もしもここが使えなくて代替駐車場だとしたら相当な混雑が予想されるということで、早めに行くことに。

同じ会社の師匠はいつも早め早めに行動する人。
過去、『5時~5時半の間に迎えに行くね。』 だと、4:50には着いている人。(*^^*)
今回は、朝ごはんを一緒に食べてから行こうということで、午前3時出発。
四万十川桜マラソンですら、出発は午前3時でしたが。

午前3時に家を出て師匠と合流し、重信のジョイフルで朝ごはん。
朝霧湖の時に食べた ごぼ天うどんを食べる気満々だったのに、メニューが変わっていました。
でもしっかりおうどんを食べて、川内インターから高速にあがったのが4時過ぎ。
ちなみに、ジョイフルから師匠と解散するまで運転は全部師匠。
全行程288km・・・だったはず。

1 0455 IMG_5630
4:55 
2 0458 IMG_5632
4:58 高松道
運転しなくていいし、写真は撮れるし、助手席バンザイ♪

大豊インターで降り (ETC利用で2000円) 「本山汗見川清流マラソン」 の表示に従って左折。
目指すは14km先の早明浦ダム下の駐車場。
途中で右折してスタート地点を通ってから行くこともできますし、ひたすら直進でも行けるのですが
昨年は前者だったので、今年は後者を選択。
 
3 0607 IMG_5634
するとこんな景色が。
昨年のルートでは見ることが出来なかった景色。
(昨年の帰りはこちらのルートでしたが、後ろになるので見えていませんでした。)

3 IMG_5634
ダムって、すごく大きな建造物なのですね・・・。
このあたりにお住まいの方は、ダムが建設されていく様子をずっと見ていたのね・・・と。
今まで暮らしていたところがダムに沈んだという方もいらっしゃるでしょうし、走る前になんだかいろいろ考えていました。
画像左手に見えるカラフルな団地は、昨年ゴール前に見つけて嬉しくなった建物。
 
4 0612 IMG_5637
6:12 駐車場へ。
ここへ到着したとき、既に二台の車が居てわたしたちが三台目。
まだ駐車場整理の係の方すらいない時間ですが、昨年も来て並べ方を分かっているので、その通りに駐車。

6:40から受付開始なので、しばらく車で休んでから6:30頃に車を出て受付へ。
行った時にはまだ全体ミーティング中でしたが、終わり次第受付。
係の方がブルーシートを敷くのを他の参加者さんと一緒に手伝って、テントの下にシートを敷いて、陣地確保。
それから早過ぎるので一度車に戻って、師匠はお昼寝、わたしはブログを書いたり。

5 0709 IMG_5638
7:09 暑くなりそう~。
車は橋の下の日陰にとめられたので、エンジンをかけていなくても過ごせました。

車の中で勝負服に着替えて、いざ!

6 0816 IMG_5639
8:16 駐車場がいっぱいになってきました。

駐車場2
ほんの数日前は早明浦ダム放流でこんな感じだったのに。

7 0816 IMG_5641
吉野川に架かる橋を渡ったら、すぐ左手に会場。

朝ごはん第二弾のおにぎりを食べていると、何人かの方に声を掛けていただきました。
テントの陣地の場所もお知らせしていて、ウエアも公開していたとはいえ、
見つけてくださった方々ありがとうございました。(*^^*)

~ この先、オレンジの☆部分は私信です ~

☆ いつも一番に見つけてくださるRさん♪
今年も一番でしたね。
一年前が懐かしく思い出されました。
折返しでまだかなまだかな~と思っていましたが、わたしが速すぎたのですね。(^^ゞ
いつも笑顔で元気をもららえます。

☆ 次に見つけてくださったYさん♪
両師匠をご存知な唯一の方です。(*^^*)
ハイタッチ、すごいスピードで走っているはずなのに優しくてびっくりでした。
ゴール前にいてくださったのは嬉しかったです!!!

☆ MOさん♪
朝霧湖以来の再会、散々プレッシャーをかけてしまいましたね。
だって、目標としていましたもの。「負けません!」 は相当本気でした。
次は追われる立場になりますが、またしても 「負けませんよ!」 継続で。(*^^*)

☆ MRさん♪
師匠がお会いできるのを楽しみにしていました。
今回、レース中にもお話出来て、しばらく併走も出来て嬉しかったです。
もう少し一緒に走ろうかなとも思ったのですが、どうしても喋ってしまうし喋ると疲れるので
巻き込んだら悪いかな?というのもあって離れちゃいました。

☆ MKさん♪
ブログにコメントを頂いている方から話しかけられるのももちろん嬉しいのですが
そうでない方からの声掛けはさらに嬉しいです。
意外な接点、びっくりでした!

☆ 初対面のMさん♪
年齢不詳のMさん、可愛らしい方がいるな~と見てましたが、それがMさんだったとは。
しかもあんなに速いとは。
タイム、すごかったですね。そのお気持ち、ものすっごく共感できます!!!
ナンバーカード、羨ましいです♪

☆ SSさん♪
ゆっくり話せず失礼しました。
お顔もばっちり覚えましたので、またどこかで!
画になるタイム、すごいですね!



次々とわたしを見つけてくださる方とお話しながら、二度目の朝ご飯を食べたり準備をしたり。
昨年と同じ、会場への移動はクロックスで。
左足の薬指が弱点なので、ワセリンをたっぷりつけて、その上に100均の靴擦れ防止シートを貼ってから靴下。

ウェーブエアロ12 ワイド 7328-
シューズは、買ってから間がなく、履いて走るのが3回目という ミズノウェーブエアロ12
同じ会社の師匠がピンクの靴紐をプレゼントしてくれていたのですが、交換のタイミングが無く
“ 靴紐を交換して初めて走るのがレース ” というのは怖すぎるので、買った時のままの靴紐で。

8 0838 IMG_5642
8:38 暑そ~!!!

a1 0903 IMG_5644
お腹を出して走る予定だったのですが・・・
上の服にナンバーカードをつけると、なんたって丈が短いので胸元というか喉元までナンバーカードで
なんだか変な感じになったので、このように上下にまたがって付けました。

パンツの横の腰のあたりにつけようかとも思ったのですが、案内で 「必ず胸に」 と書いてあるし
後日オールスポーツの写真で見つけられないのは寂しいからと、この位置に。

a2 IMG_5651
このウエアを公開していたおかげで、走りながら声を掛けていただいた方も。

直前にお手洗いに行こうと、ナンバーカードの下は留めずにいましたが、スタート前はトイレが大混雑で行くのは諦め。
公園の常設お手洗い、女性は4つあって1つだけ洋式。
照明は感知式で感知が遅いので、自分だけだと昼間でもかなり薄暗くてびっくりします。

9:40スタート。
並ぶのは・・・適当。
スタート位置が道路なので、わりと直前まで手前の公園で待機。
ブロック分けはされていないので、前過ぎず後ろ過ぎず、まぁこのあたりかな~というところで。
( 追記 : スタート地点の交通規制の関係で、5分前にならないとスタート位置に並べないそうです。 ) 

かなり速い方が、レース前にアップで走って状態を確かめてくると言っていましたが、わたしは体力温存型。
もちろん目指すところというかレベルが全然違うからなのですが。
スタート位置についてから、GPSを捕捉しつつ、周りの迷惑にならない程度に腕をぐるぐる回したり
屈伸・足首ぐるぐると、ごく軽く準備運動。

スタート位置でのマット計測は無いので時報と共にスタートらしく、もしもGPSが取れなくても分かりやすい。
大きな声で (というかスピーカーでしっかり音が届くので) 3分前!2分前!1分前!と、
そしてスタートへの5.4.3.2.1 とカウントダウンをしてくれるので
走り出すという心の準備もしやすいし、なによりGPS時計のスタートを押すのに役立ちます。
 
大きな大会で後方にいると、号砲すら聞こえずいつスタートだったのか分からないこともありますが
汗見川清流マラソンのスタートは前回同様すごく分かりやすくて助かります。

最初の少しだけ師匠と一緒に走って、そのあとはそれぞれで走ることに。
少し前方にブログ友さんの姿を見つけたりしつつ、前半は抑える方針は今回も。
「抑える」 というと語弊があるかもしれませんが、「無理をしない・飛ばしすぎない」 ということ。

この走法のせいか、もちろんスタート位置にもよるのでしょうが
フルマラソンでもハーフマラソンでも、前半は抜かれることが多いけれど、後半抜き返すことが多いです。
前回の高知龍馬でも感じましたし、今回もですが、
「早ければ早くなるほど自分の周りの女性の比率が少ない」
ハーフのエントリー数は、男性600名・女性138名 合計738名で、女性が19%

スタートからしばらくは少しは混雑しますが、人とぶつかったり押し合いへし合いということは無く
かなりストレスなくスムーズに走ることが出来ます。
山の中はかなり狭いところもありますが、その頃にはランナーもばらけていますし、大丈夫。
ものすごく速い方はまた違う感想があるのかもしれませんが。

昨年は、背後から10kmの速い人に追いかけられ、挙句に挟まれて大変でしたが
(というと被害者意識の発言かしら?) 今年はそのトラブルもなく。
背後から10kmの速い人が来るのは同じで、ちょっと背後を気にしつつ走りましたが
もう少しスタート時間をずらしたら、10kmの人が快適に走れるのではないかな?と。
なんだかわたしたちが10kmの人の邪魔になっているようで申し訳ない感じがしました。

給水所では中学生が大活躍。
沿道の警備は地元のおじちゃまたちが、応援はところどころではありますが近くの方がご自宅の前で。
また可能な限り応援には手を振って、お礼を言って。
中学生には 「ありがと~♪」 と。

話が少し戻りますが、スタートした直後にごく軽い頭痛が。
熱中症の症状として、頭痛がありますが、明らかに熱中症ではなくて。
スタートまではほとんど日陰にいましたし、朝 車にいる時もエンジンはかけていなかったものの暑くはなかったし。

走り出して、もしも調子がおかしいようなら無理をせず中断しようと思っていましたが
もともとごくごく軽い頭痛だったので、走っているうちに忘れてしまいました。
もしかして緊張から来た頭痛?
今までそういうのは無かったし、今回はタイムを狙っていたわけではないので全く緊張していませんでしたが。

5kmまでは緩い上り。
ラップは 6'34  6'15  6'21  6'09  6'13  
スタートロスを除いて、6'30/km以内で走れている~!!!

走った感じは、特にしんどいとも思わず、いい調子。
でもこの時点では、まさかあんな記録が出るとは思ってもいなかったのですが。

折返しの人たちと擦れ違うようになってみなさんを眺めながら走り続け。
全員と擦れ違えるコースはわたしが走った中ではこの汗見川だけなのですが、刺激があって好きなコースです。
自分一人で走る練習なら、こういう折返しは嫌ですが、レースだとランナーと擦れ違うのはいい刺激。

たくさんのブログ友さんをチェックチェック。
お顔でわかる方と、お顔では見つける自信が無いけれどナンバーカードでわかる方がいらっしゃるのであちこち見ながら。

☆ jさん♪
また一瞬のすれ違いでしたね!
いつになったらゆっくり立ち止まってお話しできるのか分かりませんが、いつか是非。
謎の多いjさん、気になります。(*^^*)
次は高知龍馬マラソンでランナーとしてお会いしましょうね!

☆ Kさん♪
ナンバーカードを聞いていたおかげで一瞬でしたがお互い認識できよかったです!
またどこかでお会い出来るのを楽しみにしています! 
愛媛マラソンも素敵だそうですが、高知龍馬マラソンも素敵ですよ♪
神戸のお話もまた聞かせてくださいね!



男女問わずたくさんの方と擦れ違いで手を振りあったりハイタッチをしたり。
沿道の方々の応援もすごく嬉しいですが、ランナー同士でこうして触れ合うのもすっごく嬉しいです。
師匠以外はみなさんこのブログを通じて知り合った方。
大変お世話になりました & これからもよろしくお願いします。(*^^*)


たくさんのブログ友さんと擦れ違っていきますが、Rさんの姿が見えず。
まだかな?まだかな?もしかして気付かないうちに行っちゃった? いや、もう何度もお会いして
たくさんお話しているのだからそんなことは無いはず。と思っていましたら、やっと会えたのでハイタッチ。
Rさんが遅いのではなくて、わたしが昨年よりずいぶん速すぎたのでした。
ハーフで13分縮めたら、擦れ違う場所が違うのも当たり前ですね。(^^ゞ

6~10kmのラップ 6'07  6'30  6'18  6'24  6'10
8%とか10%の坂って本当???
それをすべて給水も込みで6'30以内で走れてるって本当???

折返しの寸前でMRさんに会い、そしてすぐに折返し。
気付かないうちに抜いていたらしく、後ろから追いついて来られたMRさんと少しお話して並走。

行った道を帰るだけで、つまりは8%~10%の下り坂。
ラップは、5'32  5'14  5'15  5'17  5'15
「このままだと2時間切れるかも!?」 と、MRさんと少しお話しました。

給水は、折り返し直後の一回だけ飛ばしましたが、あとは全部とって。
スポドリと水があるところでは、スポドリ。
一か所だけはお水しかなかったのか、わたしが間違えたのか水でしたが、そこ以外は全部スポドリ。
スタート直後に喉が渇いた感じがしましたが、それ以降はこまめに給水があって喉の渇きは無し。
( 追記 : ハーフマラソンなのに8か所の給水所があります。 ) 

屋外でのスポーツは自粛という時期に、思いっきり激しいスポーツ。
山からの湧き水をバケツに溜めていたりホースで水を撒いていたり、ひしゃくで水をかけるサービスがあったり。
スポンジを浸したり、頭から水を被ったり、皆さんそれぞれに暑さ対策をされていたようでしたが、わたしは一切せず。

とにかく濡れたくない。
身体は濡れてもいいのですが、絶対にシューズ (靴下) を濡らしたくない。
濡れた靴下で走るのだけは最悪なので、絶対に濡らさないよう気を付けて走りました。
ひしゃくでバンバン水をかけてくださる方のところは思いっきり遠回りをして
ホースで水撒きのところも避けて避けて。
 
今回不思議だったのは、汗をかかなかったこと。
これはよくないことなのかな???
今月、全く同じウエアで重信川の土手を走った時は、綿100%の服が絞れる寸前くらいまで汗をかいたのに
汗見川のレースでは、走り終えても意外とサラッとしていて。

もちろん頭や顔にはすごい汗をかいていて、汗が目に入って痛いのでまたタオルを手に持って走りましたが
身体の汗はそこまででもなく。
練習で、ひどい時は腕の全面が濡れるほどなのに、全くそんなことは無く。
かといって熱が体内にこもって大変だったとか、熱中症寸前とかいうこともなく。

途中で帽子が飛ばされそうなほどの強風だったから、それで表面がサラッとしていたのかな?
ちょっと不思議な感じですが、体調にもタイムにも全く問題は無かったので深く考えなくていいのかな?
帰りの異常な睡魔が熱中症の症状だったのか、単なる疲れだったのか・・・たぶん後者。

あ。汗をかかなかったのではなくて、乾いたということなのでしょうが
レース後に脚を触ったらザラッとしていてびっくりしました。
やっぱり汗をかいていて、乾いたということでしょうね。

今、ブログ書きを中断してネット散策していましたら 「いい汗はすぐ乾く」とかで。
今回のタイムからしても体調は良かったはずなので、いい汗をかいてすぐ乾いていたという結論でいいのかな。


折り返してからしばらくの急な下りは ほぼ5'15 でしたが、最後の5kmはなだらかな下りなのはわかっていて。
残り距離数の表示を見るたび、必死で計算計算。
5'30で走れば2時間を切れるか!?

実際のところ厳しいのは分かっていましたが、可能な限り目指そう!と。
残り7kmという表示を見る度、大阪マラソンでは7kmスパートしたなと。
(実際はスパートというよりギアチェンジですが。)
大阪マラソンのグロスサブ5死守!というところでの7kmスパートは長かった~。
あれを思えば、この先の7kmがずいぶん楽に感じます。

残り2kmあたり・・・という感覚でしたが、実際は残り1kmちょっとのところかな、
このあたりでは周りで走っている方のペースがほぼ一定で、抜くことも抜かれることもほとんどなかったのですが
ポツンポツンと等間隔でランナーがいて。

少しずつ少しずつ前の方との距離を縮めていき、並んで抜いた瞬間 『さくらさんっ!?』 と声がかかりました。
名乗っていただいたのですが、ちょっと聞き取りづらく聞き覚えのないお名前で、失礼ながら再度確認。
『◎◎の〇〇です!』 と、お名前 (ニックネーム) を教えていただきました。
コメントを頂いたことがあるのかをお聞きしましたら 『ないよ~!勝手に読んでるだけ~!』 と。
その答え方が素敵すぎて笑ってしまいました。(*^^*)
そして 『元気が出た~!』 と言ってもらえて、こちらも元気をいただけて。

ブログを書いていることでこうしてたくさんの方にお会い出来て、嬉しい&楽しい。
相手の方から 『元気が出た!』 なんて言っていただけると、本当に嬉しいです。

☆ TのMさん♪
コース上でびっくりな出会いでしたね!
お声掛けありがとうございました。(*^^*)
写真は残念でしたが、川遊びも楽しかったですね。
来年はそちらの少しマニアックなレースに出たいと思っています。
その時、ご一緒できるならまたよろしくお願いしますね!



残り2kmの時点で残された時間は10分。
どう頑張ってもキロ5は無理なので、2時間切りは無理だと悟りましたが、それでも精一杯の力で走り切り。

ラスト5kmは 5'52  5'20  5'12  5'35  5'37
やはり最後は平坦に近い、なだらかな下りになるので、少しタイムが落ちて。
5km単位で書いているのにどうして最後が6kmになっていないか・・・
それはわたしのGPS時計では20.8kmしかなかったから。

コースは山の中でもあり、通行制限で車の行き来が出来ないので応援者は決して多くは無く。
でもその分、地元の方の応援が身に染みる~♪
ゴール前のカーブあたりはご家族の方や走り終えたランナーさんの出迎えがたくさん♪

その中に、嬉しい顔を見つけました。
30分以上前にゴールしているYさん♪
Yさんに向かって、 「2時間越えた~!!!」 と吠えましたが、わたしの声は届いたかな?
その吠えたときがちょうど2時間で、そのあとカーブを曲がってゴールしたのが 2:01:13

ゴール後、すぐに陣地に戻って座って持参のポンジュースをごくごく。
それからトマトトマト~♪とトマトをもらいに行って、冷えたトマトをもぐもぐ。

fc2blog_20150726120641ed3.jpg
それから記録証を受け取りに行って、ブログ更新。
ばぁばと、数人のラン友さんにはメールやLINEで報告を。

名古屋の師匠にもすぐ報告。
夜叉ケ池135kmを激走中で、すぐに読めないのは分かっていましたが 「2:01 すごいわ、わたし」 と手短に。
ホント、このタイムは自画自賛に値すると思ったのでそこは素直に。笑

ちなみに、画像処理で名前を隠すこともできますが、手っ取り早いのは名前を隠して撮影すること。
昨年はお昼ご飯と同時でしたので割り箸で隠しましたが、今年はご飯は後回しで、何かないかな~と見回して、お塩に。
高知龍馬マラソンの時に、師匠のお迎えに高知龍馬空港に行ったのですが、その時に買ったお塩。
5つのお塩がセットになっていて、今回はトマト用に持って行っていました。

昨年の汗見川を除けば、半分より後ろの順位になったことが無いわたし。
昨年のこのレースだけは半分より少し後ろでした。
真夏のこの時期のレース、本当に走るのが好きで年から年中走っているツワモノばかりというか
そういう人の割合が高いというか・・・つまりハイレベルな大会。

部門順位 26位 / エントリー数  81名 
種目順位 40位 / エントリー数 138名 (追記 : 実走 122名) 
実際の出走者数はいくらか減っているのでしょうが、ハーフ2:01で上位3割。

トマトのおかわりに行って、隣に ゆずジュースがあるのを発見っ。
ゆずジュース、美味しい♪♪♪

9 1213 IMG_5654
12:13 レース中は曇っているときあり、山の中で木陰になっている部分あり
暑いのは覚悟の上で参加しているとはいえ、昨年同様に想像よりは走りやすいコース。

『お待たせ~!』 と、師匠が帰ってくるのを待って一緒に川へ。
弟子、またも師匠より早く帰ってきてしまいました~。

10 1225 IMG_5655
12:25 スタート地点より上流を見て。

11 1225 IMG_5656
水がキラッキラ。
この橋のところで周りに人がいなかったので日焼けどめスプレー。
朝8時ころに車のところでスプレーして、お昼12時過ぎにもう一度スプレーをしたのに両腕は真っ赤でした。

12 1225 IMG_5657
泳いでいる鯉の影が。
我が家は田舎で、わりと水がきれいなところも多いですし、愛媛でも西条とか行けば川のきれいなところはありますが
この汗見川のきれいさと言ったら・・・。
愛媛の田舎者のわたしですら感動モノですから、都会の人が見ると ため息レベル!?

oo1229.jpg

oo1237.jpg oo1238_20150731041251c69.jpg

すっごく冷たくて、下半身だけでも ひぃぃぃぃ。
でも上半身も肩まで二回浸かって汗を流して。
下半身は、なんだかんだと10分くらいは浸かっていたのかな?もっとかな?
川遊びといっても、ただ浸かっているだけでしたが、楽しかったです。
写真には写っていませんが、たくさんのご家族や走り終えたランナーさんが川遊びをしていました。

荷物は会場の陣地に置きっぱなしで、バスタオルと防水パックに入れたiPhoneだけ持っての川遊び。
駐車場も近いし、いろんな条件が最高のこのレース・・・
ぜひ皆さんにお勧めしたいところですが、来年は激しいクリック合戦が予想され・・・。

身体を冷やして粗熱を取って (料理みたい)、汗を流して川から上がって。
昨年は建物内のシャワーを利用し、建物の3.4階には女子用更衣室もあるようでしたが、
入口がビショビショでつらかったので、今年は車に戻って着替え。
その時間だと駐車場の人はまばらですし、日よけ等を使って目隠しできるので。

わたしが先に着替えて、時計を見たらもう 13時前。
13時からは抽選会ですから、会場に戻らなくては!
階段を駆け上がり、サンダルで小走りで会場へ戻りました。

抽選会の結果を聞いていると着替え終わった師匠が合流。
結果を聞くのを師匠と交代し、わたしはお昼ご飯の引き替えへ。
すると、もう店じまい寸前というところでした。
他の方のブログを見ると、おそうめんの具が全然違う。(*'ω'*)

15 1318 IMG_5661
昼食は【1】お弁当 【2】おそうめん+おすし の選択制。
師匠はお弁当、わたしはおそうめんというのは昨年と同じ。
紙パックのお茶がセットになっていますが、お茶が邪魔で、おすしやお弁当の中身が紹介できず・・・ブロガー失格。

この写真が13:18 それから食べ始めたわけで。
わたしたちの周りにお昼ご飯を食べている人はほとんどいないわけで。

抽選会が終わったら帰る人たちがぞろぞろ。
わたしたちはまだ陣地で食事中で。
今から車に行っても出庫渋滞で大変なことになるからと、のんびりもぐもぐ。
そのうちにあちこちで撤収作業が始まり、邪魔にならないようにわたしたちも撤収。

16 1347 IMG_5664
13:47 帰り支度終了。
計測マットはすでに撤収済み。
朝はこのサンダルで、走るときはランニングシューズで、川へはクロックスで。
朝は半袖のTシャツで、走るときと川は黒のウエアで、そのあとまた着替えて・・・と、たかが日帰りハーフで大荷物。

それにしてもこのゴール地点の枠組み・・・上が無かったけど???
撤収途中だから無いのではなくて、朝から無かったです。

IMG_3485.jpg
こちらは昨年の第27回大会の写真。

17 1353 IMG_5666
記念撮影をしていた団体さんに、撮影係を頼まれ、カメラを返却しているところ。
後ろの石のところには 「吉野公園」と書かれて (彫って) あります。

師匠にたくさんわたしの写真を撮ってもらいましたが、師匠とのツーショット写真が無い。
どなたかに撮ってもらえばよかったな。

14時過ぎ。出庫渋滞も落ち着き、残る車はあと少しという状態で駐車場を出て、のんびり帰宅。
昨年の参加賞で、しそジュースを頂いたのですが、ばぁばがお気に入りで。
今年もそのしそジュースはあったのですが、ばぁばに追加で買って帰ることに。
本山さくら市という特産品販売所に寄って、しそジュースとゆずジュースを購入。

IMG_5689.jpg IMG_5690.jpg

そのあとまた高速で帰路に。
はなっから運転する気はありませんでしたが、助手席で睡魔に襲われ・・・。

18 1643 IMG_5668
16:43 石鎚SA 

19 1644 IMG_5670
きれいな虹が。

各PA・SAで休み休み帰って、かき氷が食べたいというわたしのリクエストで師匠が買ってきてくれたりしつつ
17時過ぎくらいに川内インターまで戻ったあと師匠と別れ、それから自宅まで。
18時前には帰っていたはず。

昨年は 5時発 → 7時着 → 走って → 昼食 → シャワーして → 抽選会 → 西島園芸によって帰宅でしたが
今年は 3時発 → 朝食 → 6時着 → 走って → 川で水浴び・着替え → 抽選会 → 昼食 → 帰宅。


たくさんの方と触れ合えたし、無事に走り終えたし、いい記録が出たし、満足満足な一日でした。
声を掛けてくださった方、ボランティアさん、運営の方々、ブログを楽しみにしてくださっている方々
全ての皆さんに、ありがとうございました!


強引に一話完結。長文読むの、お疲れ様でした。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
コメントぜひぜひお待ちしております。(#^^#)

【16:15 追記】
このレースの他の方のブログを発見
リンクはしませんが、ご紹介だけ。
「なんとなくマイペースで週末ラン」 7月26日の記事
「とりづの日々」 7月30日の記事 ・・・ こちら偶然にMOさんとわたしが写っています。わたし豆粒ですが。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

鍵コメCさんへ♪

おぉっ!お褒めの言葉ありがとうございます♪
おかやまマラソンは10くらいの記事になるかな~???
今回はハーフなので手短に頑張りました。
これでも「手短」な方です。

わたしはあちこちのいろんな大会に出ているわけではないのですが
汗見川は最高です♪
本当は曇りのほうが走りやすいのでしょうが、暑くてこその汗見川という感じで。
絶対お勧めですよ!
ぜひご家族もご一緒に。(*^^*)

来年は壮絶な(は、大袈裟かな)クリック合戦が予想されると思いますので
パソコンの前にスマホとタブレットを持ってスタンバイです!

2015/07/31 (Fri) 09:49 | さくら #- | URL | 編集
No title

汗見川お疲れ様でした。
今回もすれ違いの時の一瞬の挨拶だけでしたが さくらさんの頑張っている姿を拝見できました。(^^♪
実は川で水遊びしている時にとなりにさくらさんがこられたのですが、自分も会社の方と一緒にいたので声をかけられず残念でした・・・。
次は龍馬ですが大会自体が大きすぎてさすがに見つけられない気がしますがいつかはお話できることを楽しみにしてます。

2015/07/31 (Fri) 17:21 | junao #- | URL | 編集
鍵コメSSさんへ♪

今日(7/31)は暑かったですね~!!!
車で走りながら「よくこんな中を走ったな~」と思っていました。
やっぱり汗見川のほうが朝霧湖よりは楽ですね。
汗見川を秋~初冬の気持ちのいい時期に走ったらどんなタイムになるんだろう???
と、ありえないことを考えたりしています。

わたしは残りのkm表示の度に時計を見て計算していましたが
無理だろうなと思っていた通り無理でした。((+_+))
名古屋の師匠から日頃の走りが足りないと言われたのですが
練習はあんまり好きじゃないんですよね・・・。
でもおかやまと高知龍馬へ向けて頑張らねば!

 

2015/08/01 (Sat) 04:51 | さくら #- | URL | 編集
junaoさんへ♪

一瞬だけでも会えてよかったです!
って・・・表情とか全く分かっていないんですが。(^^ゞ
川でお隣に行きましたか!?!?
最初少し下流に行って、後半は上流に移動しました。
っても、あの滝っぽいところの下か上かというだけですけど。
40代男性はうじゃうじゃいるので、全く気づきませんでした。
でも気付いたとしても「junaoさぁ~ん♪」って声を掛けてはまずかったのですね。
気付かなくてちょうどよかったということかな???

龍馬マラソン、確かにタイムも違いすぎますしね。スタートブロックも全然違うでしょうし。
手荷物預けあたりででも偶然見つけたら声を掛けてくださいね!
龍馬マラソンは名古屋の師匠と一緒に出ます。(^^♪

2015/08/01 (Sat) 04:55 | さくら #- | URL | 編集

レポ、楽しく読ませていただきました(^-^)
あの暑い熱いレースからもう一週間が経つのかと思うと、なんだか不思議です。
汗見川と朝霧湖の比較ですが、私は朝霧湖の方が楽に感じました。
朝霧湖は上ったり下ったりのコースですが、下りの時に上りの時に使ってた筋肉がリセットされて、また上りに備えられる気がしました。
飽きっぽい性格なので、変化に富んだコースの方がいいのかもしれません(^-^;
それになんと言っても気温が違いますね。
やっぱり汗見川はハンパなく暑かった~(;´д`)
でも綺麗な川を眺めながら走れるので、汗見川も素敵なコースだったと思います。
それに、走った後の天然アイシングが素晴らしい!
来年もエントリー合戦、大変でしょうね。
私の順位はさくらさんのひとつ後ろでした。
ゴール直前までさくらさんの姿は見えていて、さくらさんの次にゴールする女子になろうと思い、頑張れました。
これからもブログや時にはレースで、さくらさんからいっぱい刺激をいただきたいと思います。
また是非お会いしましょうね(*^^*)

2015/08/02 (Sun) 00:10 | マロンのロマン #- | URL | 編集
マロンのロマンさんへ♪

一週間前の今頃はトマトを食べてたかな?
ゴール後息も落ち着いてきて・・・というあたりかな。 (今は11:56)

ところで!朝霧湖のほうが楽に感じたのですね!
やはり人それぞれなのですね~。
季節というか気温は、相当影響するらしいので、汗見川を秋のいい季節に走ってみたいです。
って、できもしないことをいっても無駄ですが。

天然アイシングはもちろん季節も関係ありますが、汗見川ならではでしょうね。
子どもさんの数が圧倒的に少なくて大のおとなが水遊びって
自分ももちろん楽しみましたが、見ているだけでも楽しかったです。

来年はエントリー合戦ですね。
わたしが数人引き込んでしまいましたので、わずかとはいえ激戦がさらに激戦に。

ところで、近いところにいるのは分かっていたのだから
ゴール後に待っていればよかったですね。
ゴールを駆け抜け、そのまま自分の陣地のシートに座り込みました。
失礼しました。m(__)m

もともと読んでいてくださったわけではなくて
昨年の朝霧湖で検索してきたら自分のことが書いてあったというなんだか劇的な出会い・・・
これからもブログを通じて、そしてレースではガチでよろしくお願いします!

 

2015/08/02 (Sun) 12:03 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する