仕事応援日記 食事と観光

5月3日 朝霧湖ハーフマラソン

5月4日 朝、松山インターを出る高速バスで京都へ移動後、夜勤。
5月5日 明け方仕事終了 ホテルで休んで、また夜勤・・・のはずが14時集合。
5月6日 明け方仕事終了 10時チェックアウト後、梅田へ移動し夕方発の高速バスで帰松。

5月7日 さすがに疲労感満載。 就活で広島へ行く1号を松山観光港へ送ってきました。このあと準夜勤。

予定では、今夜の準夜勤を済ませたら2連休のはず。
アラームなしで眠りたい・・・。

ホテルは2泊ですが、いつ寝たの?という感じ。
初日は、チェックインだけしてすぐ出発だし。

仕事場へはかなり早めに行くので、待ち時間が長く、ゴールデンウイーク特別態勢で
なにかトラブルがあっても対応できるようにという余裕を持った人員にしているので、すこし余裕の仕事。
とはいえ拘束時間は長く。

仕事前にコンビニにより、会社の休憩室で軽く夕飯。
仕事後にコンビニにより、ホテルの部屋でがっつり夕飯。
送迎してくれるのが本社から応援に来ている部長なので、
たまには温かいものが食べたい・・・なんてことは言えません。
仕事後なんて、午前3時ですし。

前回の移動は京都基点でしたが、今回はゴールデンウイーク最終日ということで、京都からのバスは取れず。
なので梅田からにしましたが、お昼過ぎのバスは満席で、昼便の最終である18:20発に。

帰りのバスは、過去に例を見ないくらい爆睡で、ひたすら寝ていました。
よく寝た~!
行きのバスではちょこちょこ朝霧湖レポを更新していましたが、帰りのバスでは全く手付かず。
まだ完成していません。

バスの中やホテル、会社での空き時間にiPhoneからちょこちょこちょこちょこ更新していましたが
気付いたらずいぶんな長さに。
しかも、まだ書き足すことがたくさんあるという・・・。
どうしよう? 明日以降に考えます。

ということで、仕事応援の旅行記 ( というのも変ですが ) です。

IMG_5268.jpg  5月4日、14:00 京都伊勢丹でランチ。
さすがゴールデンウイークで激混み。
待ち人が少ないというのを第一の理由で選んだカフェでビーフシチューセット。

そのあと、上司が着替えのワイシャツを買うというので伊勢丹で一緒にお買い物。
デパートの紳士服売り場なんて日頃用事が無いので、すごく新鮮。
上司といっても、職歴はわたしが少し先輩で、年齢は同じなので仕事場以外では完全お友だち感覚です。

fc2blog_201505050228133e3.jpg
5月5日 午前2:30 仕事後 コンビニで買い物をして、ホテルで食事。
おいなりさんは食べず持ち越し。

fc2blog_20150505124518428.jpg  ホテル朝食 ビュッフェ
おかずを少しおかわりしました。

14時ホテル出発 コンビニによっておにぎりを買って、休憩室で食べてから仕事。
仕事の休憩中にパンを一つ食べましたが、やはりこういう軽食続きでお腹が空く!
社員食堂は無いので、コンビニ三昧はだいぶ飽きてきた・・・。

IMG_5288.jpg  とはいえ、仕事帰りの午前3時はコンビニに寄るしかないので、またコンビニ。
お腹が空いてたまらないので、大量にお買い上げ。
でも、さすがに全部は食べきれず、クロワッサンとクッキーは繰越。

IMG_5291.jpg  午前3時にがっつり食べて、寝て、また起きて8時からホテルの朝食ビュッフェ。
食べることしか楽しみが無いので、食べる食べる。
おかずは日替わりで変化するので楽しみ。

10時にチェックアウトし、梅田まで移動。
電車の中で爆睡し、上司に起こされました。
「 あれ?寝なかったの? 」
『 あんたが寝たら俺まで寝れんやろ!寝過ごしたらどうするの!? 』
なるほど。

大阪マラソンの時は新阪急ホテルに泊まって、梅田をウロウロしたので、
梅田が少しわかってきたつもりでしたが、広すぎて全く何もわからず。
まずはコインロッカーを探そうにも広いし、うろうろ。
やっと見つけた大量のコインロッカーは全部使用中。 ありえませんっっ。

2人でキャリーケースを引いて梅田スカイビルの空中庭園へ向かいつつお手洗いを借りにグランフロントへ。
そこでやっとコインロッカーを見つけてキャリーケースを預けて身軽に。

IMG_5294.jpg  梅田のことについて少しわかってきたつもりだったのに、それは阪急梅田の周りだけだったようで
JR大阪駅のあたりはちんぷんかんぷん。広すぎるっ。
阪急の地下で買いたいものがあったのですが、遠すぎて断念。

IMG_5295.jpg  同い年で仲がいいとはいえ、梅田で観光がてら男性上司と二人で行くところ・・・と浮かんだのが空中庭園。
わたしは二度目でしたが、初めて行った上司曰く
『 何かをしたというわけではなくて見ただけだから観光気分にならない。 』
あっそう。
そもそもラフな格好の観光客だらけの中で、わたしたちすごく浮いてるけど???

IMG_5296.jpg  ランチは天丼。
本当は白ご飯と、てんぷらを天つゆで食べたかったのですが、天丼のほうが かなり安かったという理由で。

IMG_5301.jpg

IMG_5300.jpg
どうして足が無いの~!?
それはさておき、背景は大阪マラソンのゴール地点であるインテックス大阪方面。

IMG_5302.jpg

IMG_5304.jpg
この後、ブログのお友だちと会う約束をしていました。
帰りのバスが京都からは満席で取れず、梅田からになったというと 『 ぜひ会いましょう♪ 』 とお声掛けいただき。

上司には独りで時間つぶしをしてもらって、わたしはお友だちとお茶。
お互いのブログを読みあっていたら、はじめましてというのが不思議な感じ。

IMG_5306.jpg
仕事のこととか、家族のこととかも話しましたが、やっぱり話題は走ること。
楽しかった~。
興奮しすぎて、汗をダラダラかきながらでしたが、たっくさんお喋りしました。
今回は時間の都合でお喋りだけでしたが、今度は大阪城を一緒に走りたいなぁ。

そのあと、バス乗り場まで見送っていただきさようなら。
大阪マラソンの時に、インド人さんに話しかけられたバス乗り場というのはココのことだったのか…。
バスターミナルの写真はありませんが、かなり窮屈なバス乗り場でびっくりしました。
JRの高速バス乗り場は快適そうでしたが。

わたしと小梅にお土産までいただきまして、ありがとうございました♪
またお会いしましょうね!!! 

ということで、ささっと振り返った 2泊3日の仕事応援日記でした。
もう行くことはないと思うのですが、たまにはこういう応援も楽しいです。

今日から、準夜勤 - 休 - 休 - 準夜勤 - 昼勤 と続くので、また夜勤から離れます。
基本は夜勤のはずなのに、夜勤が無い。
夜勤が一番しんどいので、夜勤が無いのは実は嬉しいのですが、仕事を忘れそうです。
時々は仕事内容が少し変更になったりしますから、そういうのに身体がついていかない~。

さて、少し家事をして、そろそ仕事の準備をしなくては。
朝霧湖レポ、明日か明後日には完成予定です。
まだ待ってくれている人がいるはずと信じて。


4月29日に続き、またしても大阪マラソンを思い出すことが出来、楽しめました。
応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Category: さくら日記

コメント

ハーフマラソンからの高速バスでの出張で
夜勤仕事という弾丸スケジュール中なのに
時間をとっていただきありがとうございました。
楽しくおしゃべりしてあっという間の時間でした

明日からの連休は無事確定しましたか?
朝霧湖レポ読んでますよー\(^o^)/
ラストスパートのクライマックス(?)シーンは
手に汗握りながら・・・・
完成間近なのですね。楽しみにしてます!

2015/05/08 (Fri) 00:21 | みおた #- | URL | 編集
鍵コメSSさんへ♪

好き嫌いが多くて、食べるのがものすごく遅くて、わがままですが
食べることは大好きです。
ちなみに料理は嫌いです。((+_+))

コメントは、オープンでも鍵でもどちらでも大丈夫です。
わたしにはしっかり届いておりますので!

わたしもコメントを頂くのは楽しみなんですよ。
ただ、お返事がのんびりですが、ごめんなさい。
ブログを書く脳と、コメントのお返事をする脳は違うので
コメントのお返事をする脳は、働きが鈍くて。(T_T)
というか、余熱が必要で。
これ、なかなか通じないのですが・・・。

2015/05/09 (Sat) 14:19 | さくら #- | URL | 編集
みおたさんへ♪

お喋りしていたら本当にあっという間でしたね。
弾丸スケジュールの副作用は昨夜からの背中の痛みとして現れています。
治りかけていたのに、またすごい痛みで。
でも痛み方としては筋肉痛の感じ。
もしかして肩凝り???

朝霧湖レポ、22時間くらい前に完成したと報告しましたが
さきほどラップを追加しておきました。
ラップの数字だけ見ると、7分台あり、5分台ありのバラバラですが
高低図に合わせると、なるほど~という感じで。
刺激的なコースでした。

長くて毎回読んでいる途中でうんざりしますが
読んでいただいてありがとうございます。
何度も見かけたTシャツの方が、まさかスタート前に声を掛けてくださった方だったなんて
劇的ですよね。

2015/05/09 (Sat) 14:30 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する