高知龍馬2015レポ【3】師匠

IMG_4547-_201502230904531e5.jpg

いい加減に走ったレポを書け!と言われそうですが、時間と気持ちに余裕があるときに書きます。
メインの走りに関する記事は、メインの脳も使いつつ。
( 脳が分化している話、なかなか理解してもらえず寂しい限り。 )

今回のお題は、師匠。
大阪マラソンの時にも書いたのですが・・・その時の記事は こちら です。

画像だけ見ると、普通の感じですが、わたしの身長は 165cm
わたしが小さく見えるくらい師匠が大きいということで。


IMG_4667.png
師匠と一緒に走ったのは昨年の高知龍馬マラソンが初めて。
ブログを読んでもらっていて、LINEで連絡を取り合って、お互いのことをいろいろわかっているようでいて
初めて一緒に走ったら驚くことが多かったという師匠。

そのあと大阪を一緒に走って、今回が3回目の一緒にフルマラソン。
走り始めてしばらくして 『 去年は この辺にビーグルいたよね? 』
昨年、沿道で若い女性がビーグルを抱っこして応援していて、わたしは走りながらもビーグルに吸い寄せられていき
「 あ~! ビーグルさんだ~♪ 」 と。
ナデナデしたかったのですが、時間の都合により泣く泣く諦め。

師匠は そのわたしの行動にかなり驚いたようで
鮮明に記憶に残っていたようです。

ちなみに残念ながら今年はビーグルさんおらず。
あちこちでたくさんのワンコを見かけましたが、ビーグルさんはいませんでした。
居たのに気付かなかっただけかも???


昨年は師匠が風よけになってくれたのに、わたしは風が全く気にならなかったり
浦戸大橋で、わたしのペースが落ちるだろうと師匠がペースダウンをしてくれたのに
わたしはお構いなしでスイスイ行ってしまったり
( ※ 師匠が かなりペースダウンしたからで、もちろん それなりのスピードです。 )
師匠が あきれ返っていることに気づきつつも、エイドごとにしっかり両手に握って食べたり。

今年はもう3回目。
お互いのレース中の色々なことがさらによく分かってきて。

坂だからとペースダウンする必要が無いと悟った師匠は、今年はずんずん前を走って行き・・・
お~い どんどん離れてるよ~!!!

IMG_4656.png
( 画像は公式HPで紹介されているコース紹介映像よりお借りしています。 ) 

後ろを振り返ることなく、マイペースに走る師匠。
本気で走ればサブ3.5かという人が、普通に本気で走ったらわたしがついていけるはずがないでしょうに。
平地では常に後ろを気にして ( 度々振り返ることはしませんが時々は振り返って ) いた師匠でしたが
浦戸大橋だけは後ろを振り返ることなく、ずんずんと。

IMG_4657.png

IMG_4659.png
海からの高さが50m

いくらわたしが坂が得意とはいえ・・・
随分前を走る師匠に呆れつつ、わたしはペースを乱されないようついていくのみ。
前半は、まだ気持ちにも身体にも余裕があって、イライラすることもなく楽しく走って。

疲れてくると気持ちに余裕がなくなるのはいつものことで。
師匠には 「 右前に居てくれるのが一番走りやすい 」 と何度か伝えているはずなのですが
時々師匠が左に左に寄ってきて、となるとわたしはさらに左へ左へと押し出されるようになり・・・
「 もう!右に居てって言ってるでしょ! 」

IMG_4662.png

仁淀川を折返し、 『 足にき
え?こんな走りで師匠の足にキタの???と思っていましたら、師匠からわたしに
『 足に来てるか? 』 という問いかけだったそうで。
何かを話しかけられるたび 「 え? 」 と聞き返すのが大変で。
「 語尾をはっきり喋ってよ。問いかけなのかなんなのかわかんないっ。 」

大阪では、最初から最後まで人が多すぎて、はぐれないように注意していましたが
高知では、二人の間が空いてしまっても見失う心配はなく。

少々の離れ具合なら、師匠が後ろを気にする素振りの時に 「 いるよ! 」 と声を掛け
わたしがついていけず、かなり離れてしまったら師匠が振り返った時に手を高く上げて合図。
師匠の背が高いので分かりやすくて助かりますが、
青のビニールポンチョを目印代わりに脱がずにいてくれたので、さらにわかりやすかったです。

隣を走ったり、斜め前を走ったり、付いていけなくなったらかなり前後に離れたり。
前半は近くにいましたが、後半は後ろから追いかけるシーンが多かったように思います。

昨年は、とにかく初フルマラソンを楽しみたいというのがあって
沿道の応援に手を振って応えたり、ハイタッチしたり、全エイドをチェックしたり。

でも今年は記録狙い。
ハッキリ言葉にこそしないものの、師匠の意向は、
ペースが乱れるからハイタッチや沿道への反応は自粛せよという感じでしたが
いやいや、やはりそこは追い風を受けなくては。

沿道の応援に手を振ったりハイタッチをしたりすると確かにペースは乱れるのかもしれませんが
絶対に力になります。
精神的追い風。 しかも強く。

でも ちょっとは減らしました。我慢も必要。
でも やはりご高齢のおばあちゃまには手を振って。


ネットサブ4.5という目標を掲げてはいたものの、内心は無理だよ~と思っていました。
でも、いろんな山や谷はあったものの ひとえに師匠のおかげで
自分でもびっくりな記録が出て、師匠に大感謝。

もうこの際なので書きますが、日曜日 わたしはいったい何度自分を褒めたでしょうか。 (笑)
「 わたし、すごいよね!? 」
「 わたし、頑張ったよね!? 」
「 やればできるんだ~~。 」

師匠相手に自画自賛。 ( ※ これ、ホントの話 ) 

でも師匠は浮かない表情。
( ※ ここ、ブログ用に話が大き~く なっています。 ) 
聞くと、 『 ネットサブ4.5は行けるはずだったのに、前半オーバーペースだったかも。
トイレに行ってもネットサブ4.5の計算をしていたけれど、トイレなしの計算にすればよかった。 』


師匠が事前に組み立ててくれていたレース展開があったのですが
途中からことごとく裏切り続けるわたしに
『 もうちょっと頑張れ! まだ ( サブ4.5 ) いけるから! 』 と何度も何度も励ましてくれて
『 もうちょっとでいいから頑張れ! 』 と。

その “ もうちょっと ” が 無理~。
わたしはわたしなりに必死に頑張っているのだけれど、まさに限界。

何度も何度も時計を見て、何度も何度も頭の中で計算をやり直して ( ← もちろん師匠が ) 
その先のラップを計算して、ギリギリのところで導いて。

150223.jpg

目標だったネットサブ4.5が達成できず、記録はネット 4時間32分10秒
自分の作戦と導き方が原因と凹む師匠と、わたしすごぉ~い!と純粋に喜ぶノーテンキな弟子。 
とっても対照的でした。

昨年の高知と大阪は、とにかくグロスサブ5を目標に、相当引っ張られてどちらもグロス4時間59分台。
三度目の正直 (?) となる今年の高知龍馬マラソンは、いっきに目標設定を上げたので
目標クリアはなりませんでしたが、わたしは十分すぎるほど満足しています。

いつもいつも書いていますが、師匠のおかげ。
本心からそう思います。

そして、耳の痛いコメントを頂くことになるのですが。
「 今度は独り立ちを。 」
え、えぇ・・・・ 頑張ります。
いただいたコメントは素直に受け取っております。(*^^*)
そうですよね、いつまでも引っ張ってもらってばかりでは・・・。

次回、四万十桜マラソンは、同じ会社の師匠と一緒で・・・。
42.195kmを一緒に走るかは別として、ファンラン気味の予定。
( 気味ってなに!?というツッコミ歓迎 ) 

その次のフルの予定はまだ無くて。
狙いは11月 おかやまマラソン
大きな声で言いますが、また県外の師匠と一緒に参加を目論んでいます。
今度こそネットサブ4.5!

高知龍馬マラソンを終えて大満足のわたしは、師匠にお礼とお詫びを。
レース中の暴言の数々を謝ったところ
『 ううん。想定内だから。 』


そんな師匠、昨日の読売犬山ハーフマラソンでは、あと一歩のところで90分切りならず。
スピード練習をしていなかったからだそうですが・・・
一週間前にわたしがフルマラソンに4時間30分以上も付き合わせてしまいましたからね。
走って身体が疲れた以上に、精神的にかなり疲れたと思います。

それにしても ハーフ90分切り ( 師匠は切れなかったとはいえ ) とは どんな世界?
比べる基準がおかしいのは分かっていますが、わたしのハーフの記録は2時間10分 = 130分

師匠に追いつけ追い越せというのは無理な世界ですが、
次回フルマラソンで、師匠がもう少しひっぱりやすくなるよう鍛えていかねば。

『 自分の記録を求めるのは一人のレースで出来る。
一緒に走ると、一人で走るのとは違う楽しさや新しい発見がある。 』
 という師匠。
もう3回も一緒に走ったから、そろそろ鱗は完全に落ちたでしょうか。



レース編も兼ねてしまった気がしますが、レース編は別に書く予定です。
応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

休養中で暇をもて余しています。

そうですね。
独り立ちしたさくらさんが見たいかも(^o^)
私もフルマラソン始めた頃は5時間かかってましたから
さくらさんもまだまだ記録を伸ばせると思います。
羨ましいほどのランナー体型ですから、さくらさんは。
日々体重体脂肪変動を気にする私とは根本的に違います。

無理はダメだけど師匠さんの言うこと聞いて練習すれば
きっと私より速く走れますよ。

2015/02/23 (Mon) 17:28 | canteen #- | URL | 編集
canteenさんへ♪

暇ですよね~。
身体がツラくて伏せっているよりはましですが、元気なのに動けないってキツイですよね。
もうしばらくの辛抱なので我慢の時ですね。

フルマラソンの独り立ち。
昨年のとくしまを、ぼっちで走ってはいるのですが、グロス5:00:17でした。
師匠がついていてくれたら5時間切れただろうな。
残りの距離と時間、刻々と変化しますから計算がややこしくて。

でも少しずつ慣れてきたので、これから一人でも頑張らないと!
ウィメンズは絶対一人ですし。
ゆくゆくはグロスサブ4.5あたりを狙って頑張りますね。

体型は・・・もう何十年と変わっていないのでほとんど気にしていないです。
というか、46.0~47.9までの2kgは自分の適正範囲なので、それが広すぎるのかも。
少々の変動では一喜一憂しないことにしています。
というか、わたしの場合増えたら喜ぶのか減ったら喜ぶのか?

走ることに関しては、月間の走行距離を150とか200にすると、
たぶん体を痛めることになると思うので、今くらいの月に100km位があっているのかなと思います。
本気レースフルの前の月だけ少し伸ばすとかで。
仕事で歩き回っている分、もともと体への負担 (というか鍛錬?)になっていますし。

いま44歳。
どこまで伸びるか楽しみですが、いつか下降を始めるでしょうがそれが怖い気もします。
まだそんな先の心配はしなくていいですよね、きっと。
 

2015/02/24 (Tue) 13:59 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する