高知龍馬2015レポ【2】ミス

二度目となる高知龍馬マラソンへの参加

昨年は、わたしは前泊。師匠は夜行バスで当日高知入りでした。
今年は、二人とも前泊。

当日の移動や距離、ブロック整列の場所など全部わかっていますし
ブロックはDだったので、ブロック最前列を狙うわけではなく。

以前も書きましたが、大阪ではいろんなことが初めてですし
とにかく3万人という得体のしれない参加者数。
しかもブロックが予想よりかなり後方で、ブロック最前列でのスタートを狙い
とにかく早め早めの行動を心がけました。

今年は、8:15荷物預け締切、8:30ブロック整列締め切りなので、7:30にホテルを出ることに。
逆算して、6:00から朝食。

fc2blog_20150214220532e14.jpg
わたしは5:45に起床し、そのあとわたしの部屋で一緒に朝食。

わたしが食べたものは、いなりずし2個、おにぎり1個、フルーツトマト1個、ヨーグルト1個、いちごたくさん
カップスープ1個、ポンジュース、温かい日本茶

それからそれぞれの部屋で支度し
ほぼ予定通り7:30にホテルの部屋を出発。

fc2blog_201502152013468f6.jpg
8階のエレベーター前でこの写真を撮ったのが 7:33。

14階建てのホテルの8階。
いつもエレベーターは数分待つことになるのですが、この日も。
そして来たエレベーターは満員。
あ、そういう想定して無かったわ。
無理をすれば乗れたと思いますが、こちらは二人なので無理をせず。

8階でもう一人ランナーのお客様が増え、「 次のエレベーターは満員でも乗せてもらおう 」 と。
更に数分待ってきたエレベーターには無事に乗ることが出来ました。
同じエレベーターの方が夜叉が池のグッズを持っていたとかで、師匠はその方としばらくお話。

ホテルの目の前が電停で、電車の時間は調べるまでもなく次々来るので電停へ。
電停が既に溢れそうな人の列。
最後尾に並びますが、次の電車は満員で積み残し多数。
並んでいた列はほとんど縮まらず。

この時点で、電停の数人が並ぶのを諦め歩きに変更していましたが
わたしたちはとりあえず次の電車を待つことに。
座れないのは分かっていますが、乗れないというのは想定外。

次の電車にはどうにか乗れ、無事に会場へ。
色々な調べ物は二人で手分けしていて、当日の移動は昨年に続きわたしの担当。
昨年のノートで一人190円ということを調べて、ちゃんと二人分で380円の小銭を用意していたのに
200円になっていました。消費税が上がったから値上げされたのか…。チェックして無かった。
ま、この程度のことはミスとは言いませんが。

相変わらず降りる電停は知らず。
県庁前で降りるんだっけ?と思ったら誰も動かないので、まわりを見て、皆さんと同じところで降車。

fc2blog_20150215200945522.jpg
奥に見えるのは高知城。
この写真が 7:53
手に持っている袋は、レース直前の食糧。
間違って預けてしまわないよう、大阪でも高知でもこれだけは別に。

周りは荷物を預け終わってアップをしている人やら、今から荷物を預けに行く人やら。
動線にある、昨年の荷物預け場が仮設トイレの場所になっていて、見ると並んでいる人はおらずガラガラ。
さすがにホテルを出て30分も経っていないので、今 行っても仕方ないよね?ということでスルー。

そのまま城西公園まで移動。
出発前に、2人お揃いのGPS時計の、師匠の時間が違っていることは知っていました。

わたしは時計を持たずに走ることに決めていたのですが、
師匠の現在時間が違うので、とりあえず二つとも持って会場へ。

わたしは田舎の自宅の自分の部屋でGPSが取れますが
師匠はビルの多い都会の自宅マンションではGPSが取れないそう。
「ホテルでも見晴らしがいいし窓際に置いておけば取れるんじゃない? 」 というわたしに対し
師匠は、屋外の広いところで取ると。

城西公園のど真ん中で立ち止まってGPSを取って、時計合わせ。
今、ここで?
多くの人が行き交う中、わたしたち 立ち尽くして邪魔なんですけど・・・。

結局、時計合わせは断念。
ストップウォッチ機能は正常ですし、今回はネットでの記録狙いで現在時刻は、さして問題にはなりませんが
念のため、わたしの時計を師匠がすることに。

IMG_2506-.jpg
色違いのペアウォッチなのは、わたしが使い方を覚えるのが大変なので
まず師匠に購入してもらって、その使ってみた感想などを聞いてからわたしが後から購入したため。
師匠はウルトラも走る人なので、バッテリーの持ち時間の都合で
師匠がもっと上のクラスのを購入するなら、わたしがそれを買い取る予定もありましたし。
( 結局、師匠はウルトラ用に新たに別の時計も買い足しましたが用途に合わせ両方使っているそうです。 ) 

城西公園のど真ん中で、皆さんの邪魔になりつつ時計合わせのロスタイム数分。
そのあと、荷物預けのトラック近くで最後の着替え。
2人とも泊りの荷物はホテルに置きっぱなしで、今日走るための荷物だけなので袋はスカスカ。
※ 袋は昨年より一回り大きくなっていました。

昨年は偶然同じトラックでしたが、今年は違うトラックなので
わたしの荷物の中に、師匠の荷物を袋ごと入れて、一つにまとめて預けることに。
万が一、どちらかがバス収容とか救急搬送とかされたらまずいことになりますが、さすがにそれは無いと信じて。

ウインドブレーカーやジャージを脱いで、
手袋も帽子も最後の身支度をバッチリして・・・
師匠が 『 あれ?手袋が無い。 』

時計の操作をしているときに落とした? いや、確かにここで外した。
周りに人がたくさんいたから、隣の人が間違えて持って行っちゃったのかな?
いや、隣の人に間違われるようなところに置いていない。
着替えに混ざってない? 探してもない。
帽子を脱いだ時に一緒に置いて・・・防寒の100均レインコートのフードに絡まってない? ないよ!

時間は経つし、大事な手袋は無いし。
身体が温まっていても手が冷えると身体が冷える。
とにかく末端を冷やさないことが大事というのに。

昨日の前日受付には、ランニング用品の売店もありましたが今日は???
というか、もうそんな時間もないし。
全ての持ち物を全部探したところで、ほんのわずか。
わたしは預かった覚えはないけれど、わたしの荷物も全部探して、
わたしが師匠の荷物も全部もう一度チェックして、それでもなくて、キツネにつままれた?神隠しにあった?

わたしは隣の人が焦って間違えて持って行っちゃったのかな?と人を疑っていましたが
師匠は、それは無いと言い切っていて。
でも、現実にさっきまであった手袋がなくなってるじゃん!

わたしはレース用の手袋と、移動時の手袋を二つ持っていましたが
さすがにこの時はレース用の手袋をして移動していたのでいまさらどうしようもなく。
事前に分かっていたら、わたしの手袋を一つ貸すとか、コンビニで軍手でもなんでもいいから買うとか
対処のしようはあったけれど、荷物預けまであと数分という時にいまさら対処のしようがなく。

『 しょうがない。手袋は無くても走れる。 』

ここで何分のロスだったかなぁ。
手袋が無い無いと探し回って。

わたしにはガチレースですが、師匠は自分の持ちタイムより1時間以上ゆっくり走る計算。
師匠は手袋無しで走ることに。
朝は相当冷え込んでいましたが、もう時間もないですし、仕方ない。

荷物を一つにまとめて預け、トイレへ。
先ほどガラガラだったトイレは長蛇の列。
そりゃそうですよね。

その列は諦め、昨年スタート直前、列が移動し始めてから師匠が使ったトイレに行ってみることに。
途中大きな建物に人がたくさん出入れしていましたからそこのトイレも使えるのかな?と寄ってみましたが
何だかよくわからず。

昨年のトイレとは少し場所も数も変わっていましたが、それなりの列。
時計代わりのiPhoneを見て、ギリギリではありますがとりあえず並ぶことに。
女性用は3個、並んでいる人もそこそこ。
男性用は10個くらいあったかな?長蛇の列。

師匠は、男性用の長蛇の列を見て諦めたようでしたが
トイレは明らかに男性のほうが回転が速いので、とりあえず並べば?と。
時計代わりのiPhoneを何度も眺めながら、あと数人というところでiPhoneを落とさないようポケットにしまい
順番が来たら大急ぎでトイレを済ませ、出てみると師匠はあと少しというところまで来ていて。

わたしが食糧を持っていて、もうこの時点で8:28とか29分とかと思われ
師匠を待っていたら二人ともブロック締切になってしまいそうですし、いい加減食べ始めないと
さすがに8:59まで食べているわけにはいかないので
師匠に声を掛け、わたしは先にDブロックへ移動することに。

これ、昨年も出ているからできたことであって、お互い初めての場所
しかも携帯を一人しか持っていないという状態なら怖くてできなかっただろうなぁ。
師匠はiPhoneをホテルの部屋に置いていましたから、万が一はぐれたら・・・。 ( 怖っ

これで師匠がブロック締切にあったら・・・
わたしは時計なしで走ることになる、2人分の食料を持っているのに残りは第一エイドまで持ったまま?
師匠はスタート前の食糧補給できず。

いつも言い合っていることで、万が一はぐれたら、右端を走ると。
わたしは探せないから、マイペースに走るから師匠がわたしを探してねと。
とりあえずどちらが前にいるのか後ろにいるのかさえ分かれば、師匠が見つけてくれるだろうと。

わたしもトイレからDブロックまで全力疾走しましたが、師匠もすぐ後をキロ4くらいの勢いで (?)走ってきて
結局 どうにか無事に合流。
もう時計を見る余裕すらありませんでしたが、ギリッギリ?もしかして1分くらい過ぎてたかも?
まさにDブロック最後尾で、まわりにはEの人も混ざっていました。

それから持参の食糧を食べ。
すぐ移動が始まりますから、大忙し。
もう少しゆっくり食べたかった…。

カステラ2切れ、大きなイチゴ大福1個、大きなイチゴ2個。
しっかり食べたので、さすがに5kmの時点で空腹ということはなく。

でも、ごみの回収と、レインコートの回収が無かったのか、気付かなかったのか
とっくに終わった後だったのか、結局わからず、手に持ったまま。
ドンクの袋に二人分のレインコートとわずかな包装フィルムを全部入れ、むりやり口を縛って
師匠が最初の給水エイドまで手に持ったまま走り、最初のエイドで捨てさせてもらいました。
わたしだったら5kmもゴミの袋を手に持って走るなんて大幅なタイムロスですが。

手袋が無く、相当寒いのに素手のままの師匠。

fc2blog_2015021508475413c.jpg
8:47 に この写真を撮り、8:49にブログを更新。
昨年は商店街より前の川沿いの住宅街で待っていましたが、今年はこんなところで待てるなんて感動~。
ブログを更新し終えて、師匠にiPhoneを預け、師匠がウエストポーチを開いたところ 『 あ! 』

手袋が出てきました。

帽子と一緒に一度ベンチの上に置いて・・・と、
荷物のすべてを探し回ったつもりが、ウエストポーチに入れた記憶が無かったようで
ウエストポーチの中は探しておらず。
わたしも、ウエストポーチの中は見た?とも言わず。
iPhoneを預けたことで無事に手袋発見。

7:30にホテルの部屋を出るまでは順調で、
9:00のスタートまでには平穏に戻っていましたが、その間90分はわりとドタバタでした。

来年はもう少し余裕を見て動かなくちゃ。
高知は二回目だし、大阪のように3万人ということもないし・・・と余裕を持ちすぎて失敗。

【 イライラハラハラしても体力を使うから、極力無駄な体力を使わないように 】
と、愛媛マラソン初心者教室で教えられていたのに、失敗。
でも、これが走るのに影響したとか、走る前に既に疲れ切っていたとかは無いと思っているので
今後のいい勉強になったと思うことにします。

いろんなことを学んで成長していかなくては。
ということで、スタートまでのドタバタ編でした。
次回レポは・・・明日かな。

今日は昼からの勤務のはずが夜勤に変更。
このあと少し走れたらいいなと思っています。
さてどうなりますやら。


応援ありがとうございます。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
( 総合 1979位 / 821939誌 ) 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

スタートまでバタバタだったのですね。僕も以前サポーターを持ってきたつもりが見当たらず、仕方なく走ってゴール後、着替え荷物の中にあった事がありました。その後は落ち着いて用意するようにしています。オールスポーツの写真見ました。さくらさん楽しそうに走ってましたね。師匠は去年の参加賞のキャップかぶって格好良かったですね。僕の写真には、あゆみさんも写っていましたが、ゴールはひとりだったのでゴールテープ切る写真でした。今朝鏡川走っていたら龍馬マラソン前より少なかったですが、それでも10数人とすれ違いました。皆疲れとれて次の目標に向け練習再開のようでした。明日フルマラソンでも走れそうな位どこも痛くなかったです。愛媛、高知連チャンで行けそうです(^-^)

2015/02/21 (Sat) 14:13 | ゆういち #- | URL | 編集

体力温存どころかブロックまで全力疾走したり
あわただしいスタート前だったんですね(^_^;)

スタート前の画像。見ているだけでなんか緊張してきます
前に写っている男性はネックウォーマーで
鼻まで顔を覆っていたりと寒そう・・・
師匠さん手袋見つかって良かったですね(*^。^*)


2015/02/22 (Sun) 00:39 | みおた #- | URL | 編集
ゆういちさんへ♪

師匠から、フルマラソンだと何かしらのトラブルはある。と聞いていましたが
なんだかとってもドタバタでした。
2人だったからドタバタだったような、それでも2人だったからどうにかなったような。
慌てているつもりは無くても、やはりなにかしら落ち着きを失っているのですね。
次から気を付けます。

オールスポーツの写真、楽しそうに走ってましたね~わたし。笑
実際楽しかったですけど。
でも仁淀川あたりはかなりしんどかったはずなのに、嬉しそうに走ってましたね。

ゆういちさんの写真も見ました。
あゆみさん、可愛いですね。

一週間たって、フルマラソン・・・ガチは無理だけどどちらかをファンランにすれば
いけそうな気がします。
な~んて、そのあとのダメージが怖いけど。

来年は高知から名古屋まで3週間あれば大丈夫と自信がついたので
来年も高知を走ります。
そろそろ愛媛と、愛媛マラソン以降「来年は愛媛」と自分に言い聞かせて来たけれど
やっぱり高知の魅力に取りつかれています。
高知にお嫁入りしたいくらい。 ( 行先があるかは別問題で。 ) 
高知大好きです。

2015/02/23 (Mon) 07:46 | さくら #- | URL | 編集
鍵コメCさんへ♪

どんなトラブルかと期待させちゃいましたか???
単に自分たちがドジだっただけです。
師匠は常に冷静なので救われています。
手袋は、他の大きさが同じだから早く分かってたらわたしのを貸してあげるんだったのになぁ。
って、結局出てきたのですが。
もうハラハラしました。
先日の小梅の記事で、「手袋が」と何度も書いた布石、気づいていただけましたか?
昨年はわたしがエイドで手袋を落として引き返しましたし、
高知龍馬マラソンでは手袋は鬼門のようです。
来年は手袋 要チェッッッック。

ところで10kは楽に走れましたか?
わたしは控えめに4kでした。(^^ゞ

2015/02/23 (Mon) 07:51 | さくら #- | URL | 編集
みおたさんへ♪

会場まで歩いても行ける程度の距離を体力温存のために電車に乗ったので
トイレからブロックまでの全力疾走くらいはかわいいものです。
( 負け惜しみ ) 
昨年の経験があったので、位置関係がばっちりわかっていて助かりました。
だからこそ余裕ぶっかまして ( 下品な言葉だわ。 ) 痛い目を見たのですが。

朝、何度だったのか分かりませんが放射冷却か相当寒かったです。
9時スタートで陽が昇ってきてはいましたがそれでもブルブル。
そのあとは気温も上がってわたしはほとんど手袋無しでポケットに突っこんで走りましたが
師匠はずっと手袋をしていました。
見つかってよかった―というのが正直な感想ですが、
なぜ二人ともウエストポーチに気が付かなかったのか?

レース経験豊富な師匠でも、何かしらのトラブルはあるといいますが、
びっくりな出来事でした。

2015/02/23 (Mon) 07:56 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する