大阪マラソンレポ【9】 前日受付

大阪マラソンレポ、残すところあと2回。
今回は、前日受付のことを書きます。

大阪マラソンは、当日受付はナシで、代理受付もナシ。
必ず本人が、事前受付をする必要があります。 ( 前々日でも可 )

今まで、身分証明証が必要と言われたことはありますが、実際に提示したのは初めて。
受付の一番初めに、身分証明書通りの本人かの確認が行われました。

ちなみに、その確認は すべて60歳以上と思われるおじさま。
ゴール後の感想メダルを掛けてくれるのは、若い女性。
一口にボランティアといっても、年齢や性別に応じた配置になっているのですね。


25日 (土)

飛行機で伊丹に着くわたしと、新幹線で新大阪に着く師匠。
合流して、梅田のホテルに荷物を預け、電車でインテックス大阪へと向かいました。

昨年は、土日共通大阪マラソン用の乗車券が発売されていたそうですが、今年はないそうで
師匠は地元のカードで、わたしは愛媛県人ですがsuicaで。
わたしは大阪の地理には疎いので、大阪へ出張に行くことのある師匠に付いていくだけ。

CIMG9937_20141118141437caf.jpg  11:26 コスモスクエア駅に到着。
電車内はランナーでいっぱい。

CIMG9938_20141118141438f29.jpg  事前案内には、徒歩約15分と書かれていますが、10分ほど歩いてインテックス大阪へ到着。
前日受付の人の警備のため、交差点にはたくさんの警備員さんが。

CIMG9939.jpg  フィニッシュゲート

IMG_3872.jpg  明日、ココをいつごろ、どんな感じで駆け抜けるのでしょうか?
右下にどなたかの指が写っていますが、しっかりバリケードがされ、この先には進めないようになっています。

CIMG9940.jpg  一度、建物内に入り、真ん中の広場で幾重にも折り重なって並んで並んで、やっと3号館へ。
この画像は、入口目の前ですが、まだ入れるわけではなく、更に進んで折り返してからの入場になります。
わかりやすく案内があるので、迷うことはないのですが、巨大テーマパーク並。

さすが3万人・・・と、いきなりの洗礼を受けた感じですが、レース当日は拍子抜けするほど混雑に合わず。
何をするにしてもビンゴの時間帯というものがあるようで、
わたしたちが受付をし終えて、同じ場所を通った時、たくさん重なっていた列は、
一本のまっすぐな線になっていました。

CIMG9942_20141118143026cc6.jpg  まずは本人確認。
免許証 ( 他のものでも可 ) が必要とのことでしたが、ホテルに荷物を預ける際
免許証も預けそうになりましたが、直前に気づいて事なきを得ました。
わたし自身が普段は免許証を持ち歩かないので、「 免許証免許証・・・ 」 と忘れないように必死だったので
そこで確認しておいてよかったです。
代理出走とかしないよう、かなり厳しいチェックだったようなので、もし免許証を忘れていたら・・・ 怖っ。

本人確認の後は、ナンバーカードの受取。
番号順というわけではなく、ペアエントリーは、ペアエントリーの受付場所があって、そこへ。
隣にいた方は、 「 ペアエントリーですが、相棒は今は居ません。別々に来ます。 」 とのことでしたが大丈夫でした。

ここで、ナンバーカードと、他に幾つか、そしてペアエントリーだけの参加賞 アームポーチを受け取りました。

CIMG9943_201411181430278b4.jpg  3号館へ入るまでは長い列に並びましたが、入ってしまえばさほど混雑はなく、そこそこスムーズに。

このあと、記念品のTシャツ引き換えで、サイズ別に並ぶのですが、わたしは勝手にMだと勘違い。
別のサイズの師匠と別れて、Mの列に並び、
ナンバーカードのバーコードチェックを受け、名前などに間違いがないか、表示を見て確認。
MサイズのTシャツを受け取ろうとしたら、ボランティアの方と目を見合わせ、 「 Sですね~! 」

申込みも、完走予想タイムも、Tシャツサイズの指定も、すべて師匠に丸投げだったので、
そういえぱSにする?と聞かれた気もしますが、すっかり忘れていました。
“ Tシャツサイズは申込みから変更できません ” と何か所にも書かれてあって、Sの列へ並び直し。
またバーコードチェックを受けたのですが 「 確認済み 」 との表示でした。 すごっ。

どの時点だったか、預け袋とは別に、ここで受け取ったものを入れる袋が配られ、
手がふさがったり落としたりする心配はなく安心でした。

CIMG9944.jpg
流れに沿って進むと、3号館2号館でエキスポ。
すっごい人~。人ヒトひと。

いろんなところでいろんなパンフレットや試供品をいただきながら進む進む。
オールスポーツの写真撮影は、少し並んで待って別々に撮っていただきました。

IMG_3874.jpg
eo光のブースで。
こちらは自分のデジカメやスマホを渡して撮っていただけました。
「 ナンバーカードを持って 」 ということなので、ランナー限定のサービスだったのかな。

CIMG9945.jpg  3万人の名前が書かれたボード。
テーマカラー別であいうえお順なので、すぐに見つけられますが、3万人の中の一人・・・。
改めてすごいです。
自分のテーマカラーしか見ていませんが、同姓同名の方はいらっしゃいませんでした。
せっかくだから他のテーマカラーも探してみればよかったかな?

ミズノのブース ( ショップ ) で、何か記念になるものを買おうかな?と思っていましたが、とにかくすごい人。
レジを見ると、クレジットカードで 20分待ち、現金で30分待ちだったかな?
とにかく支払いだけでも一苦労ですし、特にどうしても必要なものもなかったので、何も買わず。

一通りいろんなブースを見て回りましたが、なにをするにも大行列なので
オールスポーツと eo光のブースで写真を撮ってもらっただけで、あとはもらえるものはもらって (笑)、エキスポは終了。
すごく楽しみにしていましたが、予想通りというかなんというか。

IMG_3969.jpg  一番左は預け荷物袋。
真ん中は、エキスポのどこかでもらったリュックになる袋。右は、当日ゴール後にもらった給食入れ袋。
ここには写っていませんが、最初に 「預け荷物袋と御揃いの一回り小さな袋 」 ( 下の唐揚げの背後にある袋 ) を
もらっていて、他にも、あちこちのブースで袋をもらったので、帰宅後は袋だらけ。笑
前にも書きましたが、リュックになる袋がそのあとも大活躍でした。


楽しかったのですが、人が多すぎて。
でも、すっごいお祭り気分で、気持ちは盛り上がりました。

CIMG9947_20141118143031936.jpg
ひたすら流れに沿って進むと、1号館へ。
うまいもん市場。

袋の中は前日受付の大事な資料のほか、エキスポでもらった試供品などが多数。
当初はここでランチにしようと計画していましたが、人ごみで疲れたので
ランチはゆっくり座って食べられるところにしようと変更。
とりあえず空腹をいやそうということで、列の短いところでとこ焼きと唐揚げ。
大阪らしい・・・には程遠いタコ焼きでしたが、まぁ・・・。

CIMG9948_20141118145532502.jpg  周りにいた人たちと譲り合いながら写真の撮りあいっこ。
とにかく暑くて、パーカーすら要らず、半袖1枚でいいくらいでしたが、
3号館2号館は人の熱気も合わせて、暑くて暑くてぐったり。笑
かき氷の屋台が欲しいほどでした。

このあとは、コスモスクエアの駅まで帰る途中でランチ。
それから電車を乗り継いで梅田のホテルまで帰りました。

前日受付、パワフルで人の熱気がすごくて、気持ち的にすごく盛り上がって
「 もう十分堪能した~♪ 」 と勘違いしそうになるほどでした。
本番は、42.195kmを走ることなのに。



ということで、大阪マラソンレポ 前日受付編でした。
あと、準備物編で最後になります。

さて、大阪マラソン以降、びっくりするくらいサボりっぱなしですが、そろそろ走ってきます。
では!


ジョギンクカテゴリー 久々の2位転落。
応援よろしくお願いします。(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

3万人ものランナー受付がスムーズにできるようにといろいろ上手く考えられているなーと感心しました
何もかも初めてでとまどい気味の私でも迷うこともありませんでした

各場所で「がんばって下さい」と言われて嬉しかったです

それにしても館内暑かったですよねー(^_^;)

2014/11/18 (Tue) 23:29 | みおた #- | URL | 編集
みおたさんへ♪

ほんと、暑かったですね~。
ま、それは運営の方にはどうしようもないことですが。(^^ゞ
でも雨よりはマシだったと自分に言い聞かせて・・・。
もしも雨だったら、走るときも嫌ですが、着替えてから駅まで
「傘」がいるということですよね?
しかも長い傘は預かってくれないから、折り畳み傘を預けておくということですよね?
おっ、たった今気づいたので準備編に書き足しておこうっと。

マラソン大会、どんな組織で運営されているのか興味津々です。
実行委員会とかの事務をしてみたいっ。
電話やメールでありとあらゆる問い合わせが来るのでしょうしね。
いろんなトラブルに瞬時に対応していかなくてはならないし。

やっぱり一度ボランティアをしてみたくなりますが・・・
自分が走るの優先かな。
まだまだ自分本位のコドモです。
高知もウィメンズも走らないのなら、愛媛マラソンのボランティアをしてみたいですが。

2014/11/20 (Thu) 08:33 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する