大阪マラソンレポ【6】 42.195km 前篇

2014年11月26日 (日) 快晴

天気予報が真実味を帯びてくるようになってから、今回のレースは 暑さとの戦いだと。
わたしは走り始めてまだ日が浅く、もともと寒いのが苦手なので
寒いよりは暑いほうがマシかな?と思っていました。

7月末の一年中で一番暑い時期の汗見川ハーフマラソンに出たこともあって
自分の中で、マラソン大会の適温というものがいまだわからず。

週間天気予報

走ってみて・・・この日の気温は26度とのこと。
確かに暑かったのですが、その分トイレに行かなくてよかったのでラッキーだった部分も。

でも、5時間走っている間に、倒れている人や座り込んで動けなくなっている人を何人も見ましたし
ランナー収容らしき救急車の音を何度か聞いて、一度は救急車がランナー収容のため真横にまで来ました。
嘔吐した人や、嘔吐する人を見たというのも、あちこちで話を聞き、
気象条件的には、本当に厳しい戦いだったのだなぁと改めて感じています。

わたしは、普段は屁理屈ばかり言ってわがまま放題なのに
走ることに関しては、坂があろうと風が吹こうと、 「 こういうものかな~。 」 と妙に素直に受け入れられる部分があって
大阪も、暑さも・走りづらさも・南港大橋の坂も、こんなものかな~という感じ。
ただ、前回書いたように、エイドの給食だけは、えぇ~!!!というところですが。

いつも通りではありますが、今回の大阪マラソンレポ、あくまで “ わたし個人の感想 ” ですので
一緒に走った師匠も、たぶん違う感想を持っているでしょうし、
今後、大阪を走られる方は、わたしのブログを参考にして鵜呑みにしないでくださいね。

ということで、やっと走り始めます。
当日、スタートするまでのことは こちらです。 ⇒ 大阪マラソンレポ【2】 スタートまで


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


IMG_3907.jpg  9:00ちょうどに撮影。
スタートまで15分を予定していました。

今までのフル、高知龍馬マラソンと とくしまマラソンでは、スタートラインまではのんびり歩いて、
スタートラインを超すあたりでやっと走り始めるという感じでしたが、今回はスタートラインの少し前から走り始め
GPS取得に大慌て。

IMG_3910.jpg  スタートラインを越えたのは 13分12秒後。

背伸びとはわかっていましたが、第一目標は 「 ネットサブ4.5 」 ( スタートラインから4時間30分以内でゴール ) 
第二目標、ここは死守!というのが 「 グロスサブ5 」 ( 9時号砲から5時間以内でゴール ) 

師匠の時計をグロス、わたしの時計をネットにしてスタート。
この時、師匠に確認したはずですが、わたしはずっと 「 スタートロス12分 」 と誤解したままでした。
5時間もかけて走るのに、ここでの1分の勘違いは後々すごく響いてくることで。
フルマラソンの時計設定については改めて記事にしますが、また一つ勉強になった出来事でした。


わたしたちは4時間半で申告していましたが、スタートブロックはJ。
ペアエントリーやグループエントリーは、本来の持ち時間より ( というか背伸び時間で申告していますが ) 
後ろのブロックからのスタートになる感じ。

よほど先頭からスタートしない限り、どんなフルマラソンでも
「 最初の5kmは思うように走れないので ウォーミングアップのつもりで 」 と言われますが、もちろん今回も。
でも、身体じゅうのあちこちぶつかり合いながら走るというほどではなく、
さすが3万人もいたら混雑するのは当たり前よね。という想定範囲内。

大阪の地理には疎いので、コース図をなんとなく覚えているくらいで
今どこを走っているのか、どっちの方向に何が見えるのかなどは分からず。

最初は、とにかく 人 ・ ヒト・ ひと なので、師匠と はぐれないよう注意して流れに沿って走りました。
GPS時計が 1kmごとに ピッピッと鳴って合図をしてくれるのですが、
「 3km走ったのか~。 」 と思ったら 4km、 「 これで5kmかな? 」 と思ったら 6kmと
早くもランナーズハイですか?という状態。笑  ( もちろんランナーズハイは冗談ですが ) 

このあたり 1km走るのに 6'30くらいかかっているのですが、とにかく 「 あっという間 」 でした。
時計がピッピッと鳴るたび、 「 えぇっ!? もう1km走ったの? 」 という感じ。
ただただ流れに沿って進んでいるだけで どんどん進めている~!!!

IMG_3917.jpg  今回初めて、レース中にも自分で写真を撮りました。
ほんの数枚だけですが、これは 9:45撮影なので 5kmの少し手前くらいかな。
下寺町の下寺町歩道橋。

なぜここで写真を撮ったかというと、わずかな坂で、先を行くランナーの人波がすごかったから。
無理矢理切り取ると・・・

IMG_3917bv.jpg  人 ・ 人 ・ 人。  ランナー ・ ランナー ・ ランナー 。
普通のマラソン大会だと、 『 5kmまでは思うように走れない 』 といいますが、大阪マラソンはずっとこれに近い感じ。

この後たびたび通る 難波交差点を右折。
上の画像では若干左寄りを走っていますが、スタート時はかなり左端にいて、そのまま左にいたので
御堂筋は中央の大きな車線を走りました。

グリコの看板を背景に写真が撮りたい、またはオールスポーツの写真を撮ってもらいたければ右の細い車線とか
折返しのトップランナーを見たければ左の車線とか、事前にリサーチしておくならいろいろあるようですが
わたしたちはただ左にいたから、そのままの流れで進んだら左の広い車線に入ったというだけ。

この先何度も折返しがありますが、大きな大きな中分離帯に阻まれているところも多くあり
対向ランナーをハッキリ見ることが出来るポイントは少ないので、個人的には左で正解だったなと。
ただ、沿道の応援を身近に感じたい場合は、右のほうがいいのかも。

左車線の左にいたら テレビで見るような、先頭のバイクカメラとかトップの外国人選手とか
それに続く速い速い人たちとか、間近に見ることが出来て とっても新鮮でした。

今まで、高知ととくしまでは、そういう人たちには擦れ違うことすらなかったので、
同じ大会に出ている実感がありませんでしたが、今回は あの人たちがさっき通ったコースを自分も走っている!と。
そんな一流の人たちと同じところを走っている!と新たな感動も。

かなり速いところにブログで知り合った方の旦那様がいつものウエアで走っているはずなので探しましたが分からず。
コメントはしたことないのですが、有名な女性ブロガーさんもウエアを公開していたので
そのウエアの女性・・・と、走りながら探しましたが見つけられず。

「 トップランナーの走りってどのくらいだろう? 間近で見たことが無いから、数字で3分台と聞いてもよく分からない 」
と、いつも言っていますが、結果は、真横で見ても わかりませんでした。
自分も走っていたら、相手がどのくらいのスピードなのか さっぱりわからず。

このあたりはチャレンジランの人も一緒に走っていて、チャレンジランの人は、御堂筋を直進
フルマラソンの人は右折と、コースが分かれるので、
係の方があちこちで ランナーのほうを向いて必死に声をあげていました。
『 フルマラソンは左に! チャレンジランナーの方は右に入ってください!!! 』

んっ?
係の方はずっと同じことを言いすぎて疲れが見えていたのかな?
バスガイドさん状態で、ランナーのほうを見て話しているので左右が逆転するはずが、逆転していませんでした。
係員の方なのか、ボランティアさんなのかはわかりませんが、暑い中、本当にお疲れ様でした。

このあたりは、そういうツッコミが出来るくらい余裕。
初フル高知は、師匠の真横にいて なにかしら喋りながら走っていましたが、今回は 無駄なお喋りはちょっと自粛。
でも、この左右の間違いは思わず師匠に話しかけてしまいました。(*^^*)


御堂筋を右折。
10km地点で、従姉と伯母とばぁばが応援してくれているとのことでしたので、
9kmを過ぎたら右端を走ろうと申し合わせていて。
さすがに、右の歩道にいるはずと・・・目を凝らして沿道のたくさんの人の中から3人を探して、見つけました!

IMG_3982.png

image1.jpg

image3.jpg
従姉が撮ってくれた写真。

一番に従姉が一人でいるところを見つけたのですが、従姉は俯いて iPadを見ていたようなので
きっとランナーズアイをチェックしてくれていたと思われ。
走りながら大声で叫んで、気づいてもらうことが出来ました。

従姉だけがいたので、ばぁばは?と思ったらそのすぐ先にいて、ばぁばも俯いて携帯を眺めていて。
また大声をかけ、気づいてもらい、手を振り合いました。
あとで聞いたのですが、とにかくランナーズアイが繋がらなかったと。
読み込むまでに5分くらいかかるので、「 リアルタイム 」 には程遠かったようです。

姉が 東京からWi-Fiで繋いですら、相当混雑していたようですが
ランナーズアイ自体が混雑していたのはもちろん、大阪の基地局も混雑していたということかな。
ランナーが3万人で、応援している人が その数倍。
沿道から応援していたり、自宅からネット上で応援していたり、すごいアクセス数だったのでしょうね。


スタートロス15分で予定していたので、従姉やばぁばには 10km地点に 10:21予定と言っておいたのですが
実際は、10:19 と ほぼ計算通り。 我ながらすごいっ。笑

このあと、片町で折り返して また3人の前を通るのですが、この先、どこにいるかわからない。(T_T)
走りながら、近くに歩道橋があるかを探しましたが見つからず。
いうことは、地下道があれば 3人は地下からコースを渡って走る側に来てくれるはず。
地下道が無ければ、さっきと同じところで反対車線を走るわたしを遠巻きに応援してくれるはず。

3人がいてくれたのは、1階部分を改築?工事中のビルの前。
その場所をしっかり記憶して、折返し後は そのビルを目印に。

公式プログラム3  従姉が、事前に大阪マラソンの応援をしたことがある人や走ったことがある人にリサーチしてくれていて
2か所、それぞれ折返しで合計4回応援が出来るようにと決めたポイント。

どちらの歩道にいるのかは分かりませんでしたが、左右の歩道をきょろきょろと探し回って、
右側の歩道で従姉を発見!
地下道で移動してくれたようでしたが、伯母とばぁばは見つけられず。
でも最初の一回は会えたので本当によかったです。

そのあと、また御堂筋を通って難波交差点を右折。
師匠のGPS時計は、時々LOSTしていたらしく、全く同じ時計のわたしはLOSTには気づかなかったものの
距離表示がずいぶん違っていて。
わたしの時計のほうがずいぶん進んでいて、
コース上の公式表示が15kmなのにGPS時計は16kmを越えていたり、もうはちゃめちゃ。

あとで聞いたところ、ビルの谷間や高架の下を走ることが多くて
LOSTしてもGPSが自動修正はするものの、どうしても誤差が多く出たのではないかということでした。
コース上はいつまでたってもランナーだらけで、ばらけることはなく、
人を追い越すためには蛇行するしかないので、そういうのも誤差につながったのだとは思いますが。


従姉たちの応援ポイントその2は、大正橋付近。
電車での移動で、駅がどこにあるのか、駅の出口がどこなのかさっぱりわからないので
どちら側にいるのか全く想像がつかず。

右側の歩道をメインに、時々左側を見ていましたが、見つけられず。
電車での移動が間に合っていないのかな?と心配しましたが、
折返し後、無事に見つけることが出来ました。
この時も先に見つけたのはわたし。

みんなで必死になってわたしたちを探してくれたそうなのですが、ランナーズアイは頼りにならず。
あとは人力で、多くのランナーの中から 『 ピンクのシャツに白い帽子 』 のわたしを探そうにも
ばぁばいわく、 『 4人に1人はピンクのシャツ! 』 というくらいピンクのランナーが多くて。

人酔いしそうなほど、走る人をひたすら目で追いかけていたら気分が悪くなりそうだったというほど
探してくれたのですが、無事に再会することが出来ました。
2か所、4回のチャンスがあって、うまいこと最初と最後で会えたので ヨシ!ということかな。

それと、ブログを読んでいてくださって、ご自身もエントリーしたけれど抽選に漏れたという方が
沿道に応援に来てくださっていました。

ピンポイントで応援場所を聞いていたわけではないのですが、偶然というか奇跡というか
沿道で振ってくださっていたウチワを見つけることが出来、一瞬ではありましたが対面を果たすことが出来ました。
たくさんの応援は本当にありがたいのですが、やはり 「 わたしを 」 応援してくれるというのはまた格別。
本当にありがとうございました!!!


IMG_3919.jpg  レース中に写真を撮ったのが2か所。
その2か所目がこちら。 11:13
18.3kmトイレ地点の目前 日吉橋手前

IMG_3920.jpg  ここも、坂になっていてランナーの波が見えていたのでそれを撮影。
18km地点でこの状態って・・・聞いてはいましたが、ランナー多っっ。

男女込 17000位台でスタートして、12000位台でのゴール。
つまり5000人ほどを追い越したわけですが、とにかくランナーが多くて抜くのも一苦労。

仕方なくランナーとランナーの間をすり抜ける時は、「 通ります! 」 と後ろから声を掛けたり
思いっきり蛇行して避けたり。

一度は、普通に走っていたはずが、何かを踏んでしまい 「 うわっ!なんか踏んだ! 」 と思わず声をあげたほどで
わたしが踏んだものの正体は・・・ 人の足。
普通にまっすぐ走っていて人の足を踏むってどういうこと???
思いっきり踏みつけたわけではなくて、軽く接触した感じだったので、怪我はなかったようでしたが、びっくりな出来事。
もちろん謝っておきましたが、後ろの方が急に回り込んできたようでした。

他にも、どのあたりだったかは忘れましたが、ある男性と接触。
右側を走っていたわたしが、左にコース変更をしようとしたのと
左側を走っていた男性が、右にコース変更をしようとしたタイミングが全く同じで、
男性の右側面と、わたしの左側面がしばらく くっついたまま。
ほんの数秒だとは思いますが、まるで磁石が吸い寄せられるように ピタッー!

スタート直後の人だらけのところならともかく、かなり過ぎてからでもそういうことが起きるとは
さすが3万人の大阪マラソン。
道幅はどこも十分広くて、安全上の問題は感じませんが、やはり3万人というのはすごい人だなと。

走っていて、腕がぶつかるというか、腕に触れるなんていうのは日常茶飯事。
誰かと触れる度、汗で濡れるので、うわ~と思いますが、当然 わたしの汗をその人にも付けてしまっているわけで。
もうこのあたりはお互いさまとしか言いようがないですが、汗のニオイはすごかったです。

途中で自分の頬を触るとザラザラ。
潮を吹いてる~!!!
ほんと、暑くて 各給水所では スポドリがあればスポドリを選択。
さすがに脱水症状や熱中症の心配をするほど。

距離が進むにつれ、コースを離れて座り込んでいる人や、コース上に横たわっている人の数が増え。
「 医師 」 のビブスを付けたランナーが対応していたり。
自分の身にも起きるかもしれない恐怖を少しだけ感じながら走り続け。

24kmあたりの折返しでは、左端を走っていたのですが 「 この先に通天閣が見えるよ! 」 という
手作り感たっぷりの看板が。
事前にその情報は知ってはいましたが、実際に走っていると とてもそんな記憶は残っていないので
あの看板がなければ、全く気づかず通り過ぎるところでした。

土地勘がなく、なにを観ても 「 あ~テレビで見たことある~! 」 という他所の人には
あの看板は役立ったのではないかと思います。

実にどうでもいいことですが、その先で 「 松尾産業 」 と看板のあるビルを発見。
思わず師匠に 「 あ、松尾産業だ 」 と言ってしまいましたが、師匠からすれば 『 は? 』 でしょうね。
わたしが以前 勤めていた会社の取引先。笑
大阪にあるのは知っていましたが、松尾産業という名前を見て懐かしくなりました。


もともと膝 ( 特に右 ) に不安があり、とくしまで痛めた左足も完治はせず。
絶対に痛み止めを飲むようになるのは分かっていたので、スタート前に飲んではいたのですが
ハーフを過ぎたあたり?25kmくらいから??? もう次から次からいろんなところが痛くなって。

高知の時に、師匠に脚が痛い!と訴えたのですが、症状を聞かれて答えると、それに対する返事は
『 そのうち治る! 』 と。
内心、なんじゃそれ~!!!と思いましたが、でも心強い言葉で、
独りで走ったとくしまでも、脚が痛くなると 「 そのうち治る! 」 と自分に言い聞かせていました。

今回もそう言い聞かせては見たものの、次から次からいろんなところが痛くなって
右膝が痛い~!と、しばらく我慢していたら、左足の裏が痛い~!と、それも我慢していたら左足側面が痛い~!
痛い場所は次々変わるものの、常に脚 ( 足 ) の どこかが痛い。


つづく


本当はもう少し書き進めていましたが、到底今日中にゴールしそうにないので、
キリのいいところで分けることにします。
後篇は、また改めて。

今日は少し走ってみようかなと思っていましたが、準夜勤に出勤まで時間が無くなってきました。
家事を放り出してブログを書いているので、そろそろ家事をしてきます。

明日は小梅の誕生日♪
一応ビーグルカテゴリーにも居座っていますが・・・小梅は元気です!


応援ありがとうございます(*^^*)
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

さくらさんこんばんは。さすがに3万人となるとすごい行列ですね。18キロでもバラけていないのですね。5時間前後でゴールする方が最も多いのでは?僕が出た昨年の神戸は2万人でしたが、スタートブロックが前だったのでスタート直後の混雑だけであとはスムーズに走れました。でも舞子の折り返し後、しばらくして反対車線の団子状態にはびっくりしました。でもその中で自分の応援をしてくれている方を見つけると、嬉しいですね。実のお母さんならなおさらではないですか。日曜日の福岡は天気が微妙です。高温よりましだと思いますが・・・師匠はいびがわですか?いびがわも人気の大会ですぐ締切ですね。そういえば今日は徳島の申し込み日ですね。今回は申し込まないですけど。日曜に向けて今日からカーボローディングしています。アルコールも我慢します。レース前にアルコール摂取すると脱水症状になりやすいそうです。なのでレースまで我慢します。走り終わった後、豚骨ラーメン食べてきます。

2014/11/06 (Thu) 20:15 | ゆういち #- | URL | 編集

すごいランナーの数。写真でみると圧巻ですね
日吉橋前後辺り、私はかなり後方を走っていたのでもう少し空いていましたが・・・

それにしても26度なんていう気温はあの日一日だけ飛びぬけて暑い日でした。
私もどちらかというと寒いより暑い方がいいかなと思っているタイプ。朝寒くなくてラッキーと思っていましたが後半暑さでバテ気味でした(^_^;)

録画した番組で見ましたが、私がたどりついた頃にはもう残っていなかったエイドの冷やしパイン。あの暑さのあの位置で食べたらさぞ美味しかったでしょうね
食べたかったな~(*^。^*)



2014/11/06 (Thu) 22:42 | みおた #- | URL | 編集

ランナーの波、圧巻ですよね!! あと1.2分見つけられなかったら移動しようかと思ってたんですよ!ビーグルウチワ万歳!! 小梅ちゃんお誕生日おめでとうございます(^o^)

2014/11/07 (Fri) 00:08 | さくらのおかん #- | URL | 編集
ゆういちさんへ♪

わたしの時間帯が多かったというのもあると思いますが、最後の最後までばらけませんでしたね。
ずっと大勢の人の中を走っていました。
でも、道幅はずっと広いのと、覚悟していたのでさほど違和感はなく
とくしまの土手のほうが走りづらかったくらいです。
腕とかぶつかり合うのは、最初から最後まで一緒ですが、もうお互い様ですしね。
さすがに3時間くらいの人は、空いていたようですが。

応援はありがたいですね。
会えるかどうか相当心配しましたが。
わざわざ飛行機を6時間も待って大阪まで行って会えなかったらツラいですもの。
4回のうちの2回でしたが、会えてよかったです。
応援するのもつかれるけれど、パワーをもらえるらしいので
新たな楽しみが見つかったのではないかと。

65歳も過ぎて、我が子の応援をすることになるなんて思ってなかったでしょうしね。
学生時代に、部活で応援してもらったことが無いので
( ずっと部活やってなくて ) 43歳になってのそういう応援は嬉しいです。

日曜の福岡、「 いい天気 」 だといいですね。
このいい天気というのも、晴れてりゃいいというものでもないようでなかなか難しいですが。
わたしにとったら、雨さえ降らなければとりあえずOK!!ですが
人それぞれ嫌なところは違いますものね。

とくしまはわたしも申し込みしません。
たぶん今後もう走りません。
愛媛も高知も名古屋もダメという年があったら走るかも?くらいで。

では、日曜日頑張ってくださいね!
福岡の豚骨ラーメン、美味しいだろうな!!!

いびがわで勝負をかける (?)師匠は、豚骨ラーメンが大好きらしいので
このコメントを読んでよだれ垂らしてそう~。
 

2014/11/07 (Fri) 17:50 | さくら #- | URL | 編集
みおたさんへ♪

冷やしパイン、そうとう美味しかったです。
ほんとっ、高知のきゅうりに勝るとも劣らない。笑
つまり、高知のきゅうりも相当美味しかったのですが。

寒さに震えるような時だったらまた違うのかもしれませんが
あれだけ暑かったら、冷えているものの美味しさは格別ですよね。

録画を見ながら、見ずしらずの人のシーンに涙したり、
当日発見できなかった知り合いのランナーさんを見つけたり、
改めて感動しまくっています。
ほんと、見れてよかったです。

全体のヘリからの映像・・・なかったのは残念ですね。
でも、自分が走っている間に会ったいろんなことが知れて嬉しいです!

2014/11/07 (Fri) 17:54 | さくら #- | URL | 編集
さくらちゃんのおかんさんへ♪

え~!!!あと1.2分だったのですか!!!
ランナーズアイが使えなかったので、大変だったそうですね。

ほんとっっビーグル様様!!!
今日も寝ている小梅にスリスリしたら、ガウガウ言われました。
我が家の女王様、今日も元気です。

もう8歳。
これからも元気で長生きしてほしいものです。
お互いおめでとうございます♪

2014/11/07 (Fri) 17:55 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する