わたしが坂道に強い理由 13.5km

左足と右膝は、できるだけ氷で冷やすようにしています。
二か所同時に冷やせるように、100均で氷のうを買いたし。
薬局で買ったものより、生地が少し薄いので、ダイレクトに冷える感じはしますが、100円ということを考えれば充分。
座ってパソコンをしているときはもちろん、寝る前に氷を入れ替え、冷やしながら寝たり。
固定が難しかったのですが、師匠からタオルで巻くといいと聞き、それ以来タオルで巻きつけています。

11日は、夜勤明けでそのまま動き回り
12日は、一日中ぐうたら過ごして、夜勤へ。
13日、今日は夜勤明けで帰宅して、1号のお弁当を入れて送り出してから走ってきました。

本当は帰宅後すぐに走り出したいのですが、さすがにお弁当だけ入れなくては。
とはいえ、またわたしが残業だろうと見越したばぁばが、おかずは入れていてくれたので、わたしはお握りだけ。
普段は、普通にご飯を入れるだけですが、今日は行事なので お握りに。

IMG_3674_201409131121327d1.jpg
本当は、テーブルの上で撮りたかったのですが、1号が起きてきたので
見られないうちにさっさと撮って、さっさと蓋をしなくては!と、大慌て。
大学生のお弁当がミッキーだったらまずいですかねぇ・・・。

キャラ弁というほどではないので、このくらいなら許されるでしょう。
というか、もしも文句があるなら自分でやって。
わたしに任されている以上、1号には文句を言う権利は無し。

ちなみにこのミッキー型、1号が幼稚園の時から使っています。
二度の引っ越しにもめげず、現役。
というか、使ったのは10年ぶりくらいかしら?
次に使うのはいつ? 

今ではこういうお弁当グッズもたくさん販売されていますが、
15年以上前に、お弁当用としてではなく、文房具用として売られていたものを購入し、お弁当に使っていました。

いつもは、帰宅後すぐに走っていて、 間をあけると一気に走る気が失せるのですが
今日は、走る!という気持ちを維持したまま。
前回走った日と、次回師匠と一緒に走る日、さらに仕事のシフトを考えても今日は走る!と。

前回師匠と一緒に走った時、トンネルを出てすぐ折り返したのですが
グーグルアースで見てみると、あとほんの少し走れば海が見える感じ。
この山奥から、海?

自分の目で確かめてきました。

【 2014年9月13日 7:37開始、9:03終了 13.5km 1:26:12 平均 6'22/km ナイキ 今月3回 計 43km 】
IMG_3689.jpg
13.5kmで走るのを終え、STOPを押した後、確かにSAVEを押してからGPSを切ったはずなのですが
なぜかSAVEされておらず。
せっかく13.5kmも走ったのに~!!!と悪戦苦闘。
この画像自体、悪戦苦闘の途中で念のためにと撮ったものなので、実際はあと ほ~んの少し速いはず。
なんて、今のわたしには その程度の誤差にこだわる必要はないのですが。
結局、再度GPSを取得し、なんだかんだやっているうちに 1:26:12 という記録になってしまいました。

でも! つい先日 重信からの帰り、暑くて、ひたすら上りだったのですが
偶然にも全く同じ距離 13.5km、同じナイキのシューズ、同じ夜勤明けという条件で

【 2014年9月09日 9:27開始、11:01終了 13.50km 1:31:39 平均 6:49/km ナイキ 】
【 2014年9月13日 7:37開始、09:03終了 13.50km 1:26:12 平均 6'22/km ナイキ 】
こんなにも違う~!!!

9日は、重信川沿いを折り返した以外は、ほぼ上ってばかりの片道コースでしたが
今日は、バイパスと旧道とはいえ、折り返しコースで、
急な上り坂があった分、急な下り坂も多くて、そこでスピードを稼げたからかな。
13kmで5分違う ( 縮められる ) ということは、フルマラソンだと・・・
なんて、甘い考えというか、机上の空論はやめておきます。

では、今日のコースをご紹介。
というか、途中までは いつも走っているコースですが、今日は、独りぼっちで未知の領域まで行ってきました。

IMG_3675.jpg  稲刈りの終わったところは、天日干し。
美味しいお米になるのでしょうね。
奥に見えている坂は、浦戸大橋を想定して何度か走ってみましたが、さすがにキツイので最近はスルー。

IMG_3677.jpg  一つ目のトンネルを出たところ。
この橋を境に、勾配6%の坂が延々と続きます。

IMG_3679.jpg  自分自身が延々と上り坂を攻略しつつ、見上げた先には 新しい道路。
とてもとてもこんなところまでは・・・と思っていましたが、先日初めてトンネルを走ってみて
その後、グーグルアースで見てみると、意外と行けそう。

旧道を くねくねと走っていると、かなりの勾配を感じるのですが、
なぜか薄暗いトンネルを 緩やかなカーブで走っていると、ほとんどといっていいくらい勾配を感じず。
入口と出口は同じなのだから、同じだけ上っているはずだし、
旧道は くねくね、トンネルはまっすぐということは・・・・? はて???

とにかく。
土曜日で、もともと少ない車の通行量が更に少ない気がしたので、思い切ってトンネルへ。
さすがに旧道は山の中過ぎて、車が一切通らず不気味過ぎるので無理。

トンネルの先に一部、旧道のままの部分があって、車の離合すら大変で
もちろん歩道もないのですが、そこは一瞬なので うまく通り抜け
車の人からの痛い視線は気付かない振りで走り続け
トンネルを出て、ほんの数百メートルで・・・

IMG_3682.jpg  見えた~!!!
いつも下から見上げていた道に出ることが出来ました。
つい先ほど、あれほど見上げていた先に、走ってやってきました。
ちなみに給水以外は一歩も歩かず。
この坂を上るときでだいたい 7'30/km くらいかな。

IMG_3683.jpg  同じ場所から、空を。
明らかに雲が近い。

自分の目で確かめたかった 「 海が見えるのか? 」 は 曇っていて検証できず。
今度、師匠と一緒に検証してきます。
師匠は視力がよさそうなので。 ( たぶん、コンタクトではなく裸眼 )

このすぐ先で折返し、あとは一気に下るだけ。
走り始めてからずっと、右膝に違和感があるので、膝に負担を掛けないよう
スピードを出しすぎることのないよう、慎重に。
とはいえ、急な下りでは 5'40/km くらい。

トンネルは、一部真っ暗なところがあって、足元が見えず、
歩道が段になっていて上を走っていますから、もしも不意に落ちたら激しく足をくじくだろうし、
ちょうどその時に車が来たら跳ねられるというか、轢かれる危険もありますが
どうにか無事に走り抜けることが出来ました。
ゆっくりだと危なくないのですが、怖いし 帰りは下りだからついつい速くなって。

今日はiPhoneを持っていたので、iPhoneライトを点けてもよかったけれど、普段は持っていないから次からどうしよう?
というか、今後もここが定番コースになるのか?
この山の上まで来ると、往復で13.5km
トンネルの手前までだと、11km程度。

大阪マラソンとか高知龍馬マラソンで、ここまでの坂道トレーニング要る?
( 要らないと思う。 )

何度もいいますが、下に見えている道ですら、勾配6%の坂を上り続けた途中にあるのですから。
いくら自宅が山間部だとはいえ、下の道ですら、相当上ってきた末のこと。
なのに、この写真の場所は・・・。
我ながら、よくこんなところまで走って登ってきたなと半ばあきれ気味です。笑


IMG_3685.jpg  帰り道。
以前、大きなヘビに遭遇した場所。
左手の黄色の標識に、勾配6%と書かれていて、この先にも3つくらい同じ標識が続いていました。

IMG_3686.jpg  ずいぶん我が家が近づいてきました。
左足は、軽く違和感程度、右ひざは 痛いというほどではないけれど、しっかり違和感。
さすがに このあたりまで来ると、雲は空にあるものという感じ。

IMG_3688.jpg  柿が実をつけ重そうにしていたり、栗が色づいて落ちていたり。
車で走っているとほとんど気にならないことも、走っていると肌で季節を感じます。

今日の給水は、自販機で ゆずジュース 350ml を 半分ほど。
汗はかきますが、汗ダラダラで目に入って大変というほどでもなく。

レース日や、仕事の具合や、足の具合や、わたしの性格を考え  ( 一番は足の具合 ) 
9月に入ってから走る回数を減らして 一度の距離を延ばすようにしています。
それが正しい練習法なのかどうかは分かりませんが、 常に 「 走らなきゃ・・・ 」 という気にならない分だけでも楽。
中3日、中4日程度は 普通にあり得ることだと思うようにしています。
※ わたしにとっては 10kmを超えると 「 長く走った 」 という感覚です。

師匠の一人からは、短い距離でもスピード練習をした方がいいのでは?とのアドバイスももらっていて
確かにそうも思うのですが。


仕事は、昨夜は かなりうまくいきました。
仕事量がかなり少なかったので、人員や納期に余裕があったのが第一ですが、
そのおかげで、例のトラブルになった後輩パートくんに 精神的余裕をもって教えてあげることが出来ました。

すぐ上の上司が間に入ってくれて 「 年上・目上の人には敬う気持ちを持つように 」 というような話をしてくれたので
( “ 敬う ” という言葉は使っていませんがニュアンスとして ) 
少しは 後輩くんの考えにも変化が出たのかしら?

わたしが一人でした方がよほど早くて、楽で、人件費も抑えられるのに
時間と手間をかけて仕事を教えて やってもらい、すべての確認。 ( ← それがわたしの仕事ですが ) 

わりと疲れたと思うのですが、後輩くんが先に上がりだったので、わたしが残った仕事をしていると
また後輩くんが現場に現れ、「 缶コーヒーを置いておきましたので飲んでください♪ 」 と。
まぁ可愛い後輩。  ( ぇ? ) 
わたしは缶コーヒーは飲まないのですが、そこは気持ちよく 「 ありがとう♪いただくね! 」 と。
気持ちの問題なので。

そして、事務所に戻ってみると、缶のカフェオレが置かれていました。
わたしがコーヒーは飲まないのを知っていたのかな?
1年ちょっと一緒にいるのだから、知ってても不思議はないか。
でも休憩が重なることはほとんどないのだけど。

前回、わたしが後輩くんに指図され、キレたもとになった とある作業も、
今日は 「 僕には無理だったので さくらさんお願いします! 」 と。
言い方一つで、受け取り方も相当変わるのだから・・・

わたしも 発言に気を付けます。


さ。
寝なくちゃ。
今夜も仕事だっ。

後輩くん、とある仕事の 独り立ちの日。
もちろんフォローと確認はしますが、今夜から一応 独り立ちです。
もしもうまくいかなかったら、わたしの教え方がまずかったということで。 ( 謙虚に ) 

ちなみに・・・昨夜は 早番だと信じて行ったら、なんと遅番でした。
制服に着替えて、休憩室で しばらくゴロゴロしてから仕事に入ったのでした。

終わり良ければ総て良し。


昨夜、自宅で今季初の鍋を食べ、会社で今季最終と思われる冷やし中華を食べたわたしに
応援ぽちっとお願いします。(*^^*)
※ 最近 2位に転落中
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
タイトルの、わたしが坂道に強い理由・・・ですが、答えは 山の子だから。
生まれも育ちもこの田舎で、平坦な道なんてないんですもの。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

鍵コメさんへ♪

わたしにとっては、10kmを超えると 「 わたし、よく頑張った! 」 と思える距離です。
ハーフ対象なら、こういう走り方ではないかもしれませんが
大阪へ向け、長く走れるようにしておかなくては。
といっても20km以下ですからねぇ・・・。まだまだですね。
10月初めに しまなみ行きたいですねぇ。
20km~30kmくらい。

インターバルとか・・・・いろんな練習法がありますね。
眼で見たり、耳で聞いたりはしますが、実践はしたことがありません。
なんたって左足が気になって気になって。
現時点で「痛い」ではないのですが、四六時中違和感があります。
フルマラソン完走できるの?という不安。

左足と右ひざさえ万全なら、タイムはともかく完走は出来る自信がありますが
この二か所・・・爆弾?
時限爆弾のように、ある時を境に、爆発するんでしょうか。
たぶん、コップの表面張力からあふれ出た水のように痛み出すんだとは思うのですが。

シューズ、大阪のエキスポで見てきます。大阪で。
( 大事なので2回言いました。 )( 倍返し。笑 )

17日、しまなみの予定でしたが、予定変更して久万を走ってきます。
師匠が久万ハーフに出るので、そのコースを。

 

2014/09/15 (Mon) 09:20 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する