阿嘉島のウミガメ 2014年5月-3 【2日目午後・姉日記】

阿嘉島2日目。からはーいさんのボートで13時シュノーケルに出発。(※クリックでからはーいさんのHPが開きます。)

P5120001.jpg

P5120003.jpg
 まずは昨年6月に行った座間味島北側のポイントへ。ここには若いテーブルサンゴがいっぱい♪

P5120010.jpg
 サンゴの隙間をぬって進むとリーフが切れ込んで深くなったポイントがあり、その底に枝サンゴの群生が。

P5120012.jpg

P5120017.jpg
 8m程潜って上を見上げるとこんな感じ。毎回ボートスノーケルをからはーいさんでお願いして、素潜り(スキンダイビング)のトレーニングをして貰ったおかげで今では8~9m潜れるように。水面に浮かんで見るのとは違った世界を少しだけ覗けるようになりました♪

P5120022.jpg

P5120030.jpg
 ここでは友達がサンゴの下にネムリブカを見つけたのですが、私は見られず。サメ見たかった。。。

P5120045.jpg

P5120046.jpg
 ここで30分ほど楽しんだ後、タイマイに会える可能性の高いポイントへ移動。

P5120050.jpg
 移動した先は去年9月に行った阿真ビーチ沖の西側。水深6mにいるハナビラクマノミに再会。

P5120051.jpg
 こちらは水深7mにいるカクレクマノミ。前回はダイバーさんが見ているところへ潜っていって、ガイドさんに手を振ってもらいましたが、今回は私達だけの貸し切り。

P5120056.jpg
 慶良間のサンゴは八重山に比べて色合いは地味め、と思ってましたが、ここのサンゴは色とりどり♪泳いでいるのはセグロチョウチョウウオのペア。

P5120058.jpg
 エダサンゴの森に群れるデバスズメダイとネッタイスズメダイ(黄色)。

P5120065.jpg
 透明度もよくて、気持ちがいい♪

P5120072.jpg
 ガイドのひげさんがタイマイを見つけてくれたので見に行くと。。。

P5120073.jpg
 なんと、タイマイ2頭が接近!

P5120074.jpg
 んん??2頭であいさつしてる???ウミガメがコミュニケーションを取っているところを見るのは初めてです!

P5120075.jpg
 あいさつは一瞬で終わり、1頭は泳いでいきます。

P5120079.jpg
 残されたタイマイ。「あ~、いっちゃった。。。」って思ってるかのよう(*^_^*)

P5120084.jpg
 すぐに気を取り直して(?)、お食事開始。タイマイの顔の前にいるのはイロブダイの幼魚。ちびっこは可愛いな~♪

P5120085.jpg
 タイマイはサンゴの間に頭を突っ込んで、海綿を引っぱり出して食べるためクチバシが尖ってます。

P5120087.jpg
 アオウミガメに比べてクチバシが尖っているのが分かるかな?あと、甲羅の後がギザギザになっているのもアオウミガメと見分けるポイントです。

P5120110.jpg
 タイマイと分かれて、ユビエダハマサンゴの群落を観察。カメラのGPSによるとここで水深8m。

P5120111.jpg
 ユビエダハマサンゴの上にウメイロモドキが。青い体に黄色のラインが映えますね♪

P5120114.jpg
 水深4.5mから下をのぞくとこんな感じ。

P5120117.jpg
 ウメイロモドキと一緒に群れていたのはアマミスズメダイ。後のサンゴが倒れているのは台風の影響でしょうか。

P5120121.jpg
 エダサンゴが繁る浅瀬に戻る途中、タイマイに再会。

P5120122.jpg
 どこかで「アカウミガメはクロール、アオウミガメは平泳ぎで泳ぐ」というのを見ましたが、タイマイも平泳ぎですね。

P5120123.jpg

P5120125.jpg
 友達と一緒にエダサンゴの森に群れる熱帯魚をゆっくり楽しんで、ここでの滞在は約50分。趣の違うポイント2か所で色々なサンゴにきれいな熱帯魚、更にタイマイも2頭見ることができ、大満足のボートスノーケルでした(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったら、ぽちっとお願いします。バナーはパラオの夕日です。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 姉代理更新

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する