とくしまマラソン【3】 食事

とくしまマラソンレポ、第三弾は 「 食事 」

※ わたし個人の感想です。

何かで読んだのですが、 「 マラソンとは食べるスポーツである 」 と。
高知龍馬マラソンでは、公設、私設のエイドでの食べ物がすごく充実していて
食べることが大好きなわたしは、あちこちのエイドでしっかりと食事をしていました。
( 初フル高知龍馬レポ【3】食事 は こちら ) 


わたしはフルマラソン 2回目、
前回の高知も、今回のとくしまも 飲食物は一切持たずに走りました。

高知では エイドに寄るたび、両手に食べ物を持って、延々食べながら走っていて
エイドロスがバカにならないと分かったので、今回は始めからエイドロスも計算に入れていて。
減速して立ち止まって受け取るだけのロスではなく、
両手に握って、もぐもぐ食べながら走っているときはどうしても遅くなりますから。

今回の とくしま。
昨年までに参加された方のブログなどを読むと、「 エイドがすごく充実している 」 とのこと。
高知よりもさらに期待が出来そうな感じで、わくわく。

今回は、ペースメーカーの師匠がおらず、単独参加なので 高知よりは遅くなることが予想されていましたが
意外と速かったです。
( 高知は、グロス 4:59:09 ネット 4:53:21 とくしまは、グロス 5:00:17 ネット 4:50:07 )

その勝因は・・・真っ先に思い付いたのが 「 エイドロスが少なかった。 」

高知では、いろいろなものをよく食べていて、補給のために食べていたというよりは
大袈裟にいえば食べ放題の食事を摂るために走って移動していたといえるほど。
本当にいつも食べていました。

とくしまは、走り終えての感想は・・・意外と食べ物が少なかった。
※ 好き嫌いが多い わたし個人の感想です。

わたしは食べ物の偏食が多くて、まずバナナが嫌い。
チョコレートも、麦チョコとかアーモンドチョコとか ものによっては好きなのですが
シンプルなチョコレートは苦手で、チョコレートケーキは嫌い。
梅干しもダメ。

なので、エイドの定番 バナナは完全スルー。
ソイジョイの新発売 なんとかチョコというのもありましたが、チョコ味なのでスルー。
チョコレートも梅干しもスルー。
これだけ好き嫌いがあると、せっかく提供されていても 『 わたしが食べられるものが 』 少なかったという結果になるので
しつこいようですが、わたし個人のワガママな感想です。



高知の時、朝ごはんを食べ終えてからホテルでカステラを食べたりはしていましたが
走り始めてから最初の食べ物エイドまでが長く、空腹感がありました。
カステラを持って行っていたので、荷物を預ける直前に食べようかと思いましたが
緊張からかいまいち食欲がなく、そのまま預け荷物にしてしまい、後悔。

今回はその失敗を踏まえ、荷物を預けてから 走り出すまでの間に食べる分をちゃんと用意しておきました。

CIMG0773.jpg  CIMG0774.jpg
松山で買っていった一六カステラと 前日受付後、ポッポ街で買ったプチトマト。
当日は大荷物で電車移動なので潰れないよう、カステラを袋に入れ ( フェリシモのポリパックを愛用 )
お茶やジュースは嵩張りますから、水分はプチトマトで補給することにして5個。
「 走る直前セット 」 を用意。 
こうしておけば、荷物の中で潰れることはありません。

そして、荷物を預けるときに カステラの入ったポリパックに直接プチトマトを入れて、
空になったプチトマトの容器はゴミですが預け荷物へ。
始めから一緒にしておくと、プチトマトがつぶれてカステラがその水分を吸って・・・悲惨なことになるでしょうから。

この準備、大正解。
荷物を預けて、トイレ待ちの時に モグモグ食べていました。
本当は、スタート前整列のときに食べたかったのですが、諸々の事情でトイレ待ちの間に。

普通に聞いたら 「 トイレに並んでいるときに物を食べる 」 って変ですが、
そんなこといってられないっっ。
屋外の広い場所でしたし。

ちなみに、カステラは一切れだけにしておきましたが、二切れにすればよかった・・・。
あと、高知はスタート直前に ゴミ袋を持った係の方がゴミ回収に来てくれましたが
とくしまではそれは見当たらなかったので、カステラを入れていたポリ袋はポケットへ。

空になった小さなポリ袋なので トイレで捨てさせてもらおうかと思いましたが
トイレにはゴミ箱はありませんでした。
仮設トイレとはいえ、男女別になっていたのに 女性トイレにゴミ箱ないの???
えと・・・わたしは不要だったので個人的には問題なかったのですが、え?
わたしが見つけられなかっただけかも?
( ちなみに仮設ですが洋式で ニオイもなく綺麗でした。少し並びましたが大行列ではありませんでした。 ) 


とくしまでは、食べ物を手にしたまま走ったのは一度だけ。
最初の食べ物エイド 12.9kmで 甘酒と 鳴門金時入りぜんざいがあって 両方楽しみにしていたのですが
まず初めに、氷砂糖があったので 小さいのを一つ口に入れ。
今まで氷砂糖を食べたことはないのですが、マラソンブログを読むと評判がいいので初めて食べてみました。

その直後に甘酒。
氷砂糖をほっぺの横に入れて、甘酒。
すご~く小さいコップだったのが残念ですが、すごく美味しかったです。

そのエイド以降は、ちょこちょこ何かしらの食べ物があるのですが
スタートから最初のエイドまでが10km以上あるので 最初のエイドが待ち遠しいったら。
甘酒の後は、ぜんざい。

どんな風なのかと思いましたら、プリンの様な形でフィルムを剥がしてスプーンで食べるという。
コースを離れて完全に立ち止まって食べている方も多くいましたが
わたしがそうすると、異常に食べるのが遅いので ロスタイムが多すぎると判断、食べながら走りました。

左手にぜんざいの容器。
右手にスプーンを持って、3.4回に分けて 噛み噛み噛み噛み噛み噛み。
甘いぜんざいはすごく美味しかったです。
その間も、氷砂糖は ほっぺの横にキープ。


とくしまは走り始めの気温が 11度。
橋のところに現在の気温が電光表示されていました。 

半袖一枚とポンチョだけだったわたしはかなり寒くて、100均で買った手袋をつけていたのですが
給水・給食では必ず手袋を外していました。
走りながらぜんざいを食べて、手がギトギト。
次の給水所で、水で手を洗うまで ねちゃねちゃのままでした。

それはいいとして、ぜんざいの空容器。
道端の草むらに捨てられているのもいくつか見ましたが わたしは先ほどのポリ袋が大活躍。

IMG_3057.jpg
右手に持っているのは、ポリ袋に入れたぜんざいの空容器とスプーン。
ぜんざいの空容器だけなら、ギトギトしていますし 持ったまま走るのはかなり大変でしょうが
ポリ袋に入れたので、持ったまま走るのも特に苦にならず。
次のエイドで捨てさせてもらいましたが、かなり長く持ったまま走っていました。

そのあとも次々に続くエイドを相当楽しみにしていましたが、すごくうれしかったのは
半田そうめんと イチゴくらいかな。
さすがに半田そうめんは、その場で立ち止まって食べ終え、ごみを捨ててから再スタート。

走り終えての感想は
「 う・・・ん、空腹を紛らすというか、走るためのの栄養補給という感じで
いろいろ食べることが出来て満足!という感じはしないなぁ。 」 というもの。
わたし個人の好き嫌いのせいなのは百も承知ですが。

でも、冷静に思い返してみると、レース中に食べたものは
氷砂糖 ・ 甘酒 ・ ぜんざい ・ プチトマト3個? ・ いちご3個 ・ はちみつレモン2切れ
半田そうめん ・ じゃこカツカレー味 . パスコのパン一切れ

他の方のブログを見ると、わたしが好きなものも もっといろいろ提供されていたようなのですが
気付いていないもの多数あるようで。
35キロを過ぎてからは、エイドが気になりつつも、5時間に間に合わせようと必死で
エイドロスが怖くて立ち寄らず補給せず。

JALのCAさんからふるまわれていたジュースも 本当は飲みたかったのですが
時間の余裕が無くてスルー。

じゃこカツは、魚が嫌いなので本当はスルーの予定でしたが
お腹が空いていたので、思わず手に取ってしまいました。 ( 配ってくれているのを受け取った感じ )

はちみつレモンは すっごく美味しかったです。
手をパーにして並ぶとトングで手のひらに乗せてくれるので、パクッと。
もう手がネチネチするとか言ってられない。

5時間の戦いを終え、うわさに聞いていたフィニッシュカツと おうどん引換券を受け取り、
ゆっくり着替えてから おうどんコーナーへ。
IMG_3041.jpg  14:00ちょうどにゴールして、おうどんを受け取ったのが14:53。

わたしは魚が嫌いなので、フィッシュカツは要らないのですが、誰か食べて~というのも申し訳ない気がして持ち帰り。
ちなみに、なぜか鰹節だけは大丈夫というか好きなので ( ワガママ過ぎというのは自覚 )
おうどんがすっごく美味しかったです。

ベビーカーに乗った小さな子どもさんが、おうどんが食べたいと言っていて
ママが 「 これは走った人だけなのよ。 」 となだめていたシーンがちょっと気になりつつも、自分の分は完食。
フィッシュカツでよければ差し上げるのですが、「 おうどんが食べたい! 」 と言ってたしなぁ。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


そのほかの食事は・・・

IMG_3020.jpg
前日、徳島そごうでカツ丼セット。
一番上の階のレストランに行ってみました。
いよてつそごうのレストランを思い出す感じ。
大きな窓からは、お城こそないものの山が見えていて、聞こえてくる言葉もさほど違和感はなく
自分が徳島にいて、明日 フルマラソンを走るだなんて とっても不思議な感じがしました。

カツ丼セットは、日頃は頼むメニューではないのですが カーボローディングをちょっと意識して。

CIMG0769.jpg

CIMG0771.jpg こちらから買って持って行っていた一六カステラと、カップスープ  ( 夜と朝用に2個 )
ポッポ街で買ったイチゴ2パックとプチトマト。
徳島そごうで買ったおこわセット。
鴨島駅コンビニで買ったお茶とプリッツ。

おこわは 夕食と朝食に分けて食べました。
もともと赤飯など もち米が好きでアゲも好きなので美味しかった♪
帰りに、また買って帰ろうと 徳島そごうに寄ってみたらもう売り切れでした。

ちなみにイチゴは 1パック200円くらい。
プチトマトが160円くらい。
日にちの経った処分品ではなく、新鮮でおいしいのに安かったです。

走った後の飲み物として、ザバスとかありますが、わたしはそういうのが苦手。
柑橘系のジュースで筋肉疲労回復がどうとか・・・というのを聞いて、100%のポンジュースを買っていて
とくしまへ持って行くつもりだったのですが、気づいたら自宅で飲んでしまっていました。 ( わたしが )

とくしまでも柑橘ジュースくらい買えるし・・・と思ったまますっかり忘れていて
それから 「 どうして柑橘ジュースなのか 」 という本題もすっかり忘れていて
帰りに徳島駅でカフェラテを飲んで まった~り。
あほです。


先にも書きましたが、わたしが宿泊したホテルは 朝食が無料で付いています。
でも7時から。

7:05の電車に乗るためには、その時間の朝食は無理なのですが
この日は、特別に6:30からにしてくださるとのことでした。
完全に準備を仕上げるのは無理かもしれませんが、可能な限りご用意いたしますので是非!と言われ。

わたしは食べるのが異常に遅いですし、自分で準備をしていたので とりあえず部屋で朝食を取り
せっかく勧められましたし、ランナーのためにわざわざ早めて下ったのにスルーするのも申し訳ないと思い
レストランへ。

レストランには、とくしまマラソンに出場するランナーさんが二人。
わたしが三人目。

IMG_3030.jpg 徳島だけに、お味噌汁にはわかめだろうと期待していったのですが・・・
用意されたお椀には、ワカメがほんの少しと、お扶。
ホテルでのわたしの朝食は以上。

食事自体は、和食中心でいろいろあったので時間等の制約が無ければ
ゆっくり美味しくいただけたはずなのですが、電車の時間も気になるので お味噌汁だけ。

ホテルは、徳島駅からは離れていますが、鴨島駅からはすぐ近くで
部屋は広くて 静かでよかったです。
チェックインしてからチェックアウトするまで 部屋から一歩も出ませんでしたが
前日軽くジョギングするにも困らない感じ。
このあたりはまた別記事で。

IMG_3045.jpg
こちらは 走り終えた後の夕飯。徳島そごう レストラン街にて。
「 徳島ラーメン 」 というのもありましたが、無難に塩ラーメンで。
すごく美味しかったです。
やっぱり疲れたときは お汁ものが欲しくなる。

なぜかものすごく喉が渇いて、うしろにある大きなピッチャーのお水を半分くらい飲みました。


ということで、相変わらず 「 簡潔にまとめる 」 という能力は欠落しているので
ダラダラと長くなりましたが 食事編でした。


リアルタイム日記ですが 足の痛みは たいして変わらず。
海外逃亡中の師匠とはLINEで少し話すことが出来ました。
わたし、夜勤明けで熟睡中だったから 意識が半分飛んでいましたが。

今朝、会社で同じ会社の師匠とも話すことが出来、
「 普通に歩けているから 足が痛いのは気のせいじゃない? 」 ということになり。
そう! 病は気から!!!

まだ一週間ちょっと時間はあるので、気長に治るのを待ちます。
ハーフは、記録云々ではなく 楽しく走るという方向転換もできますし。

さてこれから夜勤4勤最終日。
気も身体も重いけど 行ってきま~す。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

徳島はエイドの数少し少なかったですね。私設エイドの数は多いと思いました。僕がとったのは大塚製薬のSOYJOYとバナナでした。バナナは一口だけ食べて残りゴミ箱に捨ててしまいました。あと私設エイドで茶色のものを手渡ししてたので竹輪と思ってとったらいなり寿司でした。こちらも大きかったので全部食べずに捨ててしまいました。走りながら食べるので少しの量で十分なので申し訳なく思いました。27キロのソーメン食べてみようと思ってましたが、ドリンクとって飲んでいるうちに通り過ぎてしまいました。戻るのはさすがにやめました。フニッシュカツおいしかったですよ。うどんにのせて食べました。パンも配ってましたね。ゴール後の飲食が有料でもあれば良かったけどその為に後夜祭会場があるのでしょうね。来年の参加は検討します。同じ日にある岡山県の津山マラソンも評価いいのでそっち出ようかと思ってます。秋のレース次第ですね。

2014/04/26 (Sat) 23:53 | ゆういち #- | URL | 編集
ゆういちさんへ♪

わたしは高知ととくしましか知らないのですが、高知は充実していましたね。
いつも食べていたように思います。
ゆういちさんはソイジョイとバナナでしたか、わたしとは真逆ですね。笑
そうめんは美味しかったです。さすがにお汁もので、割り箸で食べるので
立ち止まってストレッチしながら食べて、ごみも処分してから走り出しました。
そうめん食べてなかったら5時間切れてたかなぁ・・・
いや、でもそうめんは必要な時間として計上。
フィニッシュカツ、誰が食べたんだろう?自宅の台所に置いておきました。
油が漏れそうでにおいもしそうで、ポンチョにグルグル巻きにして持って帰りました。
パン、配ってたんですか???気づいてない・・・。
Pascoのパンかなぁ? ← そこはこだわる。

来年・・・来年は3月とのことですし、いや たとえ4月でも出ないと思います。
師匠とも話しているのですが、来年の本命レースは高知にしようかと。
でも愛媛が地元だし、愛媛のほうが抽選が先なんですよね。
抽選を待って受かっていても入金しないというのはなんだかマナー違反な気がして嫌ですし
高知にかけて、高知が抽選漏れだとツラいし。
どこかでは確実にフルを走りたいし。

改めて高知の良さをしみじみと感じています。
また高知を走りたい!!!

とくしまマラソンの記事、違ってることがあったら言ってくださいね。
それと、花火がいつ上がったか、わかれば教えてくださいませ。
号砲の直後じゃなかったということかなぁ?
オレンジブロックでは、スピーカーから開会セレモニーの声は聞こえていましたが
号砲は聞こえませんでした。



2014/04/27 (Sun) 15:35 | さくら #- | URL | 編集

さくらさん。徳島来年3月なのですか?それなら出ないかも。ゴール後のパンはうどんコーナーの入口で高校生が配ってました。後の方はなくなったのでしょうか?スタートのセレモニーは僕の緑ブロックからは遠目だけど見れました。川内優輝選手やハイテンションの千葉さんも見れましたよ。花火はスタート号砲の後しばらくして上がったと思います。何秒後か忘れましたが僕がスタートラインこえる前なのは確かです。でも号砲聞こえないのはいつスタートかわからないですね。しばらく動かないでしょうし。その代わりの花火だったのでしょうけどタイムラグはいただけませんね。

2014/04/27 (Sun) 17:30 | ゆういち #- | URL | 編集
ゆういちさんへ♪

とくしまは、選挙の関係で3月22日だとか。公式な発表かどうかは分からないのですが
わたしが見たブログではそう書かれていました。
4月でも出ないと思うけれど、3月なら絶対無理です。
愛媛か高知かは走るつもりなので。 ( 抽選次第ですが )
一か月ほどしか開けずに立て続けにフルは、一年後だとしても私には無理です。

ゴール後のパン、なくなったのか気付かなかったのか。
5時間でゴールして無くなるならはやすぎですよねぇ・・・。
千葉さん・・・異常なほどのハイテンションでしたね。
独りで、緊張してたので、あの時のあのテンションはちょっと苦手です。
愛媛県人は、おとなしい土佐礼子さんに慣れているからかな?
って変な言い訳ですね。
高橋尚子さんのテンションは、可愛らしくって好きなのですが。
ちなみに、千葉さんは、目の前で見ても分かりません。
すごいランナーだそうですが、わたしはよく知らないです。

9時。
オレンジブロックなんて、9時ちょうどだからといって何がどう変わるわけでもなく
ごそごそ歩いているだけなのだから、iPhoneで時間を確認する余裕は十二分にあったのに
雨対策でポリ袋に入れていたので出すのが億劫で、ついつい。

あのときにそのひと手間を惜しまず、9時ちょうどを確実に合わせていれば
たぶん5時間切れていたはずなんですが。
ま、走りに 1.2分の余裕を見ていなかったのがそもそもの失敗ですね。 
って、そうはいっても1.2分って、すごいですけどね。

よかったら「 ランネットのサイトより 」 のコメント欄も見てくださいね。
わざわざ見に行く価値があるのかは・・・・見に行ってみないとわかりませんが。

2014/04/28 (Mon) 11:09 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する