初フル高知龍馬レポ【5】失敗

IMG_2803.jpg IMG_2804.jpg
IMG_2806.jpg IMG_2805.jpg

年末にGPS時計を買ったものの、使い方を把握しないままレース当日。
師匠が同じ時計ですから、完全お任せでした。

帰宅後すぐに荷物を片付け、時計は時計の定位置にしまったままでしたが
先ほど、ふと思い立ってデータを見てみました。
見る方法もよくわからないので、適当にあちこち触ってみて。

せっかく二人で一緒に走るので、師匠の時計はグロス、わたしはネットにしたのですが
結局のところ、このデータから読み取れるのは

9:05スタート、13:59ゴール
走った距離 42.63km
タイム 4時間53分29秒
  ( 記録証ではネット 4:53:21 )
6:53/km 時速 8.7km というのは、平均?
5:36/km 時速 10.7km というのが 最速???
右上画像最下段の 「 1721 」 って何の数字だろう?

えぇ、自分で調べず人に聞くのはわたしの悪い癖なんですけどね。
まぁ、師匠へ私信ということで・・・。



時計に関してですが、以前にも練習中に 変な画面 ( というか、数値 ) になったことがあるのですが
知らないうちにボタンに触れてしまったのだろうと。

今回もレース中にいきなり違う数値になって、あれ?と。
レース中は、一番上の大きい数字がラップ、二番目が距離、三番目が時間 ( ネット ) にしていて
ほとんど一番上しか見ていなかったのですが、ある時 ふと見たら 「 9.0 」 と。

それまで 6:30とか表示されていたのに、いきなり 9.0って なに?
それからしばらくちょこちょこ見ていましたが だいたい9.0、時々8.9
何なんだこの数字は?と思い、よく考えてみると、「 時速 」 と思い当たり
これでは全く意味がないので、隣にいる師匠に腕ごと差し出して 「 直して 」

さすがに並走しながらですし、腕時計の小さなボタンがうまく押せず
「 右上が停止だから、右上さえ押さなければなんとかなる 」 と、いくつか押していたら直りました。
ふぅ。
一人で走っていて、いきなりこんな風になったら大パニックだっ。

ペースは師匠任せで、わたしは時々時計を見て、へぇこのくらいでこんな感じかぁ・・・と思うくらいでしたが
とくしまは一人なので、時計だけが頼り。
今度は 最後尾ではなく もう少し前のスタートなので、周りにつられていきなりハイペースになったら大変っ。


時計の画像、たった今 撮ったばかりなのですが 電池は行く前に満タンに充電して
そのあとフル走って、そのあとは時計モードで放置。
GPS時計のわりには、電池は長持ちするようです。
この時計、リストバンドをしていないとうまく手首に収まらないので、走るとき以外は手首につけていませんでした。
かなり細かく調整できるベルトなのですが、やはり男女兼用とはいえ、男性用というか
わたしが素手でつけて走るには無理があるようです。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


20140223338.jpg
23日に日付が変わった後の訪問者数 ( 重複カウントです。 )
沢山の方々に来ていただき、ありがとうございます。(*^^*)


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


あと、リクエストいただいた内容ですが、失敗弾はありますか?と。
・・・すごい誤字。でもお似合いだから(?)、あえて誤字で放置だっ。

何を失敗したということもないのですが ( 強がり ) 
しいていえば、手袋を落としたことと、足の指にワセリンを塗ってなかったこと。

あと、失敗というほどではないのですが 食事編でも書いた
「 意外に早くお腹が空いたから スタート前にカステラ食べておけばよかった 」
衣装編で書いた 「 ラップ表に トイレやエイドのロスを含んでいなかった 」 などなど。
時計の使い方を把握していなかったのは確信犯だから除外・・・で いい? ( 誰に聞いているんだか。 ) 

≪1≫ 手袋を落とした

どこのエイドだったか覚えていないのですが、まだ前半 確か上り坂の途中。
エイドでは、給水で手袋が濡れるのを避けるため必ず手袋を外していたのですが
給食に気を取られ、ふと気づいたら手袋が片方ないっ!!!

すぐに師匠に報告し、エイド付近を探しながら戻ってみたのですが見当たらず。
そのあと師匠と一緒に、さらに後戻りして探したところ、なんと道路の中央付近
エイドは左端にありますが、ランナーが通る範囲の一番右側に落ちていました。

わたしは指先が冷える人ではないのですが、なぜか手首が恐ろしく冷えるので、
手袋を外しているときの手首冷え防止のためリストバンドをしていました。
なので、最悪 手袋は無くても大丈夫。

師匠がずいぶん逆走していくので わたしもついていき 「 もう無くてもいい 」 ということは言ったのですが
諦めかけたころに見つかり、拾ってくれました。
エイドに入ってから落としたことは確実だったとはいえ。
みんなが左のエイドに寄っていくときに、右端に落ちていたので誰にも踏まれることなく綺麗なまま。
 
師匠いわく、2.3分のロスだろうと。
それでもギリッギリ 5時間切れたからよかった~。
これで、5時間と30秒とかだったら、 「 手袋さえ落とさなければ 」 と延々悔やんでいたでしょうから。

暑いから手袋を外そうという時は、しっかりランパンのポケットの中に突っ込んでいたのですが
エイドの時は握っていたつもりが油断してしまったのですね。
今回のことでしっかり学習しましたが、今後の課題と。

≪2≫ ワセリンを足の指に塗っていなかった

愛媛マラソン申込者対象の初心者マラソン教室で、
とにかく擦れそうなところ全部にワセリンを塗っておくといいと言われていて
あちこちに塗ったつもりだったのですが、足の指は塗らず。
途中から、左足の指の甲に違和感があり、擦れた感じ。

実際にどうなっていたのかはわかりませんが、感覚としては 指をぎゅっと縮めた感じで
時々気付いて 指を伸ばしてリラックスさせていました。
皮膚と靴下との摩擦で、指の甲側の皮膚が赤くなってるんだろうなと思いましたが
いざ終わって、靴下を脱いでみると全く何ともありませんでした。

すごくツラかったということはないのですが、
走っているときになんだか気になったので、次からはワセリンを塗っておこうっと。

≪3≫ というか番外・・・首

これは、もう結果論でしかないのですが、走る前から首に違和感というか軽い痛みがあって
でもまさかこんな事態が待ち受けているとは思っておらず。

上司は、走る前に違和感があったのならどうして走ったんだ!と言いますが
あの程度の痛みで棄権してたら、どれほど体調万全なら走れるんですか、というレベル。

でも、結果としてこうなったのは事実なので ( 走ったから・・・ということではないのですが )
今後の対策として思いつくことをいくつか。

★ 全くの想定外で、自分で運転していくことになり、高速を2時間ノンストップで運転。
途中で寄ろうと思っていたSAを わたしのうっかりで通り過ぎてしまい
結果、ひたすら前を向いて首を固定したままの運転になってしまいました。
一般道なら、右左折もあり、信号待ちもあるのですが 高速道路は首が固定されたまま。

何でもない時なら全く平気なことですが、首が痛いと自覚していただけに
SAに寄って 少しでも首を動かしていれば良かったと思います。

★ ホテルの枕が高すぎた。 
家ではずいぶん低い枕を使っていますが、ホテルのベッドに用意されていたのは高い枕。
クローゼットの中のやわらかい枕と交換はしたのですが、それでも高過ぎたみたいで。
えぇ、全部 結果論ですけどね。

★ 帰りのバスで爆睡
無事にゴールできた安堵感と、達成感と、疲労感と
何もかもで帰りのバスでは爆睡していたと思います。
川之江のバス停と、川内で止まった時に一瞬目覚めたくらいで、ほぼ爆睡。
きっと首の角度が えらいことになっていたんでしょうね。

元気な時なら何でもない一つ一つのことが、弱っているときは何もかもが刺激になって
結果的にこの後の惨事を招いたのではないかと。
そして無理をして仕事に行き、一番きつい仕事をしてしまい・・・。

首の件は、失敗談という扱いではないのですが 一応書いておきました。

≪さらに番外≫ ザバスとスーパーヴァームを用意していて、走る前にザバスを飲んだ。

これ、本人が失敗と自覚していないので、いまさらどうでもいいっか。




明日(次回) は、前日の移動・前日受付の様子など更新予定です。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

鍵コメさんへ♪

本文で書き忘れましたが、 ( 決してあえて書かなかったわけではなくて・笑 )
30kmを過ぎて、一度 「 ギアチェンジしよう! 」 とスピードアップを試みたのですが
あえなく撃沈。無理でした。
そういうのを失敗と思うか、いい勉強と思うか、ですけどね。
ホント 負け惜しみではなく、あまり失敗はなかったと思っています。
初めてなのに、何もかもうまくいくわけないという前提あってのことですけどね。

師匠からも、ずいぶん春めいてきたと言われましたが
わたしは高知以来、月曜夜勤に行って、火曜と水曜病院に行っただけで
それ以来家から一歩も出ずひきこもりです。
いったいいつになったら走れるのやら。


 

2014/02/24 (Mon) 23:00 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する