フルマラソン後に見た地獄

高知龍馬マラソンのレポをどんどん書きたいところですが
病院めぐりです。

日曜日夜、レースを終えて高速バスで帰途へ。
明らかに脚を痛めている方が何人もいる中、スイスイとバスに乗り込みましたが 乗った後は 爆睡。

ばぁばと2号が松山インターまで迎えに来てくれていて 帰宅。
その後も 若干の張りはあるものの たいした筋肉痛ではなく。

17日(月) 朝、普通に起きてブログ更新。
その時点で 「 金曜日あたりから痛めていた首が痛い 」 と。
それから徐々に脚全体の筋肉痛も出現。

昼間はお昼寝して、夕飯作って食べて 階段を降りるのがつらい筋肉痛を抱えながら仕事へ。
首が痛いのに仕事キツイな~とは思いましたが
希望公休で二日も休んで、そのあと 「 しんどくて仕事できません 」 なんてことは口が裂けても言えず。

以前から走ることには反対な職場。
すぐ上の上司は 「 俺だったら仕事に支障が出るようなことはしない。 」
一番上の上司は 「 公休の日は 仕事のために身体を休めるためのものです。
公休の日に遊びすぎて仕事に支障が出るなんて、社会人として失格です。 」 と嫌味満載。

運の悪いことに、出勤してすぐに 一番重い仕事。
普段なら、それは終わっているはずですが、その日はたまたまトラブルで遅れてずれ込んでいたらしく
わたしがその重い仕事を担当する羽目に。
もともと、それは女性の仕事ではないと言われているレベルの重労働ですが
社員ですし短時間の作業ですし 甘えるわけにもいかないので、
普段なら一気に持つ量を小分けにしてどうにかこなし・・・
でも、首が痛い時に 重いものを頭上へ持ち上げるだなんて自殺行為そのもの。

結果、5時間ほど働いて、早退を願い出ました。
その時のすぐ上の上司の対応は・・・・とても書けない。
ありのままを書いたら・・・はい、書けません。
一番上の上司も 言葉はそれほどきつくないものの、同じく。

早退して、どうにかベッドに倒れこみ 就寝。
火曜日の朝、必死で起き出して、どうしてもばぁばが頼れないので自力で運転して整形外科へ。
送迎があるはずなので聞いてみましたら、送迎はリハビリで定期的に通っている人だけの予約制とのこと。
交通量の少ない時間で、右左折もほとんどないので どうにか大丈夫でしたが やっぱりこれも自殺行為でした。

レントゲンを撮って 「 骨には異常なし。痛み止め飲んで仕事していいよ。 」
重いものを持つ仕事だって言ってるのに、仕事していよって・・・できるわけがないです。
まともに歩くことすらつらいのに。

そのあと会社へ行って、一番上の上司と話。
もともと走ることには反対だったので 延々とお説教。

座っていると、頭の重みを首が支えるので首がいたくて
ずっと右手で頭を支えるのを手伝っていると、今度は右肘が痛くて。
早く帰って横になって、頭の重さから解放された~い!!!と思いつつ 説教食らって。

えぇ、悪いのはわたしなんですけどね。
金曜日あたりから 首が痛かったのですが、その後フルマラソンを走り切り。
でも、その後 一気に悪化したということはなかったのですが
フルマラソンを走っていなかったら、今 ここまで悪化してたかどうかは 誰にもわからないわけで。

帰りの高速バスで、疲れ切ってうなだれて寝ていたのかも?
月曜日の夜勤で、行ってすぐに重いものを頭上へ持ち上げたのがとどめを刺したのかも。

結局、火曜日に整形外科へ行き、会社へ行き、
走ることを否定され、
社会人なんだから 「 公休の日に遊んで疲れたので翌日の仕事に支障が出た 」 なんて許さん!
と言われ、いつ 「 じゃあ 会社辞めます。 」 と言おうか考えながら泣けてきて。

もともと反対していた上司から、「 頑張ったね! 」 なんて言われるはずはありませんが
そこまで否定しなくても。

ちなみに、日曜日にフルマラソンを走るので 土曜日は前泊で休み、当日は もちろん休み。
念のため、月曜日も休みを欲しいと願い出ていましたが、それは却下されていました。
月間9回ある休みを、そこへまとめてほしいと言っただけなのに。

少し前にも 「 どうして走るのか? 」 というタイトルで
仕事の愚痴とか、仕事と走ることの関連とかを延々と書きましたが
短時間パートから正社員になって、トータル16年勤めた会社を 夏に辞める決心をして
結局引き止められて、上司の態度も少しは ( でも想像以上に ) 変わったので、続けることにしたものの
心の中で 「 もういつ辞めてもいい 」 というような変な肝が据わってしまい ( 日本語として変ですが )
まぁ、仕事が楽しくないったら。

ということで、上司からびっくり発言が。

『 リフレッシュを兼ねて 今月いっぱい休め。
その代り 3月からは笑顔で仕事に来い。 』

フルマラソンを走るから3連休が欲しいという要求すら却下されるのに
2月18日の時点で 「 今月いっぱい休め 」 ですと???
一瞬、耳を疑いましたが、どうやら精神的病のほうも心配されているようでした。

『 最近笑顔がない 』 と。
仕事が楽しくないのに、笑えるか~!!!

たった今気づいたのですが、2月って28日か・・・。
31日までの月とは3日も違うんだ・・・。
そのことに、たった今気づいたことが恐ろしいですが。

はぁ。
今、文章にしてみると、会社からしたらこんなややこしい社員、要らないだろうなぁ。

こうして文章にすると、自分のことを外から見ることが出来るというか
冷静に見ることが出来るというか。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


結局、近くの整形外科の 「 骨には異常ないから痛み止め飲んで。仕事には行っていいよ。 」
という言葉が信用できず、今日は総合病院へ行ってきました。

左右どちらにも向けない、上も向けない、寝返りできない
寝ているのから起き上がるには相当な時間と痛みが伴い
唾液を飲み込むことすら苦痛で、飲まず食わずだというのに 「 仕事に行っていいよ。 」 って?
病名すらなく。

今日の総合病院では 体温・血圧測定 ( 37.3℃・血圧は普通 ) 
握力測定 ( 右17kg 左24kg ) たしか高校時代は30kgくらいあったはずですが、 
右利きなのに、右がそれって、いかに力が入らないかということ。

それからレントゲンは昨日撮って終わっているので CT撮影。
機械に横たわるとき、うっっっっ。起き上がるときも うっっっっ。

ドクタースランプの漫画で、あられちゃんが自分の首から上を外して遊んでいるシーンがありますが
ぜひそうしたい気分。
ヘルメットを脱ぐように、首から上の頭を外して、横に置いておきたい。
頭は重いとは聞きますが、ホント 重いっ。

結局、いろいろあって脳外科の医師の診察となりましたが
「 CT画像にも異常なし。寝違えたののヒドイ版 」 という診断結果でした。

いろいろ丁寧に説明してくださり、「 痛み止めを飲むしか対処のしようがない 」
ということにも 素人にもわかりやすい説明で あとは日にち薬と。
痛いと凝り固まったままで動かさないから悪循環で、痛み止めを飲んで痛みを取り除いて
少しでも動かして。ということでした。ストレッチが一番いい、と。



もちろんどちらの病院でも、日曜日にフルマラソンを走ったことは言ってあるのですが
走ったことと直接の因果関係は無いので、今後も走って大丈夫ですと言われました。
ホッ。

走る前から首に違和感というか軽い痛みがあったのに
フルマラソンを強行したのは、たしかにわたしの落ち度ですが
あの程度の痛みで 走ることを断念していたら、どれだけ体調万全だったら走れるんですか?という感じ。
走り出して痛みが増したわけでもなく、走り終えた途端に痛み出したわけでもなく。

でも、とくしまを走るのは・・・
会社側からなんていわれるでしょう?

またフルマラソンを走るからと3連休を申請するか、
理由を言わず2連休で済ませるか。
「 社会人なら仕事に支障が出ることは止めよう 」 と走らないか。  ← ありえなぁ~い!!!

今は痛み止めが効いて ずいぶん楽になりました。
昨日は ロキソニンをもらっていたので 胃潰瘍再発が怖くて2度しか飲めず。
( 胃潰瘍歴は言ってあるはずなのですが。 )

今日の病院ではさらに胃に優しい痛み止めに替えてもらいました。
お昼に空腹のまま服用し、やっと 1.2時間してや~っと効いてきたので さっそくPCで遊んでいるという次第。
コラコラ。

ず~っと寝てましたから 睡眠不足も随分解放されましたし。
唾液を飲み込むことすら激痛で、飲まず食わずだったのがやっと解消されましたし
明日から 高知龍馬マラソンのレポを どんどん更新していきます。



寝違えたのがフルマラソンと重なったばかりに フルマラソンのせいにされ がっくり。
※ 寝起きに違和感があったわけではないので、明らかに寝違えた・・・のではなく、
  起きている時にも そういう風になることがあるそうです。  



上司から 「 仕事のことを忘れて ゆっくり休め。 」 と言われたり
仕事の進め方や考え方など いろんな話をされ、 「 休んでいるうちにゆっくり考えてみろ。 」 と言われたり
混乱しているわたしに 応援ぽちっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

痛み止めの効果で やっと痛みが取れてきましたが 今回の痛みのつらさは
胃潰瘍・十二指腸潰瘍、親不知抜歯後に並ぶ 人生ワースト3。
本当につらかったです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

さくらさん寝違いが痛みの原因でしたか。上司にマラソンが原因と思われ災難ですね。上司の発言はさくらさんの仕事がシフト制だから、人のやりくり考えてのことだと思います。フルマラソンを完走する事がどれだけ価値あるか。どれだけ計画してトレーニングしたか、分かって欲しいとは言わないけどお疲れ様位言って欲しいですね。今朝の高知新聞にマラソン完走者名簿出てました。さくらさんは女子完走者の半分より前でしたよ。5時間切ることは継続的に走る習慣ないと達成できない記録ですよ。自信持って!徳島走りますと宣言したらどうですか?それでもぐちゃぐちゃ言う上司なら器が小さい人ですよ。

2014/02/19 (Wed) 18:55 | ゆういち #- | URL | 編集
ゆういちさんへ♪

寝違えたということになっていますが、実際は寝違えではなくて・・・
なんなのでしょう?
12日の美容院での頭を置く位置が不安定だったとか
起きているときになにか不具合があったとか
それで軽い痛みがあったところへ、前日2時間の高速運転 ( ひたすら前しか見ない ) 
フルマラソン、バスでうなだれて寝た・・・などなどの要因が重なったものと思われます。
寝起きに異変に気付いたわけではないので 「 寝違えたようなもの 」 ということで。

わたしの記録、当日の完走症では 306/908でしたが、
後日のランネットの完走症では306/693でした。
とりあえず総合では半分よりは前ですね。
5時間切れたのはひとえに師匠のおかげですが、
でも走ったのは間違いなくわたしですものね。

とくしま・・・いつ言い出そうか迷っています。
4月の公休組むために 3月後半には言わなくちゃ。

2014/02/21 (Fri) 23:11 | さくら #- | URL | 編集
鍵コメさんへ♪

走る前に軽い違和感というか痛みがあったのですが、
それで走ることを放棄するなんてレベルではなく。
でも上司からは「どうして事前に分かっていた走ったんだ!」ときつく言われてしまい・・・

はぁ・・・。

でも、フルは ハーフ ( ←出たことないけど ) や10kmとは全く違うものですね。
フルの魅力に取りつかれました。

2014/02/21 (Fri) 23:14 | さくら #- | URL | 編集
鍵コメさんへ♪

我ながら笑顔でしたね~。笑
だって楽しくて仕方なかったんですよ。
自分が好きで走っているのに、応援までしてもらえるんですよ~。

師匠からもずっと笑顔だったと言われました。
足が痛かったり、走ることに疲れたりはしましたが
苦痛に顔をゆがめて・・・とかは無かったです。

ゴールも、途中のシーンも 我ながらいい顔で走ってました~。笑

2014/02/21 (Fri) 23:16 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する