初フル、高知龍馬マラソン完走報告 

とりあえず、iPhoneの写真から 速報的に まとめて更新です。
あらためて、デジカメの画像を入れつつ 「 長~い 長~い 」 記事にして一か月くらいかけて更新します。笑
ちなみにスタートライン以降は、走ることに専念していたため、写真はありません。


.°*。。・*.☆*。。・。*。°・**°。。・


2月15日(土) 、何度も更新した通り 雪で高速道路が通行止め。
それによって、予約していた高速バスが運休。

夜勤明けなのに、寝るに寝られず まずは安全策でバスの時間の変更をしたうえで
さらにいい策は無いか検討し、結局 ばぁば ( 実母 ) の予定が雪で中止になり
ばぁばがフリーになって送ってくれるというので、送ってもらいました。

とはいえ、もちろん往路は わたしが運転。
高速バスでお昼寝しながら行くはずが、自分で運転。

そして、無事に高知に着き、わたしが乗ってきたわたしの車は
ばぁばと姉が 運転して帰ってくれました。
さすがにフルマラソンを走った後に運転するのは無理だと思うので、帰りは予定通りバスで。

前日受付をして、翌日の支度をして、高知在住の友だちと夕飯を一緒に食べて、さっさと寝て。
夜勤明けで ほぼ寝てなかったので 21時から爆睡。

午前4時に目覚めました。
夜行バスでやってきた師匠と合流し、会場へ。

IMG_2768k.jpg 時間を5時間45分で申告していたので 最後尾のFブロックに整列。
しかも、そのFブロックの最後尾あたりなので ゆるゆる~。
仮装の方たちがたくさんいました。
画像は、列が進んで、もうすぐスタートの国道へ出るというところ。
※ アーチの先が国道ですが、スタートラインは まだ先です。
撮影時刻は 8:58

デジカメは預け荷物へ。
iPhoneは、ポケットに入れて走りましたが スタートまではとっても役に立ちました。
腕時計は二人ともGPS設定にしているので、時計なのに現在時刻がわからず (笑) 、
iPhoneが時計代わりになったし デジカメ代わりにもなったし。

ただ、スタート以降ゴールまでは 全く使っていません。
アプリも起動せず。
ゴール後、手荷物を受け取るより前に ばぁばに無事ゴールのお知らせができましたし
iPhoneをポケットに入れて走るのは慣れているので邪魔ということはなく大丈夫でした。

このあと、9時号砲。

のはず。
後方の人には 今が何分なんだか、もう9時を過ぎて始まったのか、さっぱりわかりませんでした。
スタートセレモニーが見られないとか聞こえないとかはともかく、9時の号砲くらいは知りたかったな。

結局 iPhoneで時間を知りました。
せっかく二人で一緒に走るので
師匠はグロスタイム ( 号砲からの時間 ) 、
わたしはネットタイム ( スタートラインからの時間 ) に合わせることに。

IMG_2772.jpg ほぼ最後尾あたりで、スタートラインを超すまでに5分48秒。
予定時間表では、5分で計算していました。

この画像、「 スタートを待っているとき 」 ではなくて
「 スタートから5分以上してやっとスタートゲートをくぐろうとしているところ 」 です。


~ 肝心なところは簡単に。  後日改めて詳細報告します。 ~


坂は嫌いじゃないのでいいとして、予想外 ( 予想以上の ) の強風と寒さ。
身体が温まったら脱いで捨てるはずのビニールポンチョは結局ゴールまで着たままでした。

エイドの食事は両手に握ってたっぷり食べ、給水もほぼ全箇所。
沿道の声援には可能な限り手を振って応え、ハイタッチをして指先から元気を充電し
5時間にわたる戦い?楽しみ? の末、ゴール。

残り4kmというとき、師匠が 『 このペースだとグロスで ( サブ5 ) ギリギリだよ! 』
( 最後が坂なのも考慮して ) 
「 ネットでいい! 」 『 ダメっ! 』

これ、よろよろで 声を振り絞って返事しているわけではなく
二人の距離が少し離れていたこともあって すごく元気よく 「 ネットでいい! 」 と即答しました。

自分の中でかなり笑えた出来事。
30kmくらいまで優しかった師匠が、最後は厳しくなって。

風が強いところでは 『 僕の後ろを走って! 』 と。
わたしが弱って二人の距離が開いてしまうと 『 ちゃんとすぐ後ろを走って! 』 と。
素直な弟子は 「 だって速すぎるんだもん! 」 と 軽~くキレましたが。笑

わたしよりずっと速い師匠は 常に後方を気にしながらペースランナーをしてくれて
精神的にも支えてくれて本当に助かりました。
一人だったら たくさん歩いていたと思いますが、歩いたのはほんの少し。
途中で足 ( 膝と足首 ) が痛いと訴えても 『 走り続けていたらそのうち治まる。 』 と。


結果、歩いたのは平地 50mくらいを3回と浦戸大橋とゴール直前の坂の、ごくごくごく一部。
疲れ切った時は50mくらいだけ歩いてまた走り出しました。
師匠いわく 『 それで回復するのがすごい 』 とのことでしたが 師匠も巻き込んで歩いているので、
ダラダラいつまでも歩けないし、はやくゴールしたいし。
( いい記録を出したいからというよりも、少しでも早く しんどさから解放されたいから ) 
トイレは 1回
痛み止めは3時間10分のあたりで 1回服用  

IMG_2787-1.jpg
4時間59分09秒

ブログネタにはぴったりな時間。
最後は手を繋いで 夫婦のようにゴール。笑
ずっと同じポンチョを着たままだったので 実際に途中で夫婦に間違えられたりしましたが。

走っている最中に、腕に縋り付きたい・手を繋いで引っ張ってほしいと何度も思いましたし
実際にキツイところで手を差し出されたりしましたが それだけは自分の中でしたくなかったので 辞退。

ただ、風よけになってもらったり 給水とかエイドで時々手伝ってもらったりは しました。
途中で落としたことに気づいた手袋を 一緒に探しに戻って拾ってもらったり。


今回は、わたしの力でゴールした ( この記録が出た ) のではなくて
沿道のすごい声援と、師匠のおかげ。

データ1
トイレに行ったのは 18kmのところ
計っていましたが3分ほどのロスタイムでした。

トイレに行きたいな~と思い始めてから 空いているところ、並んでいる中に女性がいないところを選んで。
事前に常設トイレの位置をチェックしていましたが それは役に立たず。

ゴール後、無料バスでホテル近くまで帰り、ラーメン。
ゴール後の着替え時に 冷えピタを貼ろうと思い 用意はしていたのですが
タイツを脱ぐことすら面倒で ランパンだけ脱いでタイツの上からジャージを履いたので ケア 一切なし。

IMG_2773.jpg
その後、ホテルへ帰って入浴。
慣れない・・・どころか初めてのフルマラソン。
ホテルは延長にしていました。 ( 連泊扱い ) 

左足は靴下を履いてしまいましたが、痛かった膝と足首に湿布攻撃。
足の指にノートパソコンを落として受診したときにもらった湿布。
靴下は 1号からのUSJ土産。

走り終えたとき、靴に着いたチップが外せず ( しゃがむことが出来ない ) 
ボランティアの男子高校生に 「 膝が痛くて座れないからごめんね。 」 と言い
わたしは 偉そうに立ったまま 男子高校生に外してもらいました。

冷たい風が吹く中、エイドでもそのほかの場所でも ボランティアさんがすごかった~。
前日受付の “ 頑張ってくださいっ! ” とか その一言にすごく励まされて。

テレビとかで 「 沿道の方たちのおかげで 」 というのをよく耳にしますが
あれ、本当なんだなと。


会場からの無料バスの時は 座るときに ドスッという感じでびっくりしましたが
それ以降は かなり普通に歩いていて いま現在 階段の上り下りにちょっと違和感がある程度。
湿布攻撃がよく効いています。
( 30kmあたりで痛み止めを飲みました。さすがに薬の効力はとっくに切れていますが。 ) 

帰りは夕方の高速バスで。
ランナーさんでいっぱいでした。




ということで。
これだけ書いていて 「 どこが簡単に? 」 と思われるかもしれませんが
あくまでも 「 簡単にまとめたもの 」 ですので、まだまだ続きます。

明日から 夜勤4勤~。
姉は 今日 ( 16日・日曜日 ) 東京へ帰りました。



応援ありがとうございました!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
たくさんの応援コメント、ありがとうございます!!!
お返事はもう少し待ってくださいね。m(__)m 
17日10時コメントのお返事を書きました~。 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

完走 おめでとうございます。
5時間を1分切り、ホンマドラマティック♪
師匠の支えもありがたかったですね。

しかし痛々しい足ですね( ̄O ̄;)
ゆっくり休むことは無理でしょうが
体労わって下さい、お疲れ様でした。

2014/02/17 (Mon) 07:41 | 関西のさくら #G91RSZjw | URL | 編集
関西のさくらさんへ♪

無事に完走できてよかったです。
膝にテーピングはしていたのですが、もともと不安だった膝が痛くて
今まで気にしたこともなかった足首も痛くて。
でも、ふくらはぎとか太ももは全く平気で、師匠が不思議がっていました。

またあらためて記事に書きますが
数えきれないフルマラソンを走ってきた師匠から見て
わたしはかなり「不思議ちゃん」だったようです。

足、湿布のおかげでずいぶんよくなりました。
今は脚全体がバキバキって感じですが、
ゆっくり休むこともできず今夜から4勤で歩き回ってきます。

応援ありがとうございました!

2014/02/17 (Mon) 10:09 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する