ばぁば&姉ガラパゴス旅行記【プエルト・アヨラ魚市場&屋台通り夕食】

2013年10月10日(木)、日本を出発して6日目。ガラパゴス・レジェンドを下船後、プエルト・アヨラへ。ダーウィン研究所観光・昼食後一旦ホテルに戻って休憩。夕方起きてプエルト・アヨラのお楽しみ・漁港に向かいます。

PA111275.jpg  17:30 魚市場へ到着。昼間アシカが寝ていた時とは打って変わって大賑わい。お客様はニンゲン以外にもペリカンがいっぱい♪

PA111268.jpg ここで寝てたアシカかな???ロープの後に階段があり、そこから上がってきました。

PA111270.jpg アシカくん、おサイフ持ってないので、そーっと控えめに近づきます。。。

PA111271.jpg アシカくん的には見えてないつもり・・・???

PA111284.jpg 奥にももう1匹アシカくん。お兄さんのひざをつっついて大胆におねだり中(笑)


ここで撮った動画。アシカくんの低姿勢が笑えます♪

PA111287.jpg 空からはグンカンドリも。

PA111293.jpg 水揚げされた魚とさばいた切り身。アラは青いコンテナへ入れて、その後はペリカンやサギ・カモメやアシカの胃の中へ。生ゴミは出ません(笑)

PA111294.jpg 観光客でもキッチン付の宿に泊まってここで魚を買って自炊する人もいるとか。これ、刺身とバター焼きにしたら美味しそう♪

PA111302.jpg テレビ取材を受けるアシカくん。

PA111308.jpg 魚市場をビデオ撮影するばぁば。

PA111313.jpg  17:52 だんだん陽が傾いて来ました。

PA111332.jpg  18:07 すっかり夕暮れに。観光客や買い物客が入れ替わり立ち替わりする中、40分ほど飽きずに眺めていました。プエルト・アヨラの魚市場は本当にお勧めです♪

PA111333.jpg  18:26 一旦ホテルに戻り、屋台通りの場所を聞いて夕食へ。

PA111334.jpg イスラ・グリルの角を曲がってまっすぐ行くと屋台通り。歩いていると、ばぁばが声を掛けられました。お目当てのロブスターがあったので値段を聞くと、左から確か$25・$30・$40。せっかくなので$30のエビをオーダー♪

PA111335.jpg  これで$30(3千円)!安い!このエビは下拵えするとのことで一旦キッチンへ。

PA111336.jpg 戻ってきて炭火焼。更にキッチンでソースと絡めます。

PA111337.jpg 完成したロブスターのバター炒め?がこちら。付け合わせにライス1皿とサラダ2皿を注文。

PA111338.jpg  タイ・クラビでもパラオでもずっとエビに拘っていたばぁば。さすがに嬉しそう♪

PA111340.jpg  このロブスター、2人で食べてイヤになるほど食べ応えがありました!因みにお会計はビール1本ジュース1杯飲んで$40弱。屋台だとチップは端数でいいと聞いた気がしたので$40お支払。ランチブッフェの何と半額以下(^^;) 満足度はランチの何倍かな~???

PA111342.jpg  19:39 食後にお散歩。屋台通りを反対側(バルトラ通り)から見たところ。ガラパゴスは治安のいいところなので、ばぁばと2人でも夜安心して歩けます。ここから左(画面右)へ行くと港(桟橋)ですが、間違えて山側へ。ちょっとローカルな雰囲気で海へ出るつもりが登り坂になってきたので引き返しました(^_^;)

PA111343.jpg 港に面した広場。何かのイベント?

PA111344.jpg 石垣島の離島桟橋のようなプエルト・アヨラ港桟橋。港の明かりに小型のサメが集まっているのが見えました。

この後、海沿いに土産物屋を見ながらホテルへ。世界中から観光客が集まるガラパゴスでも東洋人が珍しいのか、あちこちで声を掛けられました。特に子供は、30年前の田舎の日本人の子供のように「外国人だ!」と嬉しそうにこちらを見て、大人に中国語のこんにちはを教えて貰って「ニイハオ」と声をかけてきます。「ハポネ(日本人)だよ~、コンニチハ」というと、恥ずかしそうに「コンニチハ」と言ってくれるお子ちゃま達。そして大人も「どこから来たの?」とフレンドリーに話しかけてくれます。ガラパゴス、クルーズも最高でしたが、ホテルステイで町歩きもすっごく楽しい!1泊だけなのが本当に残念です。

次はガラパゴス最終日。朝食後プエルト・アヨラからグアヤキルに移動です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よかったらぽちっとお願いします♪
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 海外旅行記 | Genre: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する