マラソン教室 最終回

昨日は夜勤の定時が 午前4:30。
30分だけ残業をして、帰りに灯油を買って、ローソンでバスチケットを発券してから帰宅。
そのあとパソコンで遊んだり、なんだかんだしていると11:00。

一時間だけ寝て、マラソン教室に行ってきました。
教室に行く前に、テーピングを買って試したかったのですが、時間がなく。(T_T)

とある方のブログで紹介されていた膝のテーピングのやり方をYouTubeで見て
真似をしようという作戦。

20kmを走って以来、どうも膝がおかしくて。
「 痛い 」 というには大げさすぎて、違和感というのも大袈裟なほどですが、適当な言葉を探すなら 「 不安感 」 。
" これで42.195km走ったらどうなるんだろう? " という不安・恐怖。

あの20km走は、ありえない勾配だったので、直後に膝に痛みが出たのは その勾配のせいだとは思うのですが
やはり、防げるものなら事前の対策で防いでおきたいので。
42kmって、本当に未知の世界ですから、何が起こるかわからず不安。

マラソン教室では、まず講義があって、大会を3週間後に控え ( 愛媛マラソン対象 )
それまでの練習・過ごし方と前日や当日の過ごし方など。

そのあとピップさんよりテーピングの指導がありました。
なんとタイムリーな。

でも、ランナーに多い怪我 ( 痛めやすい部位 ) は、
1.ふくらはぎ 2.ももの裏 3.ももの前 だそうで
事前にカットされたテープが配られ、親指から側面・足の裏・ふくらはぎの裏に
見本を見せてもらいながら、指導を受けながら 各自で貼っていきました。
「 片方 」 にだけ。
わたし個人的には、膝に貼ってみたかったな。

貼ったほうの脚と、貼ってないほうの脚の違いを比べてみてくださいという趣旨だったようですが
ゆっくりめに6km走っただけなので、効果のほどはわからず。

IMG_2634.jpg
わたしの膝は 5km10km走ったからどうのこうのということはないのですが
念のため、テーピングをしておこうと思い、夜 レディ薬局で購入。

ピップのものは50幅までしか売っていなかったので、ニチバンで。
わたしが参考にしたピップHPは こちら。  

本町会館のホール ( 愛媛マラソンの受付会場となるところ ) で講義を聞いた後は
ストレッチをして 実技へ。

毎回3チームに分けるのですが、今回のチームわけは
1.4時間~4時間半
2.5時間~5時間半
3.とにかく完走を目指す
ということで、わたしは 「 2 」 へ。
初心者対象マラソン教室ですから、やはり「 2 」 が一番多かったです。

IMG_2636.png
高度0mって。笑

IMG_2633.png
ただ、ぐるぐる走っただけ。
前回は 坂道練習とか フォームの確認とか 最後にスピードアップする練習とか
変化に富んでいて楽しかったのですが、今回は ただぐるぐる同じコースを6回まわって終了。
意図としては 「 ペースを掴む。同じペースで走り続ける。 」 というのがあったのですが。

その後 本町会館へ戻ってチームごとで質疑応答。
「 2 」 は人数が多かったのと ミズノの女性アドバイザーがいたので男女に分かれました。

教室は3回目ですが、女性だけでの質疑応答は初めてのことで
本番直前ということもあり、質問が次々飛び出して、わたしも質問させていただきました。

その前の雑談で、わたしは愛媛は走らず高知を走るということを言ってあったので
膝は 痛かったら 終わってからメディカルテントがあるはずだから、そこで氷をもらって冷やすといいと。

湯船に浸かったり、温泉にのんびり浸かるのは温めることになるけれどいいか?という質問には
「 夜に その部位が熱を持っていたり、痛みや腫れが無ければいい。 」 とのことでした。

愛媛マラソンを対象としているので
事前の講義でも 「 愛媛県理学療法士会は、コース上と スタート・ゴール地点の どこそこで
テントを用意して、こんな服を着た人がいますからうんぬん 」 と かなり詳しい説明がありましたから
愛媛マラソンに出場する人には心強い味方というか安心材料だと思いますが
現時点では わたしが走る高知龍馬マラソンでのそういう情報は不明。

このあと、資料が届いたら詳しいこともわかると思いますし
きっと似たようなことはあるのでしょうね。

救護テントに駆け込むことがないように
出来る対策はしておきたいと思います。

走ることにはまだまだ素人で、分からないことだらけなのですが
痛みが出ても、悪化するのか ほおっておいても大丈夫なのかもわからず ドキドキ。

以前読んだある初心者の方のブログで 走っていたらわき腹が痛くなって
一緒に走っていたその方の師匠に相談すると どういう痛みかを聞かれ
「 そういう痛みなら 走っていたらそのうち落ち着く 」 と言われ 本当にしばらくしたら治った!と。

ベテランのアドバイスってすごいですね。
わたしも膝に違和感があると言った時、どこがどう痛いの?と根ほり葉ほり聞かれたのですが (笑)
痛みの場所と痛みの程度で総合的な判断をしているのでしょうね。
みなさんそういう痛みを経験してきたからこそアドバイスができるのかしら・・・。

話を戻しますが。

講義全般と、質疑応答での話をまとめておきます。
☆ 全体講義で言われたことと、女性アドバイザー個人の意見両方で
「 5時間台完走の人向け 」のアドバイスなどがありますから、全員に共通するものでは無いと思います。
     
※ 身に着けるものは可能であれば縫い目のないシームレスのものがいい。
※ 衣服の当たるところ、ウエストポーチのところ、腕を振ってこすれるあたり とにかくワセリンを塗っておくといい
※ 一般的なスポーツブラとランニング用ブラというのは違う。
  ランニングで揺らしすぎて乳房の筋が切れると将来垂れるので ランニング用のものを着用するように。
※ 痛み止めの薬は、血圧を低下させるので、痛み止めを飲んでまで走るようなら辞める勇気も必要。
※ サプリに頼らず、食事で栄養を取ることが大切 ( レース当日のことではなく日々のこと ) 
※ 冬場でも汗で塩分は失われるので、水分補給は水だけでなくスポーツドリンクや塩飴などで。
※ 10時から午後3時まで、昼ご飯抜きで走るわけだから、エイドの食事はすべてとるつもりで
  それでもカロリーが足りないと思うので、自分でゼリーなどを用意するように。
※ 30kmを過ぎたあたりから、また寒さが襲ってくることがあるので 新品の風よけのごみ袋を
  別に用意しておいて、寒くなったら着るといい。
   ( スタートまで着ていたものを小さく折りたたんでまたウエストポーチに収納するというのは難しいので。 )
※ 恥ずかしいとかいう意識は捨て、スタートまでは保温に努めること。 ( ゴミ袋を被る )
※ 手袋・帽子は 絶対にあったほうがいい。 ( ニット帽はお勧めしない。 ) 
※ 服装は勝負服を決めているとは思うけれど、それにこだわらず天気によって替えるつもりで
  何パターンが用意しておくといい。
※ 給水は立ち止まって飲んで、紙コップをごみ箱に捨てること。
   走りながら飲むとうまく飲めない。
  
読んでお分かりのように 「 5時間~5時間半で完走を目指す 」 人向けのアドバイスが多いです。
3時間くらいで走る人なら、後半の冷え対策ゴミ袋なんて不要でしょうし
各エイドでおやつを食べている場合ではないでしょうしね。

痛み止めの件・・・へぇ~。
痛いのをごまかして痛みを消して無理を重ねたらさらに悪化させるからという意味かと思っていたら
『 血圧を低下させるからよくない 』 そうで。

あと他にもいろいろあったと思うのですが、思い出したら書き足します。
ブラ・・・もうこの際だから書きますが、わたしは何もつけていません。必要ないので。
だから、男性向けの乳首擦れ予防策を参考にしています。はい。 (恥)
 
一番大事なのは 無理をしないこと、最初に飛ばしすぎないこと。
初心者は最初に飛び出してしまうけれど、あえてスピードを抑えて、焦らないこと。
最初に、ものすごく追い越されて焦るかもしれないけれど、そこで押さえておいたら
30kmを過ぎてから びっくりするくらい追い越すことができる。

最初に見送った人たちを抜き返すことができる。
それがマラソン教室に参加した人の特権です。
と。

耳、痛っ!

師匠から 『 最初は 6:30で 』 と言われています。
思わず 「 遅っ! 」 と言ったのは わたし。
師匠は、雰囲気と波にのまれて飛ばしすぎるわたしを引き戻す係。

あ。そうそう
せっかくなので、GPS時計をしていったのですが、本町会館を出てから堀之内まで徒歩移動。
その後、わりとすぐに走り出したのですが、GPS間に合わず。

わたしの後ろを走っていた男性も 「 GPSとれんかった。 」 と言っていました。 ( メーカー不明 ) 
歩きながらがまずかったのだとは思いますが。
ミズノのアドバイザーさんも、偶然にも全く同じGPS時計を買ったそうなのですが
GPS取得に時間がかかると言っていました。
( アドバイザーさんは 昨日は別の時計をしていました。 ) 

わたしは、この時計しか使ったことがないので他と比べようがありませんが
当日は早目に取得させておこうと思います。



質疑応答が長引いて予定時間をかなり過ぎてマラソン教室は終了。
帰りに大手スーパーのスポーツコーナーに寄ってみましたが何も買わず。
空腹に耐えかね、銀だこ6個入りを買って食べてから帰りました。
8個でも10個でも食べられたと思うけれど、焼き肉が控えていたので。

夜は、わたしの誕生日祝いで焼き肉~♪
満腹になるまでしっかり食べました。

夜勤明けで一時間しか寝ておらず、6km走って
渋滞の中 帰宅し、またすぐ焼き肉に行き、帰りにレディ薬局によって もうヘロヘロ限界。

140119.jpg 昨夜、梅子に食らいつく小梅。
このままの状態でしばらく一時停止しています。



昨日、YouTubeで高知龍馬マラソンを見ました。
スタート地点は、全員通過するのに5分ほど。
5000人規模ですから、最後尾ブロックだとしても大きなロスタイムではなさそうです。

ゴールの映像もみましたが、わたしが陸上競技場に立ち入るのなんていつ以来?
きっと小学生の時以来だと思います。
テレビで見ているシーンに自分が立つことになるなんてなんだか不思議。

さて。
今夜から仕事が一部変更になるので激務確定。
明日は、夜勤明けなのに 午前中に会社で講習1時間。また夜勤だし。

始めからわかっていましたがこれから月末にかけて激務。
走る気力はあるのかしら?
とりあえず寝ます。
昨日の睡眠不足補てんと、今夜の夜勤に備えて。
おやすみなさい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

大変親切なマラソン教室ですね。フルマラソン関連の本に書かれている事のほとんど紹介していますね。ゴミ袋は冬は必須ですね。けっこう暖かいですよ。膝の痛みは僕も抱えています。レースの時はピップのやつの通りテープ貼ってます。あと、ザムスト(メーカー名)のサポーターがいいですよ。膝の負担を軽減してくれます。それとアイシングですかね。

2014/01/20 (Mon) 15:26 | ゆういち #- | URL | 編集
ゆういちさんへ♪

いつもアドバイスありがとうございます。
ゴミ袋、用意していきますね!
30km過ぎた用のは・・・いらないかなぁ。
当日の天候次第かな。
テーピング、家の近所を5km走るくらいならいらないでしょうからぶっつけ本番かな。
もう何もかもがぶっつけ本番です。汗
とくしまの練習のつもりで・・・なんと思っているわけじゃなく
記念すべき初レースなのですが。

マラソン教室は参加してよかったです。
こういうのに来ているくらいですから、目指すところがみんな同じで
( 目標タイムやレベルは違うにしろ、基本から学びたいという姿勢というか )
講義中に携帯いじったり、仲間と喋ったりという人は皆無で みんな真剣で。
無料なのに、たくさん教えてもらって毎回試供品までもらえて。
ホント良かったです♪ 

2014/01/23 (Thu) 10:54 | さくら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する