ばぁば&姉ガラパゴス旅行記 【旅の準備】

10日間(移動を除くと実質7日間)のガラパゴス&キト&グアヤキル旅行を終えて、14日に帰国しました。
いつか行ってみたい、でも夢だろうなぁ~と思っていたガラパゴス、本当に凄いところでした。
海好き・動物好き・爬虫類好きの姉にとって、これ以上の旅先はちょっと思いつかない、そんな最高の旅でした。
この旅の記録はこれから綴っていきますが、旅行前にさかのぼって準備から書いていきます。

PA081587.jpg 文字だけだと面白くないので、ガラパゴスレジェンド2日目 サンティアゴ島のガラパゴスアシカの子供と姉
※ひたすら長文なので、旅の準備に興味がない方はさくっと次の記事へ移動してください。

そもそもガラパゴスへ行きたいと思ったのはいつ頃か・・・時期はわかりませんが数年前、どなたかのブログでガラパゴス旅行記を読み、「ああ、こんなところまで行く人もいるんだ、凄いな~」と思ったことは覚えています。そして「東洋のガラパゴス」と言われる小笠原諸島、2011年ここが世界遺産に登録され、本家ガラパゴスにも注目が集まったのか、今年(2013年)2月~3月、立て続けにガラパゴスがテレビ番組に登場、全て録画。2月「ダーウィンが来た!」でウミイグアナ、3月「世界ふしぎ発見!」・「中川翔子の奇跡の旅 ガラパゴス」。これを見てツイッターで「ガラパゴスに行きたい」と呟いたら、それに反応して下さる方が!「いいですね、ガラパゴス。私も一度は行きたいと思っています」というような内容でした。

そこから、じゃあ本当にガラパゴスへ行くにはどうしたらいい?費用はどのくらい?と調査開始。まず、ガラパゴスって国でいうとどこ?からのスタートでした。こんな時、とっても参考になるのが既にガラパゴスへ行かれた方の旅行記。ふむふむ、ガラパゴスはエクアドルという国の一部で、首都のキトかグアヤキルから飛行機で行くらしい、ということを理解し、ANAのHPで航空運賃をチェック。全日空はエクアドルまでは飛んでいませんが、スターアライアンスの路線なら全世界の路線が確認可能。グアヤキルは…確か一人成田からの往復で40万位と出た記憶が。これはあり得ないな~と思い、行き先をキトに変更。お、20万位?パラオ往復が約10万だったことを考えるとそれほど高くはないぞ?これなら行けるんじゃないか、そう思い始めました。これが多分4月~5月頃。そして年間の休日を設定する時に、何となく10月に10連休を入れ、行くなら10月となったのが6月。でも10連休、一人で東洋のガラパゴス小笠原へ行くか、本家ガラパゴスへ行くかで少々迷っていました。というのも小笠原へ行くなら一人旅で、実は一人旅は苦手な姉。小笠原へ行った姉の友人数名に聞くと、小笠原は一人旅には絶好の場所、しかも人見知りをしない姉なら大丈夫!と太鼓判を押して貰えたのですが、姉の旅先での積極性は連れがいてこそのもので、一人だと怪しいヒトと思われそうで本領発揮できません。。。じゃあ、本家ガラパゴスは誰と行くのか、これには心強いツアーメイト、ばぁばがいます。ばぁば、1月のパラオで海はちょっと、なんて言ってましたが、旅先で出会ったお元気な70代ご夫妻に比べるとまだまだ若い!と言われてましたし、何より動物好き。そして怖いもの知らず。最初は遠いね~なんて言ってましたが、私のガラパゴス熱にだんだん感染し、その気になってくれました。これが7月~8月頃。

よし、じゃあ本格的に調べよう、ということでガラパゴス旅行記を読みあさり、東京発のガラパゴスツアーの値段を調べ、大体の希望スケジュールと予算を決め、エクアドルの現地旅行代理店に見積もり依頼のメールを送信。今メールを確認したら8月24日のことでした。10月5日出発の南米の旅を8月下旬に準備開始とは…結構差し迫ってたんですね。ここで見積もりをお願いしたのは2社。両方とも日本人スタッフのいるキトにある旅行会社で、サロンゴさんとナウタルーツさん(クリックで別ウィンドウが開きます)。両社ともガラパゴス旅の先輩方がお願いして絶賛されていたところです。すると翌8月25日、早速ナウタルーツの石倉さんからお返事が。メールの内容は割とあっさりしたベタ打ちのものでしたが、私の希望をほぼ入れてくれた内容で提案してくれています。おお、これは本気でガラパゴスに行けるんじゃないか、と思った瞬間でした。でも、見積もりをお願いしているのはもう1社。ここからの見積もりを待って色々決めて行こうと回答を待ちます。。。

で、見積もりが来たのが8月27日。PDFの添付ファイルが7つもついた立派な見積もりです。内容はキト観光・ガラパゴスレジェンド3泊4日・ガラパゴス1泊・グアヤキル1泊とほぼ同じ、違いはキトのホテルとキト観光が日本語になっていること、最終日キトでデイユースのホテルを用意してくれること。正直、こちらの見積もりを先に頂いていたら、サロンゴさんに決めてたな~というような、素晴らしい内容でした。石倉さんから最初に頂いたメールにはホテル名の記載がなく、その後教えて頂いたホテル名にそれぞれリンクがあったのですが、英語やスペイン語のサイトだったりしてよくわからなかったり、リンク先に飛べなかったりしたので、自分で色々調べていったのですが、サロンゴさんでは、ガラパゴスレジェンドやホテルの説明などもPDFファイルに詳しく出ています。値段も色々比較していくと、若干ですがサロンゴさんの方がお得なようでしたし、何より最終日にハチドリが見られるというホテルのデイユースは魅力でした。でも、サロンゴさんから見積もりを頂いた時点で既に石倉さんとは3度のメールのやり取りをしており、私は石倉さんのお人柄(行動が早い、でもちょっとおっちょこちょいっぽい・笑)にとても魅力を感じていました。これはもう、縁と相性ですね。サロンゴさんへは別のところでガラパゴス旅行の手配をした旨をお返事しました。なので、これからガラパゴスへの旅行を考えていらっしゃる方がいたら、ぜひサロンゴさんとナウタルーツさん(クリックで別ウィンドウが開きます)の2社へ見積もりを依頼することをお勧めします。頂いたメールの印象では、時間がなくできるだけ詳しい情報を貰って代理店の提案でほぼ行きたいのであればサロンゴさん、ホテルや観光の内容・時間など自分で色々調べて調整したいのであればナウタルーツさんがいいのではないかと思いました。でも、きっとどちらも自分の好みを色々言えば、色々提案してアレンジして下さいます。せっかく行くガラパゴス&キト(&グアヤキル←これは行く人行かない人あり)、自分で納得してスケジュールやホテルを決めるのが一番だと思います♪

そしてナウタルーツの石倉さんとメールのやりとりをすること10回以上で全ての日程を決定、支払いも済ませました。実はナウタルーツさんに決めた理由の一つが支払い方法。ナウタルーツさんではペリカントラベルさんと契約していて、こちらを通すとカード決済が可能でした。8%という手数料はかかりますが、ドルでエクアドルの口座に振り込むというのもやり方がよくわからず(←調べる気力がなかった)、サロンゴさんで日本の口座に振り込む場合は+2円のレートで、ということでしたので、$1≒100円として両替に2%と振込手数料と、クレジット払いでつくマイル1%を考えると、実質的な手数料差額は4~5%とみて、振込に行く手間を省く(ネットバンキングはやっていないので)のと、マイルを貯めたいという思いでクレジット決済にしました。この辺、海外送金に慣れている(かやり方を調べられる)なら手数料分を安くあげることは可能だと思います。

あ、書き忘れていましたが、ナウタルーツの石倉さんにお願いしたのは、キト到着~キト出発までの各所の送迎、ガラパゴスレジェンド3泊4日の手配、キト・プエルトアヨラ・グアヤキルのホテルと、キトの1日観光(日本語)とグアヤキルの半日観光(英語)で、航空券はUAのHPで自分で8月26日に予約。航空会社はANAマイルを貯めたいのと、スターアライアンスGの資格を活かしたいのとでUAにしました。でも、この航空券の取り方は…、反省点がいくつか。UAで取ると事前に座席指定ができるので、UAで取り追加料金を払ってエコノミープラスにしたのですが、ヒューストン-キト往復は片道5時間ほどのフライトなので窓側でいい(キトの夜景が本当に綺麗に見えたので価値大)として、成田-ヒューストン間は通路側にするべきでした。いくら窓から景色を眺めるのが好きだからと言っても、長距離便の窓はほとんど閉めたままで開けることもできず(開けていると外を見ないなら閉めて欲しいと言われたり、帰りは眩しすぎて開けていられなかったり)、そして12時間~14時間半というフライトでは自由に席を立てないのは辛い…もちろん、通路側の人に声をかければいつでも席を立ってくれますが、そこは遠慮深い日本人、やっぱり我慢してしまうこともあります。さくらにも「当たり前」と言われましたが、6時間を超えるフライト・太平洋を横断する時は席は選べるなら通路側で!これは次回以降の教訓です。

そんなこんなで9月2日にはESTA(米国の電子渡航認証システム)申請もばぁばと姉の2人分済ませ、図書館でガラパゴス関連本を予約して借りて読み、石倉さんにお土産のリクエストを聞いて準備し、と着々と準備をして、パッキングはばぁばが東京に着いた出発前夜・・・これもまあいつものことで、更に夜が更けてUAのEチケットを印刷・・・と、WEBチェックインができない。旅行のドキュメント(書類)のチェックがカウンターで必要とか何とか・・・え?何で???ESTAはとっくに申請済だよ???と、念のためESTAの申請状況をHPで確認・・・すると、ばぁばと姉の名前の横に「申請する」というボタンがある!ま、まさかこれを渡航72時間前までにクリックしなきゃいけなかった???でも、クレジットカードで手数料は支払い済みだし、申請日9月4日ってなってるし・・・とあせりつつ、UAから来た航空券の予約確認のメールとESTAの申請状況が許可になった書面を印刷して用意。実はこれが一番この旅で不安だった時かも。もしかしてもしかして、UAに乗れなかったら???いやいやいや、そんなはずはない。。。

ま、結果既にお分かりの通り、無事飛行機には乗れたし、ガラパゴスまで行って帰ってきたんですけれどね。。。で、ドキュメントがなんたらは、恐らくですが、ばぁばのパスポートの有効期限チェックだったものかと。UAのラウンジカウンターでは、エクアドルは有効期限半年以上でOKと確認済だったのですが、ばぁばのパスポートの有効期限が1年を切っていたため、航空会社の係員のチェックが必要だったのだろうと。はぁ、そういうこともあるんですね~。

あ、あと旅の準備でしたことをもう一つ。ばぁばには念のため、掛り付けの病院で高山病予防の薬を貰ってきてもらうように言いました。毎度、旅に出る時は酔い止めの注射に通うばぁばですが、今回はそれに加えて高山病予防薬も処方。私は薬局で買おうとしたら処方薬だから売ってないと言われました。。。キトで高山病、多くはないそうですが、なる人はなるので、事前に病院へ行くことができたら処方してもらっておくといいと思います。

そんなこんなで(2回目)、やっと次の記事でガラパゴスに向けて出発です。
(でも多分、当分ガラパゴスには着かないものと思われる。。。)

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらぽちっとクリックお願いします。コメント歓迎です♪
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 海外旅行 | Genre: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する