阿嘉島3日目【姉日記】

阿嘉島3日目
今回、朝の散歩はなしでギリギリまで寝て、7:30 朝食

P9090259.jpg

P9090222.jpg 8:30 食堂でお隣の席に座られたご夫婦を誘って、島の反対側のビーチへ。このビーチは透明度がいい♪

P9090239.jpg 岸から少し沖へ行くと岩場の手前にプールのような深みがあり、大きなハマサンゴが。

P9090225.jpg 熱帯魚もたくさん♪ これは瀬戸内海にもいる、普通のクマノミ。

P9090229.jpg みなさん御存じのニモこと、カクレクマノミ。左の大きい子がお母さん(元お父さん)。
カクレクマノミは、生まれた時はみんなオスで、家族の中で一番大きな子がメスに性転換するとか。

P9090254.jpg

P9090293.jpg こちらはハマクマノミ。これも確か、大きくて赤黒いのがメスで、オレンジで可愛いのがオス。

因みに日本で見られるクマノミは、他に阿嘉ビーチにもいるハナビラクマノミ、ニシバマの沖、深いところにいるトウアカクマノミ、宮古島の隣の下地島・中島海岸でみたセジロクマノミの合計6種。トウアカクマノミは、深いところにいるので、ボートシュノーケリングで連れて行って貰ってうっすら見ただけ。ダイビングでないと厳しいです。。。

P9090304.jpg 11:00 ビーチで貝殻や打ち上げられて白くなったサンゴを拾って、再び阿嘉ビーチへ出発。

P9090311.jpg 阿嘉ビーチの浅瀬で見た面白い顔の熱帯魚(名前不明)

P9090317.jpg 多分、サザナミヤッコ

P9090326.jpg この日会えたのはカスミ。カスミの特徴は後頭部の鱗、縦半分の筋入りの大きな五角形2枚。
※この画像はクリックで大きくなります。

P9090376.jpg この日ものんびりお食事中。下にいる魚(ベラかな?)は、カスミが海藻を引っ張りだす時に出てくるプランクトン?を頂こうと、くっついて泳いでいるちゃっかりもの。

P9090384.jpg カスミの正面顔。息継ぎのためにこちらへ向かって浮上してきました♪


カスミの息継ぎの動画。息継ぎの瞬間は水面にカメラをあげて撮影。ぽこっと上がってくる顔が可愛い♪♪♪

何度も書いていますが、いつまでもウミガメと泳いでいけるようにお願いです。

1.ウミガメには触らないでください。
2.サンゴの上には立たないでください。また、フィンでサンゴを蹴らないよう注意して下さい。
3.日焼け止めは最小限に(Tシャツやラッシュガードで肌を隠し、日焼止めを塗る面積を減らしましょう)
4.ゴミは持って帰りましょう

今回、カスミのお食事風景を見ていると、餌と間違えて、サンゴに引っ掛かった布っきれや、ビニール紐などを食べようとする姿が。慌てて布っきれやビニール紐を回収。カスミちゃん、こんなもの食べちゃだめだよ~って、本当にダメなのは、こういうものを捨てたか吹き飛ばされたかした人間です。。。本当に、ゴミはウミガメにとって危険なのだと実感した一瞬でした。

P9090398.jpg 12:30まで泳いで今回の海は終了。3日間で海に浸かっていたのは初日2時間、2日目3時間+2時間、3日目3時間で合計10時間ほど。そして3日間で会えたウミガメは、阿嘉ビーチで苔美3号・ビキニ・カスミ・苔美1号・日出美・名前なしのアオウミガメ6頭と、ボートで出かけた阿真ビーチ沖のタイマイ2頭。実は御蔵島でイルカと泳いだ時、「やっぱり爬虫類と哺乳類は違うわ~」なんて思ったりもしたのですが、再びウミガメと泳いで見て、ウミガメの魅力を再発見。本当に可愛い♪♪♪可愛らしさと癒し効果、イルカに負けません!ウミガメと一緒に泳いでみたい方は是非「宿泊で」阿嘉島へ。極上の海にかわいいアオウミガメが待ってます(*^_^*)

以上、勝手に一人阿嘉島広報の姉でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったら、ぽちっとお願いします。バナーはパラオの夕日です。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 沖縄旅行 | Genre: 旅行
Category: 姉代理更新

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する