1号発熱

IMG_1532.jpg 昨夜の小梅。
エアコンの効いた部屋で、毛布の上に乗ってます。
何度も言いますが、これは 「 人間用掛け毛布 」 です。

昨日は、ばぁばも帰宅が遅く、小梅はずっと一人ぼっち。
さすがに寂しいかなと思い、夜勤出勤前のひと時、わたしがソファに座って小梅と一緒に過ごしました。
その時、小梅はお尻をわたしに こすりつけるようにしてきて・・・。

小梅は、ばぁばと一緒にソファにいるときでも
たいてい体の一部 - 顎とかでなければ お尻か背中 - を、ばぁぱにくっつけています。

小梅は、人恋しいからわたしと体の一部をくっつけておきたいんだわ。
な~んて、のんきに幸せなことを考えていたら、どこからともなく異臭が。
この臭いは、肛門腺を絞った臭い。

うっっ、小梅さん、また溜まってるのね。
ぱぁばに絞ってもらわなくちゃと思いながら、そろそろ出勤・・・と 立ち上がると 「 臭っっ!! 」
なんと、わたしのTシャツの腰の部分に、茶色のシミが。

小梅~!!!
お尻がムズカユイからって、わたしの腰にお尻をこすりつけてきたわね!!!

速攻で着替えましたが、臭かった!!!
小梅が悪いわけではないのですが、出勤直前にビックリな出来事でした。

この画像は・・・その出来事の前だったか後だったか。
小梅の顔がかなりイジケテいますから、騒動の後かな?



着替えて、夜勤へ。
夜通し働いて、明け方 ばぁばからメールが。
「 1号が39.2度の発熱です。早く帰ってください。 」

えぇっ。
大人の39度超えは、相当しんどいと思いますが、なぜに突然の発熱?

相変わらず仕事はなかなか終わらず。
以前は、責任者の日というのが月に2回ほどでしたが、今は10回ほどに増えていて今日も、その責任者の日。
救急車で運ばれたとか、生死の境をさまようとかなら、ある程度のところで仕事は放棄しますが
さすがに大学生の息子が熱が出たくらいでは、仕事を放棄できないので残業残業残業。

やっとのことで仕事を片付け、帰宅後 自分のシャワーを済ませてすぐに病院へ。
最寄りの内科ではなく、前の前に住んでいた時にかかりつけ医だった内科へ。

IMG_1536.jpg 着替えることすらしんどいという1号に、病院への付き添いは要るのか聞いたところ不要と。
あまりにもしんどすぎて、問診票を書くことすらつらいとか、吐き気が伴うとかで
付き添いが必要と言われれば一緒に行く予定でしたが、
要らないといわれたので、1号だけを車から降ろして、わたしは近くのカフェへモーニングへ。

23時半に会社で夕飯を食べたっきり、朝食抜きで働きづめだったので空腹。
ホットのカフェラテを頼んで、心の休息時間・・・と思ってパンを一切れ食べたとき
1号からLIMEが。 「 おわった 」

サラダと、ゆで卵と、ヨーグルトを一気に流し込むように食べ
カフェラテをがぶがぶ飲んで、1号のお迎えへと向かいました。

せっかくの一人優雅な時間が~。(T_T)

カフェラテ 500円 + 照り焼きチキンホットサンドセット (サラダ+ゆで卵) 250円 + ヨーグルト 50円
合計800円。
滞在時間、何分かしら?

「 おわった 」
わたしはてっきり、会計も薬も全部終わったと思い込んだのですが、
ただ単に、診察が終わっただけだったようで、それから会計・薬と
結局わたしが迎えに行ったのと、1号が終わったのが同じ時間でした。ホッ。

そのあと裏道を通って、松山インターのほうへ出てから、国道33号へ。
先日、愛媛新聞にそのあたりのナンチャラの区間が開通と出ていたので通ってみましたが
ずいぶん変わっていてびっくり。

石井に住んでいた21年前から7.8年間は よくその道を通っていましたが
この20年ですごい変わりよう。
完全に完成したら ( ←日本語がかなりおかしい ) また変わるのでしょうが
新しく道路ができるのは楽しみです。

帰りにコンビニによって、1号のおやつ購入。
病気の時だけ異常にやさしくなるのは、我が子がいくつになっても同じ。

「 食べられそうなものをいるだけ買っておき。 」

IMG_1537.jpg
1号がしろくまアイスを買っていたので、わたしも真似して買ってみました。
早速食べましたが、美味しい♪
蓋を取った写真がないのが残念ですが。

1号は、中学生の時に肺炎で入院したことがあるのですが
とにかく咳がひどく、食事が喉を通らない日が続きました。
入院した時に、「 食べられないなら病院食は止めますか? 」 と聞かれたほど。

院内レストランや、差し入れで、食べられるものを食べたのでいいですと言われたのですが
とりあえず、病院食は頼んでいました。
でも、病気をやっつけるためにも、体力回復のためにも
何でも食べられるものを食べたほうがいいと、
売店に行っては 「 好きなものを買っていいよ♪ 」 「 それだけでいいの? 」 「 ほかにもっといらないの? 」
もちろん好きそうなものを差し入れたり。

そして数日の入院で回復し、元気になった途端、手のひらを返したように
「 おやつ買いすぎ。 」 「 贅沢したらダメ。 」 と言われる1号。
『 食べられない時に限って食べろ食べろって言われた。 』 とブーイング。




1号、夏風邪との診断でした。
午前中は まだ寒がっていたので、熱が出続けているようです。
そろそろ薬が効いてきてるかな。

こんな時でも、最大の特効薬小梅は邪魔ではないらしく
二人仲良くソファで寝ていました。
本当に疲れを取るならベッドで寝るべきだと思うけど・・・。


仕事のストレスで精神的に病みそうな母と
肉体的に病んでしまった息子に、応援ぽちっとお願いします。
2号は、炎天下のもと、クラスマッチだそうです。 ( 体育館かな? ) 
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村






 
関連記事
スポンサーサイト
Theme: ビーグル | Genre: ペット
Category: 小梅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する