6/22【2】 東京でお買い物

この日は、お買い物。
友だちは、この旅のメインイベント ライブです。


CIMG0046.jpg

CIMG0048.jpg

CIMG0049.jpg

CIMG0050.jpg


ライブに行く友だちとは早めに別れ、わたしはチェックインのためホテルへ。
CIMG0042.jpg この椅子のナナメ具合がオシャレということなのでしょうね。

CIMG0045.jpg

CIMG0043.jpg やっぱり洗面ボウルもオシャレ~。
それから、ふたたび東京駅へ。

CIMG0047.jpg  東京駅 構内で。
歩き疲れたので、ここで一時間以上過ごしました。

この日の買い物中、とあるところでわが社 ( グループ企業 ) の店舗を発見。
へぇ、こんなところにもあるんだ~と思って見ていたちょうどそのとき
大学生くらいのお友達らしき男女グループが通りかかったのですが
女の子が 「 ここの◎◎、いいよね~♪ 」 と、独り言に近い感じでボソッと。
すると、それを聞いた男の子が 『 だよね~!! 』 と激しく同意。

まさか、同意してくれると思っていなかった女の子と、
それをイイと共感してくれる人が目の前にいることが驚きな男の子は
人通りが多いその場所で、いぇ~い♪とハイタッチ。

そして、店舗のガラスに額をつけ、「 あるかなぁ・・・。ないみたい。 」 と。
お目当てのその商品はないようでしたが、
真後ろにいたおばちゃん ( わたし ) は、とっても嬉しかったです。 

 

CIMG0051.jpg KITEE

CIMG0053.jpg 4階 旧郵便局長室から。

IMG_1491.jpg 朝から履いていたヒールで足が痛くなったので、カットパンで対処していましたが、限界。
サンダルを買いました。
オシャレなショップで、セールでもなく、わたしにとっては うぅっとなるお値段でしたが
足の痛みには勝てず。

初日にシーで履いていた靴は既にホテルから宅配で送り返していますし
明日用の靴はスニーカーなので到底この服には合わず。
というか、毎日靴を変えること自体我ながら驚きですが、全部友だちのコーディネイトです。笑

IMG_1492_20130705173906.jpg 
このあと、またしばらく散策して、吹き抜けに面した大きめのゆったりソファに座って、
友だちからの連絡を待ちました。

友だちから終了の連絡を受け、事前に決めていたところで合流。
「 俺のイタリアン YAESU 」
ここも友だちが調べてくれていました。

せっかくの女二人旅、パーっと豪華に・・・という思いは一致したものの
でも、わたしから5000円以内という条件を出し、友だちセレクト。

中央区八重洲2丁目6−4という住所を頼りに、iPhoneの地図を見ながら移動。
KITEEから、東京駅をぐるっと一周して無事に徒歩で たどり着きました。

IMG_1496.jpg
少し待って、入店。
なんと、立って食べるイタリアン。

友だちはビール、わたしはワイン。
チーズを食べながら、ライブの話などを聞きつつ
前菜にムール貝のレモン蒸し、それからピザとパスタを注文。

東京のこんな立地で、意外とお手頃価格なので、実はあまり期待していませんでしたが
シーフードのピザは、エビもイカもぷりぷりで、ごろごろ入っていて。
思わずメニュー表を見て、値段を再確認してしまいました。

こんなお値段で、こんな立地で、こんなにおいしいの!?と。
これが座って食べられたら最高なのですが・・・なんたって立って食べているわけで。

ピザを一切れ食べ、美味しい!と思ったのですが、
ん・・・なんかヤバイ感じ。

突然立っていられなくなり、店の外へ。
ワインは、グラスに半分も飲んでいませんし、アルコールで酔ったのではないのですが
人酔い?熱気に包まれた店内の蒸し暑さに負けた?

とにかく、少しでも涼しい外へ出ようと、バッグからiPhoneだけ出して脱出。
お店のななめ前のアスファルトの、少しの段差のところに座り込んで
目をつむってじっとしていると、悪化はしないのですが、こういう体調の変化は初めてでびっくり。

ピザはまだ一切れ食べ始めたばかりですし
そろそろパスタも届いているころ。
友だちが心配しているだろうなとは思いましたが、動けず。

ずっと体育座りのままで伏せっていたのですが、しばらくして 「 お客様~ 」 と声がかかり
イケメンの若いお兄さんが、氷の入った冷たいお水 ( ストロー付 ) と、
首を冷やすアイスノンを持ってきてくれました。

それを受け取って、またしばらく休んで・・・
悪化はしないものの、iPhoneを見る余裕すらなく。

店内よりは涼しい外で座っていれば大丈夫そうなのですが
さすがに、そこへピザを持ってきてといえるはずもなく、
いつまでも友だちを待たせるわけにもいかないので、店内へ戻ってみましたが
やはりすぐにまたダメになって。

友だちにはずいぶん心配をかけてしまった上に
食べかけで出ることになってしまいました。
わたしは外で座っていれば大丈夫だから、ゆっくり食べてといったのですが
友だちは、もう十分食べたから帰ろう!と。

本当にまずい感じだったので、お店の方にお詫びもお礼も言えないまま脱出。
お詫びとお礼は友だちが言っておいてくれましたが
本当に、友だちにもお店の方にも申し訳ないことをしました。

そのあと、八重洲二丁目から銀座二丁目までの わずか700mほどの距離をタクシー移動。
メルキュールホテル銀座東京に到着。
早いうちにチェックインしておいたので、そのまま部屋に直行
着替えだけしてベッドにダイブ。

寝てしまいました。

実は、前日のディズニーシーでは、友だちが体調を崩していて
友だちはわたしに悟られないよう必死に耐えていたそうで
わたしは、そんな友達の変化に気づくことなく朝を迎えたのですが
朝になって復活した友だちから、実は昨夜は体調を崩していて・・・との告白。

友だちとの旅行は、布団に入ってからも語り合ったり
お互いの買い物を見せ合ったり、そういうのが旅の楽しさなのに、ごめんねと謝られていたのですが
こっちこそ、気づいてあげられなくてごめんね。と。

化粧を落とした顔色がずいぶん青白いということには気づいていましたが
まさかそれが体調不良だったとは。
わたしはお化粧を全くしないので、ビフォーアフターに何の変化もないのですが
友だちがお化粧を落としたらこうなるのか・・・と、驚いていたことは内緒。

ということで、2泊3日の旅行は、二晩とも
会話は まったくないままに更けていくのでした。


~ つづく ~



おまけ。

この日の夜、わたしは自分の寝言で目覚めてしまいます。
寝言・・・ 「 はい。 」 「 はい。 」

「 はい。 」 なんて言葉は、仕事でしか使いませんから、
仕事の夢を見ていたのでしょうね。
旅行先で仕事の夢。
なんてこと。(T_T)

自分の寝言で目覚めるなんて、我ながら驚きですが、
翌朝、「 昨日 自分の寝言で目覚めたよ~。ハイ、ハイって言ってたから仕事の夢を見てたみたい。 」
と言うと、友だちから衝撃の真実が語られました。

『 昨日も、ハイ、ハイ、って寝言を言ってたよ。 』

前日のヒルトン東京ベイでは、夜中にびっしょり汗をかいて、Tシャツが濡れ
その不快感で目覚めたわたしは、ガバッと起きて、Tシャツを脱ぎ捨て、また即 眠りについたのですが、
なんと友だちに一部始終を目撃されていたそうです。

今、仕事が嫌で嫌でたまらず、かといって生活のため、やめることもできず
鬱々とした日々を送っているのですが、旅先でまでそういう症状とは。
普段は一人で寝ているので、寝言を言っているのかどうかはわかりませんが
仕事の夢はよく見ます。

はぁ・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ランキングバナー作成しました。
応援ありがとうございます♪


 
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 日記 | Genre: 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する