身近な茶話会 ( 違っ! )

仲のいいお友だちと、言葉遊びをするのが楽しいです。

詳しくは・・・文章で書くのは難しいので書きませんが。(^^ゞ





いろいろな言葉が、間違った意味として使われているというのはよくあることで。
「 失笑 」 は、わたしも最近まで誤解していました。
見下した笑いというか、鼻で笑うというか、そういうものだと思っていました。


最近耳にした言葉で、ぇ?と思ったもの。

『 キツネに包まれる。 』

『 にちじょうちゃはんじ 』

『 目鼻がたつ 』



ある程度 ( ってどの程度? ) 賢い人が、堂々とそういう発言をすると
小心者のわたしは 「 ぇ?わたし、その言葉を間違って覚えてるの? 」 とドキドキ。

そしてネットで調べる。という。



意味だけでなく、読みも。
「 ( 学校の ) たいくかん 」 「 ( お店の ) ていいんさん 」 「 ふいんき 」 が
PCや携帯で変換しないとか、ありがちですし、わたしも経験者ですが。



最近起きたびっくりな出来事。

【 その1 】
店
仕事中、大きな段ボールに大きく文字を書きました。
上から覗き込むようにして。
そして書けた文字がコレ。

書きながら、う~ん・・・違和感ある。と思っていましたが
改めて正面から見ると、違和感アリアリ。


【 その2 】
ずっと以前からなのですが
「 百聞は一見にしかず 」 か、 「 一見は百聞にしかず 」 か、分からなくなります。
「 一見は百聞にしかず 」 だと、ちょっとムズカユイ感じがするので、そっちじゃないほう・・・。


【 その3 】
「 茶話会 」
今日の今日まで、 “ ちゃわかい ” だと思っていました。







こういうの、国語辞典とか百科事典では絶対に調べないでしょうから
パソコンやスマホがあってよかったです。

気軽に調べられると、すぐ調べる気になって、ひとつでも賢くなれますから。
「 賢くなれる 」 というと語弊があるな・・・。
「 おバカを脱出できる 」 が 正しいかな。





会社で、うちの課の従業員さんから集めたとある手書きの文章を、
PCに入力する作業を担当しています。
そこでよく目にする誤字。
いい感じに似た雰囲気の漢字を使っているのですが、誤字。

PCや携帯を使いだすと漢字が書けなくなるというのを目の当たりにしています。




1号は 「 ヤフる 」 だそうですが、わたしと姉は 「 ググる 」。
Googleさんには本当に感謝しています。



当ブログ内のヘンな日本語、ツッコミ歓迎です♪


「 店 」 の漢字間違いのとき、後輩くんに 「 あっ!わたし、漢字間違ってるね! 」 と言うと
『 でも言いたいことは通じますよ! 』 と 笑顔でフォローされたわたしに
応援ポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






蛙の子は蛙・・・ではないはずだけど。


2005.jpg
2号が小学生の時の漢字テスト。「 みぢか 」
『 横棒をもっと伸ばす 』 という お直しはあるものの・・・大きな丸がついています。
せんせ~!!!間違ってますよ~!!!


「 ちゃわかい 」 でも 「 みじか 」 でも、変換してくれるって、
ありがたいのかどうなのか・・・・。

Googleなら 「 もしかして ◎◎? 」 って聞いてくれますから
自分の過ちに気付きやすいのですが。

関連記事
スポンサーサイト
Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する