さくら家 近況

写真松山インター
昨日の松山インターチェンジ付近。

1号が夏休みで神戸・大阪の友だちのところへ高速バスで遊びに行くため、
松山インターまでお届けしてきました。

意外と方向音痴というか・・・しっかりしてないというか・・・
そんな1号が、一人で旅するなんて。
オトナになったなぁ・・・(笑)。

高校時代の親友が、神戸や大阪へ進学して、高校在学中に
「 夏休みには遊びに行く 」 と決まっていましたが、やっと実現の日。
3か所のバイトの日程をやりくりしてのことです。

画像は、側道というのかな。高速道路に通じる道の、一本横の道。
国道33号線から高速道路へ入る道は、工事中で車線が変更になっていて
帰りは、側道から本線へ出るのに、どこを通ればいいのか、迷いました。
あやうく反対車線に入りそうで びっくり。

昨日の夜、仕事の休憩に入ると、ラインでメッセージが届いていて
パッと見は1号からでしたが、内容を読むと1号のお友だちからで
「 1号クン ( 本名で ) をお預かりします。 」 と。
可愛いなぁ。

今回の旅費は、全額自費。
いつもバイト漬けですが、夏休みは特に朝からバイトの日もあって、相当頑張ったようなので
束の間の息抜きを楽しんできてほしいと思います。

3泊4日の旅の後は、バイトがあり得ないシフトで入ってる!!!と悲鳴をあげていた1号。
本当は、夜遅くの帰宅予定でしたが、翌日からのバイトを考慮し
帰りの高速バスは、一つ早い便に変更したそうです。


わたしは、高校を卒業してすぐに就職したので
バイトも未経験だし、県外に進学した友だちのところを訪ねて遊びに行くというのも未経験。
古臭い言葉かもしれませんが “ 青春を謳歌している ” 1号が素敵だなと思います。

・・・・と、そういえば前回もそんなことを書いたとたん、バイクで事故ったのでしたっけ。
あらら。
今回は何もないと信じて。


もう一人の青春真っただ中、2号。
相変わらず謎の多い行動で、帰宅時間もバラバラですが、
夏休みはしっかり部活を頑張ったようです。

身体が、すごい模様(笑)。
見事なツートンカラーになっています。
顔と腕と、膝あたりは真っ黒。
Tシャツとハーフパンツと靴下の部分は真っ白。
パッと見で、「 屋外型運動部に所属する高校生 」 というのが分かります。

来月は、修学旅行で沖縄へ。
高松までバスで移動し、高松空港から飛行機です。
今から 「 翼の王国もらってくるからね! 」 と宣言してくれていて頼もしい(笑)。


わたしは・・・
先月末から新しい勤務時間帯の 17:15~2:15というシフトが入るようになりました。
今は、その仕事の要領を掴むべく奮闘中。
頭では分かっていても、身体が自然と動くようになるまではなかなか。

本来のメイン仕事以外にも、いろんな仕事があっていろいろと忙しくしています。
昨年の9月3日は、第一種衛生管理者の試験でした。
見事に落ちましたけど。
でも、昨年のうちに再受験して取得しておいてよかった。
今年だと、忙しすぎてとても勉強どころではなかったです。

次の資格試験の課題も与えられてはいるのですが、スルーの方向で・・・。
国家資格は、そう簡単にはとれません。(T_T)

第一種衛生管理者は、福山まで行けば毎月試験が行われるのですが
次の資格の受験は、年に二回しかないので・・・先延ばし先延ばし先延ばし。
いつまで延ばしたら上司から怒られるかなぁ・・・。


そんなことより、 ( なのか? )
まずは、来月のバレーボール大会と、綱引き大会の人集めをしなくては。
といいつつ、相棒の役員さんにほぼ丸投げ。

大会当日のお世話はしっかり頑張ります。
あ、もちろんまたまた選手として駆り出されるのですが。


会社に、新しいパートさんが入って、平成生まれの若い女性で、職場に花が添えられた感じ。
直接仕事を教えることは少ないのですが、夜勤では久しぶりの女性パートさんなので、
いろいろ声をかけて早く職場に慣れてほしいなと思っています。


ということで・・・さくら家 近況でした。
旅行記は編集に相当時間がかかるので、また仕事が休みの日にでも。

小梅は相変わらず一日中寝ています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



航空ランキングから B787搭乗記を読むと、国内線用の機体が多くなってきました。
わたしが3月に乗ったのは暫定国内線用の JA801A と JA802A。

レインボー照明もしっかり満喫できましたし
今にして思えば、かなりラッキーだったのですね。

ところで、松山-羽田は、B787が増えているとか。
とりあえずブームに乗って、B787に乗ってみましたが、本当は B777-200が好きなので
松山でトリプルを見る機会が減るのは寂しいです。

わたしの B787搭乗記は・・・こちらのカテゴリからどうぞ。 東京母子旅 2012


関連記事
スポンサーサイト
Theme: 日記 | Genre: 日記
Category: さくら日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する